ご無体ドキュメント・お庭番の囁き

SM自虐系読み物サイト・『ご無体ドキュメント』 作者からのお知らせや雑感をつらつらと

2006年06月

一人の不安3

0adf0628.jpgどうでもいいことではあるが、
日本は海外に対してメイド外交をおこなっているとか
とかく外交がヘタである。
その理由に、日本人は遠くから来た人は絶対途方に暮れていると思う症候群にかかっているからだ。
とくに私も含め、だが。
あまり外へ出たがらない人間は狭いコミュニティに養護された生活を知らず知らずのうちに過ごしている。

私の母(美容師)がまさにそれだ。
私が20代前半の頃、髪を切って貰うため店に顔を出してみると見覚えのない絵が飾ってある。
それは絵はがきサイズで、まぁまぁ綺麗なデザインであり、更に手書きの水彩であった。
「これどうしたん?」
「ちょっと前に外国人か売りに来たんだけと、3枚で3000円っていうのよ」
「高い・。かな」
「でも、おまえと同じくらいの歳でさ、遠い国まで来て絵を売ったりしてるの見るとさ、おまえが海外でこんなことしていたらかわいそうだろうなぁって置き換えちゃってさぁ」
「・・そっかぁ」
「たいしたもんじゃないって分かってるけどさぁ」
「・・ふむん」

これだ。
たとえば、自分や家族が遠い外国に行ったら、「途方に暮れる」に違いないと理解している。
そしてそれを遠い国からやってきた人にもその狭い視野で当てはめてしまう。
この若い外国人は既に10カ国以上を渡り歩き、全世界でヒッピー生活を謳歌しているグローバルな奴かもしれないのだ。

日本国内はほぼ、全エリアにおいてコミュニティが形成されており、そのコミュニティに遠くから近づく者には心配して手厚く賄ってやり、
自分が遠い地で困ったときはきっとコミュニティが助けてくれるという甘えも許容される。

コミュニティに慣れすぎた人々は、コミュニティから外れてしまった人を「途方に暮れた人」として見、それをたいへん不安に感じ、自らのコミュニティに含めてやろうとする。
ある意味母性愛に満ちた行動ではある。
たとえば、東京のような心の砂漠地帯でも近づいてくる地震について、何が最も不安要素かを、何が本当に怖いのかをイメージさせてみるときっと以下のようであろう。
「がれき地帯に取り残されまたは、閉じこめられ、だれとも連絡が付かない事が不安」
「家族がどこかで一人になって寂しがっているのではないかという不安」
この2つが最終的な災害時の不安になるのではないか。
突き詰めてゆけば、全世界共通の不安、「人は一人では生きてゆけない」に繋がることなのかもしれない。
しかし、日本人の長きにわたるコミュニティ生活は、現在言われる人々のコミュニケーション不足より遙かに深く根付いた独特の感性なのではないかと思うのである。

いつかSMは淡泊に そしてイメージに 暗黒面に(^_^;)1

41c5879c.jpg最近色物にご無沙汰なせいか縛ったりなんだという作業がとても面倒に思えてしまう。
疲れているんだなぁと感じる次第。
そんなとき思い出すのが遙か昔にとても感じたプレイだ。
それはまさにイメージプレイと言うべき双方の妄想力が非常に重要なものだった。
M性のある人間ならそのあたりは心配ない。M的妄想のシナリオを考え、説明的にならないように話し、イメージを伝える事が出来ればへたな邪魔をしない限り絶頂まで導く事はたやすい。
おそらくM的妄想のキーワードを自分自身も分かっているからすぐに共有して貰えるのだろうと思っている。
この時もそうだった。

彼女が女子高生の頃にガラの悪いことで有名だった近くの男子校の名前を聞き出し、その工業高校を舞台にして話は始まる。
彼女は目隠しだけを身に纏う全裸でベッドに横たわっている。
暗闇の中、高校時代を思い出しているはずだ。
彼女はこれからその男子校で教材にされる。授業は保健体育だ。
説明的セリフはわずかこの程度。彼女は自分の役割を脳内で組み立てて被虐の女子高生に心を変えてゆく。

私は男子校の教師になりきる。彼女は今大きなテーブルに載せられ名前や生年月日、学校名、体のサイズとあらゆる個人情報を教室の生徒達に細かに紹介される。
学生たちは固唾を飲んで同年代の女子高生の裸体を食い入るように見つめている。
私は事務的に彼女を仰向けにし、両手両足を大きく広げた。
「あぁん」と声を上げ羞恥に身を捩るなりきり女子高生。私は気にせず手足をしっかりと広げさせた。
それではこの娘を使って女性の体を詳しく説明します。君達もこれからカールフレンドとHすることもあるでしょうから良く聞いておいたほうがいいですよ。
さて、全身を見て分かるとおり男子の体とは違い、全体的に柔らかなラインになっています。第二次性徴を過ぎると女性ホルモンが分泌されて男と決定的に違う特徴を持ち始めます。
それが乳房です。ふむ……この大きさは17才としては十分な発育です。
乳房は大半が脂肪で出来ていて中には乳腺という母乳を作るブドウの房状をしたものがいくつか集まっていてそこから乳頭に向かって乳管が通っています。
君、さわってみてください。筋肉組織が無いためお尻と全然違う感触ですね。乳頭の周りの部分は乳輪といい、よく見るとポツポツとしたものがありますね。
これが乳輪腺といい発情するといやらしいフェロモンを分泌して男をHな気分にさせます。
ほら見てください、発情してきたみたいですよ。授業中だというのに変な気持ちになってるみたいですね。
さて発情すると乳首がこのように膨れて固く立ってきます。だれか触ってみなさい、ああ、あまり強く摘まないように。
体を跳ね上がらせて感じる彼女。口は開きっぱなしではぁはぁと荒い呼吸になっている。
次に女性器を見せるからみんなこっちに集まって、よく見える場所で聞いてください。
女性にも陰毛が生えていますがこの娘はかなり薄いですね。陰毛のあたりに丸い丘のような場所があり、恥丘と言います。軽く叩くと中に骨があることがわかります。
これは恥骨です。その下にあるのが性器です。今は大陰唇が膣口や尿道を保護するために閉じていますね。これを開いてみましょう。
「あっいやっ」と声がするも無視して作業を進めるが、自分もホンキで興奮してしまい指が震える。
あぁ、透明な液が溢れ出しましたね。これは膣分泌液ですね。愛液やラブジュースと言われます。
性的に興奮すると膣に異物を受け入れやすいように分泌されるオイルのようなものです。
それでは中を説明しましょう。大きく広げておいてください。彼女の腕を取り、自分の指であそこを開かせる。
ここはクリトリスです。包皮に隠れていますので剥いてみましょう。女性器の最も敏感な部分ですからこのように愛液を指にすくってから触ります。
「ああっあああっ」このようにとても敏感な部分です。では誰か触ってみてください。

こんなコーヒーポット氏の催眠SEXのような実験的イメージプレイを続け、粗野な男子生徒がめちゃめちゃに掻き回してしまう膣内触診で達し、最後には床に四つんばいにさせてクラス全員のセックス練習台となってもらう宣言をするとそれだけでビクビクッと濃い液を溢れさせてイッてしまった。

なんか年寄りのSMってこんなんだろうなぁと今更ながら思い出したのです。

キミ!トイレでオナってはいけませんよ。

忙しいというのに疲れなど忘れてついつい電車で書いてしまう長文駄文・ライティング・ハイ……
ぷろふ
veil
女性の自虐オナニーにたいへん萌える男。




QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ