バリューマシーンインターナショナルのまちなか販促発見

マーケティングの第一歩は自社の強みを発見し、お客様に知ってもらうこと。 日々、楽しみながらそのヒントを探る販促ブログです。

マーケティング

新旧交代です。

こんにちは
GWにばっちり充電いたしました、VMI能見です 

お休み中は皆さんお出かけされましたか??
天気も良かったので、さぞかしドライブ日和だったことと思います。

またまた本日も私事な話題で恐縮ですが、実は、この春、我が家にも新しい車が参りました

買い換えたというのも、先代の車は御年18歳。立派なおじいちゃんで、あちこち痛んできてしまい、メンテナンスの方がコストがかかる悪循環…。家族会議を幾度か繰り返し、結局購入に至りました。

18歳ながらもクラウンだったので、サスペンションも柔らかいし、動きもなめらかで、別れるのも心残りだったのですが、ここは潔くお役目ごめん、と男らしく(?)私たちの前を去っていきました。
本当に良く頑張ってくれたなぁ~

crownw

ちょこっとこすってしまったフロントが悲しい…。
ありがとう、そしてお疲れ様でした
車って情が移るから不思議…

クラウンと言えば今年の年末、話題のピンクが発売されるという話ですね。

crownp

この色、私の様な働き盛りの独身女性に焦点をあてて作ったように見えて仕方ありませんが、もしそうだとすると、トヨタの戦略どおり、とても魅力を感じているわたし買いませんけど。

高級車に使われている色ではないので、「やりすぎ」とか「こんなのクラウンじゃない」という意見もちらほら見かけますね。

このクラウンが先陣を切って、そこそこ売れてしまえば、他のメーカーもこぞって真似をするのだと思うのですが、何ごとも誰もやっていないことをやる、というのは、良くも悪くも目立ちます。
私は、トヨタの体を張ったマーケティングへの勇気に一票です。

そして、自分では買えないので、これが街を走り出したら、見るたびに「今日はいいことがある」なんて、あやかってみようと思っています


この流れで新型クラウンを買ったのか
と思った皆さま、すみません。そんな予算は我が家にはありません…
新しいメンバーはこちら。

isis

これから長いお付き合い、よろしくね~

最後までお読みいただき、ありがとうございました


banner


コンサルティングのお問合せは、03-5284-8412 or support@value-machine.jp までお寄せください!

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

【お知らせ】

JAGAT 第3期新商品・新事業開発実践塾 塾生募集!!!
5社限定の濃密な実践型コンサルティングです。
5月24日(金)スタート!全6回(お急ぎください!) 詳細はhttp://value-machine.jp/archives/2109
JAGAT→http://www.jagat.jp/content/view/2971/417/
関連記事→新事業の開発は”人材が鍵” (JAGAT 塚本直樹氏)

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス

メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。

ばばんばばんばんばん

こんにちは!VMI能見です


また冬に逆戻りしたかのように、肌寒い日が続いてますね。
私も足の先まですっかり冷え切っています(みかけによらず冷え症です。)

もうこうなったら心底温まりたいと思い立ち、久しぶりにこちらへ行きました


じゃーん

銭湯です。

いぃー湯だなっ、ははん


midoriyu

アツアツの広い湯船に足をのばして、のびのび出来る瞬間の
幸せはどうしてもおうちのお風呂では味わえないですよね。

銭湯というのは不思議なもので、地元の方々の中には日常の一部に
なっている方もいるせいか、暗黙の銭湯を楽しむコツローカルルールが隠れてます。

アメニティ一つ無いので、何を用意してくれば快適に過ごせるか、とか、
お湯とお水をケロリン桶に入れる割合とかタイミングなんかは、
熟練になると、目をつぶっても出来そうです。
皆さんが知り合いで、きっとお話するのが楽しくて来ている方もいるんだろうな。。
ルールといえば、トイレの電気を消し忘れ、常連のおばちゃまに注意されたわたし


地元の方で賑わっている銭湯。
ただ、経営者はそれだけでは、経営が厳しいので、
外部から人を呼びたい、という気持ちもあるそうです。

銭湯は一律で料金体系が決まっているので、
なかなかスーパー銭湯の様に複合的なサービスを併設することが
出来ないので、レジャーとしてはなかなか浸透してないんですよね。

かといって、外部からの人がうじゃうじゃになって、大切な地元の方々に不快な気持ちを与えたくもないので、なかなか難しいとか。。。

皆さんは銭湯、どんな施設だったら遠方からでも通ってみたいですか?

銭湯の中でカラオケができる?(響いてうまく聞こえる)
湯船のどこかに宝がかくされている?(溺れる)

私もなかなか答えが出ません

何かいい案がありましたら、
support@value-machine.jp
まで、お待ちしております


最後までお読みいただき、ありがとうございました
http://value-machine.jp/

banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

先日、デザインサービスのページもオープンしました。よろしくお願いします♪
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。

釣りバカ日誌はバイブル

こんにちは
VMI能見です。

先日は三國連太郎さんが亡くなられたとのことで。。。

私にとっては晩年の「釣りバカ日誌」 のスーさんとしての印象が強い方ですが、
作品に対する強い情熱を持った、日本を代表する名優がまた一人、この世を去ったと思うと悲しいやら、寂しいやら…ですね

fishing


その、釣りバカ日誌、実は私はこの手の映画、(なんて言ったらいいのか分かりません。人情ドタバタ系?寅さんとか、渡る世間~のような…)があまり好きではありませんでした。

幼いころから、我が家は父の友人が入れ替わり立ち代わり、大宴会。
大騒ぎして、その辺で寝転がって、お酒臭いし、たばこ臭いし、本当に「おじさん」とか「宴会」とか「大騒ぎ」という存在が好きではありませんでした。

なので、その「おじさん」たちが大好きな映画も自然と好きじゃなくなっていました。

今となっては自分が、当時のおじさん級の宴会好き…
どうなるか分からないものです


大人になってからもしばらく、それらの映画は好きじゃなかったのですが、ある時、ふと見てみたら、想像以上に面白い。 おじさんたちと同じ気持ちになれた瞬間です

ハマちゃんの仕事っぷりはさておき(笑)、釣りに対する情熱と、スーさんを社長と知ってからも、関係なく巻き込んでしまう行動力に、衝撃をうけたものでした。

1人の能力は千差万別。
釣りが好きだったらきっと集中力があるだろうし、
麻雀が好きだったらきっと計算が早いだろうし、
スポーツが好きだったらきっと瞬発力が早いだろうし、
個々の能力が違うところで発揮できて、色々な人がいるからこそ、大きなパワーに変わる。
やりたいことの情熱が伝われば、周りも応援してくれる。
その一つの大きな力の代表が、ハマちゃんな気がします。



ハマちゃんの巻き込み力、見習いたいところですね。

この映画のおかげで、おじさん級の楽しさを教えて頂きましたが、さらに巻き込み力強化バイブルとして愛聴したいと思います 



三國連太郎さん、ご冥福をお祈りいたします。




最後までお読みいただき、ありがとうございました


人材育成、コンサルティングのお問合せは、03-5284-8412 or support@value-machine.jp までお寄せください!



banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

先日、デザインサービスのページもオープンしました。よろしくお願いします♪
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。

思いやりの詰め合わせ

先週に引き続き、花粉のお話になってしまいますが、
今年は本当に花粉の多い年なんですね

母に花粉症用眼鏡をあげようかと、探して回ったのですが、どこも売り切れでした。

もっとも本人がかけなければ、フィット感などを確認できなく、意味が無くなってしまうそうで、あまりプレゼントには向いてないとか。。

私は本当に花粉症じゃなくて良かった…

と思っていたら、今週ぐらいから様子がおかしくなってきました。
透明の鼻水が、ツーと出てきて、くしゃみが止まらない。

どう見ても花粉症の症状ですが、先日のメルマガでもちょっと触れたように、私は他のアレルギーがあるので、
そのせいかと思い込んでいたのですが、とあるチラシを手に取り、良く読んでみると、どうやら私も花粉症のお仲間入りのようです

    

そのチラシというのは、とある薬局が出しているチラシ。
花粉症の疑いYES NOチャートから始まって、飛散時期のカレンダーが入っていたり、予防対策のおすすめ商品がズラリとラインナップされています。

13031503

13031502


花粉対策用に作られている商品の紹介が前半に並んでいて、
後半は、花粉症をケアする視点をお掃除の面からと
外出先の面からとでとらえて、一見花粉症に関係のなさそうな商品も紹介されています。

たとえば、花粉を綺麗に洗うための洗剤、柔軟剤。
床のほこりをとるための掃除モップ。
外出時に花粉がつかない様にするための静電気防止スプレーなどなど。

花粉によってカテゴライズされたことによって、そんな使い方があったんだ!と気付かせてくれます。


    

東日本大震災後に、無印良品が企画した「いつももしも」
衣料、雑貨、食品など様々な商品の中から、いざという時に利用できる商品を集めて、防災セットとして販売しています。

ただ防災用として商品を揃えるのではなく、震災時にいる場所を想定し、その場に応じて商品が編集されています。
家族が多いご家庭にいたら…
単身赴任だったら…
フリーのデザイナーだったら…

贈り物として相手の生活や場所を思いながら、グッズをチョイスすることもできます。

相手のことを思いながら選ぶワクワクがあるのがプレゼントですが、ここまで相手のことを思いやれるプレゼントもなかなか無いのでは、と思いました。

頂いた方は、自分のピンチを救ってくれるキットを見るたびに贈り主の顔も思い浮かべて、感謝の思いでいっぱいになるのではないでしょうか。


    

上記の事例はいずれも、一つ一つは、バラバラの商品ですが、思いやりの詰め合わせが、相手の笑顔を生んでいます。

バリューマシーンインターナショナルが皆さまにお伝えしている、商品価値、自社の価値の発見方法のひとつに、「強みの掛け算」があります。

1人1人が特別な能力を持っていなかったとしても、個性は必ずあり、その個性が掛け算されたときに、大きな力を発揮します。
それが、お客さまの笑顔を見たい、と一つになれば、必ず「この会社に頼みたい」魅力のある会社となるでしょう。

1つの商品だけずば抜けていても、お客さまの心を完全に満たすことは難しい。
だからこそ、方向性をシェアする時間が必要なのだ、と考えています。

ただし、同じ方向を向いていないからと言って、否定することはしないでください。
もしかしたら違う方向からお客さまの事を思うあまりかもしれません。

それは時間をかけて聞かないと分からないこともあります。
聞く側のファシリテーション能力にもかかってますね。

お客さまの笑顔を生み出す為に、仲間との共有の時間もたくさん作ってくださいね

生産者と寄り添う


先日、「Ghana&かっぱえびせん」 というお菓子を発見
早速購入して食べました

48



この商品は、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)のセブン-イレブン限定商品。

変わったコラボレーションだな~、とは思っていましたが、北海道のロイズのチョコがけポテトチップスが
とっても大好きな私は、この組み合わせは絶対いける
と、迷わず手に取りました!

しょっぱあまくて、予想通りとても美味しい商品でした。
あっという間に店頭から無くなっていて、ショック

      

それはさておき、最近はコラボレーションも一般的になってきて、「ビックロ」が出来たあたりから、意外性のあるものが、実現されることにも驚かなくなってきました。

ビックロの様にそれぞれの商品を組み合わせて、販売方法を再編集し、新しい視点を生み出すコラボレーションの形。
全くの競合で一つの商品を創り上げて、カテゴリー全体のシェアを盛り上げる形など、コラボレーションマーケティングの形も様々。

また、だいぶ浸透してきましたが、生産者を引き上げるコラボレーションの形も、まだまだ盛り上がりを見せています。

       

LAURELという化粧品会社は、北海道砂川市を起点とする会社。
素材は全て北海道のものを使用しています。
北海道ではとても人気のある化粧品で、東京にも進出し始め、たまたま先日百貨店のイベント会場
に設営されていたところを発見

そもそも商品が展示されている棚からして斬新。

化粧品のショップなのに日本酒がどかんと展示されているのです


47

残念ながら、日本酒は購入することは出来ないのですが、北海道の「小林酒造」さんという生産側の名前が
前面に出され、パッケージにも同社の名前が刻まれています。

よもぎ、昆布、あずき、ラベンダーなどの変わり種素材も北海道の素材。
原材料は直接確かめてから使用する、というこだわりのもと、社員の方が直々に、産地にご挨拶に行き、実際に一緒に収穫することもあるそうです。

40

       

千住にある当社のすぐ裏でも、素材にこだわる方がいらっしゃいました。

当社の裏通りには、スーパーでは決して見かけない立派な太さをした葱を卸している市場があります。

そこは、日本で唯一の長葱だけしか扱わない市場で、埼玉や千葉の生産者から、自信の葱を持ち込まれては、
日本一の葱が選ばれる場所なのです

その市場で厳しい葱商に見初められた葱は、「千寿葱」と呼ばれ、東京の8割の料理店に出回っていくのですが、飲食店とのやり取りがほとんどで、一般消費者にはお届けできていませんでした。

いまは生産者を盛り上げるためにも、葱商が、生産者と消費者の架け橋となり、頑張っています。

地元の酒屋さんの葱酒と、パッケージ化された商品を販売したり、フランス料理のシェフが調理したものを商品化した「千寿葱ピクルス」を販売したり。

この「千寿葱ピクルス」は、千住の一部の店舗でしか売られていないのですが、遠方からも購入しにくるほどの人気です。

33


       

いずれも、安くはありません。

化粧品のパックは、添加物が全く入っていないので、開けたら1週間しか持たないし、千寿葱ピクルスは一本しか入っていないのにも関わらず380円。

だけど、素材のこだわりが本当に見えるから、どちらもとても人気があります。
この素材を売りたいから、という販売者側の気持ちが目に見えて分かるのです。

LAURELの生産者の方の「素材に対する無理矢理感や、収奪感がなくて、いただいた素材に寄り添っている感じがいい」という言葉が印象的でした。

       

これから、世の中をビックリさせるようなコラボレーションも出てくるでしょう。

しかし、驚きは一瞬は楽しいけど、飽きさせない工夫も必要になってきます。

それに比べると生産者と販売者の双方が寄り添い合っている商品の魅力は飽きが来なくて信頼できる。

実は、身近にいる現場の方々とマメなコミュニケーションをすることにより、こういったエピソードの加わった商品が生まれる可能性があります。

自社開発の商品が強い会社は、社内コミュニケーションに長けている会社が多い。その分現場の声が消費者に届いているんですね。

新しいアイデアに詰まった時は、もしかしたら少し社内のコミュニケーションが、おざなりになっているのかもしれません。
消費者の声はもちろんですが、ぜひ、現場の方の声も聞いてみてくださいね。


banner

―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

バリューマシーンインターナショナルのFACEBOOKページも「いいね!」ぜひよろしくお願い致します
バリューマシーンインターナショナルのfacebookページ

バリューマシーンインターナショナルのWEBサイトでは、オンデマンド印刷、デジタル印刷の市場動向、コンサルティング事業の詳細、営業研修などのご紹介を行っています。
バリューマシーンインターナショナルWEBサイト

先日、デザインサービスのページもオープンしました。よろしくお願いします♪
バリューマシーンインターナショナルのデザインサービス
メルマガの登録はこちらから♪
バリューマシーンインターナショナルのメールマガジン

 ―★―☆。.:*:・゜― ――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―

クリックで救える命がある。
バリューマシーンとは?
バリューマシーンインターナショナルは印刷関連業界に特化したコンサルティングファームです。 マーケティングコンサルティング、WEBマーケティング、各種研究調査、営業研修、POD市場動向を得意としています。

「バリュー」=「価値」
「マシーン」=「生み出す」

お客様の価値を引き出し、伝達する仕組みを作っていくお手伝いをいたします。

東京都足立区に所在していますが、クライアントは全国各地です。
お気軽にご相談ください。

詳しくは
http://www.value-machine.jp

をご覧ください!
このブログについて
主に、バリューマシーンインターナショナルの能見が日々の中でアイデアの種を発見し、発信しております。皆様の強みと掛け合わせて、新たな強みのヒントにして頂ければ幸いです♪
お問合せ先
株式会社バリューマシーンインターナショナル
担当:能見

TEL:03-5284-8412
(10:00~17:00)
FAX:03-5284-8413
(24時間)

mail:info@value-machine.jp

休日:土日祝

所在地:東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター1506
記事検索
プロフィール

VMIノウミ

  • ライブドアブログ