2015年03月17日

【VG】今日のカードは「破壊暴君 アークレイダー」 4月25日(土)発売 『ファイターズコレクション2015』収録

g_fc01


破壊暴君 アークレイダー
ハカイボウクン アークレイダー
Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ -[あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる]裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを1枚選び、退却させる』を得る。

【ヴァンガード開発部からの一言!!】

今日ご紹介するのは、4月25日(土)、26日(日)に開催の大ヴァンガ祭で、限定版が発売となる『ファイターズコレクション2015』収録の新ユニット!! 
《たちかぜ》の新たな切り札「破壊暴君 アークレイダー」だ!
アタック時に味方1体を退却することでパワーを+5000し、さらにヒット時に相手ユニットをも喰らい尽くす、まさに暴君に名にふさわしい能力を持つ!

Gユニットには、ストライドした時、元のヴァンガードの「パワー」と「名前」を追加するという特性がある。
高パワーでヒット時の能力が使いやすいだけではなく、「古代竜」の名前が必要な能力も、問題なく発動可能。
「アークレイダー」自身は「古代竜」の名前を持っていないが、グレード3が「古代竜」なら「古代竜 ティラノバイト」などの能力を組み合わせ、強烈な連続アタックを決めることができるのだ。
まずは「ティラノバイト」単体のアタックで相手の前列リアガードを退却させ、
次に「アークレイダー」で「ティラノバイト」を退却しながらパワーアップ!
「ティラノバイト」がリアガードに復帰し、トリプルドライブ!!! 
ヒット時にはさらに相手リアガードを退却させ、トリガーで強化された「ティラノバイト」が追撃のアタックを叩き込む!

もちろん「古代竜」以外の《たちかぜ》デッキにも投入できるので、キミのデッキの新たな戦略として、このユニットをGゾーンに置いて欲しい!

【ユニット設定】
「超越」を介して過去から召喚された半竜半機のディノドラゴン。
手足をはじめ、体の要所を機械化し、さらに生身の大部分も大仰な兵装に覆われている、
およそ全身が兵器といっても差し支え無い凶暴な戦士。

元は未来の世界で猛威を振るっていたが、戦の最中に不運にも敵国の試験兵器による攻撃を受け、
過去に転送されてしまったという特殊な経緯を持つ。 
つまり、召喚されたのは過去だが、出身は未来、という事になる。

過去の戦場――見た事も無い武装をつけ、突然戦場に姿を現した謎の戦士を見て、
“たちかぜ”の戦士たちはおおいに沸いたという。
「アークレイダー」もその鬨を聞いて即座に理解した。 今は戦で、目の前の有象無象が敵なのだと。

敵軍を再起不能になるまで追い立てて撃滅する事から、「破壊暴君」と崇められたアークレイダー。
暴君を相手取った各国は敗走に敗走を重ねたが、最後は神聖国家の騎士王によって討ち取られたという。
戦には勝利したものの、ユナイテッドサンクチュアリの被害はドラゴンエンパイアよりも甚大であり、討ち取られる瞬間まで王へ牙を剥き続けた戦士の姿は、敵国の文献に名を残すまでに至ったという。



vanguardclocking at 11:59コメント(0)今日のカード  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ
  • ライブドアブログ