110721_0016~01
前回の4に引き続き、ラングリッサー5の攻略が終了しました。

自分がプレイしたのはPS版のFE(ファイナルエディション)で、5のシステムに4が変更されているということなのですが、4と5のプレイ感覚は結構異なるものがありました。

・ ユニットサイズの変更
最大の原因はこれかと。4の場合ほとんどのユニットが同サイズで、これを1×1コマとすると、5は指揮官と騎馬・天使などが2×2コマサイズに変更となっています。
これの違和感が半端じゃありません。
つっかえて攻撃できなかったりと、これのせいでアークエンジェルが若干使いづらくなったかと思います(でも強い)。
どうせならこれも両方統一すれば良かったのにね...。

・ 騎馬系はやや復権、魔術士系はやや弱体
ユニットの強弱では、4よりは騎馬系は使いやすくなったかと。逆に魔術士は破壊力がマイルドになったような印象。とはいえ基本システムは変わらないので、ターンの多くまわってくる魔術士系はやはり有利。本来は魔術士の移動力を低くすることでバランスをとっているのですが、テレポートを覚えた時点で全てが変わってしまうのも前作同様です。

・ 傭兵はバランスがとれた難易度
どの傭兵もそれなりに使い勝手があります。どちらかというといかに早く指揮官を成長させるかがカギかと。
ただし、テレポート覚えたキャラのハイエルフ6人連れは別格です。

・ 難易度は下がった?
ハードモードがあるせいか、全体の難易度も低下したような気もします。バリスタの配置はせいぜい2ユニットだし、メテオ連発も無くなっているので。
また、自軍は最大6キャラ、敵軍も総数が減ったというのも難易度低下の要因かと。
ただし、序盤数面は結構シビアなのと一部指揮官(Cナイツやレインフォルス)の能力と補正には注意が必要です。

・ ストーリーは...
ナンバリングのラングリッサー最終作で、過去作の敵キャラも出演、色々な設定も明らかになるのですが...なんか「違う」というのが正直な感想。
なんつーか「小さい」んだよね。
今までのラングリッサーは国家主体で、光輝・人間VS闇・魔族という抗争の中のヒロイックサーガって感じなのだけど、今回は局地戦・ゲリラ戦という印象が非常に強い(ある意味SLGからRPGへの変更)。
また、各種設定も後付けなのは仕方無いとしても、そのつなぎ目が非常に雑。
そして、後付けされた設定が結構残念な内容(巨兵はいいとしても飛空艇や人口天体は強引すぎ)だったのも、その原因のひとつかと。
後作である「グローランサー」がどちらかといえば、このRPG路線を強化していくことを考えると、過渡期的作品だったといえるのかもしれません。

それにしても、残念かつ突っ込みどころの多いストーリーでした(この辺が5の評価の低い原因かと思われます)。

・ キャラクター
これも活かしきれていないというか、残念なキャラが多かった。
110720_1802~01
主人公(シグマ)
決してヒイロでは無いんだけど...色々かぶりすぎ、爆発でも生きてるし。
ちなみにこれはエンディングでの評価画面で、能力値はルーンストーン使って2回成長(魔術師系→歩兵系)したもの。

ヒロイン候補は3名なのだけど...誰が正ヒロインなのかも微妙。
110720_1803~01
ラムダことマリアンデールことマリー
最初綾波系なんだけどすぐに感情が戻る(早過ぎ!)、あと生きていた4のマクレーンの妹。
髪の色がマクレーンと違うとか言ってはいけない。
成長の選択肢が魔術士系か僧侶系しかなく、ずっと移動力に悩まされる人。
意識して経験値を与えてテレポさえ覚えれば...。

110720_1804~01
クラレット
2から続く、カルザス王家の姫。よって当然飛兵。
ある意味一番ラングリッサーらしいヒロイン。
でも、主人公の刺殺犯(ここのとこもう少し解決すればよかったのに...)。

110720_1806~01
ブレンダ
年上ポジションは「お姉様」系が多かったのだけど今回はちょっと変わって「姉御」系。
色々な勘違いとすれ違いで不幸になった人。

どの娘も主人公との結び付きが希薄なんだよね...だから告白イベントまで行っても唐突な感が否めないのかな。

あと、いわゆる2のヘインや4のリッキー的ポジションのアルフレッドと4から引き続きのランフォードが仲間になります。
やっぱり、微妙に残念なとこのあるキャラばっかなんだよなー、ほんと残念。

ということで結論としては、残念なとこの多いラングリッサー最終作でした。
おもしろかったといえば、おもしろかったんだけど、ホント色々と残念。
110720_1813~01
ある意味だから「The End of Legend」ってなったんだろうけどw。
今ならPSアーカイブでFEがたったの¥600、十分に遊べるソフトだと思います。

ええ、おまけはちゃんと集めましたよ

今回は告白対象は前述の3名。
ストーリー分岐も無く、好感度は3人同時攻略可能で、告白イベントも最終面オープニングなので回収は非常に楽でした。

ラング5は各所にイベントグラフィック入るのですが、各ヒロインの初登場時のグラフィックがエロかった(視点が下から上とか胸からスタートとか)ので、撮っておかなかったことがちょっと後悔です。

まずは告白イベント発生時のグラフィック
110720_1721~01110720_1815~01110720_1855~01
...4に引き続き原画は別の人の模様、特にブレンダは別人。
クラレットが裸に見えて...イイ。

次は告白成功時グラフィック
110720_1723~01110720_1817~01110720_1856~01
マリーが王道かね。

で、エンディング前のイベントでヒロインにしたキャラにはもう1枚グラフィックがあります。
110720_1758~01110720_1845~02110721_0000~01
これはクラレットが別人、逆にブレンダが良いかと。