こんにちは!

8/4、8/18にお送りした特定非営利活動法人 Wels様のインタビュー
今回で最終回です。

をお送りしました。

今回は、Wels様の目指すところをお伝えします。


welskanban
welsの看板。かわいい



自分たちから気づくこと

クライアントの皆さまは、毎日、朝に集合し、
打合せをしてから、各々の働く場所へ向かいます。

中には、仕事に向かってすぐに帰ってくる方もいます。

理由はもちろん人それぞれですが、
それが本当に些細なことだったりもします。

自分があると思っていた場所に
あるべきものが無かったり、
いつもと少し違うルーティーンになって
混乱してしまったり。

そんな時は、一旦施設に戻ってきて、
職員の方々が一人ひとり話をじっくりと聞きます。

職員の方につらく当たるクライアントさんも
いますが、それでもじっくりと向き合います。

「人間なので、感情が出てしまうことはないですか?」

と伺ってみると橋本さんは

「自分たちがイライラしてしまうことはないですね。
 なぜ、気づいてあげられなかったんだろうか、
 とまずそこを考えます。
 
 普通に生活している人よりも何倍も傷つきやすいので、
 私たちが気づけなかったことも
 彼らが落ち込む要因になります。
 
 言えない人もいるので、そこを気づくのは
 私たちの役目です。」
 
私と橋本さんが真剣に話していると横から

「橋本さん、今日はなんか真面目だね。
 いつもと違うよ(笑)」

と、1人がニコニコしながら話しかけてきました。

そのあと、自然と雑談へ。

普段から、スタッフと利用者の方々がとてもいい関係が
構築されているようです。


WEL'S-FLATroom
利用者がくつろげるようにカフェのような雰囲気の室内


「ありがとう」と言われることの楽しさを実感してほしい

最後に、最終的に目指すところ、
これからのWelsについて伺いました。

「彼らが働くのに、こちらが働かせてください、と
 お願いするのではなく、会社側が彼らに働いてもらうことで、
 会社側から「ありがとう」と言ってもらうこと。
 が最大の目的です。
 
 彼らは人一倍集中力を持っている。
 誰しもが嫌がる仕事も率先してやってくれたりもする。
 手先が器用で、とても早くこなしたりする。
 
 そんな彼らを採用した会社が、

 『一生懸命働いてくれる人を紹介してくれてありがとう』

 と言ってくれることを目指しています。

 実際そういう人たちが増えている。
 自分たちではとてもできないような仕事を黙々と
 やってくれている人がいて
 この人がいないとできないという仕事ができています。

 ありがとうと言われることが利用者の方々も嬉しいので、
 お金を得られることももちろんだけど、働くということの大切さ、
 「ありがとう」と言われることの楽しさを実感してほしいんです。
 
 感謝の気持ちは本質であり、仕事そのものの意味です。
 意味を分からずやってるほどキツイものはない。

 そのためには1人1人に合った支援というのをいかに追及していくかが
 カギになります。
 
 まだまだですが、これからもそれを追求していくことが
 Welsの未来に繋がっていくでしょうね。」


仕事は何のためにやっている?


Welsの理念は「WELCOME, WELLNESS AND WELFARE」

「働くことで「ありがとう」と
 言われるよろこびをすべての人に」
 
というコンセプトを掲げています。

私たちは仕事は何のためにやっているでしょうか。

お金のため、
自分の趣味を充実させるため、
家族を支えるため、

もちろんそれぞれの目的がありますが、
やっぱりお客様に「ありがとう」
と言われることが、次への踏み台になるのではないでしょうか。

今回のインタビューで、たくさんのことを学びました。

働けるということも喜びであり、
それをしたくてもかなわない人もいる、
だけどどうにかして働こうと頑張る人がいる。

自分たちはどのような姿勢で仕事と向き合っているのか。

ちゃんと考えなくてはいけないですね。

みなさんはいかがでしょうか?


wel'sillust
橋本さんのイメージするWelsの役割のイメージイラスト
ARKは企業の就職を支援し、FLATは施設が提携している場所で働ける。
PORTでは職員に相談できる場所を担っている。
足立区を本拠地としており、千代田区にもTOKYOとして活動拠点がある。

welsgaikan
FLATは現在大改装中。ゆくゆくはカフェやライブハウスのように"施設"という
イメージを覆すような場所にしたいとのこと。

会社案内抜粋
今回手掛けさせていただいたパンフレット。
暖かい色味のご希望で制作させいただきました。


WEB制作、コンサルティング、販促ツールのお問合せは、03-5284-8412 or support@value-machine.jp までお寄せください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました


banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス

メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。