昨日、安曇野の「三郷サラダ市」に行き産地のものを買いました。ここは「道の駅超地元民編」と勝手にキャッチコピー。

近くには「堀金の里」豊科方面には「プラザ安曇野」、豊科インター付近にも、観光バスがどんどん入る、お土産物屋があります。これら数件は商品の種類も豊富です。蕎麦や定食やコーヒーもいただける食堂などありますので、もしお買い物されるなら最初はこの辺に訪れたいところです。



三郷サラダ市ですが、昨日の時点で、林檎の「サンふじ@安曇野産」がありました。そして梨は「幸水@安曇野産」です。しかもそれらは「わけあり商品」(不揃いやキズなど)と言う事でお安く販売されてました。

吟味させて頂き購入。10キロ用の箱を購入し、商品を箱に詰めるのはセルフという上級者編w
「林檎は下で梨が上にすると良いですよ。」とアドバイスを受け、信濃毎日新聞を使い丁寧に梱包作業。林檎と梨とぼっちゃんかぼちゃと夏野菜、真空パックの安曇野米の発芽玄米。今朝の午前中に届きました。

早速ですが、林檎と梨を真っ先にいただきました。林檎は鮮度が良い。しゃきっと程よい甘さで美味しい。梨はみずみずしくて甘い。大当たりでした。

マクロビビーガンとして気をつけるべき点ですが、大体のこういうところは、表記されてない限り無農薬や減農薬ではないと思いますので(某JAに出荷するよりはるかに低いでしょうけど)自己責任でチェックして下さい。

IMG_0510



画像は去年11月25日の常念岳です。安曇野の霊山です。素敵です。昨日は台風の影響で雲だらけで拝めずでしたけど、11月の雪化粧を、是非見に行きたいと思います。


IMG_2503

そして、この三郷サラダ市に、「テンペ」が販売されてるのです。画像はもう食べちゃった後のパッケージ。去年の10月訪れた時のものです。住所が三郷温なのです。ここから近い。
お味はさっぱりしているいわゆる日本のテンペです。食べやすいので、この辺の人達にも受け入れられているのでしょう。煮大豆をテンペ菌で発酵させたものです。納豆に近いものがあります。



余談ですが、6月にお土産で持ってきてくれたマレーシアのテンペは鼻が曲がるくらいテンペ臭かったです。
次はインドネシア時代から大好きなテンペの事を記したいと思います。