ブログネタ
Jリーグ!! に参加中!
第17節広島戦の「なんだりかんだり」(宮城弁で「いろいろ」というような意味)の1回目です。
CIMG3758


勤務時間終了後5分でユアスタに向けて出発!
試しに長者原スマートICから東北道を利用。
なんと、36分間でいつもの駐車場にIN!
たぶん新記録達成。

スタジアム北側では、大崎市岩出山町物産展開催。
CIMG3743
テントのすぐ脇に岩出山出身のSさんがおりご挨拶。
チケットの前売り状況を聞くと、今日は1万3600枚出ており、平日としては上々とのこと。
この後降ることが確実な雨がどう影響するか心配していらっしゃった。

広島サポーターのみなさん。
CIMG3762
遠い宮城まで足を運んでいただきありがとうございます<(_ _)>
来ていただき、お金を落として行っていただくだけで被災県・宮城が前に進むチカラになります<(_ _)>

試合開始時のスタンドの様子。
CIMG3759
CIMG3760
CIMG3761
CIMG3763
観客数は11,755人。
今シーズンのリーグ戦では、最低の入りとなってしまった。
それでも今節全カードで3番目に多かったらしい。

昨年のリーグ戦ホーム9戦目となった第19節鳥栖戦(7月28日(土)18:30キックオフ )は14,611人。
夏休みだったのに少ない。
なるほどロンドン五輪期間中だ。
そして、なでしこジャパンvsスウェーデン代表という好ゲームと、思いっきり時間が被っていたのだ。
その鳥栖戦よりも約3千人も減とは。。。
平日開催でなければなあ。

クラブでは、トップチームの2013シーズン年間入場者数を33万5000人以上と設定している。
設定以上の入場料収入があれば、それだけクラブ全体の強化に繋がるのだ。
逆に設定以下であれば、「選手のサラリーにも影響=他クラブへの流出」もやむを得なくなる。

今シーズンホーム11試合の観客動員は、
前回まで15万6396人(平均約1万4217.8人)+広島戦11,755人=16万8151人(平均約1万2934.7人)
33万5000人−16万8151人=16万6849人
残りホーム8戦で割ると、平均約2万856.1人で目標達成。。。

昨シーズンのリーグ戦9試合+カップ戦4試合の観客数は、
第1節 鹿島戦 18,250 人
第3節 大宮戦 11,831 人
第5節 磐田戦 13,147人
第7節 FC東京戦 17,192人
第10節 清水戦 18,525人
第12節 名古屋戦 16,317人
第14節 札幌戦 13,554人
第16節 広島戦 18,722人
第19節 鳥栖戦 14,611人
ナビスコカップ第2節鳥栖戦 7,236人
ナビスコカップ第6節セレッソ戦 8,638人
ナビスコカップ第7節磐田戦 9,865人
ナビスコカップ準々決勝F東京戦 8,873人
  計 → 17万6761人
  平均 → 1万3597人

昨シーズンと比べ、合計で9,912人減。
オフの主力選手流出は、なんとか阻止したいもの。
会場未定になっているが、浦和戦(11月10日、日曜日開催!)が両クラブACL敗退により宮城スタジアム開催だから結構入るはず。
というか入ってくれないと困る。

宮城スタジアム開催の浦和戦に3万人入ると仮定すると、ユアスタ開催ゲームは平均何人入ると良いのか計算してみる。

16万6849人ー3万人=13万6849人
13万6849人÷残りユアスタ開催7戦=平均約1万9549.9人!!!
あらら。
目標達成は難しい。
おかしなあ。
前回調査時と何かずいぶん違うぞ。

再計算したら、前回の計算が間違えていたことが判明しました<(_ _)>

ユアスタでの残り対戦クラブは、
川崎、鹿島、セレッソ、大分、マリノス、名古屋、清水
少しでも目標に近付けたい。

次回ホームゲームは、8月3日の川崎戦!

昨シーズンのリーグ戦ホーム10戦目となった第20節マリノス戦(8月4日(土)18:34 キックオフ)は17,935人も入ったのか。
マリノスサポが2000人も来てくれたのだ。
故松田直樹さんの一周忌かあ。
川崎戦も、なんとかこれくらい入ってほしいなあ。

あとはリーグ戦賞金と天皇杯優勝賞金1億円ゲットを目指すしかないな。


今晩は東アジアカップ男子の第1戦となる中国戦。
ザックのことなので、たぶん3戦とも俺達の林の出番は無しとみる。
それでも(使ってもらえるかもしれない)というわずかな希望を持ってTV観戦したい。 

最後までお読みいただきありがとうございました!クリックのご協力をお願い致します!3つともクリックしてくれたらあなたはKINGです!
         ↓               ↓            ↓ 
�����祉��������井�� ��泣�������若������ �����������推����違�� 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン