2008年01月12日

インターネットでの登記事項証明書の請求 その1

明日は吉日:インターネットで登記の内容が閲覧できるんです - livedoor Blog(ブログ)

 ここでも少し触れたのですが、インターネットのオンラインで不動産や法人の登記事項証明書が請求できます。弊事務所は、許認可申請などで登記事項証明書が必要な場合があり、取り寄せることが良くあります。

電算化された法務局では登記簿自体が存在しないので、登記簿謄本でなく「登記事項証明書」が発行されますが、内容や役割は同じです。

電算化されネットワークでつながれた法務局間の証明書は、最寄の法務局の窓口でから入手可能でしたし、そうでなくても郵便代の切手を貼った返信用の封筒と手数料分の登記印紙を貼った申請書を送付することで、法務局に出向かずに取り寄せることもできます。

オンライン申請を使うと自宅やオフィスのパソコンで登記事項証明書の取得が可能で、しかも1通700円(郵送料も込み)と従来の方法(1通1,000円)よりも安くなっています。オンライン申請すれば翌日か2日後くらいで手に入ります。

登記事項証明書を代行して取得する会社があるのですが(検索すれば出てきます)、このオンライン申請が普及したら仕事がなくなっちゃうんじゃ?と心配するのですが、当分そうでもないかなと思います。なぜならばオンライン申請するための設定が少々面倒で、ごくたまに証明書を取り寄せようと言う人には大変だからです。

ですが、仕事で日常的に登記事項証明書を取り寄せることが多いと言うなら、オンライン申請が断然メリットが多いです。
次回以降で、オンライン申請のやり方を解説しようと思います。

平成20年5月23日追記 内容は書かれた時点のもので、将来的に変更やバージョンアップされている可能性があります。また当ブログを読んで行なったパソコン操作設定の責任は負いませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。

近藤巧器行政書士事務所 埼玉県朝霞市




つづきはこちら
明日は吉日:インターネットでの登記事項証明書の請求 その2


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ