June 30, 2017

2017 鈴鹿8耐 公開テスト

なーんか久しぶりに作成しました。

今まで、国内4メーカー共同でのテスト、タイヤメーカー共同でのテストは実施していましたが、公式にアナウンスされていませんでした。今回、40回記念大会だからか、これらを含め、都合5日間の公開テストとしてアナウンスされました。

タイムテーブルは、7/5、7/6と7/11〜12の2枚と、両方を統合したヴァージョンで作成しました。よかったらご活用下さい。なお、参加チームのリスト、グループ分けは8耐HPにてご確認下さい。

あと、エクセルファイルがUPできないので、jpeg化しましたが、スキャナが不調なのか、平行がズレています。ごめんなさい。



DPP_0176

DPP_0175

DPP_0174










































※原典:鈴鹿サーキット 鈴鹿8時間耐久ロードレース公式HPより
  ゲートオ−プン時間は、担当部署にメールにて確認。

August 25, 2016

危機管理能力を…。

最初にお断り致します。

本記事について、JOC(公益財団法人 日本オリンピック委員会)及び関係各位の書面による削除要請があった場合、素直に従う方針です。いつ削除要請が届くかは小生にも判りません。ご理解願います。

先ずは、下記画像をご確認願いたい。ヤフーオークションのとある出品の一つである。

DPP_0122DPP_0123
できるだけ画像のリサイズ、圧縮率の変更を最小限にしたが、A4サイズにインクジェットプリンターで出力し、スキャナーで読み込み(600bpi)、長辺を5,000ピクセルにリサイズ、圧縮率をレベル7で出力したデータをアップロードしたものである。サムネイルでもある程度の異常さはご理解いただけるだろう。

ご覧の通り、先日終了した、リオ・デ・ジャネイロ オリンピック大会、男子体操での画像であるが、先ずそれが問題。背景のボケ具合からみて、スチールではなく、動画からの切り出しと思案される。偽客接触で、現物を抑えていないので可能性の段階だが、恐らく4K放送からのキャプチャー画像と思案される。フルハイビジョンからのキャプチャー画像で、A4サイズに焼くと、解像度不足で『眠い』プリントとなる筈だ。しかし、4Kからだとすると、写真慣れしていない方からだと判別は難しいかもしれない。2Lサイズだと尚更だ。

アングル的には、プレスエリアからの撮影でしかありえない。観客席からだと俯瞰になる関係で、この背景は厳しいと思案する。民生用4Kビデオカメラからのキャプチャーなどとしても、ボケ方が違うと思う。

観客席からの撮影規制について、詳細を確認していないが、大型レンズやプロ用ム−ビーカメラについては規制対象になるかと思う。スマートフォン内臓のカメラでの撮影は看過しているか、なし崩し的に認めざるをえない状況だったかは不明。しかし、スマートフォンカメラのボケ方とは全くの異質。

正規の取材許可の下の撮影だとしても、このような販売方法が認証されているとは考えられない。もしそうなら、プレス資格を永久に剥奪されても文句言えない程の愚行である。

これの出品者は、これを現認時点で、約1,600件の同様の出品をしている。余りに多すぎて、個人でトレースするのは極めて難しい。過日、鈴鹿2&4レースでの白ダフ行為について、できるだけのトレースは実施、鈴鹿サーキットのチケットセンター等に情報提供したが、ゲシュタルト崩壊の繰り返しで、想像以上に体力、精神力を酷使する。

実はこれ以前から、簡易トレース(一部ページの.mhtファイルでのセーブ)はしており、別件(基本詐欺事案)も含めて、情報提供という形で、8/17午後に三重県警鈴鹿署に出頭したが、事実上の捜査拒否、故に犯罪行為の幇助容疑団体と認定し、ロクな話も出来ず決裂した。

その直接原因は、会話の録音を頑なに拒否したためである。事前に、『会話は録音させて頂く。そちらも、必要なら録音、録画の用意を』という旨通達していたがこの体たらく。仕事をしたくない詭弁以外の何者でもない。警察、公僕としての重大な職務規定違反でしかない。

前日に電話連絡した際に、録音は止めて欲しい旨、要請は無かった。勿論、要請しても拒否するだけだが。そもそも取調べの可視化が謳われている現在の状況において、逆行する言動だ。まあ、事前に複数回、メールフォームにて多少のデータ提供はしていた(当該IDは監視下にあって然るべき)上で、刑事課での任意事情聴取ではなく、相談扱いにしていた段階で、想定はしていたが、ストレスは想像以上で、お陰様ですごぶる体調が不調。証拠を押さえるに至っていないが、監視されている感があり、暗殺の可能性も否定できないのが現実。

鈴鹿署に任意提出予定だったデータ、証拠品の一部は、上記画像とは別件の知的財産権侵害の絡みと報道機関としての側面を持つことから、既に集英社に委譲している。知的財産権侵害については親告罪で、直接の権利者でしか告訴できないからでもある。もし、集英社が適正な対応(刑事告訴と民事損害賠償訴訟)をしない場合、報道機関としての矜持が無く、責務も放棄したものと判断し、また作家さんへの背信行為とみなす、とプレッシャーはかけている。こちらも都合3回、電話で連絡している。

要は、警察が適切な対応をしなかったお陰で、この非常手段(?)を取らざるを得なかった、という事。小生が、何らかの法律に抵触し、処罰されるリスクはあるが、小生だけ処罰するようであれば、第三国への政治亡命も辞さないつもり。既に、何かあった場合のブービートラップは仕掛け済。しかもデータを預けた先で、必要と判断した場合、開示しても構わないとしている。

ちなみに、メ〜テレ(名古屋テレビ)について、再三の取材要請について、何の回答もしなかった為、直接の取材について、ANN系は排除する。共同通信から買え。

JOCでは、新国立競技場やら何やら、課題、懸案が山積しているが、それを理由に看過したと判断した場合、IOCにデータ提供の予定。その結果、ドーピングと同等以上の背信行為とみなされ、2度目の開催権剥奪となっても抗弁権は無い。遅くとも当該ヤフーID(現時点で偽客接触の予定無し、住所地を埼玉県としているが、偽装の可能性有)に対し、年内の刑事告訴、送検を期待する。

購入者も、ただで済むとは思わないように。特にこれを読んだ方は、手を出さないように忠告させていただく。既に購入済の方、現物と購入データを、警察よりJOC若しくは信頼できる報道機関への持込をお勧めする。

この記事についての通報先は、下記の通り。
公益財団法人 日本オリンピック委員会
公益財団法人 日本体育協会
東京都
内閣府
警察庁
警視庁
埼玉県警
法務省
検察庁
三重県警については、上記の理由により、捜査権を剥奪すべき、既に法務省、検察庁に通報済。故に裁判所からの礼状請求は棄却される筈。さもなくば、政府、行政が某国並の隠蔽工作を画策したものと判断する。当然、2020年は無い。2019年のラグビーワールドカップ、国内開催の世界選手権及び国際格式のレースイベントなど、あらゆる方面に影響が出る筈で、小生では救援は不可能。

さて、その気になれば、2〜3日以内に強制捜査の着手は可能かと思うし、偽客接触し、絶対的証拠を押さえても1週間〜10日程度で着手できるだろうし、しなければ日本国民のみならず、全世界への背信行為として、最悪無期限で日本人選手の排除処分となっても仕方ないだろう。

直近では、リオのオリンピックでは陸上で、パラリンピックに至っては完全に、ロシア選手が排除された。ご存知の通り、原因は、ロシア政府主導によるドーピングがWADAに認定されたため。ロシア政府は、これを強硬に反発し、非難する声明を出しているようだが、大統領、首相が主導的に嫌疑を晴らす動きが見えない。冷静に見れば、ロシアの選手のみならず、自国民への背信行為と見ている。CASは一応スイスに拠点を置いているので、ある程度の中立性は担保されていると想定している(瓦解したら国際スポーツイベントが完全に形骸化する恐れが…)ので、必死に抗弁すべきだった。個人的犯罪なら個別に排除すればいいが、国家主導と認定されたら、全く関係無い選手がとばっちりを受けるのは止むを得ないかと。

他所の国の懸案はさておき、JOC、東京都、体育協会、放送局、プレス団体がどう動くかで、本当の意味での国際化の真意が明白になると思う。


正直なところ、期待3割、諦め3割、信用に値しないのが3.5割。残りの0.5割は…言葉のアヤ。



≪8/27 追記≫
上記の通り、集英社に証拠品の一部、データ等を送付し、8/23付で受領したことを確認しているが、8/26 11:29付で返却(一部、全部かは不明)手配した模様。違法でない証拠品について、返却を希望したが、『事前に一報をしない場合、一切対応しない。』と警告している。そのため、集英社は報道機関としての責務を放棄、同社が関っている作家さんに対しての背信行為と断定する。

故に、ユニセフとIOCに通報を手配中。現時点より、一切の削除要請について、これを拒否する。正攻法であっても、強制執行による本投稿の削除は、国家ぐるみの国際犯罪とみなす。

vc25ssjun at 09:59緊急提言 この記事をクリップ!

June 28, 2016

2016 鈴鹿8耐 合同公開テストタイムテーブル

もう、2年近く更新をしていませんが、少なからず観に来ていただいているようで、感謝申し上げます。

しかし、本格復帰のつもりはまだありませんので、今回は特別です。ご容赦願います。

さて、来週、7月4日(月曜日、加藤大治郎選手の誕生日)〜6日(水曜日)に8耐合同公開テストが実施されます。タイムテーブルは鈴鹿サーキットHPにUPされていますが、相変わらず見にくいので、2年ぶりに自作しました。公開させていただきますので、こちらが見やすいと思われた方、Blogの仕様上JPEGでしかUPできず申し訳ありませんが、どうぞ活用してあげて下さい。

ただ、1箇所誤植があります。4日のSession2 B Gr.の終了時間は13:45ですが、13:15と誤植してしまいました。後で差し替える予定ですが、よろしければ愛嬌の一端としてご勘弁下さい。

DPP_0108

追伸:
これは本来エクセルファイルで作成していますが、オリジナルがほしいという方がいらっしゃいましたら、下記メールアドレスへご連絡下さい。ダミーのフリーメールで結構です。ファイルを送付後、ご開示いただいたアドレスは削除いたします。

当方のメールアドレス:extrema_4@yahoo.co.jp
(この追記は、適当なタイミングで削除いたします。)

追伸2:
みじんこ姫、むっちゃんさんが、心配されていましたよ。元気で頑張っていらっしゃるなら結構ですが。
小生も信じています。無理はしないように。

vc25ssjun at 14:41moto-sport この記事をクリップ!

July 09, 2014

煙草

いやはや、本件をアップロード忘れていました。しかも、酷い誤植まで…。

皆様ごめんなさい。




では本題を。

小生は、根っから喫煙者ではない。故に国丸ごと煙草がご禁制になったとしても、全く困らない。全うな愛煙家、タバコ農家には悪いが。

とはいえ、例えば某鈴鹿サーキット職員曰く、『食後の喫煙が楽しみ』とか。競技者も、レース後の一服でリフレッシュされる方も少なくない。小生とて、そこまで云々言いたくないというのが、本音である。

が、現実そうはいかないのが実情。

ホテル職員は、宿泊客の煙草の不始末で失火させられた日には、たまったものじゃない、とはっきり言っていた。当然の感情である。

特に工場勤めの経験がある方なら、喫煙ルールの厳しさ、防災に関するルールについては、よくご存じの筈である。喫煙が許可された場所(処によっては時間帯規制を含む)以外は御法度である。例え通勤や納品などで入場する車の中でも、敷地内においては不可であるケースがほとんどであろう。

少なくとも鈴鹿サーキットでは、持ち込みの灰皿を使用しての指定場所外喫煙は、明確にNGである。

SuperGTの公開テストの際、ゴミバコ上の灰皿をを自分の都合のいい位置に若干移動させた強者もいたが、笑えるか怒鳴られるか微妙。

小生は大昔、日立系のソフトウェア会社に勤務した経験がある。経験上、一番喫煙規則が厳しい処だった。入社より更に昔、煙草1本で工場1つ潰した経験があったそうで、以来厳しくルールを設定している。基本的に、喫煙希望者は登録制で、貸与された灰皿(水を入れて使用)以外の使用は厳禁。また、非喫煙者に対し、前処理、後処理をさせてはならないというルールもあった。違反者には喫煙権利の剥奪、懲戒処分、失火させようものなら解雇も辞さない体制だった。

HONDAも、少なくとも本田宗一郎氏がご存命の頃は同様だったかと思うが、最近は果たしてどうだろうか?

いわゆるパソコンしか経験のない方には解り辛いかもしれないが、汎用コンピュータのマシン室は有無を言わさず火気厳禁。何しろ火を感知したら、自動的にハロン消火器が作動する。これは、窒息消火の類だが、マシンや書類のダメージを極力抑えるため、人間には有毒なガスを放出する。イメージが沸かない方は、映画『ターミネーター2』を参照のこと。


以下、SuperGTの公開テストでの愚行の数々を紹介する。

_MG_0005
_MG_0081
_MG_0083
_MG_0092
_MG_0097
_MG_0103
_MG_0104

これは、どう見ても暴走族のガキ(餓鬼?)である。これが当然というのであれば、この世界には未来は無い。

_MG_0104_
背中にガソリンの携行缶が見られるが、一般的に中身が空であったとしても断罪されるべき愚行である。

_MG_0142
TOM’Sについては、くまモンの商標権侵害、著作権侵害をやらかしていたので、もはやTOYOTAを代表する反社会勢力になり下がったか。


こちらは、若干毛色が違うが、啓蒙の一環として。

_MG_0004
_MG_0005_
この2枚は、7月1日、8耐公開テスト前日に撮影したもの。2枚目は、トリミングしたものではなく、寄っただけ。これに関して、喫煙そのものは現認していないが、この状況は、日立式ならNGとなるだろう。余計な邪推を誘発するような言動は厳に慎むべき。

喫煙希望者でお金を出し合って、JTが所有しているマイクロバスを改造した移動喫煙所を手配し、その車両の入場許可及び利用許可を申請するのも手だろう。しかし現状において、綱紀粛正を厳とし、立場に関わらず信頼されるような言動が先。

軍用空港のハンガーデッキなどでこんな愚行やっていたら、MPあたりに有無を言わさず制圧されます。試しに、空自の航空祭(基地祭)に行ってやってごらん。自衛官以前に優しいファンが袋叩きにしてくれるでしょう。海外なら最低限ペルソナノングラータ確定。

旅客航空機内でも、身柄拘束の根拠になるんじゃないの?


vc25ssjun at 12:07緊急提言moto-sport この記事をクリップ!

July 08, 2014

追放

こういう形でBlogを再開するのは本位ではないのだが...。

正直、いい加減全削除しようかと思っていた。




少し前、とある駅にて、母親が自身の娘(幼児)の頭を足で蹴る虐待事案があり、動画投稿サイトにアップしたそうだ。後日、警察などにも通報したそうだが、そういった形での問題提起も手段として有用かとも思う。


本題に入ろう。


以前から、鈴鹿サーキットの安全管理体制の不備、リスクコントロールの脆弱さ、エントラントの意識の低さを書いてきたが、愈々犠牲者が出る寸前になった、との思いで提起させて頂く。

7月2日〜3日に開催された『鈴鹿8耐 第2回公開合同テスト』、3日は体調不良のためDNEとしたが、1日の昼から入っていた。1日はまだ、別カテゴリーのフルコース走行(西コースからのIN)があり、ピットの設営程度である。別途書く不安要素の確認がメインだったが、一抹の不安があったのも事実。

その前、6月27日〜28日には、SuperGTの公開テストが開催されたが、その時点で”最後通告”を出さざるを得ない程に酷い状況だった。これも、後で書かせて頂く。


使用ピット番号28、ゼッケン01番、エントラント名『エヴァ初号機シナジーフォースTRICKSTAR』。

万死に値する愚行の数々。

_MG_0019
_MG_0020
_MG_0022
赤丸部分をトリミングしたのが、これ。
_MG_0022トリミング



_MG_0023
_MG_0024
赤丸部分をトリミングしたものが、これ。
_MG_0024トリミング


この画像は、1日のピット設営時のものである。完全にピットボックスに入っているのが判るだろう。過去にも何度かこのような愚行を見ていたし、サーキット側にもこれは絶対に許さない、と警告していた。にもかかわらず、この現実だ。

さらに悪いのは、談笑に付き合っている2名。片方はダンロップのユニフォームを着ているところから、TRICKSTAR担当のサービススタッフと簡単に思案できる。もう1人は、トリミング画像で概ね判断できるかと思うが、住友ゴムの社員証である。科捜研または科警研などで使用している画像処理ソフトでなら、鮮明化して確認もできよう。どのみち、この3名は顔が判別可能なので、顔認証にて個人特定も容易である。この2名、完全に共同正犯である。

これだけでも出走権剥奪も視野に入るのに、翌2日にも愚行を犯していた。

_MG_3915
_MG_3923
_MG_4023
_MG_4321
_MG_4322
プラットフォームを含むピットロードは、メディア用ビブスを着用(=取材許可受理の証)していない者の撮影は、禁止である。TRICKSTAR主催の鶴田氏が、それを知らないとはとても思えない。片方はCanon製デジタル一眼レフを2台携行、もう片方はスマートフォン内蔵のカメラで撮影(動画か静止画かは不明だが関係無し)していたのを現認。サインボード担当者と談笑していたことを勘案すると、第三者である可能性は極めて低い。また、ピットボックスのコース側にある、赤線から外には、ピットクルーライセンス所持者、MS共済会加入(年間契約、または単発契約)、タイヤなどのサービススタッフ以外は立ち入り禁止。さもなくば、若井伸之さんの不幸な事故を、今更ここで再演する羽目になりかねない。

実は、カワサキには、1日夕方には電話で警告していた。嘘か本当か、当方の携帯電話の呼状態が安定しなかったらしいが、要点は掴んでいた筈(録音もしているし)。しかし警告は伝わらなかったのか、いやさ伝えなかった可能性が高い。証拠として2つ。まず、2日には、Team GREENにも喫煙ルール違反(ピットボックス内ではないが)があり、カワサキ系チームの綱紀粛正に興味がないと判断せざるを得ない。もう1つ、3日(9時頃、自宅にて)にも再度電話で警告したが、端的に言うと『我関せず』というスタイルであったため、絶縁とした。

IMG_0149
IMG_0152

今思い出したが、昨年のMFJ-GPの際にも、同様の警告をした筈だが…所詮そんな企業。

勿論、サーキットにも通告したのだが、一部危険性を全く理解しようともしない馬鹿者もいて、怒鳴り散らした。また、鈴鹿消防本部予防課にも通報しているが、有効な手段に出ていない模様。本来なら、事情聴取で電話の1本くらいするものだが、何も無し。4月の2&4の際に、情報提供してはいるが、今回はそれすら可愛く思える程状況が悪化している。

小生は、法律については素人で、勝手が違いすぎて十分に調査、理解が不足しているのだが、どうやら現行法においては、実際に事が起こらない限り(例えボヤ程度でも)強制執行が難しいようだ。公道では、条例にて禁煙エリアを設定、違反者には過料を課す制度はあるが、禁煙エリアでの喫煙行動などが放火に準ずる犯罪という規定が無いことが、連中をのさばらせる現況の一つとなっているかもしれない。いわゆる予備罪も然り。

ただし、それでも消防が責任者を呼び出して警告することは可能なはず。まして、主催者(会場責任元)権限で、強権発動は可能。逆に言えばそうしないことで共同正犯として断罪されるべきである。

サーキットにとっては、エントラントも客であろうが、安全な運行に協力しないのであれば、毅然とした態度で望むのが筋である。

このままでは、ハインリッヒの法則から察するに、いつくだらない理由で死亡案件(事故ではなく事件)が発生してもおかしくない状況と考える。もし、今現在をピークとして捉え、正当に押さえ込んでいけば、最悪の自体の回避は容易で、万が一の場合にも的確且つ迅速に対応できるであろう。

実は、1日に2回、8耐の冠スポンサーである日本コカ・コーラ社にも通報している。しかも朝と夕方の2回。朝は、SuperGTでの実情を踏まえ、スポンサーサイドから苦言を呈していただけるよう、お願いした。夕方には一転、その日の状況を説明した上で、サーキット側の契約不履行によるスポンサーシップ契約の破棄を具申した。さもなくば、特に本大会期間中、何かあった場合、連帯責任を負わされてイメージダウンにも繋がるためだ。その気になれば、決勝当日に契約破棄を通告し、また裁判所にロゴ等の使用差し止めの仮処分申請を行えば、自動的に中止に追い込める。

勘違いして欲しくないには、小生とて中止だの追放だの、暗い話を現実にしたくはない。むしろ、継続発展を望んでいる。一時期のようなブームは所詮ブームで、にわかファンの経済的利得も無視できないが、根幹をしっかりしておかないとどのみち長くは持たない。一般的に、モータースポーツに興味関心が無い、暴走族の類と区別してもらえない最大の原因は、モータースポーツに関わる全ての者に原因があると心得よ。ただでさえエクストリーム系のスポーツ(普通サッカーや野球などで、生死に関わるとは考えないでしょう、絶対ではなくとも)という感覚があれば、より紳士的行動が求められて然るべきと考える。70〜90年代の感覚をいつまでも引きずっていては困る。

全日本だろうと世界選手権だろうと、勝ってもチャンピオンを獲得しても特に一般の新聞やニュース番組では報道されないが、死亡事故は取り上げる。これを不条理と思っていないのか?

安全管理、危機管理については、2輪4輪を問わず、またどのカテゴリーに関わらず、長く懸念されている案件である。したがって、特定の個人、団体などを攻撃、駆逐してもあまり意味が無い。自身のことと判断して足元を見直す行動も必要だろう。

それが出来るのは、人間だけ。

出来ない…というよりしないのは、もはや人に非ず、と非難されても抗弁権無し。

それでも、彼らに唯一できる償いは、もはや人柱だけだろう。

一度、大恥をかかなければ、駄目な状態に陥っていると考えている。ただ、それでも効果が期待出来ない危険性も孕んでいるが…。

さて、TRICKSTAR(もはや、スサノオより質の悪い騒動屋)については、8耐の参戦権剥奪は止む無し。ライダーは連座制(連帯責任)として短期的な処罰でもいいかもしれないが、そのほかは永久追放でも文句を言う資格はもはや喪失している。ダンロップは、当該2名は懲戒処分、モータースポーツからは永久追放でも軽いくらい。また、ダンロップ自体、8耐については参戦権を剥奪すべきだろう。当然、TRICKSTAR以外のダンロップユーザーには迷惑千万であるが、だからといってまた甘い処分(または無処分)にして図に乗られた日には、今後どのような愚行を繰り返すか考えただけでも恐ろしい。また、他のサービス隊に悪影響を及ぼす可能性を否定できない。

鈴鹿サーキット、というよりモビリティランドも、不作為の代償を払うべきである。安全対策を刷新、改善策を公的機関に審査して貰い、認可かが降りるまで全面営業停止が妥当と思う。


正直、アテにならないが、下記の企業、官庁に本Blogを提示している。元データが欲しい場合は、ここではなく、個別にアクセスした際の個人情報から請求願います。

伊賀流忍者博物館
シナジーフォース(後日郵送にて対応)
UCC
フジミ模型
RUN'A
螢ラー
螢イナックス
住友ゴム ダンロップ
日本コカ・コーラ
総務省消防庁
文部科学省
警察庁
※順不同、敬称略

上記以外に、Canon、日立オートモティブシステムズ蠅砲眈霾鹹鷆,垢詬縦蝓


追伸
経済上の都合が、人命より思いとは思えませんが。

※7月3日について、体調不良のためDNEとしました。故に状況は一切把握していません。悪しからず。(まだリハビリの状態で無理はできない)


vc25ssjun at 02:28緊急提言moto-sport この記事をクリップ!

防災意識

全てのピットボックスではないが、壁面に消化器を格納した赤い箱状の『移動式粉末消火設備』というものがある。その足元には、物を置かないよう、黄色のテープでマーキングされている。工場では消火栓などでお馴染みの様子である。また、非常警報ベルのスイッチが設置してあるピットボックスもある。

その現物が、これ。
_MG_0082
画角の関係上、上部は写っていないが、そこに物を置こうと思えば置ける構造になっている。が、注意書きの通り、御法度である。

しかし現実は…ご覧の通り。

_MG_0039
_MG_0071
_MG_0125
_MG_0132
_MG_0139


よく見ると、明らかにガソリンを入れているとおぼしきドラム缶がある。消火設備のすぐ傍に、これを置くこと自体、見識を疑わざるを得ない。万一失火したら、その消火設備は使えない。SuperGTや8耐などでは、常設の消火器とは別に、規定された容量の消化器を持参しなければならない。そちらの管理も疑ってしまうのは、果たして素人の邪推で片付けていいものだろうか。

_MG_0134
無限のピットでは、普段パドック側のシャッターを閉じているが、タイヤ等の出し入れの際には、どうしてもシャッターを開けざるを得ない。たまたま空いたところを押さえることができたのだが…タイヤで防災設備への動線が塞がれている。姑息な事をやっている分、印象は悪い方向に増幅する。『見られている職業』という意識、プロとしてのプライドが感じられない。

_MG_0012
IMG_0150

TSRのほうは、上に物を載せている時点でアウト。Team GREENは、黄色テープのマーキングにケーブルが乗っているのが気になるが、合否は微妙(無い方がいいのは当然)。それより、問題はテーブル、椅子の位置である。ここではたまたま誰も座っていないが、この場合、常時誰かが座っているものとして勘案するため、やはり動線を妨害しかねないという意味において、エントラントの防災意識の低さの証明でしかない。

_MG_0109
_MG_0114
こちらは、SuperGT公開テストでのピットウォークにて。小生も忘れてしまっていたのだが、ピットロード側にも常設の消火器がある。その付近に持ち込みの消化器を置くのはまだ判るとして、他の物を置くと、またしても動線の妨害にしかならない。

_MG_0120
こちらは、常設消化器の1つ。写ってはいないが、今年点検したことを示すマーキングがあった。しかし、底がここまで錆び付いていると、腐食による底抜けの危険性が疑われる。これ以外にも、直に置いている常設消化器は複数あるが、ケースに入れるなり、背面のフックを活用して壁にぶら下げて雨水に晒されるリスクを低減すべきではないか。

IMG_0160
少し見にくいが、パドックマーシャルのすぐ左側の路面、台形のような白い物体が確認出来る。限界まで拡大すると、影があり、若干浮いているような印象がある。小生は、気がついて間もなく(携帯の履歴より7月2日14:36)、SMSCに連絡、確認と回収を依頼したが、ご覧の有様。ゴミの類ではない可能性もあるが位置的に不自然。これを踏んでトラブルにならないよう、連絡したにもかかわらず、この有様では、信用しろというほうが無理。

_MG_4367
この手の話は、全く改善の方向性が見えない。これは8耐公開テストだったが、SuperGT公開テストでも、バイクで侵入した馬鹿者がいたらしい。小生は現認していないが、職員から聞いた話なので、先ず間違いないだろう。以前にも言ったと思うが、不法侵入と未必の故意による殺人未遂事案であると強く断罪する!!

IMG_0134
これはレースとは直接関係ない可能性はあるが、ホテル宿泊者用の駐車場。如何に鈴鹿サーキットの管理能力が欠落しているか、その証明である。大体、歩道が途中から駐車車両の前方から後方へ軌道修正している意味自体理解できない。どのみち、東海三県、とりわけ名古屋と鈴鹿の連中は、兎に角節操がない。こういう事案についても教育するのが、本来の姿のはず。



質問します。

あなたは、当然不条理な理由で、あなた自信が、あなたの大切な誰かが命を奪われたとしてその後の生涯を冷静でいられますか?

マザー・テレサのような生き方を掛け値なしに実践できるのであればいいのですが、さもなくば、心が病的に不感症かある種の殺人嗜好症かもしれません。

小生は、我慢できません。

家族のいない小生がこれだけこの先に怖さを感じているのに、あなたは本当に平気ですか?

vc25ssjun at 02:27緊急提言moto-sport この記事をクリップ!

良例

_MG_0136

先ずはこの画像を見ていただきたい。

撮影は6月28日、SuperGT公開テスト2日目。

この種のトランスポーターは、40フィートトレーラーをベースに製作されていると思う。基本は競技車両搬送用で、他に各種機材を積載して、拠点からサーキットへ移動する。ヘッド部分は切り離され、別の場所に駐車されている。これ自体は貨物用牽引車両といえる。

現場では、スタッフの待機場所、ある種のCICとして機能させるため、空調を設置しているケースが多い。この画像は、その電源用ジェネレーターにガソリンを補給しているシーンである。

特別な事はしていない。常識的な給油作業といえる。給油担当者は耐火服を着用(ヘッドギアもあったほうがなお善)、万が一に備え、もう1人が消化器をスタンバっている。

この画像を見る限り、一般より防災意識が高い、或いは十分な知識と行動力があると判断できる。

にもかかわらず、あんな愚行を平気な顔で行えるのか、不思議でならない。だから結局、褒めているのか、けなしているのか判らなくなる。


ところで、このチームの監督(オーナー)、喫煙については褒められたものではなかった。最近は反省して改善されているかもしれないが…正直望み薄。


vc25ssjun at 02:26 この記事をクリップ!

日本コカ・コーラへ…

8耐とコカ・コーラとの付き合いは、1984年以来途切れていない。一時期、スプライトを前面に出していたが、ここ最近は、コカ・コーラZERO発売以来、これを前面に出している。製品は、最近改良されたそうだが、正直出てすぐに試飲してみたら、酷く不味かったので、以降全く飲んでいない。かつてのコカ・コーラLightが結構好みだった反動もあるかと思う。

余談だが、PEPSIの同系の飲料も然り。最近、堂々とライバル商品を出して、自分たちの方が断然うまいと云わんばかりの、日本では珍しい手法のTVCFをO.A.しているが、全く期待していない。

小生が知らなかっただけの可能性もあるが、アクエリアスの炭酸バージョンがあったはずで、ここ数年見かけなかったので廃盤になってしまったか、と嘆いていた。ところが先日、久しぶりに陳列されていた。感謝!!ただ、あまり鈴鹿では売れないのか、取扱う店舗が刹那的に少ない。鈴鹿サーキットでも扱って欲しいのだが…。


本題に入ろう。

今となっては、8耐は、鈴鹿では2輪カテゴリーにおいて最大のレースイベントである。もてぎでのMotoGPと並び、日本最大級のレースイベントと形容しても問題無いだろう。

一時期の観客動員数からは程遠いが、その一時期がある種異常だったというだけで、今は概ね沈静化していると考えている。もちろん、子供の取り込みや底辺の拡充など、課題は山積しているのも事実だが。

しかし、近年、少なくとも鈴鹿サーキットでは、8耐を含む2輪レースイベントにおいて、極めてぞんざいに扱っている現実がある。

『そんなに2輪辞めたければ辞めれば?ただし4輪が継続できる保証は無いけど』といった旨の意見を出した事もある。

F1開催に特化したいようだが、そうは問屋が下ろさない。開催コストがべらぼうにかかる上、思いの外収支は大したことはないらしい。鈴鹿で商売をされている方の中には、『大騒ぎする割に経済効果は全く実感がない』と嘆く方も少なくないらしい。ただし、熱心なファンには関心させられる事も多いので、一概にどうこう言えないのも認める。

先ずはこの画像を見て欲しい。
_MG_01452014 8耐 第2回公開合同テスト タイムテーブル 嘘版2014 8耐 第2回公開合同テスト タイムテーブル 正解版
1枚目は6月28日の午後にようやくアップロードされた2回目の公開テストのスケジュール。相変わらずの箇条書きだが、アップロードが余りにも遅すぎ。遅延ではなく不作為または怠慢。2枚目は、それをタイムテーブルに起こしたもの。だが、28日に公開された公式テスト参加チームのエントリーリスト(PDF版)、親切にピット割まで記載してある…と思いきや、グループ分けの記載??30日にようやく気がついて、7月1日に確認に行くと、案の定、アップロードされた情報そのものが嘘だった!!

『嘘』という表現に違和感を覚える方にちと解説を。小生の経験だが、ソフトウェア業の一環としてドキュメント(仕様書、手順書)作成業務があった。そこで齟齬があろうものなら、クレームどころか契約不履行として扱われる恐れがある。これを『嘘』という。

エントラントには正規のものが提示されていたようで混乱は発生していないが、これは観客に対する反逆行為である。

正規版は入手したのだが、そのまま小生がアップロードするのも芸がないので、改訂したのが3枚目。一目で嘘が判るだろう。

小生は当日、ヘアピンから撮影を始めた。付近にいた10名程度の方に声掛けさせて貰ったが、知り合いのチームから正しい情報を入れていた1名を除き、やはり事情を知らなかった。走行が開始されて、初めて異変に気がついた方(先の10名とは別)もいらっしゃったくらいだ。事情を説明して差し上げたら納得していただけたが。

初めて観戦される方にとっては、これ以上の侮辱は無い。

そして、これは大会冠スポンサーたる日本コカ・コーラ社に対する背信行為である。

小生がスポンサー契約の破棄を具申するに至ったのは、喫煙や安全管理のみならず、こういった不貞を犯し、且つ一切反省の色を見せない連中に、合法的に鉄槌を下すためである。また、万が一の際に連帯責任を負わされるのを防ぐ目的もある。

もし、エントラントに同様の処遇を行っていたら、間違いなく走行どころではなく、モメる。

考えてみれば、以前運営上の不手際で65分間もの中断をエントラント、観客に押し付けときながら、一切の謝罪が無かったので、もはや体質というべきだろう。

しかも、SuperGTの公開テストについては、6月27日〜28日の開催に対し、6月16日にはタイムテーブル、ピット割当表、エントリーリストがいずれもPDF版でアップロードされていた。

これを差別と云わず、何という?

ヘイトスピーチ的言動』『テロ的思考』…正解。

エントリーリストについては、どうしても流動的な部分が否めない関係上、ある程度の情報で校了させ、アップロードしていいはずだ。エントラントの作戦或いは都合ということだが、それについてはサーキット(オーガナイザー)には責任がないし、観客にも丁寧に説明すればいい話なので、言い訳にはできない。

本番でさえ、最終的なエントリー受付まで確定しないし、予選の状況によっては決勝のメンバーが変更になるケースも発生している。それについて、修正版のプリントを付ける事はあっても、プログラムにフィードバックできないのも、不可抗力である。

しかし、今回の処遇は、公平性、倫理観、常識から鑑みて。看過できるレベルの話ではない。しかも、今年たまたまではなく、常套化しているので問題の根は深い。

だからこその、撤退具申である。




6月8日の第1回公開テストは体調不良でDNE。しかし、今回同様杜撰だったと考えるのは至極当然。


vc25ssjun at 02:25 この記事をクリップ!

July 31, 2012

testamento















………………。



















vc25ssjun at 00:15 この記事をクリップ!

July 30, 2012

絶望…

2012年の鈴鹿8耐、終了しました。

小生は全く現場には行きませんでしたので、リザルト等はHPでご確認願います。

リザルトを見る限り、結構混戦気味だったようで、土壇場でのドラマも。

#15のEFは34位、#903Noizは20位、#34熊本レーシングは14位、#096のくまモンは42位で、ここまでが完走。#12ヨシムラと#01トリックスターは、フィニッシュライン不通過の模様なれど周回数の関係で完走扱い。

大変だ!高橋巧、ついに連続表彰台潰える!!…その悔しさは是非全日本、来年に!!!


皆様、ご苦労様でした。



正直に、無事開催、終了して、ほっとしています。


来年に期待(来年こそは4年振りの完全フル参戦を!!)…と云いたいのはヤマヤマなれど………。






先の愚行に関し、一応メールでの回答はあった。

しかし、その内容は、絶望以外の何物でもない。.



森永製菓蝓,客様相談室 管理番号:2012-07-311


** ** 様

時下ますますご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

本件、【http://blog.lovedoor.jp/vc25ssjun/】のことかと存じますが、
お調べ致しましたところ、写真のエリアを自転車で走ってはいけないとのことで、
ご連絡いただきました件につきましては、代理店経由にて、
急ぎ注意喚起を致しております。

ご不快をお掛けして申し訳ございませんでしたが、
何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。




本田技研工業株式会社 お客様相談センター

** **様

Hondaお客様相談センターの島田と申します。

Hondaウェブサイトをご利用頂きまして、ありがとうございます。
メール拝読させて頂きました。
メールでのご回答が遅れて申し訳ありませんでした。

ご指摘の鈴鹿サーキット運営上の問題につきましては、貴重なご意見として
既に、7月23日に鈴鹿サーキットの関連部門にお話をさせて頂いております。

今後もホンダへの変わらぬ御支援、宜しくお願いいたします。


<以上2件、原文そのまま転載、小生の本名は隠させていただきました>

鈴鹿サーキットからの回答は、全く無し。

ついでに、レグネクト事案として通報した機関、全くといっていいほど、動き無し。



完全に他人事である。

要するに、連中は死体を要求している、と判断した。

事実、各社の関連HPなどで、これを取り扱った記載は全く無い。つまり、小生以外は何の事情も知らない、いや知らされないという事態。

ちなみに、このチームの日本人選手(外国人選手については小生の語学力が無い為に頓挫、反省)にも、彼のBlogにて発信してある。が記載は削除され、反応は全く無い。

つまり、ドライバーでさえ、この事態の深刻さを理解しようとはしない。

重症である。いや、故意である以上、テロと同等の思考。

この日、菅生でもGTが開催されていた筈。同等の愚行が無いことを望むが…。



こうなると、強制力の発動にしか頼るものが無い。

現時点で最悪一定期間の閉鎖命令が出た場合、来年開催されるべき8耐が、無事で済む可能性は極めて低い。

永久追放の可能性さえ、否定できない。

発動のきっかけが何であれ、一度発動した場合、小生はおろか、国連事務総長やローマ教皇でさえ止められない。また、関係者が切腹したところで、敵前逃亡と罵られるのが関の山。



この問題は、特定のカテゴリーやエントラントなど、一部の何かがどうという問題では無くなってしまっている。

このBlogが役に立つかどうか、正直自信が無いが、誰かが発信しなければ、最悪の事態はは間もなく現実となろう。


学校内のいわゆる"いじめ"問題も、初期段階でケアしなければ、重大な結果に結びつくと云われている。これとて同じ。



しかし、少なくとも小生の目前にあるのは、絶望だけ、である。

希望は、全く無い。

生贄を用意することは、絶対に許されない。

まして、それが子供であった場合、非難では済まない。撲滅であっても、釣り合う事は無い。




誰でもいい、気がつけ!!!

vc25ssjun at 00:13moto-sport緊急提言 この記事をクリップ!
Profile
Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)