■『風のスティグマ』 #8 「綾乃ちゃんの災難」 BS朝日

脚本:吉村清子 絵コンテ:大原実 演出:加藤顕 作画監督:海老原雅夫

【あらまし】
綾乃(藤村歩)の通う学校に夜な夜な現れる人魂のような光。
その退治を依頼された綾乃にボディーガードとして和麻(小野大輔)が、
さらに現場で七瀬(伊藤静)と由香里(猪口有佳)も同行することに…。

【コメント】
人魂の正体が妖精ティアナ(真堂圭)だったとは!
妖精が出ても不思議で無いこの作品の世界観らしい落ちだったかなと^^

今回でようやく綾乃に可愛げを感じられました。
前から多少は感じてましたが、綾乃って本性はドジッ娘だったんですね^^;

もう少し校庭にある枯れかけの桜の話しを膨らませてやれば、
妖精の出し甲斐のあったファンタジックな雰囲気をかもし出せたのにな。
そうすれば単に綾乃のドジ話しだけで終わらなかったのにと思うと、
ちょっと惜しかったかなと^^;;

今回の評価:☆☆☆

DVD
風のスティグマ S・エディション 第1章(限定版)

風のスティグマ 第1章(通常版)

OP&ED主題歌CD
blast of wind/ひとりきりの空