素食マクロビーガンのしるし。

中学生の頃、大好きな英国の音楽家が菜食主義でした。 10代後半に英国で、veganの人達と交流し、度々vegancafeに行きました。  20代半ば位に、牛を食べる事に違和感を感じました。 色々な国でベジタリアン達や店に出会い影響を受けました。 そして2009年、動物性の食材食品は不摂取。 動物性・動物実験の化粧品・身の周り品の使用、出来る範囲で心掛けてます。 台湾素食です。マクロビオティック玄米菜食主義です。 クシマクロビフードコンシェルジェです。 ベジタリアンの種類はVegan・ビーガンです。 何を食べてるのか、食べるものあるんですか。など色々言われます。 結構あります。好奇心が騒ぎ、かなり楽しんでます。 最近は、一日一食から1.5食平均です。 小麦と糖質も、減ってきてると思います。 日常の行動範囲は東京、神奈川。 年1~2程度アジア徘徊。 現在渋谷区在住、仕事場は新宿区です。

July 2011

赤福氷 夏季限定 本店にて。

 

2週間ほど、旦那さんの実家の三重県と、和歌山県そして奈良県に行って来ました。食事事情ですが、旦那さんの実家では私がご飯係なので、お勝手はフリーダムで大変助かってます。なのでここは問題なくクリアなのです。

が、お伊勢参り~熊野古道~奈良観光では行き当たりばったりだったり、いざとなったら蕎麦屋と言う考えだったり、vegan玄米菜食の店が東京より、日常より少ないので多少の苦労はありましたが、楽しかったです。

三重県~和歌山県の熊野灘は魚の宝庫です。ペスクタリアン(魚介OKの菜食主義者)には天国です。(あ、この辺はマグロも有名ですが鯨も有名です。鯨は哺乳類なので注意です。)旦那さんはペスクタリアンです。
旦那さんがお昼に魚の店でご飯の時、私は玄米おにぎりか東京から持参した天然酵母のパンをかじり、和菓子を食べてました。 ここら辺はveganには厳しい場所でした。
ここら辺で有名な「めはり寿司」が鰹節を使ってなかったら食べれたのに。と悲観。。。

奈良は精進料理屋、豆腐屋、マクロビオティックの店など探せばありました。後ほどUPします。

白飯の寿司野菜系
三重奈良近辺の名物、美輪そうめん
数々のこの辺の和菓子

これらをいただいてしまいました。と言う反省。
veganとしてはOkayですが、マクロビオティックでは玄米菜食と甘味料の制限。今回食したあんこ達に使用されてる甘味料、全て未確認です。せめてグラニュー糖であって欲しいと願います。

参考までに↓
 上白糖 害

奈良はまだまだ、また訪れたいところです。

IMG_2491新鮮で、オーガニックで、無農薬減農薬など、質の良い野菜達なら蒸していただく方が、ビタミンやミネラルなどの栄養素が壊れにくく人間の身体に取り入れられるとの事なので、蒸していただく事を、なるべく心がけております。

野菜達本来の美味しさにも気づかされます。みずみずしさと甘味が引き出されるんです。

味付けなどは塩か、生醤油か、ソイマヨか、麦味噌をつけたりして頂いてます。

その季節ごとの旬の野菜達を蒸して頂きます。蒸し野菜はオールシーズン飽きません。

このページのトップヘ