TSF、強制女性化、性転換、女装を扱った小説を書いてます。
読んだ感想をコメント欄に書いていただけたら嬉しいです。

私と監督が付き合って一か月、私は監督に初めてをささげた。もはや、私は一人の女だった。でも、しあわせ。女になってよかった… ...

女子野球の試合。                                                                    by +大偉+観客の歓声の中、一人の選手が打席についた。彼女の名前は秋山鈴。だが、彼女にはファンから「空振りの ...

私は明から襲われ、心に傷を負った。満身創痍の中、寮に帰ろうとすると、帰宅しようとしている監督と出会った。私は監督の顔を見ると泣き出してしまい、胸の中へ飛び込んだ。「どうしたんだ。なにか、あったのか?」監督がやさしく語り掛けるが私はただ泣くしかできない。「 ...

授業が終わり、私は、部活へ行こうとした。(もう部活しか居場所がない。)(みんな、女になった私を歓迎してくれるかな?)私は、温かく迎えてくれると思っていたが現実は違った。いまさらになって、男として女子バレー部に入っていることがおかしいと学校側に強制退部され ...

S県とH県の県境にあるこの村の男は成人を迎えると山の中にある古い寺で一週間、修業をする風習があった。俺はもともとこの村の住人ではないのだが、一年前、両親が事故死して、遠い親戚の縁でこの村に来たわけだ。俺はいやいやながらも修行を受けた。さすが過疎地だ。俺のほ ...

私は、朝起きると、自分の胸を確認した。もしかしたら今までのが夢だったんじゃないか。そう思ったが、しっかりEカップの胸は自己主張していた。私は、男物の制服を身にまとったとき、ふと思った。クラスメイトにどう説明すればいいんだろう?自分でも見違えるほどに女になっ ...

俺には兄貴がいる。だが、大学にもいかず部屋に引きこもっている。俺はもうサンタなど信じているわけではないが、遊び半分で、手紙を書いた。兄貴じゃなくて姉貴が欲しい。かわいくて、スタイル抜群で、俺がいなきゃダメな姉貴が。すると、翌朝、俺は聞きなれない声で起こさ ...

その後しばらくこの生活が続き、退院が決まった。 日付をこの病院に来て、初めて先生から教えてもらうと、夏休み終了の一日前だった。 そして先生はサプライズがあると呼び出した。 私は診察室に行ってみると、薬を飲まされた。 頭がボーっとする。 ...

このページのトップヘ