どこまで行くんだサーペントシリーズ。
wotofo_serpent_bf_7850

 

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
wotofo_serpent_bf50

■謎袋×3、本体とウルテムドリチ、説明書にTシャツプレゼント的なやつ。
wotofo_serpent_bf52

■謎袋その1、Oリングとイモネジの予備です。
一番上に有るカマボコ型の白い物体、あれがシングル運用時に使うリデューサーです。
wotofo_serpent_bf_7843

■謎袋その2、フラットクラプトンのプリメイドコイルが3つ入ってます。
その3はコットンが入ってます。今回は省略。
wotofo_serpent_bf61

■さて本体。ウルテムの510アダプタにデフォルトのSSドリチが付いてる状態。
wotofo_serpent_bf_7849

■ロゴがシンプルでオサレですね。
wotofo_serpent_bf_7850

■おしり。
wotofo_serpent_bf_7853

■よーく見ると、普通のRDAにあるはずの「デッキとチューブの境目」が無いんですね。
なのでアトマの下部と上部を持って捻っても開きません。
この写真に写ってる黒い部分すべてが、1つのパーツなのです。
wotofo_serpent_bf_7857

■コンタクトピンを押すとこうなります。
なんとなく想像つきますかね。
このアトマのチューブは「底の中心に穴の開いたコップ型」なんです。
wotofo_serpent_bf_7859

■バラしました。
wotofo_serpent_bf_7862

■トップキャップ。ウルテムパーツとの接続はOリングです。
角の部分はザラザラ加工されてて、エアフロー調節のとき回しやすいようになってます。
wotofo_serpent_bf_7863

■裏をみると天井部分がアールになってますね。
wotofo_serpent_bf_7864

■チューブ部分です。
真ん中に開いてる穴はデッキのコンタクトが通る穴です。
側面には7*2ミリ弱ほどのエアホールが3箇所。
3箇所ってことはシングル運用想定ってことです。
wotofo_serpent_bf_7865

■底面の穴こんな感じ。
wotofo_serpent_bf_7866

■デッキです。ワイヤーホールは2ミリぐらいの丸型。
イモネジは六角で回すタイプです。
wotofo_serpent_bf_7868

■ウェルはそれほど深くないですがBF運用なのでそれが正解。
wotofo_serpent_bf_7869

■ポジピンの出具合はこんな感じ。
wotofo_serpent_bf_7870

■付属のフラットクラプトンを巻数増やして巻いてみました。
これで0.27Ω。
ミストはシルキーで良い感じでしたが、コイルボリュームが出ちゃうのでやや扱いづらいセッティングでした。
wotofo_serpent_bf_7876

■というわけなので片方外してシングルにしてみました。
wotofo_serpent_bf_7879

■リデューサーの出番です。
wotofo_serpent_bf_7880

■ジュースウェルにハメるだけです。
これで狭さが担保されるっていう機能ですね。
wotofo_serpent_bf_7881

■26ゲージカンタルで。0.5Ωでした。
コイルボリューム小さいほうが立ち上がり早いし、アトマも熱くなりにくいので個人的にはこっちのほうが好きです。
wotofo_serpent_bf_7884

■コイルの高さはこんな感じ。
もうちょい外側に寄せたほうが良いかも。
wotofo_serpent_bf_7885

Serpent Mini RTA が大ヒットしてからこっち、とりあえずでSerpentを乱発してる感ありますよね。
どのへんがSerpentの遺伝子なんでしょうね。
勝手に「センターシングルボトムエアホール」だと思ってたんですけど、こいつは普通にデュアル前提のサイドエアフローですし。
それで言ったら「Serpent MOD」ってなんやねんって事になっちゃいますけどね。

さてさて。
外径22ミリでドリチとコンタクトを抜いた高さが18ミリちょいのローハイト。
チューブに彫られたロゴもシンプルで、めっさ可愛いっす。
ウルテムのドリチは内径10ミリちょいのワイドボア。
SS製のほうは内径5ミリちょいですね。
510アダプタはウルテム製。アクセントになってオシャレです。

付属のコイルはフラットクラプトン。
抵抗値低そうだなあと思って足の一番端っこを留めて測ってみたら、一本で0.47オームでした。
これはさすがに低抵抗かなあ。
コイル内径は3〜3.5ミリの間。
巻数を増やす時に3.5ミリにしちゃいました。

デュアルで0.27Ω。まあアリかな。
ホットスポット除去のためにドライバーンしましたが、やっぱり油臭かったです。
使用前にドライバーンはマストっすね。

付属のフラットクラプトンでデュアル運用ってのは、あんま現実的じゃない気がする。
22ミリだし、さすがにアトマが熱くなるんすよ。
シングル運用だと良い感じ。
 
最終的にはシングルワイヤー26ゲージデュアルで落ち着きました。
デュアルならシングルワイヤーかツイストあたりが正解だと思う。

味はすっごい美味しい。
背の低さとポストの大きさが相まってエバポレーション部が小さくなり、ぎゅっと凝縮された味わい。
エアホールは全開にしてもやや抵抗のあるドロー感。
無段階の回りっぱなしで全閉にも出来るので、いくらでも重くできます。

デザインもシンプルで素敵だし、小さくて可愛い。
ウルテムのドリチもオシャレです。
各部の精度も良くってOリングの硬さも絶妙。
シングルコイル運用も可能。
ただ単純にシングルのエアホールが用意されてるだけじゃなくて、きちんとリデューサーが付いてる。
これはGoodです!


残念ながら僕のピコンカーでは使えなかった。
コンタクトがギリギリ届かなかったんですね。
無念。実に無念です。
そうなると逆にBFじゃない普通のピンを付けてほしくなりますね。
もしくはポジティブピンを調整可能にしてほしかった。

っていうか調整可能なBFのMODが欲しくなりました。
いいアトマがあるといいMODが欲しくなる。
いいMODがあると、いいアトマが欲しくなる。
清酒のCMみたいですね。

そんな感じでーす!

ショップ提供なのでリンク貼ります→コチラ

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!