2008年02月26日

ブッククロッシングの活動がムーブで紹介されました。

ブッククロッシング_ムーブ1
2月25日の「ムーブ」、特集は「ブッククロッシング」です。






----------
↓ 人気ブログランキングへ ↓ 応援お願いします☆
人気ブログランキングありがとうございます

----------


ブッククロッシング_ムーブ2 ブッククロッシング_ムーブ3






今、深刻な本離れが進んでいます。
出版業界も、長期低迷。


ブッククロッシング_ムーブ4 ブッククロッシング_ムーブ5






そんな中、注目を集めているのがブッククロッシング。
世界で59万人が夢中になっているのです。


ブッククロッシング_ムーブ6 ブッククロッシング_ムーブ7






(広島本部の財津代表)「ブックロッシングは本に旅をさせる活動です」


ブッククロッシング_ムーブ9 ブッククロッシング_ムーブ10






新たな本の楽しみ方、ブックロッシングとは?


ブッククロッシング_ムーブ11 ブッククロッシング_ムーブ12






ブッククロッシングの本部は広島にあります。


ブッククロッシング_ムーブ13 ブッククロッシング_ムーブ14






気に入った本の感動を共有する。それがブッククロッシングです。


ブッククロッシング_ムーブ15 ブッククロッシング_ムーブ17






リリースした本が、知らない人へ。

ブッククロッシング_ムーブ18 ブッククロッシング_ムーブ18






さらに、知らない人へ。
本が世界を旅するのです。どうやって?

ブッククロッシング_ムーブ20 ブッククロッシング_ムーブ21






まず会員登録をし、そして本の登録をします。

ブッククロッシング_ムーブ22 ブッククロッシング_ムーブ23






IDを入手し、サイトからダウンロードしたラベルに書き込みます。

ブッククロッシング_ムーブ24 ブッククロッシング_ムーブ26






でもどこに置けば?
広島でゾーンを設置しているのは、岡寺さん。

ブッククロッシング_ムーブ27 ブッククロッシング_ムーブ28






お店に来た人が本を置いて行ったり、持って行ったりするそうです。
こんなゾーンが広島には、9カ所。

ブッククロッシング_ムーブ29 ブッククロッシング_ムーブ30






広島経済大学では学生達がボランティアでゾーンを設置しています。國岡さんは・・

ブッククロッシング_ムーブ31 ブッククロッシング_ムーブ32






幼い頃ご両親に読んでもらった思い出の本をリリース。

ブッククロッシング_ムーブ33 ブッククロッシング_ムーブ34






ご近所の方も訪れます。
こんなゾーンが全国に61カ所。

ブッククロッシング_ムーブ35 ブッククロッシング_ムーブ36






関西で中心になっているのが、大阪の設計事務所「遊墨設計」さんです。IDを追跡すれば本の軌跡をたどることができるのです。

ブッククロッシング_ムーブ37 ブッククロッシング_ムーブ38






本を読んだ人が感想を記入するので、間接的に交流ができる。「コミュニケーションのツールにもなると思います」(遊墨設計の仙入さん)。


ブッククロッシング_ムーブ39 ブッククロッシング_ムーブ40






1冊の本の感動を共有することができます。
車のトランクルームをゾーンにしている人も。

ブッククロッシング_ムーブ ブッククロッシング_ムーブ41







「スタッフが常駐しているわけではないので、車のあるなしでブッククロッシングができる、できないと分かるようにトランクにつくりました」(前田)

ブッククロッシング_ムーブ43 ブッククロッシング_ムーブ44






(移動して、京都市西京区のゾーン、「エミヤ美容室」さんにて)


ブッククロッシング_ムーブ45 ブッククロッシング_ムーブ46






国内の会員は2000人。さらに活動を盛んにするには、図書館が鍵。

ブッククロッシング_ムーブ47 ブッククロッシング_ムーブ48






「しかし、公立の図書館では担当者の一存で設置を決めることができないため困難。企業への参加を呼びかけたい」(財津さん)


ブッククロッシング_ムーブ49 ブッククロッシング_ムーブ50






今は財津さんが運営資金を自費でまかなっていますが、米国ではスターバックスなど大手企業も協賛し、ブームになっているのです。

ブッククロッシング_ムーブ51 ブッククロッシング_ムーブ52







「ブッククロッシングに出逢って本を読む楽しみを知った。いつかそういう世代が出てくることを願って、活動を続けているんです」(財津さん)

このあとスタジオへ戻り、コメンテーターさんからは「本が売れなくなるのでは?」「愛書家なので自分で本を持っておきたいタイプ」などなど懸念材料も含めて、いろんな意見が出ていました。

キャスターのお二人が「僕は本がすぐいっぱになっちゃうんで、この活動はありがたいなあ」「私も、いい本は人に教えたいタイプなので、こういうのはうれしいです」とフォローしてくださっていました。

主役が本なので、思い入れもいろいろなんですよね。

いろんな人の、いろんな気持があって、それもまるごとひっくるめてのブッククロッシングだと思いました。


以上、レポートでした。




さて、最後に財津さんがおっしゃった
「ブッククロッシングで本の楽しみを知ったという世代が
いつか出てくることを願っている」というコメントがとても印象的でした。
携帯というコミュニケーションツールに夢中の若者達ですが
本もまたこうして交流のきっかけになるなんて、ちょっと素敵です。

本部の財津さんは書店営業がご本職。
本で生きてきて、本に勇気をもらい、本を愛してきた方。
出版不況を打開したい。
お世話になった本に恩返しをしたい。
そのためには、まず本離れを食いとめたい。
本好きを増やしたい。

そう思ってこのブックロッシングの日本公式サイトをつくられたそうです。
その影には、米国本部との連絡や翻訳、サイトづくり、
メールマガジンなど広報でがんばってらっしゃる
スタッフさんの存在も大きいのです。
→ブッククロッシングジャパン運営チーム

 http://www.bookcrossing.jp/about.asp

微力ですが、前田もぼちぼちがんばります。
皆さん、まずはゾーン設置をいかがでしょ。
カートンボックス1つのスペースがあればできるんです。
車の中にもつくれるくらいなのですから。









Value Seeds100―ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ

バリューのタネを
広めてみませんか?
ぜひレビューをお待ちしています♪



●☆●☆●下記は私の友人やブログ・メルマガ仲間からのご案内です●☆●☆●
http://continews.blog12.fc2.com/



今日の記事はいかがでしたか?
♪ちょっとはお役に立てたら応援クリックお願いします♪
↓ 人気ブログランキングへ ↓ 今は何位?
人気ブログランキング

ありがとうございます。

メルマガ「バリューのタネ〜女性視点で読む日経」は
ウィまぐの「おすすめ」に1回、女子まぐの「おすすめ」に2回選ばれています。

   → http://official.mag2.com/bizhtml/2006/10/26.html
   (タイトルは掲載当時「情報3分クッキング」)
   → http://blog.mag2.com/m/log/0000163625/

前田めぐるはブッククロッシング・ジャパンを応援しています。
ブッククロシング





(17:14)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ユーアイネットショップ店長うちまる   2008年02月26日 20:58
もうmegさんも取材慣れ?(笑)
見たかったなぁ・・・

何時か全国放送する日を楽しみにしてます!
2. Posted by halfmoon   2008年02月26日 21:50
めぐるさん、さすが!!(^-^)
完璧レポートですね。
私は、久しぶりにめぐるさんの生声が聞けたのがすごく嬉しかったです。
本に対する思いは、みんな違うけれど、本が好きなことは、きっと変わらないんですよね。
静かに、当たり前に広がってくれる日が早くくればいいなと思います。
3. Posted by mina   2008年02月26日 22:11
めぐるさん、素晴しい!レポートありがとうございます!広島では一歩遅れてしまうので嬉しいです。チーム関西に出遅れ気味(^^;)ですが、本部もがんばります!
こちら、プレスのコーナーからリンクさせていただきますね。
4. Posted by 日本一のみかん農家   2008年02月26日 22:42
とてもわかりやすく、
megさんのところもバッチリです。
本のよさがもっと広がっていくといいです。
応援ポチ。
5. Posted by 財津正人5    2008年02月26日 23:22
めぐるさん、毎度、ありがとうございます。

関西TVのあとは、このめぐるレポで
一杯。  不真面目ですいませ〜ん。

しかしながら、まさしくパーフェクト!!
関西には足は向けられませんぜ!
といって、九州や四国にも・・、ましてや東京に
も・・・。

むう、天に向かって寝ようかね・・。
6. Posted by 仙入   2008年02月27日 01:31
いつも素晴らしいレポート、ありがとうございます。
毎度で恐縮ですが、うちのブログにリンクさせてください。
7. Posted by meg   2008年02月27日 05:47
ユーアイネットショップ店長うちまる様ありがとうございます。
慣れませんよ〜。
トークのお上手なうちまる様がうらやましいです。
8. Posted by meg   2008年02月27日 05:48
halfmoon 様ありがとうございます。
本を愛する気持はみな同じ。
ほんとですね!
さすが広報部長さん。
9. Posted by meg   2008年02月27日 05:49
mina 様ありがとうございます。
動画にできるといいんでしょうけれどね・・
方法がよく分からなくて。
リンクはどうぞお気軽に♪
10. Posted by meg   2008年02月27日 05:50
日本一のみかん農家 様ありがとうございます。
はい。広がるようにがんばりますね〜。
11. Posted by meg   2008年02月27日 05:53
財津正人 様ありがとうございます。
もっと広まって
本部の皆さんのご苦労がもっと報われますよう願っています。

12. Posted by meg   2008年02月27日 05:54
仙入 様ありがとうございます。
こちらこそいつもありがとうございます。
リンクはどうぞお気軽に♪
13. Posted by moco   2008年02月27日 13:28
megさん、とてもわかりやすいレポートありがとうございました

私も4月以降落ち着いたら必ずゾーン設置をしますね〜。九州でも拡がっていきますように♪
14. Posted by meg   2008年02月28日 17:20
moco様ありがとうございます。
春の訪れとともにゾーンを♪素敵です。
うれしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔