素食マクロビーガンのしるし。

中学生の頃、大好きな英国の音楽家が菜食主義でした。 10代後半に英国で、veganの人達と交流し、度々vegancafeに行きました。  20代半ば位に、牛を食べる事に違和感を感じました。 色々な国でベジタリアン達や店に出会い影響を受けました。 そして2009年、動物性の食材食品は不摂取。 動物性・動物実験の化粧品・身の周り品の使用、出来る範囲で心掛けてます。 台湾素食です。マクロビオティック玄米菜食主義です。 クシマクロビフードコンシェルジェです。 ベジタリアンの種類はVegan・ビーガンです。 何を食べてるのか、食べるものあるんですか。など色々言われます。 結構あります。好奇心が騒ぎ、かなり楽しんでます。 最近は、一日一食から1.5食平均です。 小麦と糖質も、減ってきてると思います。 日常の行動範囲は東京、神奈川。 年1~2程度アジア徘徊。 現在渋谷区在住、仕事場は新宿区です。

August 2011



数日前、茨城の納豆の売り上げが落ちてると聞きました。放射能汚染の影響と思われます。と、世情も書いておきます。

私は納豆好きです。だけど最近、市販のおかめ納豆とか食べてないです。ある日ものすごーーーく。「ニセモノ」って思ったからです。あの中に入ってる味付き醤油も苦手です。

シッカリと、ホンモノの納豆を生醤油で頂いてます。

ここ数年、美味しい納豆を追求するようになり、たどり着いたのが「高橋商店の納豆」でした。
神楽坂の蕎麦屋のご主人からおススメ頂き、それから私が消費する納豆80%以上は高橋商店の納豆になりました。
西新宿に工場があり、西新宿4丁目のampmに卸されてたので、それを購入してました。

しかし1年半位前でしょうか、高橋納豆もampmもなくなってしまいました。Web検索しても情報がなかったので、工場に行って聞いてみよう!と直接訪ねに行きました。
アポなしで伺って失礼しましたが、高橋さんご本人にお会い出来て感激。お着物をカッコ良く着こなし粋な江戸っ子のおじちゃん。すっかりファンに。

工場の老朽化と共に、生産も止めたのだそうです。建て直し継続するには手続き認可等、困難なのだそうです。
でも食べたいよう。と、ダダをこねたら(笑)高橋商店の納豆の技法を引き継いでいる「東京納豆」があるから、そちらをよろしくね!と東京納豆のパッケージを下さいました。

パッケージの連絡先に問合せし、東京各地の卸先を聞きました。卸先殆どお豆腐屋さんです。その時は、速攻一番近い北新宿のお豆腐屋さんに行き、まとめ買いしました。

東京納豆のパッケージには、高橋商店継承と記載有り!

豆が元気で艶やかです。納豆菌もイキイキしてます。生きているホンモノの食感です。ちゃんと引継がれてます。

新鮮なお豆腐や油揚げと美味しい納豆、ほんと飽きません。

この美味しさに巡り会う事が出来た幸せに感謝です。ありがとうございます。


IMG_2733












台湾土産の代表的なお菓子といったら
パイナップルケーキだったりしますが、
veganや台湾素食人は食べません。。。

しかしそこは台湾です。
台湾素食人向けのお菓子は街中で沢山販売されています。

そしてこちらの画像は台湾のお土産。
アジアングルメお仲間さんにいただきました。

黒熊印の日本語表記で玄米ロール。

さくさくした奴です。大きさといい食感といい、
優しい味バージョンのうまい棒です。

IMG_2737











Natural Snackと、表記がある様に、
化学調味料な味付けではないので、
さっぱりとサクサクあっという間に食べれてしまいました。

美味しかったです。憶えておいて次につなげよう!


IMG_2728 ヴァダ(豆のドーナツ)と、ダバインディアのミールスです。
南インドの代表的な食べ物です。

インドから帰国し、日本で南インド料理屋に数件行きましたが、やはり味がインドと微妙に違うんです。 (他国の日本食レストランが日本のそれと味が違うという奴です。)

 国土風土の違いは仕方ないです。にも関わらず、やはりダバインディアはかなり忠実に南インドだと思います。

IMG_2731東京は、ここ1~2年で南インド料理の店が続々と増えております。
片っ端から食い倒れたいです。南インド料理が大好きです。

IMG_2873 ぬか床は、この画像を最後に死んでしまいました。。。

7月、3週間位冷凍庫に入れて 長期不在にしました。
その際に乳酸菌が何らかのショックにより活動停止したものだと思われます。

8月上旬、人参と胡瓜を入れたものの反応なく、 味もスカスカで生きていない感じ。

冷蔵庫から常温に戻したにもかかわらず、
やはり反応がなかったのです。

見た目も臭いも腐敗も無し。
永遠に活動停止と判断しました。
なのですべてサヨナラしました。。。

今のぬか床はまっさら。収納しております。
次回はいつ再開しようか、
その時が来たらまた記します。

持続期間は、およそ一年間でした。

酒が好きです。珈琲が好きです。

午前中は珈琲を飲みます。夜はお酒です。
ビールは殆ど呑みません。個人的に苦手で身体が受け付けないらしく、ビールを飲むと度々貧血になります。

身体を冷す・温める飲み物、両方があります。その時の調子や体調等でうまく付き合う様にしてます。

午前中、寝起きに珈琲2杯頂いてます。覚醒作用と利尿作用で、私には朝のデトックスに欠かせない飲み物です。目覚めスッキリ胃腸スッキリなのです。

そして珈琲は南国の飲み物です。身体を思いっきり冷やします。ホットでもアイスでもどちらでもです。
私はホット珈琲しか飲みませんが、それでも身体を冷すのです。アイスコーヒーを飲んでいる世の女性陣、冷えにはホント気をつけて下さい。

個人的に、カフェインは午前中なら良いんじゃないかと思ってますが、あくまでも個人的な意見です。
なので我流ですが、珈琲はぎりぎり午後16時ごろまでと、大方一応決めております。(数年前までは寝る直前まで頂いてましたが)珈琲を16時ごろまでにすることで、寝起き目覚めが良くなったと思います。
夜に珈琲が飲みたくなったら「INKA」と言う穀物珈琲を頂いてます。ソイラテにしております。さほどなんちゃって感は少なく、珈琲の様で美味しいです。

あと、ビールですが、これもまた身体を冷す飲み物です。確実に内臓を冷します。冷すという事は内蔵機能・免疫力を低下させる事に繋がると言われてます。メタボリックとか痛風予備軍と言うキーワードに引っかかる方々はビール大好きだという方が多いと思います。。。夏は暑いので、身体を冷しても良しとして。。。でも気をつけて。

私はここ数年、晩酌はワインか、ルイボスティーを好んで頂いております。オーガニックワイン、またはワインのみを徹底してイタダクと次の日に残らないし、女子力を上げてくれるので(はてどうでしょうw)赤を好んで良く頂いてます。

ルイボスティーは、ノンカフェインでミネラル豊富な飲み物なので、妊婦さんや老若男女多く支持され飲まれている紅茶です。これが癖がなくて沢山頂けてしまい美味しいのです。カシスルイボス・ロイヤルソイティーなどにしていただくのも美味しいです。

で、結局のところ、30歳半ばを過ぎたら身体を気にしましょうと。カフェイン、アルコール・ビールの過剰摂取は芳しくないです。身体を労わってほどほどに。若いうちは回復力は早いけど、中年以降は見た目若くても、内臓は年相応かそれ以上だからね。というお話でした。

このページのトップヘ