新商品開発中!

新しいカスタムパーツ開発中

みかちゃんレンズの向こうは.....
新しいショルダーパットに
カメラケースを取り付けて撮影中!の
みかちゃん
新しいするダーパットにバッグはカスタムバッグB1-S

先日ブログに書いてから早く出してほしいとの要望が
一杯の低反発ショルダーパットですが
あっちこっちが気に入らず改良を続けていました
ショルダーパットに携帯ケースや、iPhoneケース
デジカメケースなどが取り付けられるようにループを付けた
最終試作バージョンが完成し早速取り付けてテスト中

R0010090
















R0010088
















なにやらゴチャゴチャいっぱい付けた愛用のB1-S
この感じがたまらなく好きです
B1-S本体に携帯デジカメケース、ペン/マグライトケース、
ジッポーケース、裏側はショルダーベルト、バッグ用ストラップロング、
二重環など.....

このカスタムバッグは自分だけが使いやすい仕様になっていて
多分、自分仕様なので私以外の人には使いにくいと思います
自分仕様だけの仕様にカスタマイズできるのがカスタムバグの
一番の魅力なので、とにかくこれがお気に入り!!

R0010096
















R0010095
















R0010094















新しいカスタムパーツを開発中なので
出来る度にアップしていこうと思っています
あとは、独断店長高市次第!

http://www.vannuys.co.jp/n_item_index/n_item_index.html#coustombag

すごいんです!!!


Q.カスタムバッグを撮影しているのはいったい誰でしょうか
BlogPaint













答え         知りたいですか???


教えません( ̄ー ̄)ニヤリッ




背もたれのない椅子を駆使し、右へ移動してカシャッ
左へ移動してカシャッっと素晴らしいです


撮影しているカスタムバッグはいろいろアクセサリーが
ついてて とてもカッコイイんです

低反発クッション材と滑り止めを使ったパットができました!

昨日のブログから.....素材特性を逆に利用して.....
要望の多い3wayショルダー用肩パットに挑戦、やっと完成!
今まで、相当試作してきましたが、いまいち気に入らず
気分が乗るまで試作途中でそのままに.....

乗ってきたので一気に完成です。
低反発入っとるし、滑り止めも両面入っとるし、
縦にも横にも滑りにく〜い!
3wayショルダーには今まで難しいと思っていた
肩パット。これはかなりいいっスよ。
早いうちにアップします。

R0010076
















http://www.vannuys.co.jp/

あ〜ああ、失敗!

低反発クッション材を使ったマウスパットを作ろうと思い
本体中央に低反発クッション材、裏面には机の上での滑り止めに
摩擦係数の大きい特殊な素材を入手し試作みた物の.....
画像でも分かるようにコーナーが歪んで全くの不発。
自分での使い物にはなっても、製品にはならず.....企画倒れ!!!
最悪!!!どうしてもこの歪みが取れず一時中断する事に。
(ほんまに企画倒れや!)ま、こんな事はよくある事で、
違う方法を考えたらいい事なんで.....現時点では特に問題無し!

R0010071

















(裏面)この素材はほんまにいい素材なので
ショルダーパットを作る事にします。
四隅がしっかり歪んどるでしょ。
R0010073















私の場合、マウスは手首で動かすだけで
大きく動かさないので画像左の、小さいので
十分です。手首を支点にで動かすだけに、手首の支点の部分は
ずっと机に当たりっぱなしです。机と当たる部分の皮は固くなり
タコができて結構痛いんです。これ軽減するために
低反発クッションン材の出番だったんですけどねぇ.....

http://www.vannuys.co.jp/


販売権などのちょっと舞台裏

このシールは阪神タイガースのマークを付けた商品に貼るものです。
バンナイズでもいろいろ阪神タイガースグッツを企画、販売しています。

球団と様々な契約をし、審査があり、これをクリヤーして
一定の金額を入金するとこのシールが送られてきます。商品には必ずこの
承認シールを貼って出荷する事になります。

このシールなしで阪神タイガースのマークの入った物が
売られているとしたらそれは偽物という事に
なります。このシールがあるものが正規商品です。よくマスコミ等で
言われている知的所有権や販売権等はこのシールによって
保護管理されている事になります。ライセンス取得に当たっては
他にも結構厳しい規定があるんです。

それだけに、阪神タイガースには頑張って欲しいですが
この時期になると.....今年も厳しいかなぁ.....
RIMG0013 















http://www.vannuys.co.jp/n_tigers/index.html 

サマワ(イラク)で自衛隊が使ったバンナイズ製バッグ

平成17年頃からサマワ(イラク)で自衛隊が復興支援のために使ったバンナイズ製バッグです。このバッグは防衛庁(当時)からのオーダーで自衛隊がGPS設営用の特殊工具を入れるためのバッグとしてバンナイズが供給したものです。

見ての通り、黄色いタグがありません。通常バンナイズのマークが向かって右側下にあるのですが「表にブランドやメーカーが分かる物を入れたらダメ」と防衛庁から言われ、結局タグはバッグの内部に入れる事になりました。

素材は9号帆布パラフィン加工済み、かなりしっかりしています。フロントのWポケットはポケットの左右が細くて町中では使いにくいですが、この特殊用途での使用ではこのサイズが丁度良かったそうです。また、ショルダーなど、現場で不要な物は付いていません。特殊用途用なので病むを得ない事だと思います。街中で使う時など当然考えていません。一つの目的のために完璧である事が軍用では求められます。街中では本物を持っている事と、この使い便利の悪さがまた逆に嬉しかったりします。(かなりマニアックな話ですね.....)本物ならではです。
RIMG0044















私が企画デザインいたものなのでバンナイズでは全く同じ物をオーダーメイドで作っています。今日のメルマガに独断店長高市が載せるといって、今ゴソゴソ撮影してますねぇ.....

http://www.vannuys.co.jp/


机の上のちょい置きふわふわパット

新しいデジカメやケータイやおもちゃなどを買った時、バッグの中に入れておくのもいいけれど、本当はいつも手元に置いておきたい。いつでも見える所で、いつでも手に取れる所、特に何をする訳でもなく、使う訳でもないのにとにかく手元に置いておきたい。これが男心というものかなっ.....気に入った物は使わなくてもいつも持ち歩きたいですよね。それでバッグが重くなって、一杯になってしまうんです。

机の上は書類やキーボード、マウス、タバコ、灰皿、コーヒーカップ、などが所狭しと煩雑に重なり合ってます。いくら手元に置いておきたいとはいえ、この状態では置く所がありません。増して、買ったばかりのモノは多少は傷つくのはイヤ的な意識が働いたりして.....新しいノートパソコンは電源も入ってないのに開けて横に置いたりして.....

で、ポンと置ける定位置が欲しい。どんな時でもいつもかっこいい角度で見えるように置いておきたい。気にいった見え方の角度に置き方を微調整したりして。

そんな私の遊び心を満たしてくれる、机の上のちょいおきふわふわパットを創りました。ま〜たこれがなかなかできの良い奴で、試作ながらかなり重宝してます。 
RIMG0022















これは、もはやなくてはならない存在のiPhonを置いた所。
電話が終わってポンと置いてもキズが入らないので安心。

RIMG0021 















これはお気に入りのデジカメ。デザインが男っぽくて、パーツがあってカスタマイズできるのがいい!一番かっこ良く見えれる置き方で置いてます。よく使うデジカメは別にあって、特にすぐ使う訳でないのに手元に置いておきたいかわいい奴。ちょっと席を離れる時も提げてます。

詳しくは今日のメルマガで.....
RIMG0025















RIMG0024















RIMG0026















RIMG0027















RIMG0023 

ミニ301/50%/60%/B5/A4用ボトルホルダーなど

<先取り情報>
蒸し暑い時期なのでペットボトルを毎日提げてます。ミニ301や301にボトルホルダーを付けたくなり、これから試作します。うまく行けば明日アップできるかも.....

それと、最近手放せないメガネを入れる、メガネホルダーなども付けばいいなーと.....

画像はこれから形になるのを待っているカット済みの布。
R0010425
 

ありゃ、これは失敗

R0010376















定番の柿渋染め帆布が出来上がるまでにこんなものもありました。これは厚い4号帆布にはけで柿渋を塗り、ウオッシュ加工で、キズを付けてみた物です。黄色いバンナイズのタグまで柿渋塗ったらあかんでしょ?タグが中途半端な日焼けサロンになってます.....( p_q)エ-ン

R0010381

 













数ヶ月試作を繰り返して、最終仕上がったのがこれ。滋賀の職人さんの手染めの技の結晶。(この写真は蛍光灯の光で色は出てません)やっぱり有名どころで創った物は、いい風合いです。値段も同じく....柿渋染めは、生きた素材と言われ、日光のあたり具合で色が変わり深みを増してきます。作る時などは気候温度湿度などの変動要素が大きく発色に影響し同じ物は二度と出来ません。だから毎回仕上がってくる度に色が違います。この不安定さがまた、いい感じでしびれますねぇ。手作り素材ならではです。でもこの価値と良さが分かってくれないスポンサーも結構あったりして....。2回目からの仕事はきっぱり断わらせて頂いております。(^_^)ニコニコ

<ちょっとこ難しい柿渋染めのうんちく>
柿渋染めとは・・・
防腐・防水効果がある柿渋は、昔は身近な存在でした。しかし、化学繊維や化学塗料の発達により、今では名前を聞く機会が少なくなりました。すべて自然の力による製作工程のため、柿渋で染めたものは素朴で優しい風合いがあります。また、柿渋は製品になっていても太陽光や温度、湿度などにより色合いが変化していく「生きている天然染料」です。 愛着が持てて、長く大切に使いたいものを求めている方に 、素朴で温かみのある柿渋染めのバッグはきっと気に入っていただけると思います。

柿渋の特性と用途
柿渋染めは、防水効果、防腐効果、耐久力強化といった特性を持っています。古くから、酒袋、漆器、布、木、竹、紙、型紙、漁網、釣り糸、ロープ、家具、建築材、船、傘、格子、うちわなどの下地として使用されてきました。また民間薬として、やけど、しもやけ、血圧降下剤、二日酔いの予防や蜂などのタンパク毒の中和剤としても利用されてきました。現在では、清酒製造での清涼剤(酒の中のタンパク質を柿タンニンが凝固・沈殿する)や化粧品素材、発酵食品の除タンパク剤、重金属の吸着剤として使用されています。

柿渋染めに使う柿の種類
日本国内では柿は約1,000種あり(異名同物、異物同名も含む)、柿渋染めにはヤマ柿、アブラ柿、マメ柿等が使用されています。

柿渋とタンニンの含有率に付いて
渋味=タンニンです。 口に含むと粘液のタンパク質が凝固し、その結果渋く感じます。
■甘柿と渋柿のタンニン含有率
青柿    成熟果
甘柿     約0.3%    約0%
渋柿     約3〜5%    約1〜2%

バンナイズオリジナル柿渋染め帆布
柿渋液は毎年収穫され、3年間熟成された物を使用しています。年ごとに色を出すタンニンの含有率が微妙に異なりますが、化学薬品で調整せず、天然の柿渋液を使用しています。染めの度に多少の色合い差が出ることにより、工業製品のように画一されたものではなく、独特の味わいを醸し出しています。

また、柿渋で染めた布は空気中の酸素による酸化、太陽光の紫外線、湿度や温度によって色が濃くなっていきます。染め工程においては、晴れた日が何日かないと発色しないため、染色は必ず晴れると判断した日の午前中にしか行いません。

すべて自然の力による製作工程によるため、年や季節によって同一の色にはならず、柿渋染めがいっそう魅力的なものになっています。さらに、製品になった後も、太陽光や温度、湿度などにより色合いが変化していきます。柿渋の歴史
・古墳時代
中国では4世紀〜5世紀頃から存在したとされています。
・平安時代(794年〜1192年)
侍の衣服や山伏が利用した「柿衣」が有ったと考えられます。
・鎌倉時代(1192年〜1333年)
『平家物語』には「柿の衣」が記載されており、また『源平盛衰記』には「カキ ノキモノ」が記載されています。
・南北朝時代(1333年〜1392年)
韓国では、1382年『済州島略史』によれば民の太祖征服された雲南の染王が 済州島に移送されたときに柿渋染めが伝えられたとされ、柿渋衣(カツ オッ)と呼ばれ夏期の衣服として広く利用されています。


以上
肩の凝る文章ですみません。読み返してみても肩凝りますねぇ。

http://www.vannuys.co.jp/


 

これも試作2

090120_163821_1











いつも「どんだけ試作しとんねん」と、突っ込まれてます。とにかく思いついたらすぐ試作試作試作試作試作。思い立ったらすぐに見てみたい、使ってみたいという気持ちが先立ってとにかく形にしてみます。

このモンキーの後ろに付いたサドルバッグは、モンキーに取り付けるためのステンレスのサドルバッグサポートまで作ってしまいましたが、バッグの仕様はokなのにステーの仕上がりが気に入らず、そのままになってます。

要望がかなりあるので早いとこ形にしようと思いつつ、商品って乗りがないと仕上がらないので多分、涼しくなるまでは当分このまま.....


今は、バイオの新しいWシリーズが発表になり、このシリーズの専用バッグのデザインに夢中。多分今週末頃にはアップ予定かな。思い起こせば私はかなりのSONYマニアのようで、30年前に初代ウォークマンが発売されて以来、ほとんどのウォークマン、ラジカセ、(古!)は買いましたねえ。デジカメもバイオもしかり。

気がつくと身の回りはソニー製品ばっかり。一番始めはブラウン管で奥行きが半端でないぐらい長い、多分4インチ画面ぐらいで、食パン一斤より一周り小さいぐらいのテレビから.....今では見かける事のない、チャンネルは回すやつです。今でも子供たちにチャンネルまして....って言ってます。

「チャンネルは回すもの!」が染み付いた年代ですね。

http://www.vannuys.co.jp/

 

アップ待ちの商品たち

R0010330















まんまるキーホルダーや帆布のキーホルダーなど、アップ待ちの商品があっちこっちに山積み。なかなかアップできなくて.....
これは今週中にはアップ予定。(多分..)でもなかなか思い通りにいかないのが世の常で、と言っているうちに冷めてしまうので早いとこやっつけないと....
R0010331















怪しげに袋に入ってずらっと並んでいるのもアップ待ち。こんな棚が別に数列。見るたびにプレッシャー感じながら、目をそむけながら、見て見ない振りしながら、この横をスルーする毎日。

新しいバイオ専用のバッグだったり、ブリーフケースやブリーフトート。
特にブリーフトートはアップしようと思って試作して、テストして、後は撮影という段階で止まってしまって、商品によるとやがて半年というものあります。ちょっと納得できない部分があるとまた考え直し、試作し直し、これを繰り返しているうちに半年、一年は日常ちゃめしごと。

PC対応のブリーフトート<フライヤーシリーズ/テディズモデル-2など>はやっと今週か来週にはアップできそうです。素材のバリステックナイロンの在庫がほとんどなくて苦しんでます。米軍が使用している旧ミルスペックの1050デニールで本物のバリステックナイロンをノースキャロライナ州から輸入しているので、アメリカが休むとバンナイズは風邪引きます(この表現、古!)特にこの時期、建国記念日やらで長期バケーションとかいう理由付けて休んでしまう会社がアメリカには多くて困ったもんです。(笑)

ていうか、日本人て、仕事し過ぎ!!! 

http://www.vannuys.co.jp/

 

iPhoneケースでちょっとミステリアスな事発見

胸ポケットに入れる派のためのiPhone、ウォークマンX、携帯電話用、ストラップを付けるケース、薄型サンド 。長い商品名ですみません。商品の特徴を名前にしょうとするとこんな長い商品名になってしまいました。(しゅげむじゅけむ....落語か.....!)という事で、試作品を毎日使っていますが、ちょっとミステリーチックで原因不明の出来事があったので報告。iPhoneの液晶画面は大きくて使いやすくて気に入っていますが、難点は指紋がいっぱい付く事。指紋は使えば付くのであまり気にもせず使っています。今は胸ポケット用iPhoneケースに入れて胸ポケットに入れています。(液晶画面は胸側にむけて)不思議な事に取り出したときに液晶画面の指紋がほとんど消えているんです。拭いた訳でもなく、磨いた訳でもないのに、何故か表面が奇麗なんですねぇ。(私だけ?)

ケース内側は、本体を極力薄くするためにナイロンを使いました。通常携帯電話の液晶クリーナーなどは素材自体を高密度なものを使って指紋や油を取るような構造になっています。これなら奇麗になるのは理論上(それ用に造っている素材ですから)納得出来ます。どう見てもこの素材は高密度で、汚れを取るような素材ではないはずなのに、胸ポケットに入れて出し入れしているだけで画面が奇麗になっています。ちょっとミステリーな感じ。

出し入れする間に画面の汚れが取れていると考えるのが普通なのですが、液晶画面に付いた指紋はテッシュで拭いたぐらいでは落ちませんよね。メガネ用のクリーナー(これも表面が高密度な素材です)ぐらいの物を使わない限りそう簡単にとれる物ではありません。

でも気がつくと結構奇麗になっているんです。何なんでしょうこの現象は.....
素材の特性上、経験のない出来事です。が....まあ、細かい事は気にせず、奇麗になるのはいい事だという事で.....

cb750_k2











昨日、蒸し暑い中、車庫の整理をしていました。上の画像は、昭和37年のCB750K2、バラしたり磨いたりしてほぼ完全にレストアしました。音フェチの私にとっては当時のHONDAサウンドが何ともいえず心地よく、ビリビリしびれてまくってます。(こんな単車を汗だくで磨いていること自体、回りから見ると単車お宅の変なおっさん.....)

昨日は蒸し暑くて、汗だらだらで胸ポケット用ケースに入れて、胸ポケットに入れているiPhoneもさすがに汗が心配でポケットから出していました。そこで一つ、いいアイデアが。携帯電話を胸ポケットに入れていて、汗で水没マークが変化して保証の対象外というのが夏場よくあります。少しでもこの危険性を回避するために、通気性とクッション性のあるWポリメッシュ(この素材は、医療用の車椅子の背中の部分など汗で蒸れやすいような所に使用されています)をケースの裏側に使用したら少しは安心。表はバリスティックナイロン、裏はWポリメッシュ製のこんなものを創りました。昨日思いついたので十分にテストは出来ていませんが、効果はありそうな感じ。
R0010281















http://www.vannuys.co.jp/



 

ストラップを付けるiPhone、ウォークマンX用のケース

何やらややっこしいネーミングのこのケース。昨日のブログでも少し触れましたが、iPhone、ウォークマンXはストラップが付きません。しかもiPhoneは落としてキズが入った時点で保証対象外(さすがは外資系、しっかりしとる!)日本古来からの何にでも紐を付ける文化が染み付いている生粋の日本人、私はどうしてもストラップを付けたいとあれこれ悩んだ結果、シリコンケースなどで本体のデザインを崩さず何とかならん物かと....では、本体に無理に付ける必要はない、ケースに付けても同じ事.....という事で、「薄型の軽いケースにしてケースにストラップを付けてしまえば同じ事」という発想でストラップを付けるためのiPhone、ウォークマンX用のケースを創ってしまった次第。これが結構便利でストラップをもってケースごとクルクル回せます。(それがどうした)と突っ込まれそう.....保護したり、持ち運ぶためのケースではなく、ストラップを付けるためだけのケース、こんな発想のケースがあってもいい.....こんな方が企画していても「楽しいし....!」

ホームページには明日アップします。
R0010240-1


http://www.vannuys.co.jp/



		

こんなアタッチメントを創りました。

iPhone、ウォークマンX、携帯電話、iPod用ふわふわオムレット、ふわふわサンドに使う、ショルダーベルト用アタッチメントを創りました。
86cd0b48.jpg 















普通のショルダーベルト用のケースとは一味違い、ショルダーベルトにガッツリ止まりますよ。上部はショルダーベルトに付いている金属製の金具の部分に通して止めます。(ここまでは、まあ普通?)
fabe4d76.jpg















裏側の止め方は、全面がベルクロになる素材のふわふわオムレット、ふわふわサンドにならではの止め方で、貼付けるように止めるのですが、貼付けるだけだと歩いたり走ったり、動くたびに本体とショルダーが緩んできてぐらぐらになってしまいます。あげくの果てに本体がぶらぶらになって、止まっているのは辛うじて上だけって事に.....。このアタッチメントは革の部分の裏側にちょっとした小技が効いていて、緩まないようになっています。詳しくは明日アップしますので見てください。見たら「なんや」っていうぐらい簡単な方法です。が、やっと辿り着いたシンプルで完璧な方法だと思います。(現時点では.....)
08e5ed7e.jpg















それから一番上の画像の右上にチラッと写っているのが今開発中のストラップが付けられるiPhone、ウォークマンX用の胸ポケット用薄型ケース。iPhone、もウォークマンXもストラップが付けられないのが、ある意味難点のよな.....でも、デザインが奇麗なのでシリコンケースには入れたくない。でも、ストラップも付けたい、胸ポケットに入れて落としても傷つきにくい.....などなど。

これは多分土曜日にアップします。

http://www.vannuys.co.jp/

明日upの新商品先取り!

197e25b6.jpg
「完全無欠のバイオバッグ縦型/D-3/D-4」
完全無欠のバイオバッグD-1/D-2に新しいアイテムを明日の遅い時間に追加します。デザイン的にはD-1/D-2/F-2/と同じイメージのNIFCO製の大型バックルタイプ。本体はもちろんバリステックナイロン製。A4ファイルもきちっと収まります。人混みや満員電車の中で立っていても座っていても場所を取らない縦型自体、バンナイズでは人気アイテムです。縦型をラインナップしていなかったのが不思議なぐらい....(それは企画する私がどちらかというと横型が好みだったり....自分が欲しい物を先に創って持ち歩きたいという逸る気持ちを抑えきれない性格だったり....自分が欲しい物は絶対に妥協しないですよね....だからバンナイズの製品は、納得できるまで使い込んで、テストして、納得が出来る所で発表という感じです)

横型との大きな違いは、PCを入れる方向と、縦型でかっこ良く見えるために、両サイドのカスタムパー用のアタッチメントをWにした所、サイズに合わせてフロントポケットをつけた所、以外はほとんど縦型と同じです。一緒にバイオがらみのバッグの企画を進めいているコール徳島の野田店長共々今回も納得の仕上がりです。明日アップするために独断店長高市デジカメと奮闘中!

http://www.vannuys.co.jp/
  • ライブドアブログ