02


こんにちは

信じられないぐらいの暑い日が続いておりますが、
皆さんお元気にお過ごしですか

さきほど、少し外に出ただけでへばってしまいそうな
軟弱な能見です


あるべきフォントが…ない!


先日、とあるチラシの修正をしようと、
イラストレーターを開いたところ、

「フォントがありません」

のアラートが!

ついこの間まで、入っていて、たしかに使っていたフォントが
"消えて"しまったのです

なぜか分からない。
特にシステムを再インストールしたわけでもなく、
ソフトを入れ直したわけでもなく、
なぜなぜ~

そんな事故は初めてです。


お客様に一度初校で見せているため
似たようなフォントでなんとかならないかと探してみたものの、
全くしっくりこない。

同じカテゴリのフォントでさえ、
自分のイメージが頭に固定されてしまったのか
しっくりきません。

どうしょう。。。とひたすら考えていると、、、

思い出しました。
自分がAdobeCreativeCloudのパスワードを変更したことを

AdobeCreativeCloudの中にはTypekitというダウンロードして使えるフォントがあり、
ログインした人しか使えないのですが、パスワードを変更したことによって、
いつの間にかログアウトされてしまい使えなくなっていたのでした。

アラートにも「Typekitが…」と出ているし。
昔からちゃんと注意事項は最後まで読みなさい、と怒られがちな私です


フォントから伝わるメッセージ

私はとても「活字・フォント(書体)」が好きです。

マニアックな趣味と言われてもいたし方ありませんが、
フォントの持つ、それぞれのイメージの違いや、
その文字の並べ方、字間、行間で
語っていること、伝えたいことの
イメージが一気に変わる感じが昔から好きで、
それを理由に印刷業界に入った、といっても過言ではありません。

それらを上手に使えているのか、いまだに研究中ですが、
先述の通り、あるべきフォントが一つ足りなくなったら
それはそれはショックを受けるわけです。

特に私の好きなフォントは老舗のフォントメーカー写研の「本蘭明朝」
というフォント。(いまあるのでしょうか?)

一文字一文字がすごく丁寧なセリフの明朝体で、
きゃしゃなのにしっかりしている、
伝統的なフォント。とても惹かれます。
(マニアックすぎて引かないでくださいね(笑))



テレビでもやっていましたが、
フォントの変更一つで売り上げがグーンと伸びたという
ブラックサンダーは有名な話ですね。

欧文フォントのセリフ系(※1)からゴシック系の力強い日本語フォントに変更したところ
売上が40倍になったそうです。

そのぐらい、フォントというのは
人に印象を与えるのに大きな影響を与えるのです。

こちらは私の大好きな広告です。

写真のイメージがほとんどのイメージを
担っていますが、キャッチコピーがとても秀逸なのと、
そのコピーを語るフォント、字間、行間、流れが
見る人の感情をポスターの中へ一気に引き込んでしまう構成に、
いつも惚れ惚れしてしまいます。

例えば相撲でポップなフォントが使われていたら…?
子供向けの参考書に太くて筆文字のような明朝が使われていたら…?

そのものの持つイメージにずっと馴染んでいたものが使われているし、
それ以外のものを使えば意外性を生んでくれる、
フォントってほんとにすごいですよね。
(だじゃれじゃないですよ

活版印刷

活字好きが高じて、先日「活版TOKYOhttp://kappan.tokyo/」というイベントにも
出向きました。


37

活版印刷は、大昔から使われている技術でハンコのような"活字"を一文字一文字拾って並べて、
大きなハンコの様な機械で紙に圧力をかけて印刷していくものです。


09

07
ばら売り活字でハンコ作ってしまいました。


強い圧力で印字するため、文字部分に少し凹凸ができて
それがとても味になり、デザイン面でも注目されていて
最近、ブームが再燃している印刷技術です。

活版印刷は、一つ一つの文字を拾っていくので、
工程がとても時間がかかる分、
言霊が文字に宿る気がして、なんだかとても好きです。


44
活字を並べて活版印刷で印刷した140文字で1話の小説。


もしご興味のある方は、こちらを読むと分かりやすいですよ^^


すっかりマニアックな話になってしまいました。

街で見かけるポスターや、チラシなど
フォントにも注目すると楽しいので試してみてくださいね

40
駅のポスター見てるだけでも色んなフォントが使われてますね。


※欧文フォントのセリフ系
 英字のことを「欧文フォント」と呼びます。
 セリフ系は、文字にヒゲの様なものが付いている文字。
 書道だと、留めの部分ですね。
 サンセリフとは、そのヒゲが無い文字。ゴシック系のことを言います。





WEB制作、コンサルティング、販促ツールのお問合せは、03-5284-8412 or support@value-machine.jp までお寄せください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました


banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス

メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。