2018年04月23日

神戸の南京町

南京町(神戸市中央区)

  私の地元は、東武東上線の沿線なのですが、東上線に相互乗り入れする東京メトロ副都心線が、さらに東急東横線、みなとみらい線と相互乗り入れする様になって(平成25年3月)、

 それ以降、横浜の元町・中華街に乗換えなしで行けるのは画期的な出来事で、上り電車の行き先表示に「元町・中華街」と出る様になりました。

 それがいつも私の頭にあって、少し強引な理屈の様な気もしますが、神戸に行っても「元町」や「中華街」(南京町)があるのには親近感を持ったものでした。

 東西日本を代表する港町の共通点が多くありますが、まず思い付くのがその点です。

 私は3年前に初めて南京町に行って、昨年(平成29年)9月(画像はこのとき撮影)は3度目の訪問でした。

 3年前は横浜中華街にも行っていて、1年のうちに日本の3大中華街のうちの2つに行ったことになります。残りのもう1つは長崎市の長崎新地中華街ですが、残念ながらまだ行けていません。

 どちらかと言うと、横浜中華街は高級な店舗から庶民的な店舗まで幅が広いですけど、南京町は庶民的なお店が多くて、何軒もはしごをして食べたり飲んだりして楽しむ人が多い感じがします。







コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ