ダーツようごをおぼえるダーツでは独特の言い回しがあります。



それから「ぐるーピング」もよくつかう言い回しのひとつです。



ダーツがとくてんえりあから外れることで、この場合はもちろんとくてんはありません。



このことからも、上級者の上達度がいかに高いかをうかがい知ることができるでしょう。

すぐ届く格安かぶり方ウイッグおすすめ通販

今では1試合に3点いじょうとくてんすることへと意味がかわり、ダーツにおいては1セット中3本ともブルに当てることを言います。



「キャッチ」もそのひとつで、狙った場所以外に当たって得た点数のことをさします。



プレー中に時折きかれるのが「アウトボード」です。



1セット投げた時にダーツがちかい場所に集中してあたることがありますが、そのじょうたいをさしています。



とくてんに関しては、いくつもの言葉があります。



本来は、野球に似たルールのクリケットで3球で3人の打者をアウトにすることをさしています。



しょしんしゃではキャッチはしばしば起こることです。



上達してもちょっとしたことでキャッチしやすいので、ハイスコアがねらえるように、出くるだけキャッチはおこさないようにれんしゅうすることがだいじでしょう。



サッカーなどの球技ではおなじみの言葉です。



上達している方にけっこう、ひじょうに高い技術が必要とされます。



他にも、特定の条件での点数や状況を示す言葉も多く、最初は意味がわからず戸惑うことがあるようです。



きょうぎかいなどのハイれべるな方が集まる場では、みごとにぐるーピングをきめるプレーヤーが多くいます。



似たような状況の言葉には「ハットトリック」があります。



呼称などをすこしずつおぼえていけば、ダーツへの興味が一層広がるでしょう