LOVE&PEACE ANIME DIARY

2004/09/16よりエントリ開始。 リンク、アンリンクフリー。ネタばれ有り! 内容全般評価は★5個で満点(2013/07/07より仕様小変更)。 マルチChサラウンド聴感評価は★3個で満点(2012/11/11〜2013/07/07より仕様小変更)。 コメントは承認制、トラックバックは受信廃止。 枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を! 論理的思考が大の苦手なので、主に感覚で物を語っています^^;

2014年冬アニメ

『バディ・コンプレックス』と『ノラガミ』#9感想!

■『バディ・コンプレックス』#9 BS11

喧嘩が原因で営倉入りとは軍隊モノでは定番ネタ。
古くは『ファーストガンダム』が代表格で私の好きな作品では『アルジェントソーマ』(共にサンライズ制作)なんかでも有ったな^^;

「カップリングシステム」っていうのも、『エヴァ』でいうところの「それって動かないってこと?」のミサトさんのセリフで有名な起動確率「0.000…1%」とゼロが9個並ぶと言う意味合いの「O9システム」みたいなものか^^;;
前者はロボットの搭乗者同士のシンクロで、後者はロボットと搭乗者のシンクロだし。
さらに時間制限による活動限界が有るのもそっくり^^;;;
特撮の世界では『ウルトラマン』を始めとする一連のシリーズで、戦闘時間に限度が有るのはよく知られていることですね^^
敵軍が主人公の乗っている母艦を「白鳥」と呼称するのも『ファーストガンダム』での「木馬」に相当する。

まあこういうことばかりあげつらっててもキリが無いのですけど、この作品の場合は手垢にまみれていることを並べつつも作り方が巧いので面白味は損なわれていませんし、嫌悪感も覚えないところがご立派^^

今回の絵コンテにはスタジオファンタジア制作の『君が望む永遠』や『奏光のストレイン』の監督としても著名な渡邊哲哉さんがご担当。

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

■『ノラガミ』#9 BS11

筆頭ヒロインがキーキャラだったな^^
今回に限ったことでは無いが、『デビルマン』(コミックあるいはOVA版の方)風味なシーンに目を惹かれたし。

ショタの子に対する「禊」って言ってたけど、要は「親の躾」みたいな展開になっていたところがミソ^^;
まあ緊迫感も有ってまずまず楽しめたかな^^

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

『ノラガミ』#4感想!

セミレギュラーっぽいクセの有る面白いキャラも出て来たし、笑えるコメディとして楽しめたな^^

単調になるのを危惧していたけど、それは杞憂に終わりそうで良い^^;

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
ノラガミ 1 初回限定版[Blu-ray+DVD][イベント優先申込み券(1部)付き]

『ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル』#3『そにアニ』#4感想!

・『ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル』#3 BS11

ワン・エピソードの魅せ方がパターン化されるのかと思いきや、今回は違った方向性で描いてきた。
毎回趣向を凝らすのであれば、見応えも増すというもの。
創意工夫が大変宜しいのでいろいろな切り口で堪能出来そう^^

今回の評価:★★★★★
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

・『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』#4 BS11

トマ先輩(伊藤静)みたいな姉御肌の女性はどストライクなキャラ^^;
私もあんなお姉さんにご指導賜りたい^^;;
そに子(すーぱーそに子)みたいな真面目でひた向きなキャラも好感度大^^

ここで過去話を持ってくることで、そに子がバンドをやるようになるまでの経緯が丸分かりになってたし、少々地味な内容ながら落ちも含めた筋立ても良かったので、ちょっと感動しちゃったよ^^;;;

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
アニメ「ウィザード・バリスターズ」EDテーマ 『BLUE TOPAZ』

【BD】
(通常版) そにアニ(1) [Blu-ray]

『ウィッチクラフトワークス』『ノブナガン』#4感想!

・『ウィッチクラフトワークス』#4 BS11

今回は「そど子VS.沙織」もとい「たんぽぽVS.霞」に尽きるな^^
中の人的に…^^;

『ガルパン』ネタ引き合いに出したついでに言うと、今回劇中に出て来た「春の眠り作戦」ってセリフは、第二次世界大戦で史実に有った「春の目覚め作戦」から来てるんじゃないかな^^;;
あれは確か欧州西部戦線に於いて1944年12月16日より戦端が開かれた米英連合軍に対する「バルジの戦い」で最後の大々的反攻に失敗したドイツ軍が、生き残った有りっ丈の戦車兵力をかき集め翌1945年3月ぐらいだったかに欧州東部戦線のハンガリー付近の戦域に投入した、これがドイツ軍にとって本当に最後の反撃らしい反撃と呼べる作戦の名称だったかなと^^;;;
結果は激戦の末、奮闘むなしく物量に勝るソ連軍に返り討ちに遭い、完膚なきまでにぶちのめされて、ドイツ軍の戦車部隊は事実上壊滅に追い込まれたという悲惨な戦況に陥ったのだったか……(−−;)

原作にも有るセリフなのかは知らないけど、おそらくは今回脚本を担当した水島努監督が個人的趣味で入れたのでは?(どうでもいい)

閑話休題!
まああと私が言うとしても魔法で制御されていた巨大ぬいぐるみによる肉弾戦シーンが、送電線をリングのロープに見立てたようなアレンジが利いた円谷プロ特撮怪獣モノみたいなバトルアクションに見応えが有ったところくらいかなf^^;

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

・『ノブナガン』#4 BS11

今回のミッションは、織田信長VS今川義元の「桶狭間の戦い」などへのオマージュになっていて興味深かった^^
アクションシーンの全体の流れは、こういったタイプのアニメの王道展開になってたし。
具体例として有名なのは、『エヴァ』の「ヤシマ作戦」とか^^;

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]

ノブナガン Blu-ray BOX ―上巻―

今回で両作品とも巡航速度に達して、ギアがトップに入ったみたいな印象^^

『バディ・コンプレックス』#4感想!

このアニメは、内容や展開に関して細かいことをいちいち気にしていたら楽しめなくなりそうなので、突っ込むだけ野暮かなと思えてきた^^;

それにしても今期は特に、はなざーさん出演作にご縁が有るなあと^^;;
お名前は失念したけど、とある音響監督さんのツィッターで、「同時期に掛け持ちが多い声優さんは純粋に演技が上手いから採用されるのであって、事務所のゴリ押しなんて無い」と仰ってたが、私もそれに同意と言うか信じたいものだなと^^;;;

物語は視界が徐々に開けてきたせいか、次第に盛り上がりを見せていて結構^^

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
TVアニメ バディ・コンプレックス オリジナルサウンドトラック

『のうりん』#3の感想!ジェットコースターアニメだったな!!

今回は全編に渡り田村ゆかりキャラと花澤香菜キャラとのダブルヒロインガチンコ農林畜産対決エピソードでしたな^^

息付く暇も無く次から次へと畳み掛けるようにパロディを随所に散りばめた怒濤のハイテンション展開で、終始大笑い出来たのが正に"収穫"になりましたし、中の人もノリノリの演技で存分に堪能出来たし言うこと無しですのぉ^^;
斎藤千和キャラのアラフォー教師らしからぬ変態っぷりにもいつも以上に拍車が掛かっていて良かったですし^^;;

久々にいわゆる"ジェットコースター・アニメ"が観れたなぁと余韻に浸りながらEDでスタッフをチェックしてみたら、絵コンテが大地丙太郎さんだったので納得^^
でも横手美智子さんによる脚本がどこまで原型をとどめていたのかが気になりますねぇ…^^;;;

現時点で今期スタートアニメの1エピソードとしては最高の出来(^^)v

今回の評価:★★★★★
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
TVアニメ 「 のうりん 」 挿入歌 & エンディングテーマ マキシシングル 「 コードレス☆照れ☆PHONE 」/「 も•ぎ•た•て フルーツガールズ 」

『とある飛空士への恋歌』と『スペース☆ダンディ』#3感想!

・『とある飛空士への恋歌』#3 BS日テレ

う〜む。何だか見ていて集中力が途切れる(−−;)
何が悪いんだろ?そんなにつまらない内容では無いはずなのだが…。

今回の評価:★☆☆☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

・『スペース☆ダンディ』#3 BSフジ

今回は面白かった^^初めて笑えたし^^;
取り敢えず視聴継続。
2クール作品かと思うが、どれだけ当たりの回が有ることやら。
ハズレを引く確率高そうだな(−−;)

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
azurite

X次元へようこそ/絶対ムッシュ制

『ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル』#2感想!

初回の勢いそのままに突っ走って爽快に事件解決^^
これで最初のエピソード終了なんだね。
主人公の目標も今回明確に開示されたことだし。

全てのファクターに於いてこのハイクオリティを維持出来るのかが課題となるかな^^;
スタッフ及びキャストの奮闘に期待したい^^

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
アニメ「ウィザード・バリスターズ」OPテーマ『JUSTITIA』

『ウィッチクラフトワークス』#3感想!

今回もストーリーの流れに支障をきたさないように説明を挟んでいたのが良かった^^

魅せ方が上手いので自然とその吸引力に惹き付けられるのが心地良い^^
でも音響効果は慣れてきたせいか、今回はごく普通だったな^^;

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
ウィッチ☆アクティビティ

『バディ・コンプレックス』と『ノラガミ』#3感想!

・『バディ・コンプレックス』#3
お約束というかベタな展開でしたな^^;
早くもタイム・スリップの辻褄併せをどうするのかが気になってます^^;;

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

・『ノラガミ』#3
メイン・キャラのパーティがヒロインも含むトリオで固まりつつあり、お話し自体も悪くはないな^^;;;
うん、これも出来れば最後まで観ようかと^^

電車の通過音の使い方が上手い音響演出になっていた。
普通にステレオで聴いても分かるかと思う。

ちなみにBS11ではこれも次回は放映日時が変更になるのでご注意を。

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
あの空に還る未来で

ハートリアライズ[CD+DVD] [初回生産限定盤]

『のうりん』#2&『ノブナガン』『そにアニ』#3感想!

・『のうりん』#2
ゆかりんおはこのクールなダウナー系ヒロイン以外のメインキャラの妄想エロバカっぷりが突き抜けていて大笑い出来たな^^;
ちなみにゆかりんがダウナー系キャラを演じ始めたのは、『マイアミ★ガンズ』という作品のダブルヒロインの片割れからなのだそうな^^

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

・『ノブナガン』#3
主人公が鬼教官二人に調教されるお話し。
普通の兵士たちとの心温まる交流は死亡フラグかな?と思っていたら当たっていたな^^;;
ああまだ確定ではないのかな?
なかなか面白いので、出来れば最後まで観てみたい^^
BS11で視聴されてる方は、次回は放映日時変更なのでご注意を!

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

・『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』#3
すーぱーそに子、沖縄にてグラビア写真の撮影のお仕事をするの巻。
真面目で一生懸命なそに子は愛でられるなあと^^
ダイナマイトボディーがまぶしかった^^;;;
これもBS11で視聴されてる方は、次回は放映日時変更なのでご注意を!

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
秘密の扉から会いにきて

ノブナガン オリジナル・サウンドトラック(仮)

そにアニ オリジナルサウンドトラック

『とある飛空士への恋歌』と『スペース☆ダンディ』#2感想!

『とある飛空士への恋歌』は、主人公が好意を抱いたヒロインのことばかり考えるようになり、展開も願ったり叶ったりで複座飛行機の相方としてペアを組むことになっちゃいましたね^^;
主人公とは双子のきょうだいと思われるもう一人のヒロインは、当然主人公とペアを組むものと思い込んでいただけに拍子抜けしていたしな^^;;
…と言ったように都合が良過ぎるようで障害はちゃんと用意されてる前振りも有るので、オーソドックスで悪くは無いと思いながらも、観ていて惹き付けがイマイチ弱いのは、そのうち改善されるのだろうか?

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

『スペース☆ダンディ』は、ハッキリ言って今回もハズレだったな(−−;)
コメディで全然笑いが取れないのは致命傷かと思う。
よって次回に進退をかけることとする^^;;;
あと部分的に凝った音響になっていたのは、ハードウェアのみのパフォーマンスに頼ったものでは無さそうだったのが良いなと^^

今回の評価:★☆☆☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
風が知ってる/ひつじ屋さん(初回限定盤)(DVD付)

ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)(DVD付)

昨夜(2014/01/18)録画分で、今期視聴作が全て出揃う!

昨夜スタートのアニメが5作品に前期から継続の1作品と、本日のチェック数は計6本にものぼり、楽しめたけど正直大変だったな^^;
結果脱落は1本も無く、暫く日曜のアニメ視聴は多少ハードなことになりそう(−−;)

リンク集にもあるこばいもさんのブログを読ませていただくようになってから、これまで特に頓着してこなかったいわゆる「暴力ヒロイン」の存在も、気にとめるようになりました。
今日見たいくつかの作品の中にも暴力ヒロインが登場していましたが、私的には許容範囲。
まあ人それぞれと言うことで。

現時点では17本/週で、これだけ見続けることになるのはいつ以来か記憶に無い。
でもこれから減る可能性も有るとは言え、もしかしたら初めてのことかも^^;;

先月よりはアニメ感想エントリの数が増えている割りにアクセス数が伸びていないなと漠然と感じていたのでちゃんと計算してみたら、今月は昨日(18日)時点で24.4UU/dayと、一日あたりのユニークユーザー数は若干増えていたので、それなりに効果は有ったのだなと^^;;;

『ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル』#1感想!

初っ端からいきなりな怒濤の展開で、度肝を抜かれた。
なんと若本キャラがこちらにも!相変らずの独特な芝居で面白い^^;
主人公は王道ポジティブ元気娘。
でもそれなりに問題を抱えているみたいな描写もあって、薄っぺらくないキャラ造型が良い^^

ビジュアル・エフェクトとサウンド・エフェクトがバリバリなアクションと会話劇を交互にサンドイッチして緩急を付けた構成もグッジョブ。
作画のクオリティも非常に高くて、返って今後が心配になるくらい^^;;
梅津監督色が特にキャラデで濃く出ていたけど、この方の絵は私の好みからは少し外れるんだよなあ…^^;;;

クセのあるキャラに囲まれている主人公との絡みがこの先も楽しみだし、掴みはオッケーだったので、文句無く視聴継続決定!!

私的には現時点で今期最高のスタートを切った作品。

今回の評価:★★★★★
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray]

『ウィッチクラフトワークス』#2感想!

2話目で順当に主人公が魔女たちに付け狙われている理由の一端が明かされましたが、まだ全容まではという段階。

ん〜、ここで言わないと機会を逸しそうなので語らせてもらうと、実はヒロインの外見や性格があまり好みでは無いのがちと残念です。
才色兼備なところは申し分ないのですが、私は女の子は快活で明るいほうが好きですから^^
ああいう綾波長門系ヒロインはどちらかと言うと苦手^^;
胸もあそこまで大きいのはちょっと…トータルでバランスが取れている体型が良いかな^^;;
まあ巨乳は好きなんだけど、爆乳までは求めません^^;;;

新キャラが続々登場して賑やかしくなって来たし、ヒロインの口から世界観が語られ始めるなど、ストーリーはよどみなく進行^^
音響面は初回に続いて大変宜しいんだけど、少し苦言を呈するとしたら爆発音がワンパターンなので、もう少しバリエーションを付けたほうが良いかなと。
これは憶測に過ぎませんが、予算の関係か制作スケジュールの都合などで使いまわしをしているのかもしれません。

あと今回気付いたんですが、OPのコンテと演出が下田正美さんなのは、同じ水島努監督作の『ガルパン』でもそうでしたなf^^;

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
divine intervention

『バディ・コンプレックス』と『ノラガミ』#2感想及びサラウンドスピーカーの調整!

『バディ・コンプレックス』は、殆んどがロボットメインの戦闘シーンで占められていましたな。
「カップリング」という設定にはある特定の嗜好を連想させられて微妙感を覚えたが、全体的にはテンポも良くて視聴時間が短く思えた。
やっぱサンライズだね。 ロボットアニメがお家芸なだけのことはある。
作りに卒がなく、手馴れた仕事ぶりという印象を受けたな^^

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

『ノラガミ』は、主人公とヒロインを徹底して重点的にフォーカスすることにより、作品内容の理解がし易かった。
ラストで新キャラを登場させて、次回への橋渡しにすることで興味を持続させる作劇も巧い^^
コミカルな描写が小気味良いので、段々面白くなって来た^^

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

※視聴前にふとひらめきがあって、左右のサラウンドスピーカーの角度を調整してみた^^;
ちなみにBOSEのAM-10IIは、5個のサテライトスピーカーのひとつひとつが2段重ねになっており、上下で水平方向に角度を変えられる仕様になってます。
リファレンスディスクで真後ろからのセリフを聞きながら調整。
上手くリスナーの頭の真後ろで音像をしっかりと定位させることに成功。
その後の上記アニメの視聴では、サラウンドスピーカーの存在感が以前より若干増したようになり、調整は吉と出たので何より^^
【追記】
以前から分かってて今さら言うのも何だけど、これは自室の造りとスピーカーのレイアウト上やむを得ないのだが、シアター・スペースの向かって左側に仕切りの無い余分な空間が有り、反対側は内壁にあたるので、リスナーの前面ではフロント右を、背面ではサラウンド右を部屋のコーナーに設置している関係で、それらはどうしても音がこもって弱く聞こえるという欠点が…(;´Д`)
調整後の左右のサラウンドスピーカーの具体的な鳴り方は、セリフや楽器などの割りとハッキリした音ではちゃんと均衡が保たれているのに、観客の歓声みたいなモヤモヤとした残響がある音だと右がやや弱い。
実は調整前はそれが左右逆だったので、現状ではどちらを取るか二者択一の選択肢しかなかったのである(−−;)
【追記ここまで】

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
UNISONIA(アニメ盤)

午夜の待ち合わせ

『のうりん』#1感想&『ノブナガン』『そにアニ』#2寸評!

主人公が通う地方の農業高校に、大ファンのアイドルが芸能界を引退して転入してくるというまるで夢のような願望充足展開には目を見張った^^;
でもこれまで収穫した野菜を匿名で贈っていたのに、なんで主人公のいる学校が分かったんでしょうね^^;;
まあそれは調べれば何とかなるにしても、彼女が芸能界を引退してまでやって来たその真意は如何に?
私的に掴みに成功していて次回が凄く気になってるし、珍しい世界観と強烈なインパクトの有る起ち上がりだったので、とにかく視聴継続してみようかなと^^;;;

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★☆

あと『ノブナガン』と『そにアニ』の2話目も観た。
両作品とも音響効果が素晴らしく良く感じたのは初回に続いて相変らずだったのだが、その一因として効果音などの音圧が通常より高めで収録されていて耳に付き易いからなのではないかと思った。

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
のうりん Vol.1 [Blu-ray]

『とある飛空士への恋歌』と『スペース☆ダンディ』#1感想!

『とある飛空士への恋歌』は、セリフのやり取りを聞いているだけで説明の役割を果たしており、分からない部分はまだまだ有るものの、ナチュラルに作品世界へ入って行けたな^^
ちょっと地味な印象も受けたが、フルオーケストラによるBGMが効果的に雰囲気を盛り上げており…ていうかBGMに頼り過ぎな感も有ったのだけど^^;
壮大な展開のドラマが期待出来そうだし、今後の主人公たちの成長物語を見守りたい気分にさせられた。
あと戦闘シーンの音響は、プロの仕事ならこれくらいは当たり前なのかもしれないが、迫力が有って良かった^^
視聴継続。

今回の評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

『スペース☆ダンディ』は、コメディタッチのB級スペース・オペラと言えばいいのかな^^;
大人の事情の垣根を越えた制作体制になっているみたいで、多くのクリエーターが参加してのコラボが見所のオムニバス^^
なので各エピソードによって出来不出来の差が激しくなるかもしれないとの危惧が有ったのだが、それが早くも初回にして的中。
ギャグも笑えず、イマイチのってイケなかった(−−;)
大崩ればかりにならない限りは視聴を続けたいので暫く様子見。

今回の評価:★★☆☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★☆☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【CD】
azurite(初回限定盤)(DVD付)
【BD】
スペース☆ダンディ 1 [Blu-ray]

『ウィッチクラフトワークス』#1感想!

同じバンダイビジュアル製作の『ガルパン』の監督でもある水島努さんが、気心が知れていてやり易いためなのか音響監督にも同じく岩浪美和さんを起用。
なので戦闘シーンなどの効果音の一部が『ガルパン』で使われていたものとそっくりに聞こえたな。
例えば爆発音のバリエーションが、『ガルパン』に於ける戦車による砲撃音や着弾音とウリ二つだったり^^;

ストーリーは、主人公が何故魔女たちに命を狙われているのかや、ヒロインが主人公の護衛をしている理由などがまだ謎だけど、それらの説明は後回しにして、とにかく初回は景気よく一発ぶちかまして視聴者にインパクトを与えるというよくある手法の一つでスタート^^;;

さすが水島監督!次回が早くも気になってます^^;;;
もちろん視聴継続!!

今回の評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]

『バディ・コンプレックス』と『ノラガミ』#1感想!

『バディ・コンプレックス』は好感触であった^^
何よりも最近では珍しく集中力が途切れることなく観られたし^^;
作画も初回だからか動画枚数が多そうで、全体的にも映像には見応えが有った。
早見沙織ヒロインが、好みのキャラだったのにいきなり退場っぽかったけど、次回以降も出て来ることに期待f^^;
王道ロボット・アニメとして先が楽しみなので、文句なく視聴継続決定。

評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感評価:★★☆

『ノラガミ』は、この手の作品に神谷浩史さん主演と言うのがまたかという印象を受けた人もいるみたいだけど、私はそういった過去作は殆んど観てないので、新鮮味を覚えたな^^
ただ今後の展開が平板な感じで進行しそうなので、うまく意外性を絡めてくれれば面白くなるやも。
まあ取り敢えず視聴継続と言うことで…^^;

評価:★★☆☆☆
擬似7.1chサラウンド感評価:★★☆

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
バディ・コンプレックス 1 (完全生産限定) [Blu-ray]

ノラガミ 1 初回限定版[Blu-ray+DVD][イベント優先申込み券(1部)付き]

『ノブナガン』と『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』#1感想!

当方では昨夜から今期の新作アニメがスタート。
立て続けに観てみて印象深かったのは、両作品とも音響面が素晴らしかったこと。
いずれもサラウンド感が抜群だった^^

特に『ノブナガン』では戦闘シーンが多かったせいか、左右のサラウンドスピーカーとサブウーファーの鳴りが凄かった。
でもその割りには左右のサラウンドバックスピーカーからは大して目立った音が来なかったので、7.1chと言うよりは5.1chみたいな感じだったな。
ちなみに前の3つ(レフト、センター、ライト)はどうなのかと言うと、これらはどんなソースでもコンスタントに鳴ります、というか鳴るのが当たり前。

さらに『そにアニ』では、ヒロインが可愛いだけでなく、性格も良いオーソドックスな造形で、安心して観れたのも良かった^^

一風変わった作風に惹き付かれた『ノブナガン』と共に、取り敢えず視聴継続^^;

・『ノブナガン』#1
評価:★★★★☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★
・『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』#1
評価:★★★☆☆
擬似7.1chサラウンド感の評価:★★★

↓の枠付きAmazonリンク(PC向け)に隣接のAmazonテキストリンクは、スマートフォンなどモバイル端末専用ですが、環境によっては枠付きAmazonリンクが表示されない場合が有りますのでご注意を!

【BD】
ノブナガン Blu-ray BOX ―上巻―
【CD】
そにアニオープニングテーマ
ブログ内検索
管理人プロフィール

Vani-type

アクセスカウンタ(06/1/11)
日別訪問者数

    日別訪問者数カウンタ
    • 累計:

    新着コメント5
    Twitter プロフィール
    アニメ/アニソン/アニメサントラ/オーディオビジュアル/吹奏楽/将棋/戦史(得意分野は第二次世界大戦ヨーロッパ・北アフリカ戦線)/固ツイと返信で推しと担当紹介。中でも『ラブライブ!』シリーズが至高。基本箱推しとは言え、特に東條希、絢瀬絵里、黒澤ダイヤ、小原鞠莉、松浦果南、朝香果林、エマ・ヴェルデ、近江彼方の三年生推し。
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ(感想は2011年夏作品以降)
    QRコード
    QRコード