2006年11月08日

相手を釣り出す

 あまりに放置しすぎた.画像を用意するのが面倒なんで忙しいとどうしても更新できない.

ってことで,画像なくて伝わりにくくともちょこちょこ書いてみる.

 パス回しのペースについて考えてみる.相手を崩すためにはパス回しのペースが大切.特にフットサルではパスを回して相手を崩す,揺さぶるという部分が遅攻の際には非常に重要になる.

 例えば全員が球離れが遅くて,必ず足元に一回止めて前方の様子を見て,それからまたドリブルする,パスするとしていても相手のDFは崩れない.

 逆に全員がワンタッチで前も見ずにパスをつないでもDFは少し引いて様子を見ていればいいのだからDFは崩れない.

 つまりパス回しのテンポが同じであると相手としては怖くない.どこかでペースを変えることが相手の脅威となる.

 ドリブルが多いチームでも,どこかにダイレクトプレーが入るとDFは揺さぶられるし,ダイレクトプレーが多いチームでもどこかでドリブルで仕掛けられるとDFは不用意に下がる訳にも行かなくなる.

 チーム全体に限らず,個人にとっても同じである.毎回ドリブルを仕掛けると相手もその特徴をつかんで対応してくる.そうではなくて,ある場面ではダイレクトプレー,ある場面ではドリブルと使い分けることで相手も対応しづらくなる.


 チームとしてパスをつなぐチーム,1対1で積極的に仕掛けるチームなどという特徴も持つことは悪いことではなく,個性を発揮できてよいコンセプトだが,局面・状況によって簡単にやるところ,勝負するところを判断しなくてはならない.


 大雑把に言えば,相手のプレスがきついところでは簡単にパスを叩く.マークが遅れていればドリブルで揺さぶりを掛ける.つまるところ,状況を見ずにやりたいプレーをやるのではなく,状況を見てそれに最も適したプレーをするのが望ましいということである.

valse2002 at 13:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)全体 

2006年09月14日

OL次節

次節,試合にいけないので,ちょっと書き残しておきます.

梅さんの方は,事前情報がないので,ノーコメント.

Xさんの方は,上の代の選手は二子玉川なんかでよくやったのである程度情報あり.特にボウズの8番(?)がスピードに任せて勝負してきて,強引にシュートまで来るので,警戒すること.
人工芝が滑るので,極力2人というか,素早いカバーリングを意識してシュートブロックすること.縦に振り切られそうになったら,スライディングしてシュートブロック,もしくはコースを切る.切り替えされたりしたら,後ろの選手がカバー.
全体的にゴリゴリ系なので球際で負けないこと.焦って突っ込みすぎない.DFラインを保持して,じっくり待つ.寄せるところは寄せる.滑ったり振り切られたりしたらカバー.組織で守ればやれるはず.


攻めに関しては,前からプレス来る可能性も考える.前から来ても2-2にならないように.それと顔を出す回数を増やす.降りてくるのを早く.

ハーフより押し込んだら,シュートを意識.そのためにはファーストタッチで前を向けるように速めに動いて,止まってボールを受けられるようにすること.


セットプレーの攻撃・守備に関しては必ず確認してから試合に臨むこと.知らない人がいたら困るし,確認することで試合中で実際にやる時のイメージトレーニングになる.


基本はいつも言ってることと変わらないね.あとは監督のことをよく聞くように^^
いい相手と練習試合したし,いいチームになってきてるから自信持ってやってきてください.そんでばっちり連勝してきて!遠くで応援してます!





練習試合

練習試合,お疲れ様です.

身辺慌しいので,後日図入りで書き直したいと思いますが,とりあえず備忘のために書いときます.

いつも対戦できないような強豪との試合でたくさん勉強になりました.
練習試合とは言え,試合に臨む姿勢からして違いました.もっと課題を持って集中しなくてはいけないなっと.


以下は内容について.


オフェンス面では,パスのスピードや判断が早いなと.そのため,DFが寄せきれない,寄せてもすぐに叩かれて展開されるなどしてずるずる押し込まれることが多かった.また逆にボールの動きにつられてDFが釣りだされることも多かった.
こちらのチームとの違いとして,「基本的な技術の差」,「その状況・プレーエリアにおいてやるべきことを全員が理解しているかどうか」,を感じた.


基本的な技術の差は,ピヴォの反転,シュート精度は明らかだったし,パススピード,トラップの技術についてもみんな感じただろう.他に感じたのは,フェイクの上手さ.特にフェイクと入れた後の動き出しが速かった.それとDFを引き付けるようにドリブルを入れたりとか,細かいところだけど,この違いは大きかったと思う.これらの点については,練習で繰返しやっていくしかない.


その状況・プレーエリアにおいてやるべきことへの理解度については,試合を観ていて気づいたと思うが,相手は似たような形で球を回していたり,似たような形で仕掛けてきている.これは,この練習試合に限らず,関東リーグの強豪チームを見ても同じ.似ている形が多いというのはチームで形が決まっているというわけでは必ずしもない.同じ形が頻発するのは,その状況に応じて最も良い,より良い選択肢というのは限られているからである.


例えば,最後方の選手がボールを持っているときの周りの動き.

最後方の選手がボールを持つ前に,その状況を予測してサイドに降りてくる.

うちのチームでは,最後方の選手がボールを持って出し所を探してる時に降りてくる,っというに降りてくるタイミングが明らかに遅い.これによって,ワンタッチ,ツータッチのパス回しができなくなっているし,パスを受ける方も前を向いてボールを受けられる体制になっていない.

さらには,最後方でボールを持った時に,プレスを回避するようなパスコースを探してしまうため,ピヴォ当てや裏といった仕掛けのタイミングを狙うことが出来ていない.相手は,必ず一人降りてきてサポートがあるという保険があるので,ボールを持ったらまず前を見るっということができている.

後方の選手がボールを奪われたり,焦ってしまうのは,そういったサポートがなく,前を向けない,プレスを警戒しすぎるということが大きな原因となっていることが多い.

最後方がパスコースを探したらパスを受けに来る,のではなくて,パスコースを探す前からパスを受けられる位置に降りてくる,ように早すぎるくらいのサポートの意識が欲しい.


もうひとつ.

球回しのアクセントや仕掛けのために,一回真ん中でボールを受けて返す,ワンツーするという狙いのピヴォが顔出しの動き.いわゆるケブラの動きや萩がアドリブって言ってたプレー.

球回しはサイドと後方のゾーンを用いるのに対し,このように一回中央でボールを受けることで相手のDFは対応に苦しむ.実際,こちらは相手のこのようなプレーによってDFが釣り出されたり,中央に偏りすぎてアラへのマークが遅れるということが多かった.

いろいろなタイミングで顔を出すことで,攻撃の幅が広がるし,プレスがきつい時にはその反動でワンツーなどで仕掛けることができる.練習でやったクロスからワンツーの形はその典型であるが,降りてくるのが遅い,パスを出して抜けた選手が意識していないなどの理由で試合では全く現れてこない.


いろいろ書いたが,パス回しは基本的にエイトだったし,攻めもパラレラ,ピヴォ当てと非常にシンプルだったにも関わらず,これだけやられたのは,動きの質,判断の遅さがやはり大きい.常に頭の中にいろいろな選択肢を思い浮かべ,その状況において最もいいと思うプレーをするという頭の回転,これは日頃から意識することで変わってくるはずなので,各自意識してやっていきたい.

2006年08月26日

CL第1節のビデオ(前半)を見て

遅くなりましたが,簡単に感想を.

全体的にピンチこそなっていないが,全体のバランスが悪い状況や動きが多い.ピヴォを置くならダイヤモンドの底の選手が中央でボールを持つ形,ピヴォを置かないなら台形の底辺の二人のどちらかがボールを持ち,基点となってボールを回すようにするべき.

CL-1

例えば,しばしば見られる図のような配置.ピッチの右半分のみしか使えておらず,前線の二人(P,AD)は充分な体勢でボールを受けることができそうにない.従ってボール保持者(AE)がパスを出すなら後方のもうひとり(B)となるが,もし前線からプレスを掛けてくる相手であれば,このAEからBへのパスに素早く寄せてくるのでボールをつなぐことが出来ない.


CL-2

この状況を打開するには,一番簡単なのが,前線のPが左サイドに降りてくること.こうすることで,ボール保持者(AE)は右サイドのB,左サイドのPと2つのボールを預ける場所を確保することができる.また,Pが下がってきたことで前線にスペースができ,チャンスが生まれやすい.Pはすばやく味方のポジショニングを把握し,バランスのよいポジショニングをしなければならない.少しでも遅れればAEは前プレの餌食となる可能性が高まる.


CL-3

もうひとつの方法として,旋回の動きがある.ボールを持っていたAEは右サイドのBにパスを出し,使われていない左サイドのスペースに動く.ボールを受けたBは中央にドリブルし,右サイドにはADが降りてくる.これによってボールを動かしながら,バランスのよい形にすることができる.使われていないサイドというのは,スペースが空いているということであり,攻める方としてはここを利用しない手はない.



7:30〜
相手チームの良い攻撃.相手の左サイドの二人が前後で入れ替わって,マークがずれたところからミドルシュート.前に抜けた選手は,自分が裏を狙うというよりも,入れ替わりで下がってきた選手がボールを受けられるスペースを作るために抜けている.シュートを打った選手は,早めに開いて,パスを受ける前には前の状況を把握できているため,トラップからシュートが早い.相手チームはこの前後の入れ替わり(ボックスのローテーションの片側とも言える)をスムーズに,頻繁にできていた.


CL4

図を用いて説明すると,ボールを持った選手がボールを預けて素早く縦に抜ける.Bのマーカーはそのまま付いていこうとする.Bが縦に抜けようとしたときにはすでにAEは次のパスを受けることを考えて,中央の様子が見えるように体を中央に開いた体勢でボールを受けようとしている(ビデオでは見えないが).



CL-5

ADはトラップをして,足元にパスを要求しているAEにパス.BとAEの入れ替わりでマークがずれたことがわかっているAEはポカンと開いたスペースにトラップしてシュートを打った.単純な入れ替わりだが,縦に抜ける動きの緩急と降りてきた選手のボールの受け方,正確なパスといった基本的な事がしっかりと出来ていたためビッグチャンスとなった.



21:05〜
4-0型の形から,いいリズムでボールが回って攻めが作れた.常に意図してこういったつなぎをしていきたい.


23:35〜
相手チームの旋回のローテーション.ここから仕掛ける形にはなっていないが,「人」と「動き」,共に被らないように味方の動きを見ながら自分が次にどう動くか,っというのをそれぞれが考えていることがわかる.


25:45〜
相手CK.スクリーンが来そうなCKの配置なら,こういうゾーンを作る.上手くゾーンが作れた.他のシーンでは,ゾーンの作り方が変.



CL-6

CKのゾーンDFの基本は1,2,3が三角形を作る.そして,それぞれが点線の範囲をケアするようにDFする.
1はとにかくゴールに向うボールをケア.そしてCK後はAEのマークにつく.
2はニアサイドからのシュートに寄せる.
3は1と2の間に立ち,中への早いボールを防げるように相手の前に立ち1,2,3で三角形を作る.
4はもうひとりのオフェンス(AD)をマークする.


CL-7

しかし,相手のポジショニングが変われば本質的には変わらないのだが,若干ゾーンDFの作り方も変わってくる.相手が図のような配置であれば,相手に合わせて4がポジショニングを変える.BがスクリーンしてADがシュートという形では,ニアのスペースに寄せる2とADのマーカーの4の両方がアプローチするため,Bが同時に二人をスクリーンすることは出来ないので,防ぐことができる.また,先程と少し異なり,裏のスペースのケアが3のみになるので,1,2,3の三角形は3が先程より若干下がった(Pに前に入られないことは必須)形になる.裏のボールは浮き球になるので,パスが届くまでに寄せられるという考え方である.



valse2002 at 03:28|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)4組 

2006年08月22日

8/20CL反省会

練習に出れてなくて,充分準備ができなかったってのが正直なところ.その点は申し訳なさを痛感。。。

ま,それを棚に上げて反省.


 ココまで引いて守られたのは,初だったんじゃないかな.守ってカウンター狙いだったんだけど,相手が人数かけずにサイドから1対1を繰返してきたので,カウンターの展開にならず.相手が,サイドで縦の人の入れ替わりから1対1ってのが途中からわかってたから,マークの受け渡しをもっと速くする(読みすぎるくらい早く渡してもよかったかな),マンツーでびったりつく,とかで対応したかったか.回されながらずるずると押し込まれることが多かったな,っといまさらながら反省.

 攻めは,コートが狭かったからこっちも途中でアラの位置から1対1を仕掛ける感じにしようと思ったんだけど,ボールの受け方が悪かった.できるだけサイドの高い位置で前を向いてボールを受ける→1対1からシュートってのを繰り返したかったんだけど,下がりながらボールを受けることが多く,こういった形が出せず.
 あんだけ引かれたらミドルシュートで相手を釣りだすか,パスを回して相手を釣りだすか.ベッキからのロングシュートだけだと,なかなか点につながりにくい.また,相手がハーフより低い位置で待っているんだから,とりあえず全体のバランスを整えて仕掛ける形を作らないと.特に左右のバランスが悪くなることが多かった.

 狭いコートだと,キックインやコーナーキックが大事になってくる.もう少し精度を高めていかないと.ここはパターン練習あるのみ.


 守備はたまにボールを持っている相手へのアプローチが遅れる時があるのは修正しなければならないけど,全体としてやり方はいいから,今後は攻撃の形を作ることが課題.あと,今回はされなかったけど,前プレ対策とパワープレー対策.いろいろやらなきゃいけないこと多いけど,ひとつひとつしっかりやっていきましょう.

valse2002 at 08:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)4組 
PROFILE
プレーヤー&マネージャー
 所属しているチームは,2002年に雀荘にて誕生して以来,人伝にメンバーを集め,肥大していったフットサルサークル.その後,大学公認サークル(部活)に発展し活動中. 私本人は,方やプレーヤー,方や監督としてフットサルを勉強中.
 残り僅かな学生生活でどれだけ満足のできるフットサルができるか.