顔に似合わず素直で良い子です。
wotofo_trollv2_rda_6355
 

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■悪名高いこのフェイス。
これWotofoが作ったわけじゃなくて、こういうことらしいです。
wotofo_trollv2_rda_6350

■中身はシンプル。ワイドボアドリチと、RDA本体。
wotofo_trollv2_rda_6351

■Wotofoお得意のお楽しみ袋です。
wotofo_trollv2_rda_6352

■中身はこんな感じ。プリメイドコイルは何故か3つ。シングルで組めるわけじゃないのに3つです。
あとはOリングとイモネジ。あとこのT字の工具なんですけど、前より長くなってて使いやすい。
wotofo_trollv2_rda_6353

■コットンシート。
wotofo_trollv2_rda_6354

■本体です。ドヤ顔です。
wotofo_trollv2_rda_6355

■左からデッキ、チューブ、キャップ、ドリチです。
wotofo_trollv2_rda_6357

■付属の510ドリチはやや太め。
テーパーで広がってるやつです。
wotofo_trollv2_rda_6358

■裏から見るとこう。Wotofoのいつものやつ。中空断熱構造なんですね。
wotofo_trollv2_rda_6360

■キャップ。
wotofo_trollv2_rda_6361

■エアホールが2種類、選べるようになってます。
wotofo_trollv2_rda_6362


■ヨコバージョンと、
wotofo_trollv2_rda_6364

■ナナメバージョン。
wotofo_trollv2_rda_6363


■で、チューブがこうなってて、
wotofo_trollv2_rda_6365

■トップキャップとチューブの重なり具合でエアホールを調整する方式。
この写真はナナメバージョンです。
wotofo_trollv2_rda_6376

■ヨコバージョン。
wotofo_trollv2_rda_6377



■デッキです。普通にベロデッキ。
シンプルで素敵です。
チューブ接続部分のOリングが3連なのもしっかりしてる感あって好きです。
キツすぎずユルすぎずで、MODをリキッド漏れから守ってくれます。
wotofo_trollv2_rda_6367

■このウェルの深さ、そしてシンプルさ。
たまんないです。
wotofo_trollv2_rda_6366

■おしり。
wotofo_trollv2_rda_6368

■調整可能だと思います。そして、調整せずとも、これだけ飛び出ています。
wotofo_trollv2_rda_6371

TerminatorMODに。
wotofo_trollv2_rda_6378

■22ミリアトマは、汎用性あって良いとおもいます。
wotofo_trollv2_rda_6380

■メカにも。
wotofo_trollv2_rda_6388

■どやぁ〜。
wotofo_trollv2_rda_6389

■さて、キャップにハマってた黒い輪っかはデルリン製の510アダプタでして、こう外せるわけです。
wotofo_trollv2_rda_6381

■そうすると、付属のワイドボアドリチが装着可能に。
この組み合わせも良いですね。
wotofo_trollv2_rda_6382

■このワイドボアを咥えながら喫煙所でドヤ顔なわけです。
wotofo_trollv2_rda_6383

■メカに。25ミリチューブに載せてみましたが、さすがに似合いませんね。
wotofo_trollv2_rda_6390

■ちなみにどれぐらいワイドボアなのかというと、こんぐらい。
デッキ丸見えっす。
wotofo_trollv2_rda_6386

■最初に、付属のプリメイドコイルで組んでみました。
ツイストワイヤーですね。
これ、袋から出したまんまじゃあなくて、一巻き増やしてます。
これで0.3Ωちょいでした。
wotofo_trollv2_rda_6373

■ウィッキング。
思ったよりウェルが深いので、長めに取って、落とし込んでから調節すると良いと思います。
wotofo_trollv2_rda_6374

■つぎ、せっかく広々としてるんだから、と思いクアッド。
28ゲージカンタル8巻マイクロコイルを4発です。夜中にガーってやったので汚いですね。
これで0.4Ωちょい。このビルドが後に悲劇を生みます。
wotofo_trollv2_rda_6469

■手持ちのツイストで。
ちょっと巻きすぎて0.9Ωぐらい。
このあと、巻数を減らして0.7Ωぐらいにしました。
現在はこのビルドで落ち着いてます。
wotofo_trollv2_rda_6470


シンプル!なにこのデッキ!シンプル!可愛い!素敵!
ウェルが10ミリもあります。
バカじゃないの?なにこれ?

ワイヤーホールが3ミリもあります。
広い所で3ミリ、じゃなくて、3ミリの丸型です。
チューブとデッキのOリングは太いのが3本。
全部デカい。
22ミリで、このゴリっとした感じ、いいですねー。
おっさんのドヤ顔がちょっと好きになってきました。
 
デルリン製の510アダプタはテーパーになってます。
キャップのエアホールはナナメバージョンとヨコバージョンの2種類が選べるようになってます。
すこーしだけ開けた時に、細長い縦穴になるか、3つの小さい穴になるかの違い。
あんまり変わりませんが、微妙に違います。
両方用意されてることに多大なメリットがあるとは思いませんが、閉じ具合によっては笛なりするとかある場合、有用かもしれませんね。
それよか2ミリくらいの1穴のバージョンが有ってもいいんじゃないかと思いました。

デルリン製ワイドボアドリチは内径13ミリのストレート。
なんかもう全部、わかりやすい!
あと付属品のT字の工具、前より長くなってて使いやすいです。

イモネジが他のアトマと比べて短いんですね。
これは、3ミリのぶっといコイルを留めてもイモネジの頭が飛び出てチューブに接触、ショートしないようになってるんですね。

やはり、非常にわかりやすいです。
単純バカな感じ。

ポジピンは逆ネジになってて、引っこ抜いてもポジティブポストは動きません。ネジのトルクもやや固めで、ちっちゃいOリングがカマしてあります。
つまり、調整可能です。
調整しなくても十分出てるけど。

付属のツイストコイルを軽く挟んでみてテスターに乗せてみたんですが、0.56Ω、つまり2つ乗せると0.3Ω切るようだったので、ひと巻き増やしました。
濃くて美味しい。
爆煙美味しい系の王道をいってる感じします。

デッキ広いし久々にクアッドやったれ!と思ったのが運の尽き、トップキャップを少し溶かしてしまいました。
28ゲージなので、やや柔らかく、トップキャップを付け外しするときにコットンと一緒に引っ張られてコイル足が曲がっちゃったんですね。
気をつけましょう。ご安全に!
ちなみにクアッドにしたところで味もミストもそれほど向上しませんでした。

ワイドボアドリチを付けて、ヒューズドクラプトンとかのゴツめのコイルで爆煙することも可能です。
ただ、22ミリだし、アトマ自体の熱はある程度気になります。

個人的にはツイストか普通のクラプトンで組むのが丁度いいと思います。
爆煙特化なら、22ミリに拘る必要無いでしょうし。

そして、なぜこのドヤ顔を彫ってしまったのか。
これさえなければ、という思いを拭いきれません。
Freakshow mini もそうなんだけど。

Wotofoの新シリーズにはドヤ顔のおっさんも陽気な骸骨も居ません。
新しいSaporもホーロー鍋みたいなデザインじゃないし。
トガりが無くなったのが寂しい反面、やはり多くの人に届くデザインになったのは正解だと思います。

このドヤ顔アトマをいま買う理由、それはコスパだと思います。
あと22ミリだしね。

まとめます。
ミストを多めに出して、濃くて美味しー、ってやりたい人はアリだと思う。
良い意味でバカっぽい。シンプルな構造で、ビルド次第感が楽しめます。
ただし、顔さえ気にしなければ。
個人的には好みです!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!



ショップ提供なので、一応…リンクを貼ります→コチラ