TSF、強制女性化、性転換、女装を扱った小説を書いてます。
読んだ感想をコメント欄に書いていただけたら嬉しいです。

S県とH県の県境にあるこの村の男は成人を迎えると山の中にある古い寺で一週間、修業をする風習があった。俺はもともとこの村の住人ではないのだが、一年前、両親が事故死して、遠い親戚の縁でこの村に来たわけだ。俺はいやいやながらも修行を受けた。さすが過疎地だ。俺のほ ...

私は、朝起きると、自分の胸を確認した。もしかしたら今までのが夢だったんじゃないか。そう思ったが、しっかりEカップの胸は自己主張していた。私は、男物の制服を身にまとったとき、ふと思った。クラスメイトにどう説明すればいいんだろう?自分でも見違えるほどに女になっ ...

俺には兄貴がいる。だが、大学にもいかず部屋に引きこもっている。俺はもうサンタなど信じているわけではないが、遊び半分で、手紙を書いた。兄貴じゃなくて姉貴が欲しい。かわいくて、スタイル抜群で、俺がいなきゃダメな姉貴が。すると、翌朝、俺は聞きなれない声で起こさ ...

その後しばらくこの生活が続き、退院が決まった。 日付をこの病院に来て、初めて先生から教えてもらうと、夏休み終了の一日前だった。 そして先生はサプライズがあると呼び出した。 私は診察室に行ってみると、薬を飲まされた。 頭がボーっとする。 ...

私はナースに起こされて目を覚ました。そうだ、先生にマッサージされて寝ちゃったんだ。ナースは「千晴ちゃん、今からお風呂だから、早く入ってね。」そう言うと、私の部屋から出て行った。私はナースに従い、風呂に入ろうとした。衣服を脱ぎ、ふと姿鏡で裸を写すと、小さい ...

あの試合の後、俺達は必死に練習した。 俺は以前の筋力を取り戻そうと筋トレをするが、体力も落ちていたため、なかなか続かない。 夏休みが始まってすぐ、俺はコートに転がったボールに躓き、足をねんざしてしまった。 すると、監督は知り合いの病院に連れて行ってく ...

その日、俺は県内でも有名なバレーの強豪校S高校に入学した。 親元からは離れて、寮生活だ。 「よ、千晴。」 俺にあいさつした男は小学生の頃からバレーを一緒にやってきた明だ。 「よ、楽しみだな。S高の部活。」 その日は入部届を書 ...

ははは、そこで頭を抱えている彼女は高木晴香。29歳。 俺の先輩だ。 いや、だったかな? 彼女はもともと男だ。 高木晴斗という名前だった。 彼は自尊心の強い男でよく俺ら後輩を馬鹿した。 確かに彼は難関国公立に現役合格し、営業売り上げも、トップだった ...

このページのトップヘ