落 魂(おとしだま)

日本各地、落とし込みで狙う黒鯛の釣行記です。

◇20年7月釣行記#2

◆23日(木祝)川崎新堤
 0530~1610時 曇/雨 北東風 中潮 エサ:イガイ

連休初日。雨を承知の釣行。

5時の臨時便で2番上堤。
2.5番まで進み、アウトでスタート。
さして行かないうち、『ゴソッ』と触ってきた奴を幸先良くGet。
DSC02751

周囲で幾つか追加してから、手付かずのインに下りる。


しばらくは、北風に寄せられたゴミに阻まれ反応なし。

3番近く。
少し下がっているのか、この一帯だけ「段」で少々ザワついている。

その最初のケーソン継ぎ目。1ヒロで穂先に乗ってくる♪
素直なもんやの~

ここから連発。
今日はいるとこいないとこ、がはっきりしているみたい。

後発で3番に降りた宇田ちゃんの目の前。バラせないぞ!
IMG_0151


慎重にやってようやく確保。
IMG_0156
ありがと。


次の高密度帯は4.5番アウト。
周囲に誰もおらず、しばらく激浅の魚信を堪能。


潮が下がってからはインコースでキーちゃん連発。
一つは特大サイズ。自己記録かも?!
DSC02755


キビレを避けてアウトへ。
ソコリ前、遥か遠い海面に尾ビレが揺らめくのを発見。

身を反らしてイガイを投入。『コチッ』と微振動に手首で軽くアワせ。

遠目に見ても顔がデカい。
本年初の大物サイズをGet!
DSC02757


上げ潮期待の午後。
インコースはキビレ…のイメージからアウトメイン。

しかしこれが。。午前と違いうまく立ち回れず。
どこでも…というわけではないこの日。高密度帯を探し当てることができずポツリポツリ。

どうもインの方が好調のようでした。。

20200723_塩浜運河1

この日のフライフックは打率9割。

本領発揮か?たまたまか?!

------------------------------

◆31日(金)川崎新堤
 0715~1545時 曇/晴 北東~南東風 若潮 エサ:イガイ

ここのところの休日出勤の代休を取得。期待の平日出撃。

連日好調の模様。
4番上堤アウトでスタート。直ぐにでも反応があるかと思ったが、激浅をひとつ見逃した以降アタってこない。

周囲ではインコースを中心に良く竿が曲がる。
自身には…2時間も経過してからようやく一枚。
DSC02759

昼を摂るか…と4番へ戻る途中。
たまたま居合わせたインで時合発生。

I駒さんに聞いたパターンを試すと即反応。
しかし掛けられずイガイ割られ。

次も『プルプル』と穂先が入る。
乗った。しかし小さいかな…と思ったらシマイサキ。

なんでやねん(>.<)


再度アウトへ上がってからは好釣。
竹竿の曲がりを味わうのと、フライの小鈎による身切れを気にして時間を掛けていた近頃のやりとり。
今日は意識して魚を止めにいく。

竿下へ突っ込む一番の剛引き。
DSC02761


インコース。
2ヒロで掛けて、沖へぶっ飛ぶ引きに怪しいぞ…と思いながら寄せると案の定でっかいキビレ。

これにてアウトに絞ることを決心。


迎えの船がパイプ堤の先を回ってくるのが見えたころ。

貝割られ。
これで終わりはイヤやの~、ともうひと粘り。

船が5番を離れる頃、4番裏でラストフィッシュ!
気持ち良く終了。

20200731_塩浜運河

強めのやりとりを実践した結果。。

初めての鈎変形1回と、いかにも身切れっぽい感触1。
そんなに気を遣う必要はないかな…と。
やりとりの加減が少し判った気がします。

何より…
やりとりの時間を短くすることで、腕の疲労が抑えられました。

------------------------------
7月終了。
何年越し?!キャッチ率7割5分をもう一度。

ゲット率(Get/アタリ):0.620(0.025)
キャッチ率(Get/掛け):0.724(0.041)


フライフック好調!

驚くくらい結果が出ています。




ひと押し、お願いします!

◇20年7月釣行記#1

◆5日(日)川崎新堤
 0610~1610時 曇/雨 南風 大潮 エサ:イガイ

土曜日は荒天で休船。

明けて日曜。多いだろうな…とは予想して5時前に船着きに着いたが、これがまさかの4番船まで待ち!(>.<)


前夜来吹き続けた南風の影響か透けた潮。

モーニングはあったそうだがひと流しで既に終了。
4番船にはおこぼれ無し。

2番近くまでのんびり歩き、人が少いところを見つけてインからスタート。


ポール手前のソーラー辺り。

地底でキレイに穂先を押さえる。

今日では貴重な一枚か。。
一発目だし…慎重に浮かせるとまさかのキーちゃん。

先を曲げられた海津鈎をフライフックに交換。


しばらくして。
ポール近くのアウト、ラインをいっぱい余した1ヒロで掛ける。

このライン出しでバラすんよね…
慎重になり、なかなか送り出せずにいたがようやく戦闘態勢が整う。


Get!
DSC02742

だけど…連発はしない。


午後。潮もイイ感じで上げてきて。

2.5番で確信のトメ。
剛引きの良型を仕留める。
DSC02743


15時を過ぎて。
ようやくアタリだすが掛けられない。
勢い良く引き込んだ奴はハズレ(>_<)


後ろ髪を引かれながら、5番へ急ぐその途中。

いた!♪

段のところでヒラ打ち。
腹を上に向けてひっくり返るほど。

身を隠し、感覚でアプローチ。
喰わない…

ピックアップ。
魚は姿を消したが、もう一落とし。

止まらない…なんとも微妙な雰囲気を見送ると。。

繊維掛けの片方持っていかれ!

終了。

20200705_塩浜運河

どうにもリズムが合わない感じですね。。

------------------------------

◆7日(火)川崎新堤
 0630~1050時 曇 南西風 大潮 エサ:イガイ

火曜日。この日は遅番(に、あえてした)。
11時まではやれる。

朝の潮も高いし、浮いてる魚を期待しての出撃。
そしてフライフックを集中して試してみようと。


限定の6番上堤。この頃は飛ばされそうなほどの爆風状態。
大広間のインから。1ストローク限定でスタート。


直ぐにでも…引き込まれるかと思っていたが反応が無い。


アウトに上がり、大風に抗っているうちにラインが走ってGet。
200707_070003


その後連続してハズしたところで再度インに降りる。

下げが効きだしたのか、場所が良かったのか。

4番辺りではコンスタントに魚信が出る。
総じて型も良く、腕は既にくたびれモード。


2番で折り返した復路。アウトに上がる。

2.5番。
拡がるサラシにラインを見失った後。
ピックアップした3cm大のイガイがなんか白っぽく見える。

ん?!
やっぱり…見事に割られてるし(>_<)

ここから怒涛の割られ連発。
どうもサラシの下、それもトメてきているらしく、ラインが見えずアタリが取れない。
超難易度高いぞ!

サラシが消えた直ぐ後に入れてもダメ。
サラしたタイミングを測って入れ、うまくいけば魚信を拾える釣り。

ここは経験値を上げたいが…

だいぶ下げた潮。
暴れるうねりに掬い揚げるのがひと苦労。


降参。。
インでラストを獲って、6番へ急ぐ。

20200707_塩浜運河

あのサラシ。あのトメ。

どうやって見極めればヨイのだろう…?

あー眠れん。。

------------------------------

◆19日(日)川崎新堤
 1230~1610時 曇/晴 南風 大潮 エサ:イガイ

久々晴れ間も見られた日曜。昼から出撃。

照り込んで濁りが入ればチャンスかも。。


限定の4番上堤。
期待の濁りは既に上々、南風は10m級と好条件。


も…
15時過ぎまで1バラしのみでイヤな予感。。


皆さんが4番方面へ戻り始め、気配の抜けた2番ポール寄り。

待望のストップ。
コイツは外せん…やけに緊張する一枚。
DSC02749


続かない…

少し落ちた風。
2.5番でラストを迎えようと早足で移動。

そのひと落とし目。
半ピロで『コチッ!』

あまりの浅さにフワつく魚。
掛けてから、潮を掴んで引き出すまでに気を遣った一枚。


4番へ戻るまでにポチポチ揃えることができ、なんとか形にはなったかな。。

20200719_塩浜運河

アウトを信じて…報われました。




ひと押し、お願いします!

◇Topic#104 大物@川崎新堤

IMG_0170
Angler:宇田ちゃん
Date:2020/7/28
Location:川崎新堤
Size:54.5cm
Bait:イガイ
Note:
 「サイズよりも数!!」(本人談)

 そうなん?!俺は痺れるような大きいのん釣りたいな~(バリ)

◇Topic#103 大物@川崎新堤

DSC02757
Angler:バリ
Date:2020/7/23
Location:川崎新堤
Size:53cm
Bait:イガイ
Note:
 今年はなかなか出会えませんでしたが。
 ようやく。。の落魂大物。
 
 ソコリ前、遙か遠い海面。
 ゆらめく尾ビレを目掛けて落とし・・反応しました!




ひと押し、お願いします!

◇フライフック

現在、フライフックを試行中。
DSC02746


二十数年前に買った落とし込みの特集本にフライフックが載ってましたが・・

近頃も「ハズれにくい」との評判を聞き使ってみようかと。


ただ「弱い」「伸びる」との話しもあったので、なるべく強そうなのを選んできました。
イメージでしかありませんが・・


こんな感じで掛かります。
DSC02740


いまのところの成績はこれ。
【フライフック#14】
Get/アタリ:0.532
Get/掛け :0.694

【海津10号】
Get/アタリ:0.594
Get/掛け :0.690

エサも違うし一概には言えませんが。。


何より驚いたのは、歯に当たらないためか鈎先の潰れが無いこと!

いまのところ1回も無し。
先日、アタリが多かった時に1本の鈎でどこまで釣れるか試したら、
6つのバラシを挟んで11枚まで無交換でイケました。
(12枚目でハリスが切れ。。)

ちなみに鈎の変形も無し。


打率はもう少し上げたいところですが、交換無しの手返しは魅力です。

まだ試してみようと思います。

◇20年6月釣行記#3

◆21日(日)川崎新堤
 1500~1810時 曇 北東風 大潮 エサ:イガイ

三連戦。
今日はゆっくりしとこか、と思ったけど残業の魅力に誘われて。

14時半船で3番上堤、三時間勝負。
昨日の様子なら充分でしょ、と思いきやどうやら結構厳しいらしい。

前日の濁りは見事に飛んでいる。
やっぱ夜通し南風が吹くと良くないかな!?


1番へ向け、インアウト交互に。
時折竿も曲がっており、さっきまでの情報よりは上向きか?

それでも自身には反応が出ないが。。


16時半過ぎ。チョッと焦りが出始める頃。
1ヒロ半でラインが伸びる。

沖へ出る魚。
ヤバいな~、ハズレそう…
こいつをロスしたら喰らいそうな予感。

大きくないのは判ったけど。
お願いします…
不安先行、祈るようなやりとり。

Get!嬉しー
DSC02736


次までは少し間があって…そしてバラし(>.<)

どうにも連発しない。
最近はストップ&ゴーのメリハリをつけたり、あえてチョッと煽って誘ってみたり…とエサを動かしてきたが、それが合ってないかな!?

ただスイーッと落としてみる。


ケーソン継ぎ目。
ピックアップ時に引き込み。
ブレイク(>.<)


平場の停め。
乗せたところでブレイク(>.<)(>.<)


こりゃアカン。
調子を取り戻せないままに。。終了。

20200621_塩浜運河

この三戦でブレイク5発。
それまでが今年1回だけだったので、急に増えた感じ。

どうもアワせた途端に擦れて切れてる感触だけど、魚の喰い方が変わったんかな。。?

------------------------------

◆29日(月)川崎新堤
 0620~1100時 晴 無~南東風 小潮 エサ:イガイ

雨予報の日曜に出撃を目論む。

4時起き。
開けて見る天気予報のページは豪雨の表示…

さすがに断念。
そうだ…明日は遅番だし、朝だけ行くかな。。



明くる朝。
山本便で6時半前に1番上堤。

濁ってはいるが動かぬ潮。
灯台周りも気配無し。


ポールまで、アウト2ヒロ限定で流してバラし1。

タナは深い?
1ストローク継ぎ足してみたところで直ぐにラインが跳ねる。
DSC02738


ぽつりぽつりとは出るが連発しない。

再度戻った赤灯台。
潮は流れども反応は返らず。


フグに持っていかれたのを機に、ハリをフライフックに換える。


地底。
キキアワセでは感触なく、ピックアップして初めて穂先を引っ張りだす。

なんか掛かった…
てっきりフグだと思ってたが、見えた姿は黒鯛。

ハリは歯グキ?の辺りにオン。


3ヒロ。
トメから。意識せず…だったけど、なんとなくフワッとしたアワせ。

グイグイ引き込む。
アワセがアワセだっただけに、不安先行だったが無事タモにイン。

ハリは上唇にチョン。ただ皮はしっかりすくっておりハズレる感じではない。


11時で終了。
さぁ会社行くか。。シャワー浴びても麦酒呑めないないんだよなー(>.<)

20200629_塩浜運河

フライフック。
アワセはゆっくり、やわらかくが良いのかな?!

引き続き試してみます。。


------------------------------
6月終了。
何年越し?!キャッチ率7割5分をもう一度。

ゲット率(Get/アタリ):0.595(0.026)
キャッチ率(Get/掛け):0.683(0.064)


下降傾向止まらず。。

フライフックに活路があるのか?!




ひと押し、お願いします!

◇Topic#102 大物@川崎新堤

20200707_宇田ちゃん
Angler:宇田ちゃん
Date:2020/7/7
Location:川崎新堤
Size:54cm
Bait:イガイ
Note:
 本年初の落魂大物。おめでとうございます。

 いいなー、俺は今年縁がないんよね。。

◇20年6月釣行記#2

◆13日(土)川崎新堤
 0640~1615時 曇/雨 南東~北風 小潮 エサ:ダンゴ

10mm超えの雨予報も出ている土曜日。
活性上がるかも?!ズブ濡れ承知の出撃。

前日情報では1番方面不調。下げの時間が長いこともあり、4番上堤を選択。

早速アウトに上がり、2ヒロまでのアプローチ。
幾らも進まないところで。
フワッ』と持ち上がったラインが直線的に入る。

一発目は無難に獲って波に乗りたいとこ。
DSC_0314
ボンさん撮影。ありがとうございます。

DSC02724
無事Get!


インでも竿が曲がる。
一旦下に降り、再度上がったポールの辺りで連発。
DSC02726
ポールを抱えて行ったり来たりさせられたサイズアップ。


その後もポツポツ。
人影見えずに超期待した大広間のインは一発もアタらず肩透かし。


白灯台。下げに入った時間帯。
大粒の雨が降り、10m級の北風が当たるインの高いところ。
ザブザブの海の剛引き。たまらん!


ラストは戻ってきた4番。
潮位は下げたがタナは上がる。

エサを入れたところで、チョイ先に翻る魚影。
一瞬迷ったが、即ピックアップし入れ直す。

アプローチして直ぐ、『モワーッ』とモタれ。
今日の見えチヌは良い反応♪


パンツまで濡れたけど、楽しめました。

20200613_塩浜運河

一方で課題も。
ラインを手繰ったレンジで乗せるも、ラインを送り出したところのハズレが二つ、三つ。。

しっかり乗せてるつもりだけど…
弛んだアワせになっているのかな。。?

------------------------------

◆19日(金)川崎新堤
 0630~1500時 雨 北東~北風 中潮 エサ:ダンゴ

休暇を取得。
まとまった雨が降るとのことで長八休み、山本から出船する。

ボンさん達は1番で下船。
下げの北東風…ということで自身は6番へ。

白灯台。
内側コバへ第一落し。
潮と風に圧され入りの悪いラインが『ボワン』とフケる。

いきなり強いぞ!
場荒れさせないようになるべく早く取り込みたいが、潮に乗った相手を押さえられず、高いところのはじっこでようやく確保。
幸先良し!
DSC02727


それからが散々(>_<)
ミチイトブレイクをやらかすは、ハリスでアタってくる奴をことごとくハズすは、とバラし先行、数伸びず。
そうこうするうちに魚信が止まり、インアウトをスイッチしながら1番を目指す。

途中、思い出したようにアタるがやはりハズレる。
どうにも魚が小さい印象。


それでも12時を過ぎた頃に浅タナで反応が出始め、今日イチサイズ。
DSC02730


さらに潮が上げ、1番白ケーソン辺りで好気配。
ここで時間を遣うか…とも考えたが、2.5番がザワついてる頃かも。。とワープ。

これが的中!
いままでに経験の無いスーパー時合。ここはひとつ、ひたすらに釣ってみる。

残り10分。ふ~
結構真剣に小走り。1番へ戻る。。

20200619_塩浜運河

しかし朝はよくハズれました。。

活性が上がるとハズれも減るので、喰い込みが良くなるのか? 自分のリズムが合ってくるのか…?

------------------------------

◆20日(土)川崎新堤
 1220~1600時 晴/曇 南風 大潮 エサ:イガイ

この土日は長八残業企画!

これは行かねば。
車は離れたコインパーキングに停め、フーフー歩いて船着きへ。


限定の4番上堤。
今日のお試しはフライフックの14番。バレにくい、との評判で使ってみる。
ハリに合わせて、エサもダンゴからイガイの繊維掛けに。


3番過ぎまで歩いてアウトに上がると、びっくりするほどの激濁り。
これは夕刻が楽しみだ…と思いながらまずは地底まで届くラインを繰り出して落とす。

2.5番。
1ヒロでラインストップ。

ん?キくと胴に乗る重量感。かなりゆっくりしたアワせで、ノソノソ魚が動き出す。

たっぷり余したラインを送り出す。
このタイミングに最近よくバラすので、魚に引かせたいのだがこっちが引かないと魚も行かない。

やむをえん。。自分がだいぶ動いて送り出しに成功。そこから魚も本気になる。
とりあえずフライフックはハズれなかったぞ…

タモに取ってみるとハリは唇にバッチリ。
これは評判通りかも。。近頃のハズレ対策に有効か?!
DSC02732


…と思いきや、さんざやりとりしてのハズれとチョイ乗り抜けが連発。
こりゃイカン、信頼感はまだ無い。ハリスが傷ついたのを契機にいつもの海津鈎に戻す。


開始直ぐの時間帯は良くアタッたがその後は中だるみ。
1番はあまり魚信が出ていなかったみたいで、昨日良かった2.5番へ動くか悩み出した頃。

1.5ヒロでドスン。今日イチ。
DSC02734


これを合図に時合スタート。
残業タイムは期待通りの高活性。
やっぱたまらんね~

1番でいつまで粘るか…
時計に気を遣りつつ掛けた1ヒロ。猛烈に突っ込まれてハリスぷっつん。

あいたたた…痛恨(>_<。)

潮時か…4番まで移動して粘ろう。。と歩き出す。
その4番に近付いた頃、船が向かってくるのが見えた。

20200620_塩浜運河

フライフック。
ハズれた時にも、ハリ先は鈍ってないし歯乗りは避けられているようだけど。。
皮一枚、が切れるのかな?

アワセの感覚が違うかもしれません。。?




ひと押し、お願いします!

◇20年6月釣行記#1

◆5日(金)川崎新堤
 0715~1545時  南風 大潮 エサ:イガイ、ダンゴ

休暇を取って出動!
天明竿は今日が下ろし。なんとしても入魂したいところ。

3番上堤。
2.5番、下がったところが終わるまでアウトを流すが、浮きチヌいないし、アタリも無いし(>.<)

インに降り、地底で『ゴン!』と穂先を叩く魚信で初魚を掛ける。

手元のすぐ上で曲がり、充分魚を乗せている感じ。
これはバラしたくない。祈るようにタモ入れ・・入魂完了!
DSC02712


ポツポツ拾ったあと、上げ潮期待の午後。
南風も上がってきて、いつ始まるの・・と。これが、アタらん。

迎船は5番から先限定。
15時まで1番で粘って一気に戻るか・・早めに移動してイイ時間を釣るか。。?

14時に移動を決断。
ところどころ軽く釣りながら、15時に6番到着。

フーフー言いながら、アウトに上がった二落し目。
4ヒロ入れたラインが停まる。

ストローク長く、アワセというより持ち上げる感じのそれ。

報われた!
10m級に上がった風に手こずりながらようやくタモに収める。
DSC02714


ヨシこれから!
と思いきや、同じレンジの二つのアタリをチョイ乗りでハズして終了。。

20200605_塩浜運河

たまらん・・曲がりでした(^^;)

------------------------------

◆6日(土)川崎新堤
 0605~1615時  無~南東風 大潮 エサ:ダンゴ

5時半過ぎには臨時便。

3番上堤。
前日とは逆に4番へ向け始め、浮きチヌを二つ見つけるが仕留められず。

折り返して前日良かったインコース、幾らか竿が曲がるのを見かけるが自身には反応無し。
2.5番アウトの地底でハズしたのが午前中唯一の魚信。

昨日を上回る渋さ。
午後になり、ひと気の抜けた6番で時合を待つ釣りに移行。

ひたすら、投下と回収を繰り返す。。


我慢を重ねた15時過ぎ。3ヒロでストップ。
キくも重み乗せられず。ガン玉に小さな歯型。

少し経って。
2ヒロでストップ。
重みはあったがアワせの前に離され感。

先ほどよりもしっかりした歯型。
けど喰い気はあまりないのかな?


10分後。
1ストローク+ひと手繰りのラインを落とし切ったところで引き込み。

これはバラしたくない!
沖へ出る相手にヒヤヒヤのやりとり。

失敗しつつドキドキのタモ入れ。
あー報われた…
DSC02716

続くか!?
と思われたがここまで。。

20200606_塩浜運河

今日は喰らうな…と覚悟してからの一枚。
痺れました。

------------------------------

◆7日(日)川崎新堤
 1230~1615時  北東風 大潮 エサ:ダンゴ

今日は休養!と決め込んでいた日曜日。
ゆっくり起きてチェックしてみると、おや駐車場は空いてるそう。

行こかな(^^)
回数券を買うのが一番の目的。


朝から上がってるボンさん達を追い掛け2番上堤。

と、そこには魚を持ったKさん。
DSC02717
さすがですね。
こちらのヤル気もup!


も…
二つハズし(>.<)
周りでは、インコース中心にぼちぼち竿が曲がるが自身は波に乗れず。


あっという間に16時近く。

1.5番から先を見渡すと、よっぽどインが良いのかズラリと並ぶ。

割って入る気にならず…

ギャンブル。
スカーッと空いているアウトに上がる。


まだ左手にラインを手繰ってる2ヒロ。
ライン伸びる!が…

ハズれ。がっくり膝を着く


ラインを詰めてリトライ。
同じレンジで引き込み!

こいつは…Get!
DSC02718


平場。
行きつ戻りつ…するようなライン。

手が動かず。見事にダンゴLOST。


16時を過ぎる。
さあどうする…

1番の方が近いが。。あえて2番から乗ることを選択。

ポールの近くまで動いて…

やはり平場。
同じようなラインの変化。。今度は乗せる!

サイズup!
DSC02722

もう船が。。
小走りに2番へ。

20200607_塩浜運河

チョット不調の流れを変えられた気がします。

◇餌 箱

宇田ちゃんが餌箱を新調。
IMG_0093

カッコええね。。
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

vari7276

記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ