LOVE&PEACE ANIME DIARY

2004/09/16よりエントリ開始。 リンク、アンリンクフリー。ネタばれ有り! 内容全般評価は★5個で満点(2013/07/07より仕様小変更)。 マルチChサラウンド聴感評価は★3個で満点(2012/11/11〜2013/07/07より仕様小変更)。 コメントは承認制、トラックバックは受信廃止。 枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を! 論理的思考が大の苦手なので、主に感覚で物を語っています^^;

告知等(2016/05/01更新・ブログトップ常設エントリ)

【2012/11/11〜2013/07/07より仕様小変更・同様の説明文はプロフ自己紹介欄にも有り】
■内容全般★評価の説明■

★☆☆☆☆不可/★★☆☆☆可/★★★☆☆並/★★★★☆良/★★★★★優

■マルチChサラウンド聴感★評価の説明■

★☆☆たいしたことなし/★★☆まずまず/★★★すばらしい

※2.1ch/4.0ch/5.1ch/6.1ch/7.1chにおけるサラウンド音響効果の強弱を管理人の耳で判定。

【2014/02/26】
掲示板を再開。

LOVE&PEACE MESSAGE BOARD

リンク集からも入れます。

掲示板にアップロード可能な形式(各4MB以内)。
画像(gif,png,jpg,bmp)、音楽(mmf,mld)、動画(amc,3gp,3g2)。

【2016/05/01】
■アクセス解析データ公開■
2016/04 *507PV *352UU 11.7UU/day

2016/03 *626PV *363UU 11.7UU/day
2016/02 *565PV *396UU 13.7UU/day
2016/01 *675PV *464UU 15.0UU/day

2015/12 *665PV *486UU 15.7UU/day
2015/11 *635PV *435UU 14.5UU/day
2015/10 *675PV *461UU 14.9UU/day

2015/09 *681PV *494UU 16.5UU/day
2015/08 *712PV *472UU 15.2UU/day
2015/07 *750PV *519UU 16.7UU/day

2015/06 *706PV *521UU 17.4UU/day
2015/05 *680PV *506UU 16.3UU/day
2015/04 *694PV *547UU 18.2UU/day

2015/03 *742PV *577UU 18.6UU/day
2015/02 *769PV *567UU 20.3UU/day
2015/01 1185PV *850UU 27.4UU/day

2014/12 1124PV *880UU 28.4UU/day
2014/11 1127PV *813UU 27.1UU/day
2014/10 1208PV *896UU 28.9UU/day

2014/09 *915PV *712UU 23.7UU/day
2014/08 *940PV *717UU 23.1UU/day
2014/07 *929PV *729UU 23.5UU/day

2014/06 *938PV *712UU 23.7UU/day
2014/05 *845PV *608UU 19.6UU/day
2014/04 *971PV *600UU 20.0UU/day

2014/03 1021PV *623UU 20.1UU/day
2014/02 *892PV *542UU 19.4UU/day
2014/01 1266PV *762UU 24.6UU/day

2013/12 1183PV *698UU 22.5UU/day
2013/11 1044PV *629UU 21.0UU/day
2013/10 *967PV *641UU 20.7UU/day

2013/09 1316PV *730UU 24.3UU/day
2013/08 1068PV *681UU 22.0UU/day
2013/07 1669PV 1125UU 36.3UU/day

2013/06 1198PV *807UU 26.9UU/day
2013/05 1376PV *837UU 27.0UU/day
2013/04 1514PV 1036UU 34.5UU/day

2013/03 *979PV *662UU 21.4UU/day
2013/02 1095PV *737UU 26.3UU/day
2013/01 1457PV *951UU 30.7UU/day

2012/12 2491PV 1637UU 52.8UU/day
2012/11 2057PV 1461UU 48.7UU/day
2012/10 1469PV *994UU 32.1UU/day

2012/09 1384PV *804UU 26.8UU/day
2012/08 1909PV *997UU 32.2UU/day
2012/07 2410PV 1240UU 40.0UU/day

2012/06 2309PV 1176UU 39.2UU/day
2012/05 2779PV 1345UU 43.4UU/day
2012/04 2185PV 1162UU 38.7UU/day

2012/03 2207PV 1126UU 36.3UU/day
2012/02 2286PV 1181UU 40.7UU/day
2012/01 1963PV *947UU 30.5UU/day

2011/12 1545PV *611UU 19.7UU/day ←データ欠落ながら残存分にて集計したので正確な値ではない。
2011/11 1285PV *667UU 22.2UU/day
2011/10 1431PV *672UU 21.7UU/day

2011/09 *930PV *526UU 17.5UU/day
2011/08 1024PV *554UU 17.9UU/day
2011/07 1531PV *888UU 28.6UU/day

2011/06 1328PV *816UU 27.2UU/day
2011/05 2165PV 1128UU 36.4UU/day
2011/04 1756PV 1018UU 33.9UU/day

2011/03 1402PV *703UU 22.7UU/day
2011/02 1749PV *863UU 30.8UU/day
2011/01 1146PV *660UU 21.3UU/day

2010/12 *893PV *559UU 18.0UU/day
2010/11 1230PV *751UU 25.0UU/day
2010/10 1466PV *830UU 26.8UU/day

2010/09 1134PV *675UU 22.5UU/day
2010/08 1543PV *881UU 28.4UU/day
2010/07 1741PV *920UU 29.7UU/day

PV(アクセス)、UU(訪問者)、UU/day(一日あたりの訪問者)

2016年春期視聴番組(2016/04/17更新)

■2016年春期視聴番組

04/03(日)23:30『くまみこ』 AT-X
04/05(火)24:00『マクロスΔ』 BS11
04/06(水)25:00『鬼斬』 BSフジ
04/07(木)21:00『クロムクロ』 AT-X
04/07(木)23:00『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』 AT-X
04/09(土)24:00『迷家-マヨイガ-』 BS-TBS
04/10(日)24:00『三者三葉』 AT-X
04/13(水)23:00『ハイスクール・フリート』 AT-X
04/16(土)27:00『ビッグオーダー』 BS11
04/19(火)26:30『ふらいんぐうぃっち』 BS日テレ

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。

・参照サイト

MOON PHASE

2014年春期視聴番組(2015/11/01更新)

■2014年春期視聴作(今期からスカパー!のAT-Xに再加入)

04/04(金)22:25 『監督不行届』 AT-X 視聴済
04/05(土)18:30 『健全ロボ ダイミダラー』 AT-X (R-15)
04/05(土)20:00 『悪魔のリドル』 AT-X
04/05(土)20:30 『星刻の竜騎士』 AT-X (R-15)
04/06(日)17:00 『ハイキュー!!』 MRO
04/06(日)17:30 『ベイビーステップ』 NHK Eテレ
04/06(日)18:25 『犬神さんと猫山さん』 AT-X 視聴済
04/06(日)20:30 『selector infected WIXOSS』 AT-X
04/06(日)27:00 『キャプテン・アース』 BS11
04/07(月)20:30 『ブレイクブレイド』 AT-X
04/07(月)27:00 『極黒のブリュンヒルデ』 BS11
04/08(火)22:30 『ブラック・ブレット』 AT-X
04/08(火)23:30 『マンガ家さんとアシスタントさんと』 AT-X 視聴済
04/08(火)24:00 『ラブライブ! 2nd Season』 BS11 視聴済
04/09(水)21:00 『一週間フレンズ。』 AT-X
04/09(水)21:30 『ノーゲーム・ノーライフ』 AT-X
04/09(水)23:30 『魔法科高校の劣等生』 AT-X
04/09(水)27:00 『彼女がフラグをおられたら』 BS11
04/10(木)22:00 『ソウルイーターノット!』 AT-X
04/10(木)23:54 『魔法少女大戦』 BS11 視聴済
04/10(木)27:00 『風雲維新ダイ☆ショーグン』 BS11
04/11(金)23:00 『神々の悪戯』 BS11
04/11(金)23:30 『ご注文はうさぎですか?』 AT-X
04/11(金)27:00 『棺姫のチャイカ』 BS11
04/12(土)24:00 『メカクシティアクターズ』 BS11
04/12(土)24:00 『シドニアの騎士』 BS-TBS
04/12(土)25:00 『ブレイドアンドソウル』 BS-TBS
04/12(土)25:30 『僕らはみんな河合荘』 BS-TBS
04/12(土)27:00 『デート・ア・ライブII』 BS11
04/14(月)23:00 『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜』 AT-X
04/22(火)26:30 『それでも世界は美しい』 BS日テレ
04/30(水)23:00 『金色のコルダ Blue♪Sky』 AT-X
05/10(土)19:30 『M3〜ソノ黒キ鋼〜』 AT-X

■前期からの継続視聴作

02/02(日)08:30 『ハピネスチャージプリキュア!』 HAB 視聴中止

■再放送視聴作

04/02(水)20:00 『輪廻のラグランジェ』 AT-X(#1〜#7) 視聴済
04/09(水)24:30 『宇宙戦艦ヤマト2199』 BS11 視聴済
04/17(木)22:30 『フォトカノ』 AT-X(07/10終了) 視聴済
04/25(金)19:00 『ワルキューレロマンツェ』 AT-X (2話ずつ放送。05/30終了) 視聴済
06/02(月)19:00 『ぎんぎつね』 AT-X (2話ずつ放送。07/07終了)
06/29(日)21:00 『輪廻のラグランジェOVA 鴨川デイズ』 AT-X

『輪廻のラグランジェ』1期の#8以降と1期総集編及び2期全話は、既に今年3月にスカパー!のCS日テレプラスにて録画済。

他にはAT-Xで、『Wake Up, Girls!』(04/08終了)、『咲-Saki-全国編』(04/12終了)、『のんのんびより』(04/23終了)、『きんいろモザイク』(05/06終了)も途中から観ています(全て視聴済)^^;

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。
引き続き基本的に何か書きたくなった時以外は感想無しの方向で。

・参照サイト
MOON PHASE 楽画喜堂 AT-X

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

ハピネスチャージプリキュア! 【DVD】 Vol.1

ハピネスチャージプリキュア! 【Blu-ray】 Vol.1

2016年冬期視聴番組(2016/02/15更新)

■2016年冬期視聴番組

01/13(水)23:30 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第2期』 AT-X(2期)
01/15(金)23:30 『シュヴァルツェスマーケン』 AT-X
01/15(金)27:00 『この素晴らしい世界に祝福を!』 BS11

■前期からの継続視聴作

10/04(日)24:30 『ハイキュー!! セカンドシーズン』 BS11(2期)

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。

・参照サイト

MOON PHASE

2015年秋期視聴番組(2015/11/01更新)

■2015年秋期視聴番組

10/04(日)24:30 『ハイキュー!! セカンドシーズン』 BS11(2期)
10/10(土)21:30 『ご注文はうさぎですか??』 AT-X(2期)

■前期からの継続視聴作

07/17(金)24:00 『アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON』 BS11 視聴済

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。

・参照サイト

MOON PHASE

2015年夏期視聴番組(2015/07/17更新)

■2015年夏期視聴番組

07/01(水)24:30 『おくさまが生徒会長!』 AT-X(R-15)
07/03(金)22:40 『わかば*ガール』 AT-X
07/04(土)23:00 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』 AT-X(R-15)
07/04(土)24:00 『Charlotte』 BS11
07/06(月)24:00 『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd』 BS11(通算4期)
07/08(水)24:30 『GANGSTA.』 BS11
07/08(水)24:45 『ビキニ・ウォリアーズ』 AT-X
07/09(木)23:00 『のんのんびより りぴーと』 AT-X(2期)
07/09(木)24:30 『それが声優!』 BSフジ
07/10(金)22:50 『ミリオンドール』 AT-X
07/10(金)23:00 『戦姫絶唱シンフォギアGX』 BS11(3期)
07/10(金)24:30 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 BS11
07/12(日)24:00 『監獄学園 プリズンスクール』 BS11
07/12(日)24:30 『赤髪の白雪姫』 BSフジ
07/17(金)24:00 『アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON』 BS11

■前期からの継続視聴作

04/05(土)17:30 『ベイビーステップ 第2シリーズ』 NHK-Eテレ
04/15(水)26:30 『俺物語!!』 BS日テレ

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。

・参照サイト

MOON PHASE

2015年春期視聴番組(2015/05/18更新)

■2015年春期視聴作

04/03(金)21:25 『旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目』 AT-X(2期)
04/04(土)23:00 『ハイスクールD×D BorN』 AT-X(3期 R15)
04/04(土)24:30 『プラスティック・メモリーズ』 BS11
04/05(日)17:30 『ベイビーステップ 第2シリーズ』 NHK-Eテレ(2期)
04/05(日)18:00 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 AT-X
04/05(日)24:00 『ハロー!!きんいろモザイク』 AT-X(2期)
04/08(水)24:00 『響け!ユーフォニアム』 BS11
04/11(土)24:00 『シドニアの騎士 第九惑星戦役』 BS-TBS (2期)
04/12(日)23:00 『グリザイアの迷宮』 AT-X(単発1時間番組/2期)
04/15(水)26:30 『俺物語!!』 BS日テレ
04/19(日)23:00 『グリザイアの楽園』 AT-X(3期)

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。
今期は続編モノが多い。オンエアが土日に集中している。

・参照サイト
MOON PHASE

ラブライブ!μ’s→NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~ Blu-ray Disc

ラブライブ!μ’s→NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~ Blu-ray Discラブライブ!μ’s→NEXT LoveLive! 2014~ENDLESS PARADE~ Blu-ray Disc
アーティスト:μ’s
出演:μ’s
ランティス(2014-07-23)
販売元:Amazon.co.jp


【感想】
このコンテンツにはアニメ1期から入って好きになったいわゆる"にわか"である^^;
主題歌や何枚かの挿入歌CDやベストアルバムを聴いてあったので、この4thライブのBDに使われている曲に知らないものはなく、買う前に「アニサマ」や「MJ」、「Rの法則」への出演番組もチェック済みだったせいか、抵抗無くすんなり途中でダレることなく最後まで集中して観賞できたのが良かった^^;;

映像などに関するみっともないところ、つまり欠点もいくつか有るには有るけど、私にはさほど気にならなかった。
それだけ作品に惚れ込んでいるからだと思う^^;;;

ただ、音声仕様がリニアPCMステレオ(48kHz/24bit)のみで5.1ch音声どころかオーディオコメンタリーすら無かったのが残念だが、オンキヨーのAVアンプ、TX-SA606Xを使ってそのステレオ音声を6.1ch(センターレス)や7.1chに変換して聴けるので、そこそこの音響で堪能できたf^^;

これよりも今年2月頃にあった5thライブの内容が凄かったらしく、パワーアップした彼女らのパフォーマンスを収録したBDの発売が早くも待ち遠しい^^

【使用したAV機器】
2倍速液晶テレビ:ビクターLT-32LC95
AVアンプ:オンキヨーTX-SA606X
BD再生機:ソニーBDP-S350、パイオニアBDP-330、パナソニックDMR-BWT660
5chスピーカーシステム:ボーズAM-10II
サラウンドバックスピーカー:オンキヨーD-22XM(×2)
サブウーファー:ヤマハYST-SW320

2015年冬期視聴番組(2015/02/15更新)

■2015年冬期視聴作

・継続視聴作(2014〜)
10/07(火)23:00 『暁のヨナ』 AT-X
10/10(金)23:30 『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』 BS11
10/12(日)24:30 『SHIROBAKO』 BSフジ

・新作
01/09(金)22:30 『神様はじめました◎』 AT-X

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。

・参照サイト
MOON PHASE
AT-X

2014年秋期視聴番組(2014/12/21更新)

■2014年秋期視聴作

09/30(火)24:30 『バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-』前編 BS11
10/01(水)24:00 『バディ・コンプレックス 完結編 -あの空に還る未来で-』後編 BS11
10/03(金)23:25 『旦那が何を言っているかわからない件』 AT-X
10/04(土)20:00 『魔弾の王と戦姫』 AT-X
10/05(日)20:30 『グリザイアの果実』 AT-X
10/06(月)20:30 『天体のメソッド』 AT-X
10/06(月)23:00 『selector spread WIXOSS』 AT-X
10/07(火)20:00 『オオカミ少女と黒王子』 AT-X
10/07(火)23:00 『暁のヨナ』 AT-X
10/08(水)24:00 『神撃のバハムート GENESIS』 BS11(音声AAC5.1ch)
10/09(木)22:00 『異能バトルは日常系のなかで』 AT-X
10/09(木)23:00 『大図書館の羊飼い』 AT-X
10/10(金)23:30 『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』 BS11
10/10(金)27:00 『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』 BS11
10/11(土)18:00 『トリニティセブン』 AT-X
10/11(土)25:30 『甘城ブリリアントパーク』 BS-TBS
10/12(日)24:30 『SHIROBAKO』 BSフジ

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。
引き続き基本的に何か書きたくなった時以外は感想無しの方向で。

・参照サイト
MOON PHASE

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

発売日:2014/11/21
バディ・コンプレックス 完結編 ―あの空に還る未来で― (限定版) [Blu-ray]

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』BD、音声不具合について

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

発売日:2014/10/08
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版(完全生産限定版) [Blu-ray]

BD再生中、チャプター8の総再生時間1時間17分56秒の箇所で、ソニーのBDP-S350パイオニアのBDP-330では第1音声(DTS-HDMA5.1ch)のみで途切れの症状発生を確認。
パナのDMR-BWT660だと全く問題無し。
尚、いずれの機器もファームウェアは最新。

もしや音声が途切れる原因は、そこが2層ディスクの層の変わり目で、第1音声のロスレス5.1chだけアウトで、第2音声のリニアPCM2ch(48kHz/24bit)や第3〜5音声のDTS2chではセーフだったり、オール・セーフの機種があったりするのは、各再生機器のバッファやメモリの容量とかが関係してるのかも。

おそらく割りと新しい機種の場合は、そのような不具合は発生しにくいんじゃないかな。

ちなみにAVアンプはオンキヨーのTX-SA605を使用で、いずれもHDMI接続。

オンキヨーAVアンプ、TX-SA605の設定変更(2014/10/31)

加齢と共に聴力が落ちて高音が聞き取り難くなったのか、最近、自室のAV機器の視聴時に高い音を渇望するようになってきた。
聴力の変化に呼応して、サウンドに対する嗜好性も変わったのかもしれない。
昔は重低音さえ鳴っていれば、それだけで満足な時期もあったし。

ちなみにSONYのAVアンプ、TA-AV790D及びTA-V55ESと、PIONEERのスピーカー、S-X620Vの組み合わせでは、今のところ高音域に特に不満は感じていない。

該当するのはONKYOのAVアンプ、TX-SA605と、BOSEのスピーカー、AM-10IIの組み合わせである。

シンプルに事を運ぶため、アンプのトーンコントロールのTreble(このアンプでは20kHz付近の音)をこれまでの0dBからまず1ステップ(+2dB)上げてソースを聴いてみたが、変化を感じなかったのでもう1ステップ(合計+4dB)上げたら高音の強調が自覚できた。

取り敢えずこれから始めてみて、後は視聴しながら適宜微調整を施そうかと思う。

【追記:2014/11/01】
本日、ムビマスBDのロスレス音声を再生して本編冒頭のBGMのピアノの音色を聞いた途端、「こらアカンわ」と思うくらい違和感バリバリだったので、アンプのTrebleの設定を元の0dBに戻した。やはりTrebleにしろBassにしろ、アンプのトーン・コントロールは弄るもんじゃないことを改めて痛感した。
何故なら昔まだDVD全盛の頃、行きつけのオーディオ・ショップでのオンキヨーのTHXアンプ新製品の試聴会に参加したおり、メーカーから出向してきたスタッフさんに、「AVアンプにしろプリメインアンプにしろ、それらに付いているトーン・コントロールは使わないほうが良い。音の位相を変えてしまって音質が悪くなるので」と推奨されたことがあったからで。

余談だが、今ではピュア・オーディオ・ユース・オンリーにしているSONYのプロロジックAVアンプのTA-AV790Dは、トーン・コントロールやバランス回路に信号が通らないソース・ダイレクト・モードでしか使ってない。

(新)『ガンダム Gのレコンギスタ』#1&#2、BS-TBS

富野御大最新作。もちろんオリジナルアニメ。

他所でも言われているとおり、面白いんだけど訳が分からない内容だった。
でもこれがいつもどおりのトミノ・テイストなので相変らずだと思わされたな^^;

「ミノフスキー粒子」という単語が出て来ると言うことは、この作品はいわゆる「宇宙世紀」のガンダムだね。
ただノーマル・スーツのことは普通に「宇宙服」と言っていたので、それは富野監督の表現に関する心境の変化かもしれないけど。
私は別にどちらでも良いと思ってる。そこまでこだわりは強くない。

2クールあると聞いているので尺的に充分なのかは作り手側次第だが、視聴者側にとって難解な部分は遅かれ早かれ飲み込めてくるだろうから、面白ければ付いて行けるに違いない。
過去の実績から期待を裏切る確率は低いと思うので視聴継続。

富野監督の作品の傾向として、効果音や音楽の使い方というか演出や単体としての出来は素晴らしいが、立体音響的には地味なものが多い(特に劇場版)印象がある。
後に発売された5.1ch版のDVDとかは視聴したこと無いので、片手落ちかもしれないけど。
本作でも今のところはそうみたいだ。

今回の評価:★★★☆☆
7.1chサラウンド感の評価:★☆☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
【Amazon.co.jp限定】ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) (全ディスク収納オリジナルデジパック付) [Blu-ray]

2014年夏期視聴番組(2014/07/22更新)

■2014年夏期視聴作

02/02(日)08:30 『ハピネスチャージプリキュア!』 HAB
04/06(日)17:00 『ハイキュー!!』 MRO
04/06(日)17:30 『ベイビーステップ』 NHK Eテレ
04/06(日)27:00 『キャプテン・アース』 BS11
04/09(水)23:30 『魔法科高校の劣等生』 AT-X
04/10(木)23:54 『魔法少女大戦』 BS11
05/10(土)19:30 『M3〜ソノ黒キ鋼〜』 AT-X
07/13(日)24:30 『スペース☆ダンディ シーズン2』 BSフジ

■再放送視聴作

04/09(水)24:30 『宇宙戦艦ヤマト2199』 BS11

なお、原作が有るものに関しては全て未読あるいは未プレイ。
引き続き基本的に何か書きたくなった時以外は感想無しの方向で。

・参照サイト
MOON PHASE

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

それでも世界は美しい Blu-ray BOX

HDMIケーブルを新品と交換

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

Panasonic HDMIケーブル ホワイト 1.5m RP-CHE15-W

※商品紹介
●高いシールド特性により、ノイズが少なくクリアな画質と音質を実現。
●薄型で短いプラグを採用し、接続機器背面の省スペース化を実現。
●「フルHD 3D」、「4K2K」、「ディープカラー」と「ARC」に対応した、ハイスピードHDMIケーブル。

※商品の説明
◆スチール製シールドケース、銀箔シールドと3重シールドケーブルを採用プラグ内のスチール製シールドケース、それを包む銀箔シールドと、ケーブル内の3重シールド構造によって、接続機器や周辺機器への高周波不要輻射ノイズを低減します。
◆薄型で、短めのプラグモールドを採用、機器背面での接続に便利、薄型プラグモールドでタイプAは短めのプラグモールドを採用し、機器背面でのスペースを小さく出来て便利です。
◆ハイスピードHDMIケーブルHDMI規格認証済み、「ハイスピード」で「フルHD 3D」、「4K2K」「Deep Color」とオーディオリターンチャンネルにも対応したHDMIケーブル。

※仕様
■長さ:1.5m。
■カラー:ホワイト。

※経緯
HDMI接続機器(PioneerのBDプレーヤー BDP-330PanasonicのBDレコーダー DMR-BWT660)使用時に、映像はブラックアウトしないけど、音声の途切れの発生が顕著になってきたので、ケーブルを新品と交換。
これで直らないのならAVアンプ(ONKYO TX-SA605)の不具合とみて間違いないかなと。
交換後は今のところ異常無く、これでしばらく様子をみてみることに。

※感想
試しに視聴してみて以前使っていたリンケージのHDMIケーブルとは、特徴に違いが有ることが分かった。
まず画質は以前より若干シャープになり、さらに音質も硬めな感じで、セリフやボーカルがくっきり明確に聞こえるが、エレキベースの音など低音の響きがかなりおとなしくなったような感じがする。
後はケーブルの抜き差しがあまり力を入れなくてもスムーズに出来るところが宜しい^^

『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』BDサウンド・レビュー!!

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

発売日:2014/07/25
ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
DVD累計30万枚突破の大ヒットTVアニメの新作OVAが登場。
『ガルパン』TVシリーズのミッシングリンクを埋めるファン待望のエピソード、遂にリリース!
アンツィオ高校は弱くない!?

音声全部で6本有り。
4〜6本目はドルビーデジタル2chのコメンタリー(キャスト、スタッフ、ミリタリーの3本)。
2本目はリニアPCM2chステレオの48kHz/24bitのハイレゾで、1本目はDTS-HDマスターオーディオ2.1chと従来通り。
3本目に今回目玉のDTS-HDマスターオーディオ4.1chだが、再生機やアンプでは5.1chと認識。
映像特典とインフォーメーションの音声フォーマットは、全てリニアPCM2chステレオなのだけど、48kHz/24bitになっているのは「秋山殿の戦車講座」だけで、他は48kHz/16bitになっている。

音声面で特筆すべきは本シリーズでは初採用のキューテックのテクノロジー、「FORS EX SOUND」
実際聴いてみて「FORS EX SOUND」の効能って、従来よりサブウーファーの出力が控えめになったところ以外はよく分からなかった。
今までなら各自の多くがいつも観ている音量だと、サブウーファーが破損する怖れが有ったと思われ。

それと2.1chより4.1chの方が録音レベルがやや低めに収録されており、4.1chで2.1chと同じくらいのセリフの音量で聴こうとすると、アンプのマスターボリュームを若干上げなければならないことに気付いた。

これに限らずBDに収録されているロスレス音声は、そのままではチャンネル数を増やせない。
アンプと再生機を光あるいは同軸デジタルで接続し、再生機の音声設定を「デジタル音声優先」にしてBD層内のコアトラックに記録されているロッシー音声を読みに行かせれば、チャンネル数を増やせられる。

早速、当方の環境(7.1ch)でも試みた。
結果、2.1ch音声は7.1ch化出来た(アンプでは2.1chと認識)が後ろ4つは添え物程度で大したことは無かった。
4.1ch音声は、こちらもアンプでは5.1chとして認識されているのだが、後ろのサラウンドスピーカー(左右)からは音は一切出ず、リスニング・ポジション真後ろのサラウンドバックスピーカー(左右)からは音が出ていた。
何故そうなるのかは、おそらくパッケージの説明にも有るように、リアが「モノラル」だからかと思われる。

終わりに当方の希望としては、現在制作中の劇場版では正規の5.1chにして欲しい。

ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】レビュー!

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

発売日:2013/01/09 配達完了日:2014/07/15
ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】
『ラブライブ!』(ユニット名:μ's)が2013年初春にTVアニメ化(第1期)!それまでに発表された楽曲とPVを集めたベスト・アルバム。

遅まきながら購入してみた^^;
CDのクオリティーが一部ファンには不評なようだが、私の耳ではよく分からず。
何でもマスタリングの時点で音圧を上げ過ぎていて、全曲の音が歪んでいるのだそうで。
よって聴き疲れし易いのだとか(−−;)
もしかしてパーカッションのスネアやベードラの音がつぶれて聞こえる部分が有るのがそうなのだろうか?
でも元々PVを収録したBD(映像:1080i。音声:リニアPCMステレオ 48kHz/24bit)目当てで買ったので、CDのことはあまり気にしてない。
このPV、シングルCDに付いていたDVDの時の音声は48kHz/16bitだったので違いを比較してみたのだけど、これも私の耳では判別出来ずで同様に聞こえたな〜〜^^;;
どこかのウェブ上の記述で読んだんだけど、16bitと20bitの違いが判る人はかなり少ないけど、16bitと24bitの違いが判る人はそこそこ居るらしい。
私の耳は「そこそこ」の中にも入れないような聴力なようだ^^;;;
CDとBDに収録されていた曲はどれも親しみやすくキャッチーなものが多かった。
中でも一番好きな曲は、アニメ第2期で印象的な使われ方をした「Snow halation」^^

Zonotone(ゾノトーン)6NAC-3000Meister(1.0m*2本)RCAピンケーブル レビュー!

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

取り扱い開始日:2012/04/24 配達完了日:2014/07/11
Zonotone(ゾノトーン) 6NAC-3000Meister(1.0m*2本)RCAピンケーブル
6NCu(99.9999%Cu)を中心に新4種ハイブリッド・オリジナル導体を完成。それをさらに4芯スターカッド・ダブルシールド構造で活性化するなど、最も進化したインターコネクトケーブル。4本の導体を対角に接続することでインダクタンスを下げ、有害な輻射ノイズを減少。通常の2芯構造に比べて2倍を超える導体量を誇り、ダイナミックで圧倒的なエネルギー伝送が持ち味。際立つハイCPにご注目。

・導体構成:超高純度6NCu(99.9999%純銅)、PCOCC、純銀コートOFC、高純度無酸素銅。
・構造:4素材ハイブリッドによる4芯(Quadri)スターカッド・ダブルシールド構造。
・導体サイズ:1.0スケア(片チャンネル)。
・外径:8.5mmφ
・シース:エコ処理新PVC(EU-R oHS対応)。
・プラグ:(キャップ)ニッケルメッキ(ピン)24金メッキ。

※信号が流れる方向が決まっているので、装着時にはケーブルの印に注意!

比較したオルトフォンのAC-3800Silverとは音質が似通って聞こえるのは、ハードウェアの組み合わせが同じだからかも。
でも劇的な差は無いとは言え、ゾノトーンの方がワンランク上なのは明らかに分かるのだけど…。

オルトフォン RCAケーブル1.5mペアOrtofon AC-3800SILVER レビュー!

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

取り扱い開始日:2013/01/24 配達完了日:2014/07/08
オルトフォン RCAケーブル1.5mペアOrtofon AC-3800SILVER
ロングセラーモデル「AC-3600Silver」の後継機にあたるモデルで、OFC純銀メッキケーブルを採用した点が特徴。高密度編組二重シールド構造、RCA金メッキプラグを採用。Made in JAPAN製のしっかりとした造りの製品。

当方ではピュアオーディオユースにしているSONYのAVアンプ TA-AV790Dと、ONKYOのSACD/CDプレーヤー C-S5VLの繋ぎのグレードアップ用に上掲広告のケーブルを購入し、それまで使っていたSONYのRCAピンケーブル RK-C310CS(1m)と音を聴いて比較してみた。
ちなみにスピーカーにはPIONEERのS-X620Vを、サブウーファーにはYAMAHAのNS-SW310を使用。

上記のオルトフォンとソニーのRCAケーブルを比較してみた結果、どちらも全帯域を均等に鳴らしてくれるので音質は非常に似通っているが、定位感など細部の処理の仕方がオルトフォンの方が丁寧で上品なのに対して、ソニーの方は若干詰めが甘いというか雑な感じだった。
そういうところへの気配りの差が、玄人にとっては重点項目になるのであろう。

『WHITE ALBUM2』を楽しむためのAV機器セッティング強化レポ(2014/05/14)

オンキヨーのSACD/CDプレーヤー、C-S5VLと、同じくオンキヨーのAVアンプ、TX-SA605との接続用に何か良いケーブルは無いかと物色。
結果↓を調達することに。

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

メーカー型番:ATSD2000/1.3 ケーブル長:1.3m 取り扱い開始日:2005/09/30 配達完了日:2014/05/13
audio-technica コアキシャルデジタルケーブル [ATSD2000/1.3]

純銀コート単線で安定したデジタル伝送

● 高周波のデジタル伝送に適した純銀コート線を採用
● 安定したインピーダンスを確保する単線構造
● 3重シールドで高い耐ノイズ性能
● 剛性の高い真鍮削り出しプラグと24k金メッキの接点
■テクニカルデータ・インピーダンス:75Ω・静電容量:56pF/m・インダクタンス:0.64μH/m・プラグ接点部:24k金メッキ・プラグスリーブ部:ニッケルメッキ

<接続時の注意点>
・オーディオ機器ピンジャックとの接続部分がきつめなので、挿入する際は必ずプラグ部をつまむこと。
・信号が流れる方向が決まっている(プレーヤーアンプあるいはDAC)ので、接続時にはケーブルの矢印表示に従うこと。

<実際に音を出してみてエージング開始時の印象>
当初、抜けが悪くこもったような音が出たが、段々抜けが良くなり野太くてどっしりとしたサウンドになった。

ベースドラムの重量感がリアルに聞こえるように低域はパワフル。
ボーカルのセンター定位が抜群に良いだけではなく、サラウンドスピーカーを使うシーンでは個々をしっかりと鳴らしてくれるので、メリハリの効いたサウンドフィールドを形成する。

密度が高いソリッドな特性に合わないインストルメンタル曲には不向き。
例えばピアノ曲などのクラシカルなパフォーマンスが苦手なようで、もっちりしている分、深みや軽やかさが失われやすく、野暮ったいイメージになりがち。

後はエージングが進んでくれば、曲のジャンルとの相性や聞こえる印象も多少は変わるものと思われ。

以下、参考までにリファレンスディスクをご紹介。

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

TVアニメ WHITE ALBUM2 VOCAL COLLECTION

TVアニメ WHITE ALBUM2 かずさクラシックピアノ集

レア・アイテムと言えるだけに、その内容のクオリティーが惜しまれるBD

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

WHITE ALBUM2 CONCERT【初回限定版】 [Blu-ray]

ボーカルのお三方とも緊張から来るのか全体的に(特に序盤)不安定な歌唱で、スタジオでレコーディングしたと推測される以前のSACDハイブリッドなどより劣悪な印象。
これじゃせっかくの96kHz/24bit仕様(リニアPCMステレオ)が宝の持ち腐れ。
5.1chサラウンド(リニアPCM 48kHz/24bit)のほうも、その特性を活かし切れていないようなサウンド・フィールドしか形成していなかったし。
特典のSACDハイブリッドはBDと同じソースみたいだからクオリティーも同様で、車載して聴くなどの用途以外に必要性を感じない。
やはり私的見解では、きちんと整音されていないと思われるライブ音源には限界が有るのではないのかなと。

まあでも良いなと思えるのは、商品(ライブと同義)のレア度というかその希少性。
ゲームやアニメのファンなら記念に買っておいても損は無い。
今、再生環境が無くても将来揃えれば良い。
取り敢えずSACDハイブリッドは、普通のCDプレーヤーでも再生出来るので。

※当方で使用した代表的なオーディオ機器
BD再生機:Panasonic DMR-BWT660
SACD/CDプレーヤー:ONKYO C-S5VL

PIONEER LDプレーヤー CLD-HF7G 2度目の修理から復帰

■経緯
4月24日(木)に、CDが機器の中に閉じ込められて取り出せなくなり、25日(金)にメーカーのサポートに電話で修理を依頼しましたが、「CLD-HF7Gは1996年6月に生産を完了した製品で部品保有期間を過ぎている為、故障箇所によっては修理に必要な部品の在庫が無く修理が行えない可能性があります。」と言われました(T_T)

当初の予定では30日(水)という約束になっていたのですが、電話が有って26日(土)の夕方にサービスが来宅。
中身を開いてCDは救出できたものの、プレーヤーのトレイが動作しなくて修理に出すことに。
3年前に修理した時の北陸の修理拠点(福井)は今はもう無く、中部の愛知にいくつか有った修理拠点と共に名古屋に統合されたと聞きましたけど、統合した分、スタッフは割りと充実しているとのこと。

但し部品の在庫が無くて修理出来ない場合でも、見積料と出張料を併せて4,428円(税抜4,100円)を徴収されると言われて最悪の事態も覚悟しました(−−;)
ところが28日(月)に名古屋の中部SCから電話が有って、「違う機種の部品を流用しますが修理可能です。どうされます?」と連絡を受け了承。
30日(水)にも無事帰還。
故障から僅か一週間で、全てが解決しました^^

以下はサービス伝票に書かれていたことを列記。

<指摘症状>
表示されたエラーコードが「U-1」「L-1」「L-2」。
中にディスクが入ったまま取り出せない。

<確認症状>
指摘内容の通りで、トレイが出ない(L-1表示)。

<処置>
ローディングモーターに死点が有る為、ローディングモーター、駆動ベルトを交換。
対物レンズ、チルトセンサーのクリーニングを実行。
総合動作テスト結果も良好。

<使用部品>
・部品番号/部品名
VXX2045/ローディングモータASS'Y
・数量:1
・金額:1,000円

・部品番号/部品名
VEB1184/ゴムベルト
・数量:1
・金額:200円

部品代計:1,200円

【再生(リユース)部品の使用について】
当社では環境保護のため、修理に使用するサービス部品は再生部品を使用する場合があります。

<請求金額>
技術料:9,500円
出張料:2,600円
部品代:1,200円

小計:13,300円
消費税:1,064円
請求額:14,364円

※消費税率:8%※

デジタル放送音声フォーマットのAAC素のまま記録とドルビーデジタル変換記録の聴感対比

これまでメインで使ってきたDVDレコーダー(Pioneer DVR-DT90)では、デジタル放送番組録画時にAAC(Advanced Audio Coding)音声をドルビーデジタルに変換して記録していた。
それに対して今現在メインで使っているBDレコーダー(Panasonic DMR-BWT660)ではAAC音声を、そのフォーマットのまま記録している。

わざわざ同じ番組を録画して聴き比べるまでもなく、聴感上の違いが浮き彫りになっているのが私にも分かるなと^^;

ドライでハードな音質なのがドルビーデジタルで、ウェットでソフト、というかしなやかな音質を聴かせてくれるのがAAC。
当初はドルビーデジタルに慣れ親しんできた経験からAACには違和感を覚えたものだが、今ではこれはこれでなかなか乙なテイストだなと、特に音楽番組で感じることが多い^^

ちなみにAVアンプ(ONKYO TX-SA605)との音声の接続は、DVDレコーダーが光デジタルケーブル(SONY POC-10DSA)で、BDレコーダーがHDMIケーブル(Linkage HIHDC-1.5M)でと、こちらは映像信号と共に出力されている。

DVDレコーダーが回りくどいやり方をしている理由は、おそらくDVDの規格上、ドルビーデジタルかリニアPCMのどちらかを必ず収録しなければならないからだと思う。
それに対してBDにはそんな縛りが無いからAACのままなのかなと。
当然のことながらそれらはHDDから焼く時のことを考慮しての措置である。

余談だが、DVDに於いてDTS音声はあくまでもオプション扱いなので、一部の例外を除いてプライマリー音声として収録出来ず、大抵はセカンダリー音声として収録されている。組み合わされるのはDVDの記録容量の関係で、ドルビーデジタルを採用するケースが圧倒的多数。
これもBDの場合はDTS系の音声をプライマリーに持って来ても何の問題も無い、どころかライセンス料の関係からかドルビー系の音声が入っていないBDの方が多いくらいだ。

2014年春アニメ、ファーストインプレッション・その二

04/09(水)21:00 『一週間フレンズ。』 AT-X
04/09(水)21:30 『ノーゲーム・ノーライフ』 AT-X
04/09(水)23:30 『魔法科高校の劣等生』 AT-X
04/09(水)27:00 『彼女がフラグをおられたら』 BS11
04/10(木)22:00 『ソウルイーターノット!』 AT-X
04/10(木)23:54 『魔法少女大戦』 BS11
04/10(木)27:00 『風雲維新ダイ☆ショーグン』 BS11
04/11(金)23:00 『神々の悪戯』 BS11
04/11(金)23:30 『ご注文はうさぎですか?』 AT-X
04/11(金)27:00 『棺姫のチャイカ』 BS11
04/12(土)24:00 『メカクシティアクターズ』 BS11
04/12(土)24:00 『シドニアの騎士』 BS-TBS
04/12(土)25:00 『ブレイドアンドソウル』 BS-TBS
04/12(土)25:30 『僕らはみんな河合荘』 BS-TBS
04/12(土)27:00 『デート・ア・ライブII』 BS11
04/14(月)23:00 『エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜』 AT-X

当初予定していたタイトルまで第1話を視聴済みなので、ここらで一区切り。

うん、どれも粒揃いで好感触じゃないですか^^
よそ様のブログなどでも今期は観る作品がいつもより多い傾向みたいだし、個人的にもこれまでの長いオタク・ライフの中でも異例中の異例、稀に見る大豊作のシーズンになりそう^^

あと唯一不安材料がある『デート・ア・ライブII』に関しては、当時の本放送を早々に見切った1期目を、先月AT-Xで全話一挙放送が有ったのを録画してあるので、2期目と並行してつまつまと見れたらなと^^;
まあそれでも現状のまま見切る作品一切無しで完走出来るとは到底思えないので、視聴作品が減る可能性は否定出来ないのだが^^;;
ちょっと視聴が追いつかなくなって来ているけど、これまでのような変な焦りが無いのが不思議^^;;;
理由は分からないが、妙に落ち着いているというかどっしりと腹が据わっている^^

パイオニアのDVD再生機の映像DAC他

DVL-909の不調要因、基盤の要交換も疑ってみた!

先月下旬の↑エントリで、PIONEERのDVD/LDコンパチ、DVL-909の映像DAC(コンポジット接続)のスペックが、10bit/27MHzでも充分かも、みたいなことを書きましたが、DVD再生中に至近距離からテレビ画面を見てみたら、ノイズや輪郭線にジャギーが発生するなど結構画質に粗が有るのが分かりました(−−;)
同じPioneerのDVD/HDDレコーダー、DVR-DT90のDVD部の映像DAC(S端子接続)が10bit/108MHzなので、それと比較してみたら意外と画質が良くなかったです^^;
DVDレコーダーの方はアニメモードとか無いんで色のりはやや弱いのだけど、ジャギーやノイズはかなり抑えられていましたし^^;;

あとDVDレコーダーからのD端子コンポーネント出力の場合、SD画質の方はまあ同じ10bit/108MHzなんでしょうが、HD画質の方はスペック不明です。
私見ではかなり綺麗な映りなので最低でも12bit/148.5MHzは有りそうに思えますけど^^;;;
ブログ内検索
管理人プロフィール
アクセスカウンタ(06/1/11)
日別訪問者数

    日別訪問者数カウンタ
    • 累計:

    新着コメント5
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ(感想は2011年夏作品以降)
    QRコード
    QRコード