2007年01月04日

What Was Heard, Not What Was Said - By Chuck Martin

If you want to communicate effectively in the workplace, make sure your colleagues understand what they heard.

A lot of verbal communication in business today is like the game of Telephone many of you probably experienced as a child.

The first child in a line whispers a sentence to the second, who repeats it to the third, until the last child dutifully repeats what he or she heard, generally only remotely similar to what was originally said.

When it comes to verbal communication in the workplace, much of the same situation occurs.

The first person knows precisely what she said, because she said it. When the second person repeats it to another, he also is very certain of what he said, since he said it.

What can be lost in the translation, however, is what that second person actually heard before he "repeated" the message.

When it comes to verbal communication, the majority of senior executives say that it is effective within their organizations, based on a worldwide survey by NFI Research.

Ninety-seven percent of executives and managers say their communication to subordinates is clear, understandable, consistent and direct.

On the other side, regarding communication from their direct superior, only a fourth of these same executives and managers say that communication is extremely effective.

So while most executives and managers believe they are communicating effectively, not as many feel they are being communicated to effectively.

The obvious disconnect is between what is said versus what is heard, just like the game of Telephone.

While most managers see themselves as being clear about what they say, those whom they are saying it to are not as clear about what they are hearing.

And as the messages, which could range anywhere from strategy and corporate direction to priorities and meeting agendas, get passed along the ranks, there is even more potential for increased miscommunication--even though all the people believe they are correctly and effectively communicating the message.

Office politics or personal viewpoints also can stop effective communication from being correctly interpreted.

"The biggest challenge I see is that people misinterpret intentions and thus twist communications based on their own fears," said another respondent. "It is a lot of work to unravel these misses."

"My opinion of my communication effectiveness doesn’t matter," said one survey respondent. "What does matter is if it was clearly understood by the listener, which is always a challenge and can always be improved."

"Communication is in the ear of the beholder," said one manager. "It seems like there is never enough, and it isn’t at the right level of detail to please everyone."

"Although I am not as good as I should be, I have found the better I listen, the better they verbally communicate," said another.

The way to avoid Telephone in business and the solution to create truly effective communication is to determine not what was said, but rather what was heard.




vanessa at 12:44|PermalinkComments(0)clip!

2006年12月18日

Missing Words Original

“Old Soldiers Never Die” Speech by Douglas A. MacArthur

I have just left your fighting sons in Korea.
They have met all tests there, and I can report to you without reservation, they are splendid in every way.

It was my constant effort to preserve them and end this savage conflict honorably and with the least loss of time and a minimum sacrifice of life. Its growing bloodshed has caused me the deepest anguish and anxiety.

Those gallant men will remain often in my thoughts and in my prayers always.

I am closing my fifty-two years of military service. When I joined the army, even before the turn of the century, it was the fulfillment of all my boyish hopes and dreams.

The world has turned over many times since I took the oath on the plain at West Point, and the hopes and dreams have long since vanished, but I still remember the refrain of one of the most popular barracks ballads of that day which proclaimed most proudly that old soldiers never die; they just fade away.

And like the old soldier of that ballad, I now close my military career and just fade away, an old soldier who tried to do his duty as God gave him the light to see that duty. Good-bye.

日本語訳

私は戦地で戦う皆さんの方の息子を朝鮮に残してきました。彼らはそこであらゆる試練にぶつかりました。そして私は今、なんのためらいもなく申し上げる事ができます。彼らは、あらゆる意味において素晴らしいという事を。

彼らを守り、この野蛮なる戦闘を誇り高く、最小限の時間と人命の犠牲で終わらせるようにする事が、私の絶えず努力してきたことでありました。しかるに、はからずも流血のとどまる事を知らぬは私の深い苦悩と心労の原因でもありました。

勇敢なる、彼らますらおの事は、今後も常に私の思いと、祈りの中に生き続けるでありましょう。

今私は、52年間におよぶ軍歴に終止符を打とうとしています。今世紀の幕がまだ上がっていない時期に陸軍に入隊し、当時は少年時代の全ての希望と夢が叶ったように思ったものでした。

私が陸軍士官学校の校庭で宣誓をしてから、世界は幾度と無く転変を重ね、私の少年時代の夢と希望ははるかかなたに消え去っていきました。しかし、今なお、あの時代、よく兵舎で歌われていたあのバラードの一節がまざまざと思い起こされるのです。
誇り高く歌い上げていたあの一節「兵士は死なず、ただ消えるのみ」
この歌の老兵のように、私は今、軍人としての職歴を終え、ただ消えていきます。神の光に導かれて自らの責務を知り、これを全うすべく努めた老兵として。
お別れです。




vanessa at 17:10|PermalinkComments(0)clip!

Missing Words

“Old Soldiers Never Die” Speech by Douglas A. MacArthur

I have just  □□□□ your fighting sons in Korea.
They have met all □□□□□ there, and I can report to you without reservation, they are splendid □□ every way.

It was my □□□□□□□□ effort to preserve them and end this savage □□□□□□□□ honorably and with the least loss of time and a minimum sacrifice of □□□□. Its growing bloodshed □□□ caused me □□□ deepest anguish and □□□□□□□.

Those gallant □□□ will remain often in my □□□□□□□□ and in my prayers always.

I am □□□□□□□ my fifty-two years of military service. When I joined the □□□□, even before the turn of the century, it was the fulfillment of all my □□□□□□ hopes and dreams.

The □□□□□ has turned over many times □□□□□ I took the oath on the □□□□ at West Point, and the hopes and dreams have long □□□□□ vanished, but I still remember the □□□□□□□ of one of the most popular barracks ballads of that day □□□□□ proclaimed most proudly that □□□ soldiers never □□□; they just fade away.

And like the old soldier of that ballad, I now close my □□□□□□□□ career and □□□□ fade away, □□ old soldier who tried to do his □□□□ as God gave him the □□□□□ to see that duty.
Good-bye.


vanessa at 17:08|PermalinkComments(0)clip!通訳研究 

Lang-On how to

Lang-Onの使用方法
Lang-On ManagerのアイコンをクリックしてLang-Onをたちあげる。(1~2分待つ)
FileをクリックAdd New Video to Programをクリック
File Selector ・・・をクリック video を貼り付ける
FileをNew Programをクリック 名前をつけてOKをクリック
(.mwaなどはつけないこと) Fileの種類はAll filesにしておく。
つぎVideo Source FileからVideoが選べるようになるのでSOZAIフォルダーの
中から選びOKをクリック(mvaでもOK)
ManagerのConsoleが立ち上がる。
ビデオファイルを先にコピーしておいて,後でペーストする場合。
New Program Name→OK
Video Source File→...
All fileにする
Videofile をpaste→OK

以上


vanessa at 17:05|PermalinkComments(0)clip!フリーノート 

2006年08月20日

8.20 continued 2

IV  Whispering Interpreting 
国際会議の進行例
MC おはようございます。本日は(International Conference on Asia Forest Partnership
アジア森林パートナーシップ国際会議)にご参加くださいまして有難うございます。私はご案内役を勤めさせていただきます(佐藤みどり)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。それではこれから(アジア森林パートナーシップ)を開催いたします。それでは開催にあたりまして主催者を代表いたしまして(当会理事の安藤)よりウェルカムスピーチを申し上げます。
ウェルカムスピーチ
ご挨拶を申し上げます。ただいま、ご紹介をいただきました(理事の安藤)でございます(アジア森林パートナーシップ)の開催にあたりまして主催者を代表いたしまして一言ご挨拶を申し上げます。本日はご多忙のところご参加の快諾をいただけました講演者の(Date様や 伊藤様)また会場にお集まりの皆様に心よりお礼を申し上げたいと思います。
MC それでは主催者であります(会長の近藤)よりご挨拶させていただきます。
主催者挨拶 本日は都内だけでなく全国各地から多数のご参加をいただきまことに有難うございます。私どもは日ごろから(アジアの森林保護)を目指して努力をしております。これからも皆様と連携をはかりながら、国境を超えたより強いネットワークの中心基地を構築し、(当会の活動)をアピールしていきたいと考えております。
MC それでは(アジア森林パートナーシップ発足に向けて)と題し、(Date様)より基調講演をいただきます。本日は(Date様)には千葉県の幕張メッセ近くのホテルまでお越しいただいております。こちらのホテルと現地を結び同氏の講演を生中継いたします。さて講演に先立ちまして皆様のお手元の同時通訳レシーバーについてご説明いたします。まず本体上部のスイッチをスライドしていただきボリュームをどうぞ調整してください。チャンネルは日本語がAチャンネルとなっております。
それでは開演させていただきます。本講演の進行は(グローバル新聞社の東京支店長 後藤様)にお願いしております。(後藤様)よろしくお願いいたします。
紹介者 皆様、今日は(グローバル新聞社の東京支店長の後藤)です。本日は()の基調講演に先立ちまして、(グローバル社)を代表し簡単にご挨拶を申し上げたいと思います。まず最初に主催者であります(国際協力推進会)と共催の(国際森林保護協議会)、後援の(藤田財団)に謹んでお礼を申し上げます。このような機会にお招きいただき(Date)ともども心より感謝しております。 残念ながら(Date)はこちらに参れませんでしたが、衛星放送を通じての基調講演後、十分な時間を皆様との質疑応答に当てさせていただきたいと考えております。本日の主題であります(アジア森林パートナーシップ)については彼も非常に興味をもって取り組んでまいりました。それでは早速(Date)をご紹介いたします。

ゲスト・スピーカー1の基調講演
Distinguished Delegates, Ladies and Gentlemen,
It is my pleasure to have this opportunity to say a few words at the opening of this International Conference on Asia Forest Partnership (AFP) with the participation of experts from governments, international organizations, NGOs, industries and think tanks in the world.
First of all, I would like to refer to the great importance of promoting sustainable forest management in Asia, in particular, in the ASEAN region in order to advance its economic prosperity and environmental well-being. The people in Asia enjoy the blessing of nature including forests. Forests provide our lives with multiple benefits, such as conserving land and water resources, providing forest products, preserving bio-diversity.
We have been promoting sustainable forest management in the ASEAN region and in China through a variety of schemes including various project-type technical cooperation. Our contributions include technology development in Malaysia, planning research and afforestation in Vietnam, prevention of forest fire and biodiversity conservation in Indonesia, reforestation and research for agroforestry in Thailand, research for afforestation in the Philippines, afforestation and forest conservation in Laos, community forestry training in Myanmar, capacity building for forest sector in Cambodia and reforestation and research for forest conservation in China.
In spite of these efforts, forest degradation is continuing at an alarming rate. Further action should be taken by the international community in order to ensure the multiple benefits of forests for future generations.
In a month, a very important, global conference is to take place in Johannesburg, South Africa: the World Summit on Sustainable Development (WSSD). This will be a good opportunity for all of us to re-affirm the importance of forests and to try to find concrete ways for the betterment of Asia's forests.
The purpose of AFP is to promote sustainable forest management in Asia, by furthering cooperation in addressing the urgent issues, such as, forest law enforcement, illegal logging, forest fire prevention and rehabilitation and reforestation of degraded lands in Asia.
We are hoping to launch AFP officially with many partners. I believe we have made very good progress toward this goal. Activities by the civil society including NGOs, industries and think tanks are essential in the implementation of AFP, and they are invited to join in this partnership. For this reason I look forward to the opportunity, today, to exchange views with governments, international organizations and civil society on how to meet the challenge of promoting sustainable forest management in Asia.  Thank you.

質疑応答 割愛
第二基調講演 割愛  
コメント 先生のお話について一言コメントさせていただいてよろしいでしょうか。
私は沖縄から参りました(比嘉)と申します。沖縄は日本において唯一の亜熱帯海洋性気候に属しているため年間を通して暖かく、本土には見られない四季折々の花々や木々が生い茂り、貴重な野生動物が生息し、透き通るような海と空に囲まれているなど非常に恵まれた自然環境を有しております。
しかしこれまでに林道建設、リゾート地の建設、米軍基地建設などで自然が破壊されてきており、私たちの身近にも生態系全体を守っていく必要があると実感しております。
先生のお話をうかがい、世界中が助け合いながら貴重な自然を残すことは、全ての人々の課題だと再確認いたしました。私も、私の友人たちも身近なところから努力をしていこうと思います。本日はお話をどうも有難うございました。
MC これからの(環境保護)を考えるうえで大変示唆にとんだお話をどうも有難うございました。では最後に(国際協力推進会の加藤)より本セミナーの総括をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
総括(役職・氏名 国際協力推進会の加藤)でございます。本日のセミナーの日程を終わるにあたり、主催者を代表してまとめのご挨拶を申し上げます。本セミナーでは(Date様) をお迎えし(アジア森林パートナーシップ)をメイン・テーマといたしました。今日のお話のように課題は大きくはありますが、今こそ、知恵をしぼりこれからも多くの方々のご理解とご協力を得て成果をあげていきたいと願っております。
本日のセミナーはすばらしい講演者、コーオディネーター、参加者の皆様をお迎えし、実り多い、忘れがたい会合となったとご報告いたします。
特に参加者の皆さんが講演者の(Date様や、伊藤様)と親しくお話できたことも、皆さんにとって大きな励みになったことと思います。
MC (国際交流協会事務長の加藤)より総括のご挨拶でございました。本日は本当に有意義なお話をしていただきました(伊藤様)にもう一度大きな拍手をお送りしたいと思います。
有難うございました。それでは(伊藤様)ご降壇くださいませ。どうも有難うございました。本日は長時間に渡りご参加くださいまして有難うございました。どうぞ皆様お手回りの物、お忘れ物がございませんように、またお足元にお気をつけてお帰りください。

V ノートテイキングの基礎
5-1 Note-taking with Missing words

Detailed Information
Listen to the passage and take as many notes as you feel are necessary. Try to make your rendition as close to verbatim as possible.

A frightening experience    Richard Somerville 7.2 (56:58)
My name is Richard Sommerville. I want to tell you about a frightening experience that I had some years ago when my youngest son was just a toddler. We were vacationing in the Adriatic Ocean off, uh, Yugoslavia and he had a boating accident while my wife and I were away. He fell on the boat and cut his head badly, and wad (bleeding) profusely. It was a tiny village in a very (primitive) place and the nurse at the first aid station thought he had broken his skull. She didn’t speak (English) and we didn’t speak Serbo-Croatian so we were (communicating) with her in German, but she was very clear that our son had broken her skull and he had to be taken by ambulance to a (hospital). That was one of the most terrifying rides I’ve ever had. The Yugoslav ambulance driver was a wild and (crazy) man who drove madly on the wrong side of the road, on the side, uh, where cars shouldn’t be, and uh, passed (everybody), sirens flashing—screaming sirens, lights…and it was, uh, a ride that seemed to last (forever). Uh, I was following behind him in a car they wouldn’t let me ride in the ambulance so I was also driving at terrifying speeds and, uh, I was (afraid) first of all that my son was going to die from having a fractured skill and second that my wife and I were going to get killed in a terrible accident. It just seemed impossible to me that we’d make it. We were going over tiny mountain road, two-lane highways going around blind curves on the wrong side of the road. And we ended up in a hospital of a nearby (city). And after a long time the doctor, who also spoke (German), came out and told us that he didn’t have a (fractured) skull after all, he just had a bad cut, he’d been sewed up, the bleeding had stopped, there wasn’t anything wrong with him, and uh, he was going to recover and be (fine). It took me a long time to get my (equilibrium) back that night, and I think if I have to draw a (moral) from that terrible experience it’s uh, not to believe that things are always going to be as bad as they (seem) sometimes they turn out to be a lot better.

リテンションを強化するトレーニングがうまくいかない場合はメモ取り練習から始めても差し支えありません。(リプロダクション練習が優先されるのは、メモを取る事に一生懸命になりリスニングから注意がそれてしまうからです。常に、Attention Distributionを円滑に行うことを念頭に置きながら練習すれば、通訳練習をメモ取り練習から始めて、メモ量を少しづつ減らしながら、リテインする量を徐々に増やすというやり方もあります。通訳トレーニングは自分で行うものですから、自分が出来るところから強化していけばよく、絶対メモ取りより先にリテンション練習をしなければならないわけではありません。通訳者になるために全員が同じようにリテンション・リプロダクション練習から始めなければならないと考えると、トレーニングは負担になり、効率が悪くなります。覚えられないからメモを取るのですから、その利点を活かしながら練習を行ってください。ただディクテーションするのでは無く、シャドウィングなどで負荷をかけながら、集中して、情報を取り入れ、さらにそれをすぐに口頭要約する練習をしてみてください。


初歩の同時通訳
1. Tapping
2. Story telling
3. Dual Task

A: Hello , Mr. Yamada? How was your trip? I guess you are looking forward to your game of golf.

日:快適でしたよ。オーストラリアに来るのを楽しみにしていましたのでね、9時間なんてあっという間に過ぎました。お天気がいいといいのですが、明日あたりは雨のようですね。

A: Yes, we haven’t had rain in ages, but unfortunately, the forecast for this week doesn’t look good.

日:今日の要件なんですが、先日、ハイウェイ沿いの更地を買いましてね。広さは2560平方メートルほどなんですよ。そこに私の会社のオーストラリア事務所を建てたいと思います。

A: I’ve seen the site, and I think it’s good place for your Australian headquarters. Also the area is growing rapidly so the sites like that will be even more valuable in the future.
日:そうですよね。今のところ1階は店舗スペースにして、2、3階を事務所にしたものを考えているのですが、どうでしょう。

A: Well, let’s start from your requirements. How many people will you have working in the office?

日:今のところ30人くらいを予定していますが、最高45人といったところですね。

A: Will you need large computer facilities as well?
日:いいえ。そう大型のものは考えていません。スペースで言えば10平方メートルあればまず、十分だと思います。

A: In that case, I think your plans sound good. Now, what do you have in mind in terms of budget for the construction?

日:一応500万ドルあたりを想定しているのですが、いかがでしょう
A: I think that would be feasible. It will of course depend on the design. But would you like me to draw up some preliminary plans?
A: そうですね。一応いくつか違ったタイプのものを用意してもらえますか。まだ近代的なものか伝統的なものがいいか迷っているんです。

A: That will be fine. I’ll do some sketches, so you can have a choice. How are your other projects going at this stage?
日:リゾートのほうはおかげさまで順調に進んでいます。来年の10月ごろにはオープンする予定です。スタッフが良く働いてくれて、うまくいっています。

A: That ‘s good to hear. I’m looking forward to playing golf with you when it’s finished日:そうですね。前回ご一緒したときは負けましたが最近はレッスンを受けてましてね。少しは上達しましたよ。

A: I might have to take lessons, too, before the opening. Anyway I’ll be in touch when the drawings are ready.

日:どうも有り難うございました。

R: OK、see you then.

初歩の同時通訳演 (ポーズ付)
Big Grandma David Burnight (5.3 55:20)

Hi, my name is David Burnight. I would like to tell you a little bit about my “Big Grandma.” Some of my favorite memories are about Big Grandma. I called her Big Grand ma because I also had a little Grandma. Big Grandma wasn’t fat, she was just big. She grew up in Illinois of pioneer settler stock, and she just had big bones, and was a big woman. When my mother was 13 Grandpa died, and so Grandma took over and went to work and raised all three children herself.
When I came along Grandma was living about half the time with our family and half the time with her son, so I always considered her a member of our family. She would wash dishes and do the ironing, and help my mother a lot, and I enjoyed Big Grandma.
We had a cabin up in the mountains and would go up every June and Grandma would go with us; and after the sweeping and dusting and bringing down the cobwebs was done, Grandma would go for hikes with me. She was an old lady, but she was s sturdy old lady. She always took along big walking stick, and she told me that it was to kill rattlesnakes which would lie in the prairie clover. And so Grandma hated rattlesnakes and whenever she would see one she would kill it. And as a matter of fact, when we’d find one on our hikes on the trail, Grandma would beat its head off with her walking stick.
I think one of the funniest things that happened was one day when my dog Laddie cornered a skunk underneath our cabin. Wow, what a smell it was! But Grandma was not even concerned. That was the day we discovered that Grandma had lost her sense of smell. And, as a matter of fact now we understood why she’d been complaining lately that food just didn’t taste as good as it used to, because when your sense of smell goes you lose your sense of taste, too.
Grandma had been born in 1860 and she told me that when she was 5 years old her father took her down to the railway crossing to see Lincoln—President Lincoln’s funeral train go by. To have that kink of living contact with our nation’s history always thrilled me when I thought about it. Grandma lived to be almost 102, and on her 100th birthday President Eisenhower sent her a birthday card. Of course, he sent birthday cards to every 100-year-old person, but we always thought that it was very special because Grandma was very special to us.

逐次通訳演習
アジア森林パートナーシップ(AFP)」に関する国際会議 水野賢一外務大臣政務官の開会挨拶
ご列席の皆様、
 各国政府、国際機関、世界のNGO、産業界及びシンクタンクの専門家の方々のご参加を得て、この「アジア森林パートナーシップ(AFP)」に関する国際会議の開会の挨拶をする機会を賜り、大変嬉しく存じます。
最初に、アジア、特にASEAN地域における経済繁栄及び健全な環境保全を発展させるためには、持続可能な森林経営を促進することが極めて重要であるということを述べたいと思います。アジアの民は、森林を始めとする自然環境の恩恵を享受しています。森林は、我々の生活に、土地の保全、水源のかん養、木材生産、生物多様性の保全など多面的な恩恵を与えてくれます。                         アジアにおいては、持続可能な森林経営のため、既に多くの活動が実施されています。 
私どもは、プロジェクトタイプの技術協力を始めとする様々な枠組みを通じて、ASEAN地域及び中国における持続可能な森林経営を促進してきました。 
 こうした多くの方々による努力にもかかわらず、森林の劣化は急速に進行しています。将来の世代のために森林の多面的恩恵を確保するため、国際社会は更なる行動をとらねばなりません。
 あと一ヶ月で、極めて重要な地球規模の会議が南アフリカのヨハネスブルグで開催されます。持続可能な開発に関するヨハネスブルグサミットです。この会議は、私達全員が森林の重要性について再確認し、アジアのより良き森林のための具体的な方策を発見する良い機会になるでしょう。
 こうした背景に応えるべく、我どもはインドネシアと協力し、他のアジア諸国、ドナー国・機関及び市民社会に対し、アジアにおける森林分野の協力を改善する枠組みである「アジア森林パートナーシップ(AFP)」に参加するよう呼びかけています。このパートナーシップの目的は、アジアにおける森林法の実行、違法伐採、森林火災防止、荒廃地の復旧などの緊急課題への取組についての協力を促進することにより、アジアにおける持続可能な森林経営を促進することです。
 我どもは、多くのパートナーと共に、このAFPを正式に発足させたいと考えています。私は、私達がこのゴールに向かって確実に前進してきたと確信しています。NGO、産業界及びシンクタンクを含む市民社会の活動は、AFPの実施に不可欠です。それ故、これら市民社会もAFPへの参加が期待されています。本日の機会が、今日のこの会議が、アジアにおける持続可能な森林経営の課題について、市民社会の間で意見交換を行うよい機会となることを期待しております。 ご静聴、有難うございました。
逐次通訳演習
模擬国際会議


vanessa at 23:05|PermalinkComments(0)clip!

8.20 continued 1

II. .英語リスニング強化
2-1.  集中力を瞬時に上げる  QR & Lagging Exercise
Shining stars 輝いているスターたち     are giving away 寄付する
staggering 驚異的な               retiring from 〜 〜から引退すること
focusing on 〜 〜に専念すること       charitable foundation 慈善団体
runs 運営する                    something like 〜 およそ〜
be distributed for 〜 〜に充てられる     causes 大きな目的
contribution 寄付                  stock prices 株価
Just how big are these numbers?  これは具体的にどのぐらいの額なのか
someone with a college degree 大卒者   over their career 生涯仕事をして
rough equivalent of 〜 およそ〜に等しい   by choice 自ら好んで

2-2  Missing words and Slash Listening   Bobbi Jordan (ex1.3 05:15)

 Hi. My name is Bobbi Jordan, and I’d (1 ) (2 ) (3 ) you a story that changed my life. When I first came to California I had a very good friend who lived in a tiny community and she’s the (4 ) who told me this (5 ), so I have it second-hand. At that time, a young priest came to that community; and we’re going to call him by the (6 ) of John. It was a small community and they were thrilled to have a young (7 ) with new ideas who was an exciting person and brought that (8 ) church to life. The community was so (9 ) about this that they got (10 ) and they redid the parish hall. The men who were carpenters put new wood into the house, and the plumbers redid the (11 ), and one man was a tile (12 ) so the bathroom was tiled in a beautiful sage (13 ) tile, and the community went out of its (14 ) to make this a wonderful living place for this young priest.
Well, my friend, who was married with three young (15 ) and had a (16 ) who had a small business, didn’t have a lot of money. She didn’t work. And so she had to scrimp and save from her (17 ) money and from other money coming in to give her present to the priest for the rectory. She bought towels for the (18 ).
She went shopping until she found exactly the right shade of green, and they were very (19 ) towels and she was so proud of her gift; and wrapped it carefully and took it to him. And said, “Here, Father, this is my gift for the rectory.” He smiled, he was very (20 ), and he knew that she was giving him the gift out of (21 ).
About a year later, my friend went to Annie’s house. Annie was a woman who had just lost her son, and all the women in the community were taking casseroles and giving comfort because the son was a young boy and Annie was quite (21 ). While my friend was there she went (22 ) Annie’s bathroom; and hanging in the bathroom were the very towels that she had bought for the priest! She looked at them and couldn’t (23 ) her eyes—she knew they weren’t Annie’s. Annie didn’t have any money, and besides, Annie’s bathroom was (24 )—who would have picked green towels ? She went back out and didn’t say a (25 ) to Annie. Instead, the next day she went to the rectory, knocked on the door, had a small conversation with Father, and then said, “I don’t understand. I was over at Annie’s yesterday, and I saw the towels that I gave you (26 ) in her bathroom.” Father said, “Yes, that’s right.” My friend said, “But I worked (27 ) (28 ) those—and I saved money and I scrimped and I saved so I could give you this gift!” The Father looked her in the (29 ) and said, “But, my dear, Annie needed them.”
And that’s when I had that wonderful recognition that only comes once in a (30 ). That there was a great lesson to be learned here, and the lesson is this; When you give a gift, it is gone. You give it, you give it to the person that you love, and then you let go of it. You let it be. If that person, be it your Aunt Tillie, your best friend, wants to take that gift and give it away the (31 ) (32 ) day, that’s just fine—because you have given, not the object, but your (33 ). That was an ( 34 ) lesson for me to learn that day, and that’s my story.  


2-3 Acuity and Discrimination

Acuity means sharpness of perception; keen perception. Discrimination means the ability to distinguish features.

Two Introductions (without notes) Amy Bouck Version B

Hi. My name is Amy Bouck. I’m 20 years old. I’m originally form San Diego, California. I now live in northern California, in Davis, which is about 20 minutes outside Sacramento. I study at the University of California at Davis up there; I’m studying psychology. When I’m not studying I enjoy doing things like reading books, watching TV going shopping and camping. And that’s all about me.

Trip to the Hospital Amy Brouck Version B
Hi. My name is Amy Bouck and I’m gonna tell you about when I was 5 years old and had to go to the hospital. I’d come down with the stomach flu and my mom was worried about me, so she took me to the doctor. He said that I just had to wait to get better and stick it out. I continued to get worse and so my mom took me to another doctor, who said the same thing—that I had to just wait to get better. But I continued to get worse, so my mom brought me to the emergency room.
The doctor examined me and he said that I had to have my appendix taken out. He called an ambulance for me, which took me to the hospital, where I was examined again. That doctor also said I had to have my appendix out. So I was admitted to the children’s ward of the hospital, where they suited me up in a gown and gave me a bed. I was operated at 1:00 that morning. I had to stay in the hospital for six days to recover, where I had to do exercises like walk around the hospital or uh, be hooked up to something to test how deep I could breathe—all helping me to get better. Uh, one of the worst parts about being in the hospital was I had to celebrate my birthday there. But all my family came to visit me, and gave me things like candy and posters. But all the doctors took my candy. And, uh, that’s my trip to the hospital.




III 要約通訳
3‐1. メインアイディア掴む。 (J-E)
日本語の文章を要約してみましょう。これは要約法の基本的考え方です。
「斎藤メソッド」
  斎藤孝先生の授業は、集中力を高めるために体を動かすことから始まる。
著書「声に出して読みたい日本語」などで知られ、大学で教べんをとる斎藤先生は、2001年から小学生に塾を開き、独自の読解術を教えている。文を読み解く秘訣(ひけつ)、それは3色ペンによる色分けにあるという。
赤・青・緑の3色で色分けするという読解術は、赤が「すごく大事」、青が「まあ大事」、緑が「面白いと感じた」ところに線を引くもの。斎藤先生はこの方法が、本を読む人の意識を変え、読解力を格段に上げるという。
 先生は、3色で線を引くことについて、「ここは大事だとか、意識をはっきり持って、自分からかかわっていく積極的な姿勢が読みを深くする」、「自分でチェックしたものは、後から『あれはね』って話せる。これは使える知識にするための方法です」と話した。また、斎藤先生は、赤と青の線を引くことが客観的な思考を養い、緑の線が主観的な思考を養うことにつながると話した。
斎藤先生は、「読解力は武道の技と同じ」と考えていて、3色ペンを使った「読みの技」を身につけることで、読解力に加えて、他人の考えや気持ちを理解する力を養うことができると話していた。 (FNNニュース 2005.6.22)
 上記「斎藤メソッド」の着想は要約通訳と似ている。通訳の場合は緑「面白いと感じた」ところに線を引く必要はないが、誰でもが重要だと思うところは、きっちり押さえる必要がある。
通訳の演習では、赤で囲んだ語句を隣に座った学習者と比較検討し、さらに、発表して見ると、ほとんどの学習者が同じ語句を丸で囲んだり、同じ考え方を示す箇所に印をつけていることがわかる。緑で囲んだところを要約文の中に入れるか入れないかで、文章の「色付け」が違ってくる。これについては通訳者が時と場合で判断すればよいことになる。

3‐2 英日 原稿付き要約通訳
数回に分けてバリュエーションをつけながらキーワード法の演習を行ってください。
スピーチの原稿の重要と思われるところに下線を引き3分の1に要約し、読み上げる。 
次に、スピーチを読みキイワードを丸で囲む、それを元に口頭発表する。 1分30秒以内に終わる事を目指す。)(原稿参考OK)
各情報の価値判断と言葉の経済性を検討する。問題提起−提案−展望 


ST

The amounts of money that some famous people are giving away these days are simply staggering. Bill Gates, chairman of Microsoft Corp. and the world's richest man, announced late last month that he plans on retiring from his company by 2008 and focusing on the charitable foundation he runs with his wife. He plans to give away 95 percent of his wealth before he dies. That means that something like 42 billion dollar (4.8 trillion yen) is going to be distributed for fighting disease in Africa, reducing poverty and other causes.
Similarly, the second-richest man in the world, Warren Buffett, announced that he was giving most of his personal fortune (a contribution of about 30 billion dollar (3.4 trillion yen), depending on future stock prices) to that same Gates Foundation.


vanessa at 23:04|PermalinkComments(0)clip!

8.20

I.はじめに
通訳訓練トレーニングの中心は集中して聴き、情報を取り入れ、それを発表できるスキルを磨くことにあります。上級者の基礎訓練はアクティブ・サマライゼーションとメモリー・レッスンとサイト・レッスンを行いながらノンネイティブの英語に慣れてゆくことを目指すものですが、入門では通訳の基礎トレーニングの概要を学び、各自のトレーニング・メニューを作成できるようになることを目指して、各トレーニング・メソッドを経験して見るとよいでしょう。
そして、初級・中級段階では瞬時に集中して、しかもその状態を15分ほど持続できるようになるための「筋力トレーニング」のような地道な練習を重ねていきます。また、「聞いたことを保持しておくこと」と「訳を考えること」などのマルチタスクを同時進行してくためのアテンション・ディストリビューションのトレーニングを行います。これは反復練習によってアテンション・スイッチングを自動的に、ほぼ無意識に出来るようにしていくことなので、どのような人でも最低6ヶ月くらいの練習が必要です。
本セミナーではまず、入門段階で学習するべきものを見直し、演習を始める前にトレーニング関係の用語などで問題がないようにしておきたいと思います。

初級の段階で知っておくべきこと
(1) トレーニングを始める前の確認事項
 |姥譴砲箸蕕錣譴覆い蚤腓泙なメッセージをつかむことが大切;100%訳出する必要はない
◆…綾阿鯊圓燭擦困法△錣りやすく話をするには訓練が必要
 日本語で話された内容でも長期間覚えておくことは難しい
ぁ_酸爾鯆阿い董同時にそれを繰り返すのは忍耐がいる
ァ_酸爾鯆阿い謄瓮發鮗茲蝓△修譴鮓気墨辰鮴騎里忘得犬垢襪里脇颪靴

(2) 準備段階で行う主な練習  
 .轡礇疋Εング(Shadowing)&スラッシュ・リピーティング (slash repeating)(区切り聴き)
スラッシュ・リーディング (slash reading)
 ミッシング・ワーズ (missing words)(未知語が出てきたときの処理)
ぁ―臍りの訳出法 (first-in first-out translation )(頭ごなし訳出法)
ァ.汽ぅ函Ε肇薀鵐好譟璽轡腑 (sight translation)
Α〕很麥習 (summarization)
А〕渋   (anticipation)  (文法や背景知識を駆使して予測する)
─.瓮蘯茲衫習 (note-taking) (速記ではなく、メッセージの図式化)

参考: 通訳入門段階で同時進行させるトレーニング
 ‖読練習         (1分間に160ワードを読めるようにする)
◆.廛蹈愁妊J析       (発音に関する全ての要素を分析する)
 要約通訳の基礎       (原文の1/4 から1/3に要約する)
ぁ.札鵐謄鵐甲犲…面の基礎 (音声を聴いて1-2秒以内に訳出を始める)
ァ.Εスパリング同時通訳の基礎(ささやきながら行う同時通訳法 訳出率60-70%)
危機管理対策 (模擬通訳演習やイメージトレーニングなどによるパニック対策)
А…面倫理       (国際的な通訳倫理を知る)



(3) 訳出の評価基準
入門段階で重要なのは訳出の際の「正確性」と「簡潔性」で「日本語らしさ」は優先順位が少し落ちます。まずは、コミュニケーションを行う者として相手に意思が通じるように、「途中で諦めない」、「声を出す」、「いろいろな表現を試す」などが奨励されるからです。
 入門・初級段階での訳出における優先順位
正確さ  
わかりやすさ  
速訳 (60−70%)
日本語らしさ  
デリバリー(声とレジスター)

(4)訳出アプローチ----言語の経済性を軸にした訳出
 ”汁惺渋いらの脱却   伝達意図は何か。
◆仝生譴侶从兩 関連命題の統合 (情報圧縮、選別、削除、再編成)
情報密度の高い物を、短い文にして分かりやすいものにする。
内容が変わらないように気をつけながら再編成する。
接続詞を使用して短い文章をつないでいく。
聴衆に対して適切な言葉を使用する。
 逃げ   上位概念、一般化


vanessa at 22:53|PermalinkComments(0)clip!workshop 

2006年08月14日

下書き

Whispering Interpreting (Parainterpreter dialog 1)
R:Good morning. Can I help you?

日:はい、家を借りたいのですが。

R: Which area are you looking at?

日:大学に通いますのでその近辺がいいですね。

R: How many bedrooms do you need?

日:家族は、家内と子供が二人ですので、三つベッドルームが必要です。

R: Would you like a large home, or smaller home?

日:手入れが大変ですのでなるべく小さ目がいいです。

R: We have a few homes in the University area that fit your description. Let me just check my files…. Yes. We actually have three house for rent, right now. The price range is from 250 dollars per week to 450 dollars per week.

日:週350ドルまでなら大丈夫ですが、なるべく280ドル前後にとどめたいですね。

R: What about this one, then? Three bedrooms, walking distance to the university, pool, lovely garden for 270 dollars per week.

日:いいですね〜。プールの維持は大変でしょうか。

R: Actually, it is a salt water pool. So, it won’t be difficult to maintain it at all. Do you have any pets?

日:いいえ。妻がアレルギーなもんで犬や猫は飼えないんです。

R: That's good, because the owner doesn’t want any pets.

日:そうですか。前金はいくらでしょうか。

R: We need 2-weeks rent in advance, and the bond of 1,000 dollars.

日:すると、家賃が2週分で540ドルだから、全部で1540ドルってわけだ。

R: Would you like to have a look at this house?

日:ええ、見てみたいですね。ついでに他の二軒も見せてもらえますか。

R: Certainly. I’ll go and get my car.


vanessa at 07:07|PermalinkComments(0)clip!

2006年05月22日

15:49"

Episode 4

15:49~ E. Functional Phrases

Epstein:Now, let’s see. Where is he? Oh, there he is over there reading the newspaper.
Graham:Ah.
Epstein:Mr. Blake!
Blake:Oh, hi, Mike. How are you today?
Epstein:It’s good to see you Charles. This is our vice-president, Shirley Graham. Shirley, this is Charles Blake from Yamashita Ltd.
Graham:It’s nice to meet you, Mr. Blake.
Blake:Pleased to meet you, Ms. Graham.
Graham:How are you today?
Blake:Fine. And you?
Graham:Just fine. Mike tells me that you...he took you around San Francisco yesterday.
Blake:We had a great time yesterday. We went down to Fisherman’s Wharf and we had lunch and then we drove around San Francisco and saw a bit of the city.
Graham:Is this your first trip to the West Coast?
Blake:Well, not really. I was here about seven years ago. Just for a very brief visit and now I have a little bit more time to see some of the city.
Epstein:Well, I hate to interrupt, but we have a car outside and we have reservations at 12:15. So why don’t we get over to the restaurant and we can continue our conversation there.
Graham:Okay.
Epstein:Okay?
Blake:Sounds fine to me.
Epstein:Okay. Let’s go.


vanessa at 12:51|PermalinkComments(5)clip!

2006年05月15日

音読 Ukraine

News1
MOSCOW (AP) - Russian and Ukrainian natural
gas companies agreed Jan. 4 on a plan to
resume gas shipments to Ukraine that allowed
both sides to claim victory after a commercial
and political dispute that had raised fears
of gas shortages in Europe.
The complex pricing plan Russia and Ukraine
agreed to drew in a third company: a Russian-
Swiss trading business - partly owned by
a subsidiary of the Russian natural gas
monopoly Gazprom - that will be the sole gas
provider to Ukraine.
"The talks ended successfully for Gazprom and
Gazprom is completely satisfied," Chief Executive
Alexei Miller, said as he and Naftogaz head
Oleksiy Ivchenko announced the five-year
contract.
"We reached an agreement - on mutually
beneficial, mutually acceptable terms - that will
make it possible to supply Ukraine with the full
volume of gas it needs and provide for the
transport of Russian gas to Europe," said
Ivchenko.
OAO Gazprom will sell natural gas to the
RosUkrEnergo trading company for $230
(26,724 yen) per 1,000 cu. meters as of
Jan. 1-the very price that it had first aimed
to charge Ukraine.
Ukraine will then buy gas from the company for
$ 95 (11,038 yen) -- nearly twice what it had
previously been paying Gazprom, but still far
lower than the price it had refused to pay
Russia.

Shukan ST: Jan. 13, 2006


vanessa at 13:23|PermalinkComments(0)clip!通訳研究 

音読 F unc in Bz Epsd 4

音読してください。

15:49~ E. Functional Phrases

Epstein:Now, let’s see. Where is he?
Oh, there he is over there reading the
newspaper.

Graham:Ah.

Epstein:Mr. Blake!

Blake:Oh, hi, Mike. How are you today?

Epstein:It’s good to see you Charles.
This is our vice-president, Shirley Graham.
Shirley, this is Charles Blake from Yamashita
Ltd.

Graham:It’s nice to meet you, Mr. Blake.

Blake:Pleased to meet you, Ms. Graham.

Graham:How are you today?

Blake:Fine. And you?

Graham:Just fine. Mike tells me that you...
he took you around San Francisco yesterday.

Blake:We had a great time yesterday.
We went down to Fisherman’s Wharf and
we had lunch and then we drove around
San Francisco and saw a bit of the city.

Graham:Is this your first trip to the West
Coast?

Blake:Well, not really. I was here about
seven years ago. Just for a very brief visit
and now I have a little bit more time to see
some of the city.

Epstein:Well, I hate to interrupt,
but we have a car outside and we have
reservations at 12:15.
So why don’t we get over to the restaurant
and we can continue our conversation there.

Graham:Okay.

Epstein:Okay?

Blake:Sounds fine to me.

Epstein:Okay. Let’s go.


vanessa at 12:49|PermalinkComments(0)clip!workshop 

2006年05月05日

Checking Time for today

/drive ablue
/drive abodunde
/drive abortivity
/drive abrams
/drive accountants
/drive acharya
/drive acheson
/drive acridine
/drive afanasev
/drive affaris
/drive afriat
/drive analysyof
/drive anonymously
/drive approachto
/drive armerrors
/drive aspsychometrics
/drive auke
/drive auth
/drive authors
/drive autocovariance
/drive bargaining
/drive bellhouse
/drive bernd
/drive bioavailability
/drive blouin
/drive boseeinstein
/drive brandchoice
/drive braunstein
/drive buiculescu
/drive chacon
/drive chains
/drive charalambides
/drive chaubey
/drive cheby chev
/drive chaiangs
/drive chihming
/drive chingchuong
/drive chipman
/drive cmatrices
/drive computations
/drive conditions
/drive contained
/drive


vanessa at 23:09|PermalinkComments(4)clip!

2006年03月21日

サイト・レッスン

サイトレッスン
目切りサイトラ 

Good morning, Ladies and Gentlemen. My name is Dan Cavanaugh, Vice Director of the Institute of International Politics in our university. On behalf of the Institute of International Politics which is co-sponsoring this symposium with Maicho Newspaper Company. I want to thank, the speaker and panelists participating in this symposium from here and outside of Japan and those who are gathering on this floor from different fields.
In this symposium, there are a number of researchers from the UK, Germany, Sweden, the US, China, South Korea, and Japan. Again, I would like to extend my special appreciation to those participants taking valuable time from their busy schedules.
I hope that after attending these discussions among the people from the different countries in this symposium, the participants today will be active in disseminating the outcome of this conference on the settings of academics, media, politics, and civil movements. Of course, we don’t regard this symposium as a closure but as a renewed starting point, and then we want to create a variety of occasions for discussions in the future. We hope for your cooperation in this endeavor.
Last but not least, my appreciation to Maicho-Newspaper Company, a cosponsor of this symposium sharing the same awareness of issues as we do for making this conference possible.
With this, I would like to conclude my opening remarks. I thank you very much.

リフレージング   (話し言葉にする。)

航空機を利用した旅行者が増加するとともに,機内での急病人の発生も増加傾向にある。また,在宅医療中の方の旅行や海外からの帰省医療など医療搬送の頻度も増加しており,航空機内での医療装備に関心が寄せられている。1993年度から2000年度までの8年間に全日本空輸航空機内では,国内線1,451例,国際線603例,計2,054例の機内救急患者の発生があった。救急患者の発生に伴い機内で行われたドクターコールは1,221件,援助の申し出は1,087件で,申し出率89.0%,うち医師の援助申し出率62.7%であった。

医師により使用された機内搭載医薬品では,鎮痙剤,補液,抗ヒスタミン剤などが多く使用された.民間旅客航空機内には,急病人の発生に備えて,薬品,医療資材が搭載されており,ドクターズキットとして医療関係者が使用できるようになっている。

わが国では,(財)航空医学研究センター内に「航空機搭載する救急用医療品に関する委員会」が設置され,その内容の改善が図られている。最近では,半自動式除細動器の搭載も開始されている。さらに,全日空国際線においては衛星電話などにより地上から医療アドバイスをする24時間医療支援体制が運用開始され,遠隔医療のひとつとして発展が期待されている。

米国では,ボランティアや善意の医療援助者の免責を保証するいわゆる「良きサマリア人法」が州法として制定されている。さらに1998年には,航空機内医療援助法が制定され,故意または重大な過失がある場合を除き,善意の医療援助者や航空会社の免責が保証されるようになった。
一方,わが国では医療関係者が航空機内で救急患者に救援活動をする際の法律的な裏づけや制度的な支援は未だほとんどなされておらず,今後の整備が必要と考えられる。(全日本空輸大阪空港支店健康管理センター 鍵谷 俊文)


vanessa at 10:01|PermalinkComments(8)clip!workshop 

天声人語をもちいたトレーニング

天声人語

くじで選ばれた市民が、裁判官とともに事件を審理する。そんな裁判員制度が、09年5月までに導入される。全国の市民と裁判官を対象にした最高裁のアンケートで、市民の「判決」に大きなばらつきがあることが分かった。

 「生活費のために借金を重ねた男が、取り立てに来た知人を包丁で刺殺した」という例で、相当と思われる量刑を尋ねると、裁判官の意見は懲役10年前後に集中した。市民の方は、死刑から執行猶予まで様々だった。

 市民の常識を裁判に反映させるのが新制度の狙いだという。これだけ開きがある市民の見方をどう裁判に反映させるのか、そして適切な判決が得られるのか。なかなかの難問だ。

 難しいのはそれだけではない。実際の裁判では、罪を犯したかどうかが激しく争われ、審理が長くなることもある。仕事やいろいろな事情を抱える中で、選ばれた人たちが本当に裁判員になってくれるのかという疑問も残る。

 日本で市民が裁判の判決に加わるのは、裁判員制度が初めてではない。大正時代に陪審法が成立し、昭和の初期から15年間は陪審制があった。陪審員の条件にこうある。「男子ニシテ三十歳以上タルコト……国税三円以上ヲ納ムルコト……読ミ書キヲ為シ得ルコト」。陪審員を辞退できる条件の一つには「六十歳以上ノ者」とある。裁判員法では「年齢七十年以上の者」となった。

 二つの法律の成立には約80年の隔たりがあり、社会のありようは変わった。しかし、法廷に立つ市民の緊張感は変わるまい。それが、法廷の新鮮な目となる可能性がある。


Citizen judges may lay down the law erratically
03/18/2006
Japan's criminal courts are planning to introduce a lay judge system by May 2009, in which members of the public chosen by lottery will deliberate on criminal cases alongside judges.
A recent nationwide Supreme Court survey of judges and citizens found that the latter's ideas of an "appropriate verdict" varied greatly.
A hypothetical case used in the survey was as follows: A man who had been continuously borrowing money because he could not afford to pay his household bills fatally stabbed an acquaintance who had come to collect his debt.
The great majority of the judges who participated in the survey answered that a reasonable sentence for this case would be "around 10 years' imprisonment."
The public's answers, however, ranged widely, from a death sentence to a suspended one.
The purpose of appointing citizen judges is said to be to reflect the "common sense opinions" of ordinary people in criminal trials. But when their opinions are so diverse, how can they be reflected accurately in the trial process?
Just as difficult a question is whether the participation of lay people will really ensure a fair and reasonable verdict.
There are practical problems, too. In criminal trials, prosecutors and defense attorneys battle fiercely as they argue their respective cases, and the trials can sometimes drag on. The question remains whether the chosen citizen judges, who have their own work and other commitments, will be able to fully serve their duty as lay judges.
This is not the first time for Japanese citizens to participate in the court sentencing process. A jury law was enacted during the Taisho Era (1912-1926), and led to a jury system being practiced for 15 years starting in the early Showa Era (1926-1989).
According to that law, qualified jurors were men at the age of 30 or older who could read and write and who paid 3 yen or more in national taxes. One of the conditions for being excused from jury duty was being 60 or older. Under the new lay judge law, the same condition applies to people 70 or over.
About 80 years have passed since the enactment of the old jury law, and society has certainly changed in the meantime. However, I am sure lay judges in our contemporary era will feel just as tense in court as the jurors of the past must have felt. And perhaps this will bring a fresh point of view to criminal trials.
--The Asahi Shimbun, March 17(IHT/Asahi: March 18,2006)


vanessa at 10:00|PermalinkComments(1)clip!

Memory and Sight Lessons

(6) メモリーレッスンとアクティブ・サマライゼーション
全ての基礎練習法の学習が終わった者については、メモリーレッスンと呼ばれる記憶力トレーニングとアクティブ・サマライゼーション練習をメインにして総合力を上げるようにする。

6-1メモリーレッスン
メモリーレッスンは、アメリカのモンテレー大学で翻訳者訓練のために開発されたものであったが、非常に効果的な練習法なので通訳者訓練にも用いられるようになったものである。現在では特に専門性の高い通訳業務を行う司法通訳者の訓練に活用されている。

当レッスンには難易度の低いものから高いものまで、訓練法が7つに分類されている。学習者がなれるまで練習は母語の素材を利用して、母語で再生するものとなっている。漫然と聴いていると母語で発表されたものでもしっかり記憶できないことや、メモを取ってもそれがうまく利用できるとは限らないことが認識できる。また、メモを取っていると音声を聞き取るのがおろそかになったり、集中して聞いているとメモを取る手が止まっていたりすることもわかるようになるからである。

 .瓮發鮗茲蠅覆ら,健康問題や新聞や雑誌でよく見られる事件など日常のトピックを30秒から1分ほど聴き、その内容を1センテンスに要約して述べる。
◆.瓮發鮗茲蕕困法∧語のようにストーリー性が高い素材や、頭の中にイメージ湧きやすい記事を聴き、それを自分の言葉に直して再生する。
 出来るだけ多くメモを取りながら、多少専門性のある文章を聴きこれをなるべく忠実に口頭再生する。
ぁ.瓮皺修垢襯ーワードの数を制限して、あまりなじみが無い分野のニュースなどを聴き、これを出来るだけ忠実に再生する。
ァ.瓮發鮗茲蕕困忙事ニュースを30秒から1分ほど聴き、全て忠実に再生する。
Α.瓮發鮗茲蕕困忙事ニュースを1分以上聴き、全て忠実に再生する。
А.瓮發鮗茲蠅覆ら3分位のスピーチを聞き、その内容を再生する。
日本語での練習がある程度進んだら、英語の素材を利用して英語で再生したり、日本語で内容を述べたり、ペアワークで一人が英語にしてそれをパートナーが日本語に訳出するような練習を導入する。

6-2 アクティブ・サマライゼーション
メモリーレッスンでは聴いてメモを取ることが練習されているが、当練習「アクティブ・サマライゼーション」ではシャドウィングを行いながらメモをとり、そのノートを基に自分の言葉で要約する。このため、予めシャドウィング練習とメモ取り練習を多少しておく必要がある。

6-2-1プロソディック・シャドウィング
音声が聞こえてきた通りに同時リピートする。通訳訓練としてはスクリプトを見ずに行うが、英語運用能力を強化する目的で行う場合、必要とあれば初めからテキストを見ながら2-3語遅れてついていければよい。ついていけなくなった場合は、またできるところからリピートする。途中で諦めずに声を出していけることが大切なポイントである。

6-2-2コンテンツ・シャドウィング
内容を理解して覚えながら同時リピートする。この記憶は長期にわたるものでは無く、自分に関係なくなったら即忘れてしまってもよいものだと言える。文章の訳出が終わるまでリテイン(保持)しておけばよいものである。しかし、内容をつかみながら記憶するので実際には半センテンスまたはワンセンテンス遅れてシャドウすることになる。
6-2-3メモ取り練習
メモは縦に取る。ディクテーションのように横書きにすると後に判読しにくくなる。
話された内容を再生するキーとなる概念を図式化する。考え方はT. Buzanマインド・マップのマッピングのようなもので、文脈の流れを表すメモを作成する。
速記のように一語一句の単語に囚われないように、主題メッセージのみを書き付ける。メモは記号でも、絵でも、漢字でも、アルファベットでも、通訳者の記憶を呼び起こせるものなら何を利用しても良い。

頻繁に使用する語やフレーズはいつも決まった略字や記号などを用いると便利である。通訳メモのサインに関してはドイツやスイスの通訳養成機関では決まった記号が200以上あるというが、日本では通訳者が各々のやり方でメモを取る。

6-2-4デュアル・タスク
シャドウィングをしながら数字を書いてみる。1から100まで書き、それがすんだら100から1まで戻ってくる。聴きながら、リピートしながら書くことに慣れるのが目的である。
特に数字は桁が大きくなると記憶しにくくなるため、聴いた瞬間に書き取れるようにしておく必要がある。

6-2-5要約練習 
なるべく数回に分けてバリュエーションをつけながらキーワード法(染谷2005)の演習を行う。

第一段階
日本語の文章を読んで要約する。これは要約法の基礎とも言えるので以下に文章例を挙げる。
「斎藤メソッド」
斎藤孝先生の授業は、集中力を高めるために体を動かすことから始まる。
著書「声に出して読みたい日本語」などで知られ、大学で教べんをとる斎藤先生は、2001年から小学生に塾を開き、独自の読解術を教えている。文を読み解く秘訣(ひけつ)、それは3色ペンによる色分けにあるという。
赤・青・緑の3色で色分けするという読解術は、赤が「すごく大事」、青が「まあ大事」、緑が「面白いと感じた」ところに線を引くもの。斎藤先生はこの方法が、本を読む人の意識を変え、読解力を格段に上げるという。
斎藤先生は、3色で線を引くことについて、「ここは大事だとか、意識をはっきり持って、自分からかかわっていく積極的な姿勢が読みを深くする」、「自分でチェックしたものは、後から『あれはね』って話せる。これは使える知識にするための方法です」と話した。また、斎藤先生は、赤と青の線を引くことが客観的な思考を養い、緑の線が主観的な思考を養うことにつながると話した。
斎藤先生は、「読解力は武道の技と同じ」と考えていて、3色ペンを使った「読みの技」を身につけることで、読解力に加えて、他人の考えや気持ちを理解する力を養うことができると話していた。 (FNNニュース 2005.6.22)

上記「斎藤メソッド」の着想は要約通訳と似ている。通訳の場合は緑「面白いと感じた」ところに線を引く必要はないが、誰でもが重要だと思うところは、きっちり押さえる必要がある。そして、赤で囲んだ語句を隣に座った学習者と比較検討し、さらに、発表して見ると、ほとんどの学習者が同じ語句を丸で囲んだり、同じ考え方を示す箇所に印をつけていることがわかる。これがわかると学習者たちが、自らの判断力に自信を持つようになる。

第二段階
300語-500語くらいの英文を読み重要なところを抜き出していく。クラスでは全員が一度内容を一緒に講読する。次に各自がもう一度それを読みながら、自分はこのセンテンスは絶対に削らないで残しておくと考えるものにキーセンテンスにアンダーラインを引いていく。これらのセンテンスをまとめるために、適切だと思われる接続の言葉を考え、要約文を作成する。次に3-4人のグループになり、自分のパートナーたちの選んだ文章と比較してなぜそれを選んだかについてディスカッションする。そして代表者が英語で要約文を読み上げる。

第三段階
第二段階で使用した文章を利用する。先ほどアンダーラインを引いたセンテンスの中で最も重要だと考える単語や語句を抜き出し丸で囲む。これらの単語や語句を見ただけで内容が再生できるように、内容を記憶しながら作業を行う。再度グループになり、選んだ語句を比較検討し、代表者がそのメモを見ながら内容を英語で伝える。

第四段階
500語くらいの英文を読み、キーワードとキーフレーズのみに印をつけ、これらを基に英語で発表する。ペアワークやグループワークの場合は一人が英語で発表し、他のメンバーがそれを通訳していく。
ここで抜き出されたキーワードやキーフレーズは、実際に通訳を行う場合にはメモのマークとして書き取られるものである。この判断が素早くできるようになる練習を兼ねているので、時間があったらキーワードをメモ化しておくと役に立つことがある。

6-2-6 アクティブ・サマライゼーションの方法
当メソッドに似た練習法が放送通訳者訓練に利用されている。
 ー分のレベルにあった文章を聞きながらサイレント・シャドウィング(音声を出さないシャドウィング)を2回行う。この間メモを取る。
◆‘睛討鰺解しながら声を出してシャドウィングを行う。この間メモを取る。
 メモを基に聞いた内容の要約を口頭で行う。自分の英語で表現できることを目指すが、これが難しい場合には原文を自分の文章として定着させ、発表する。
ぁヽ銅の発表したことについてのコメントをして意見の交換を行うようになれれば、練習としては大成功と考えられる。(アルク2004)

(7) 要約通訳
言語の経済性を重視したアプローチを取り、最も簡潔に正しい内容を伝えるようにする。
この場合、内容の編集、統合、上部概念の使用などが行われる。通常の通訳業務では要約通訳というと内容を1/3から1/4にまとめることを指す。内容の30%が再生できれば申し分ないであろう。

(8) ウィスパリング通訳練習
練習方法はいくつかある
 ‘鷽佑三人のグループになり一人が通訳、他がリスナーのクライアント役になり、スピーチを聞きながら、ささやき式の同時通訳を行う。
◆‘瓜通訳の装置を利用して練習
 商談形式に2グループが向き合い、一方が話しているときに他方の通訳が自分のグループに通訳する。この場合通訳は一方は英語のみ、もう一方は日本語のみに通訳することになる。

最後に
各練習法がうまく出来たかどうかはあまり重要でなく、その目的とやり方を覚え、それを活用して各自がそのニーズに合わせた練習メニューを編成でき、それにしたがって学習していけるようになれば良い。



vanessa at 09:57|PermalinkComments(1)clip!

ビジネス通訳ワークショップ

通訳訓練トレーニングの中心は集中して聴き、情報を取り入れ、それを発表できるスキルを磨くことにある。中・上級者基礎訓練はアクティブ・サマライゼーションとメモリー・レッスンとサイト・レッスンを行いながらノンネイティブの英語に慣れてゆくことを目指す。

本ワークショップではパッセージを聴いて訳出する練習を行うだけではなく、「筋力訓練」のような基礎トレーニングを検討。

(1) トレーニングを始める前の確認事項
 |姥譴砲箸蕕錣譴覆い蚤腓泙なメッセージをつかむことが大切
◆100%訳出する必要はない
 日本語ではなされた内容でも長期間覚えておくことは難しい
ぁ_酸爾鯆阿い董同時にそれを繰り返すのは忍耐がいる
ァ_酸爾鯆阿い謄瓮發鮗茲蝓△修譴鮓気墨辰鮴騎里忘得犬垢襪里脇颪靴
Α…綾阿鯊圓燭擦困法△錣りやすく話をするには訓練が必要

(2) 準備段階で行う主な練習  
 .轡礇疋Εング (Shadowing)
スラッシュ・リピーティング (slash repeating)(区切り聴き)
 スラッシュ・リーディング (slash reading)
ぁ―臍りの訳出法 (first-in first-out translation )(頭ごなし訳出法)
ァ.汽ぅ函Ε肇薀鵐好譟璽轡腑 (sight translation)
А.潺奪轡鵐亜Ε錙璽此(missing words)(一部が聞き取れないまたは 未知語が出てきたときの処理)
─〕很麥習 (summarization)
 予測   (anticipation)  (文法や背景知識を駆使して予測する)
 メモ取り練習 (note-taking) (速記ではなく、メッセージの図式化)

参考: 通訳入門段階で同時進行させるもの
 ‖読練習         (1分間に160ワードを読めるようにする)
◆.廛蹈愁妊J析       (発音に関する全ての要素を分析する)
 要約通訳の基礎       (原文の1/4 から1/3に要約する)
ぁ.札鵐謄鵐甲犲…面の基礎  (音声を聴いて1-2秒以内に訳出を始める)
ァ.Εスパリング同時通訳の基礎(ささやきながら行う同時通訳法、   訳出率は原文の60-70%)
危機管理対策     (模擬通訳トレーニングやイメージトレーニングなどによるパニックに陥らないための練習)
А…面倫理      (国際的な通訳倫理を知る)

(3) 訳出の評価基準
1. 正確さ  
2. わかりやすさ  
3. 速訳 (60−70%)
4. 日本語らしさ    
5. デリバリー(声とレジスター)

入門段階で重要なのは訳出の際の「正確性」と「簡潔性」で「日本語らしさ」は優先順位が少し落ちる。(染谷, 2005)まずは、コミュニケーションを行う者として相手に意思が通じるように、「途中で諦めない」、「声を出す」、「いろいろな表現を試す」などが奨励される。

(4)訳出アプローチ----言語の経済性を軸にした訳出
1.表層構造からの脱却   伝達意図は何か。
2.言語の経済性 関連命題の統合 (情報圧縮、選別、削除、再編成)
3.逃げ   上位概念、一般化

訳は「簡潔なわかりやすい訳出」と言えるか検討
1. Compression 5W1Hを使用して情報を圧縮する。
2. Expansion 情報密度の高い物を、短い文にして分かりやすいものにする。
3. Linking   接続詞を使用して短い文章をつないでいく。
4. Reduction  余分なものを削除する。
5. Localization 聞いている聴衆に対して適切な言葉を使用する。
6. Reorganization 内容が変わらないように気をつけながら再編成する。

(5) ウィスパリング同時通訳の熟達度
Level 1 120wpmで読まれたスピーチを 初見で60%訳出できる。
Level 2 140wpmで読まれたスピーチを 初見で60%訳出できる。
Level 3 160wpm-190wpm で読まれたスピーチを初見で 70%訳出できる。
Level 4 160wpm-190wpm で読まれたスピーチを初見で 80%訳出できる。
サイトラ   ダブルスペースで書かれた司法書類を2分間で読み、5分以内の時間でサイトラできる。

練習用素材
ウェブ上の時事ニュースを使用していく。インターネットを使用する利点は、常に新しい記事を、繰り返して視聴することができることにある。できるだけ、視聴覚素材を使用する。動画と音声とスクリトが入手できる素材としてはVOA、ABC(オーストラリア放送)、CNNなどがあり英語学習者向けに編集されたコンテンツが提供されている。


vanessa at 09:54|PermalinkComments(1)clip!workshop 

2005年12月01日

リヴリー

今日、野いちご島とプリンセス島?を買った。

vanessa at 23:10|PermalinkComments(16)clip!

2005年11月14日

お知らせ。(BlogPet)

きょう、メールしたかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Primavera」がkuma daysを読んで書きました。


vanessa at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月07日

9.28(BlogPet)

今日はネットで大きいこうさぎやこうさぎと、広いこうさぎと、広いこうさぎや広いこうさぎや、広いこうさぎなど言ったよ
大きいこうさぎをBLOGしたかったの♪
vanessaは、ネットで広いこうさぎや広いこうさぎと、広いこうさぎと大きいこうさぎとかこうさぎとかをBLOGしたかったの♪
today'stask
と、vanessaが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Primavera」が書きました。


vanessa at 11:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!