バンディ石田 何もないのに すべてがある

関西 ラジオパーソナリテ 番組制作ィ ロックミュージシャン バンディ石田のブログです バンディ石田へのお問い合わせは お問い合わせフォームから もしくは メールアドレス  vandyishida827@gmail.comでお願いいたします  オンエアー情報 ライブ情報 こんな事を取材してほしい こんな番組を作りなさいから 司会の要請 出演のご依頼 CM制作 番組制作 音楽制作 イベント制作 ご意見 ご感想お待ちしています

時の魔法

僕たちの人生は 
酸いも甘いも 
いろんなことを体験するのがミッションなんだと思う 
見えないところから 
人生のストーリーを書いている人がいる 
時の魔法を信じてみる

男性の ジュウシマツは シンガーソングライターである

男性の ジュウシマツは シンガーソングライターであり 言語学の教師である 
ジュウシマツを観察すると 我々、人類は 言葉を話す前に 歌を歌って それが複雑になって 言葉になったんではないか?ってなるらしい 
では なんでジュウシマツなのか? 
実はね ジュウシマツという小鳥さんは 
江戸時代に エゴイスティックな、人間どもが 本人たちの承諾なく 勝手に 
コシジロキンバラという 野生の小鳥を ペット用に 品種改良しちゃった 鳥さんなんだって 
そんでさ! コシジロキンバラは 男性が 女性に求愛の歌を 歌うときは 単純な パターンなんだけど 
たった250年の間に 
ジュウシマツの男性は 複雑な文法構造をもった 歌を歌って 
求愛するように 変化したんだそうです 
で これが 言語学の先生方を 驚かせて  ディス  イズ  コトバ ノ ルーツや!  
原始人にも 同じことがおこったに違いない って なるらしい 
ジュウシマツは 野生では生きられない 鳥なんだそうです 
生涯を 篭の中ですごします 
しかし テレパシーみたいなもんで 
全世界と通信して 
何でも知っているかもしれません 


美術館について

美術館については 
久しく 行っていない 
時々 美術館の側を歩いていて 
衝動的に 入場券を買う 
だいたい 美術館に入っても 誰の 何という作品かなんて 
記憶しない 
静かな館内で 気に入った作品があれば 
立ち止まって じっと眺めている 
部屋のすみには 学芸員の方が 静かに座っている 
僕には 学芸員さんも立派な 展示作品である 
声は だいたいかけない 
遠目に 黙って座っている学芸員を眺める 
僕は 黙って座っている人を見るのが好きなのだ 
美術館は じっと 動かないものを 沈黙のなかで じっと見る 観るところだ 
動くのは 僕や 君の頭の中 
僕は 生きた人間の展示される、 
美術館があったら 
行ってみたいと 思う 
だって 町中じゃ 
誰か 気になる人がいても 
じろじろ 見ることなんてできないでしょ?  
美術館の 作品として展示されてる人なら 
じろじろ見たってありだ 
ただし 話しかけてはいけない 
もちろん さわってはいけない 
いや 僕が 作品になってみようか? 
言葉を交わさず 
見る と 見られるという 関係性の 無言のコミュニケーション 
あなたが 僕を見る 
僕は あなたに見られる 
タイトルは 
僕を観察してください 
昼食、トイレ休憩の場合は 悪しからずご了承ください 

livedoor 天気
ラジオゲスト出演者募集 

Kiss-FMバンディーズ What's Going On 毎週日曜日21時〜 出演 バンディ石田では 出演者募集中 取材 情報受付中です ミュージシャン 企業家 学術 市民運動 演劇 美術 芸術 スポーツ 生き方 あらゆるジャンルにわたり 社会を元気にするネタを求めています ご希望の方は バンディ石田 ブログ お問い合わせにに お寄せくださいhttp://blog.livedoor.jp/vandy/内容を確認の上 取材する場合のみご連絡いたします

名前
メール
本文
バンディ石田へのお問い合わせ

名前
メール
本文
Archives
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ