2007年01月19日

営業

私は、今は製造業ですが、転職前は営業をやっていました。

営業職は、2社経験しました。いずれも毎日飛び込み営業です。つまりは毎日新規開拓。

一社目では、とにかく商品を持ち歩いて毎日毎日歩いて営業、営業車などというものは与えられなかったので、移動は電車やバス。

一体一日何キロ歩いたかわかりません。

そんなある休日、近所に住んでいる、まだ大学在学中の後輩が遊びにきまして、私の足の裏をみせました。マメが何度もつぶれ、皮がむけ、血が滲んでいた足を見て、そして、かなり痩せて、ゴミをあさってなんとか生きている野良犬みたいになってしまった私を見て、その後輩は、私はいずれ死んでしまうのではないか、と心配してくれました。
二つ目の会社でもやはり、飛び込み営業でした。この会社では、原付、たまには車も使わせてくれたので、その点では良かったのですが、やはり物が売れず、毎月始めの営業会議で、社長から罵声をあびせられ、個人攻撃が続くわけです。でも、当時の上司、課長、部長が私をかばってくれました。でも、これ以上上司に迷惑をかけられないのと、やはり私は営業には向いていないと悟り、退職しました。今でも、当時の上司の方々ては、なかなか会えませんが、年賀状のやりとりはあります。結婚式にも出席していただきました。

だから、営業とは、厳しい職種だと、私は良くわかっています。

今の会社の営業は、最近業績不振のため、やっと新規開拓を始めました。まあ、それなりに新規の客からの仕事も増えてきました。

新規の客から仕事をとってきて、そのまま客を定着させるのが一番上手なのは、元信金の支店長だった営業の人です。

まあ、きっと支店長になるくらいだから、いろいろ営業で努力、苦労した事が、今の会社に生かされているんでしょうな。

また、過去のブログにも何度か話題にしている75歳の成型屋さんも、仕事をとってこないと生活出来ないから、毎日毎日新規開拓をしたそうです。

私も、挫折はしましたが、新規開拓の営業をやっていた事もあり、その75歳の社長と話が合いまして、そういう事もあり、先日紹介したような言葉を頂けたのだろうと思います。

でも、その社長は、こうも言ってました。

あんたの会社の事はわからないが、でも会社では、いろいろな部署があるだろうけど、あんたがやったことがない部署の批判はしてはいけないよ。あんたには、楽しているように見えるかもしれないけど、みんなそれなりに苦労しているんだから。

うーん、ずっしりきました。言われてみれば、確かにそうそうだ。すなわち、つまりそれは、「豚野郎を総攻撃してもいい」という事でもあるわけです。

では。

veguile at 22:09│Comments(2)日記 

この記事へのコメント

1. Posted by 極真   2007年01月20日 11:27
営業と製造を何年もやってきたから両方の目で見れるのですね。私は営業しか経験しておらず、最近製造業のコンサルをやるようになっていかに自分が製造現場を理解していないのかを実感させられました。残業にしても、営業の残業と製造現場での残業は全く違います。肉体的疲労が違うのです。だから水槽人間さんが体を壊したのも無理ないです。もっと製造業を勉強しようと思う今日この頃でした。
2. Posted by jiji   2007年01月21日 22:09
営業が嫌いで苦手だと自分で思っているワタシにとって、目からウロコの話でした。似たような事は重なるもので、ほかにも話があるので個人ブログに載せます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ