バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見

マーケティングの第一歩は自社の強みを発見し、お客様に知ってもらうこと。 日々、楽しみながらそのヒントを探る販促ブログです。

2017年04月

恩師の定年を迎えて

こんにちは

桜もすっかり散って、少しづつ暑くなってきましたね。
近所では八重桜が満開になっています。

3月、4月といえば、別れと出会いの季節。

みなさんの周りでは大きな変化はありましたか?
フレッシュな新入社員…
最近見てないな~


なんとなく印象の薄い中学時代

2月ごろ、教員生活35年という恩師が
定年退職を迎えるにあたって、
お祝いをしたい
中学時代の同級生から連絡が入りました。

2年から3年になるにあたり、
通常は同じ先生が担任として就く予定が、
急きょ新任の先生が担任になったのでした。

なぜ、急きょ担任が変わったか、詳しい理由は知らず。

でも、少なくとも新しい担任が来るまでは
どよーんとしていたクラスだった記憶があります。

2年の時の担任は、暗くて暗くて、
それに引っ張られてしまったのでしょうか。

そういう年齢でもあるのかもしれないですけどね。
チュウニ病ってやつでしょうか(;^_^A

グレる、悪いことをする、
というよりはみんな個にこもってるイメージのような。
いや、他の人にとってはそうでもなかったのかもしれませんが、
私にとってはあまり印象の無いクラスでした。


恩からはじまる縁

連絡をくれた友人は、卒業後、毎回、先生の節目に
わけ隔てなく、たくさんの同級生に声をかけてくれていたので、
先生をお祝いする会に何度か呼んでもらいました。

そのたびに、友人は、心の底からお祝いする。

そんなにいい先生だったっけか?

と当時はポカンとしていましたが、よくよく聞いてみると、
友人は、高校受験時、受験した高校にことごとく失敗し、
最後まで進路が決まっていなかったそうです。

先生は、最後まであきらめず、二次試験が出来るところを
探してくれて、友人はそこに滑り込むことができた。

結果的にとても楽しい高校生活を送ることができたという話。

それをごくごく最近聞いて、びっくりしました。


考えてみたら、クラスが少し明るくなったような気がしていたのは
この先生が来てから。

イラストも字も可愛くて、なんとなく見た目もかわいい印象のある先生で、
熱血とはかけ離れているけど、からかわれるのも楽しんでくれて
とてもゆっくり、だけどじっくり
生徒と向き合ってくれていた先生だったのを
徐々に思い出しました。

だから、みんなちょっとずつ明るくなっていったんだ。

30年近く経ったいまようやく気付いた鈍いわたし。


先日は、隣に座って、ひとりひとりが個人面談。

友達みたいに、

かしこまって、御礼を言ったり、

冗談を言い合ったり、


教え子たちも随分大人…

いやおじさん、おばさんになったけど、
やっぱり先生は先生なんですよね~。。。

ikuo_tokei
先生の名前を1文字ずつ使った詩が入っている時計。私はこのプレゼントを当日知りました(^^; なんもしてなーい(;^_^A


世代を越えて


地元のイタリアンで開催したその日。

うるさいのか、他の席からも、私たちの席に
注目が集まっていました。

先生も恥ずかしがって、みんなに、「もうちょっと静かに」
と促しているところ、店長が先生に近づいてきました。

ありゃー、注意されちゃう!と思っていると、

「○○先生ですよね? 僕、先生が教頭先生の時に
 ○○学校にいました!」
 
なんとその店長さんは、わたしたちの数年後の後輩だったのです。

感動した店長さん、こっそりメッセージカードを
作ってくれて、先生にプレゼントしていました。

presentph


そして、帰りがけ。
出口付近にいた、ママ友の集まり風な団体に話しかけられ、
また、うるさかったので注意されちゃうのか。。?
と、先生がつぶやいた矢先、

「○○小学校の生徒の親の集まりです!
 校長先生、お疲れさまでした!」

と。


なんと、同じお店の中に、先生の教え子の繋がりが
3世代いたのでした。

地元って恐ろしいですね。

あらゆる年代の生徒やお母さんたちに慕われている私たちの元担任は、
自慢の先生ですね。


見返りを求めない巻き込み力


販促というよりは思い出話にまたなってしまいましたが、
30年近くたって、たくさんの生徒が集結するのは、
先生の人徳もあるのですが、先生を思う、友人の力が大きかったのです。

どこに散らばったか分からない、
連絡手段が発展しすぎて、何のツールで連絡を取れるかも
分からないこの時代。

あらゆる同級生たちに声をかけてくれた友人のおかげで、
恩師の華々しい門出に立つことができました。


人は、恩を受けたことを覚えているものだな、と思います。

ひとつひとつをめんどくさがらずに、丁寧に接してくれていた先生だから
数年経ったときに、この人のために何かしたいと思う。

そう思った友人が行動を起こす。

見返りを求めていない巻き込み力を持つ友人は、
持ち前の明るさでどんどん人をやる気にしていきます。

『印象が無い』なんて当時思っていた私でさえ、
心の底から先生をお祝いしたいという思いが伝染し、
たくさんの楽しいことを思い出しました。

人は縁でできている。

1人の強い思いがたくさんの人の気持ちを動かす。

そう思わせてくれた、同窓会でした。



こまめに連絡をくれた友人に感謝の気持ちをここで改めて…。
ありがとう。

先生、ありがとうございました。
本当に長年お疲れさまでした。
第二の人生を謳歌してくださいね。


編集後記

御年60歳の先生の趣味は、ウッドベースとお菓子作りだそうで、
手作りお菓子を、参加者全員に作ってきてくれました。


frorantan
 

女子力たかっ・・・

まだまだ、色々見習わなくてはならないことが多そうです(;^_^A

それでは、また次回!

こちらが覚えていなくても

こんにちは!VMIの能見です

前号では、アンケート企画にご協力いただきまして、
まことにありがとうございました
 
大変貴重なご意見をいただきました。

楽しみにしてくださっているというご意見が聞けたこと、
自分が書いている内容以外にどんなことにご興味があるかということを
お伺いできて、大変な収穫でした

すぐに、とは言えないですが、いただいたご意見の
ひとつひとつに基づいた話題もご提供できればと考えております。

あらためてご協力いただいた皆様、
いつもお読みいただいている皆様に
感謝いたします


見たことあるんだけど、、

さて、バリューマシーンインターナショナルが足立区千住に来てから5年に
なろうとしています。(早すぎてびっくりですが)

色々なお店も回ったり、常連のお店もできたり、
お店の方にお会いすれば、ご挨拶したり、と
顔見知りも増えてきました。

そんな先日、街を歩いていると、すれ違いざまに
とある方が会釈をしてくださいました。


たしかに見たことがある。


うーん、誰だっけ。


と思いながら挨拶をしているので、
たぶん不思議そうな顔をしていたと思います。

皆さんにもきっと経験がありますよね。

これが意外としょっちゅうある私…。
(記憶力の方をまずどうにかしろと…)


たぶん、何かが足りない気がする、なんだっけ、と
しばらくシミュレーション。
三角巾を当ててみたり、整体をしている姿を想像してみたり
はたまた居酒屋のエプロンを付けてみたり(笑)
どれもパッとしなく、最後に出てきたのがコック帽。

やっとこさピンときました。

近所にある、オムライス屋さんの店主でした。

このオムライス屋さん、ほんとに美味しくて
色んな方にお勧めしたいお店なのです。

新鮮で良質な卵を使って、フワッフワのオムライスを作ってくれます。
ソースも具材も種類が豊富で、ランチについているスープも絶品。


そんなめちゃくちゃ美味しいオムライスを作っている店主の顔を
忘れていたなんて!

しばらく行ってないのに
挨拶してくれてありがとうございます!

という気分になった私は

「そうだ、明日はオムライス食べよう!」

です。

分かりやすい~。

オムライス
この日は、バジルクリームとポテトのオムライス。絶品~


脳内あだ名


早速次の日のランチはオムライスに。

店主の方から
「昨日はどうもでした
と言ってくださり、私がぽかーんとしていた
経緯を説明すると、
「いやぁ、思い出してくれて良かった!」

「これ、取るとこんなんですからね~。そりゃ分からないですよね~

とコック帽を取って、笑顔でご対応。
髪型はご想像にお任せします^^

たいしたことじゃないんですが、
ちゃんと話したこともなかったのに、
顔を覚えてくれてるってとても嬉しいですね。
おかげで、たくさんお話をすることもできました。


私は顔や名前を覚えるのが得意な方じゃないので、
サービス業のアルバイトをしていたころ、名前を聞く機会があった場合には
脳内あだ名をつけていました。

2文字ぐらいにしてちゃんを付けてしまい、
そこから連想して苗字を思い出したりしていました。

たまにうっかり、常連さんをその脳内あだ名で
呼んでしまうと、意外とうれしそうにしていた覚えがあります。
(居酒屋だからですよね(笑))

いやいや、今考えると失礼な話です。


記憶がダメなら記録で


お客様は名前や顔を覚えてほしい、覚えてくれていると
嬉しいと思っている方がとても多いと言われています。

人にはそれぞれの記憶力があるので、
全ての方のお名前をお顔を鮮明に覚えていることは難しいですが、
データベースや、顧客リストに残すことはできます。

私の友人が経営していたエステでは、
カルテに顧客の名前や所在地だけではなく、お客様の好きなもの。
興味のあること、なども入れていました。

その次の来店時には事前にチェックし
話題を頭に入れていたそうです。

それが功を奏してか、お店は順調に軌道に乗っていきました。


特に印刷業などは、依頼の頻度が少ないお客様も多く、
「どんな人だっけ。。。」
は良くあることかもしれません。

お会いした時に、趣味や興味を聞いたら
それも残しておくと、

「覚えててくれたの?!」

と、次回にお話が弾むかもしれませんね



WEB制作、コンサルティング、販促ツールのお問合せは、03-5284-8412 or support@value-machine.jp までお寄せください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました


banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス

メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。
バリューマシーンとは?
バリューマシーンインターナショナルは印刷関連業界に特化したコンサルティングファームです。 マーケティングコンサルティング、WEBマーケティング、各種研究調査、営業研修、POD市場動向を得意としています。

「バリュー」=「価値」
「マシーン」=「生み出す」

お客様の価値を引き出し、伝達する仕組みを作っていくお手伝いをいたします。

東京都足立区に所在していますが、クライアントは全国各地です。
お気軽にご相談ください。

詳しくは
http://www.value-machine.jp

をご覧ください!
このブログについて
主に、バリューマシーンインターナショナルの能見が日々の中でアイデアの種を発見し、発信しております。皆様の強みと掛け合わせて、新たな強みのヒントにして頂ければ幸いです♪
お問合せ先
株式会社バリューマシーンインターナショナル
担当:能見

TEL:03-5284-8412
(10:00~17:00)
FAX:03-5284-8413
(24時間)

mail:info@value-machine.jp

休日:土日祝

所在地:東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター1506
記事検索
プロフィール

VMIノウミ

  • ライブドアブログ