March 2010

March 26, 2010

【急募&インターン】明日(土)時給1500円・日給12000円のバイトとインターンイベント!

二点ほど告知です!!
条件良いバイトとインターンイベントの紹介です!!


?【バイト募集】

明日10時〜18時、
簡単な事務作業にて時給1500円⇒日給12000円、
参加資格なし!
どなたかいらっしゃいませんでしょうかm(_ _)m

場所は渋谷近辺となります〜!!
希望される方は、以下いずれかの方法でメッセージをお送り下さいw

・mixiメッセージ ⇒http://mixi.jp/show_profile.pl?id=702687
・Twitterで@ventureall宛につぶやいて下さいw
http://twitter.com/ventureall

・以下アドレス
entry@hottea.jp (@を半角に修正して下さい)



?【インターンイベント】

久々にガッツリイベントやっちゃります!!
以下、告知文です。
例によってガツガツ語るので、興味のある方はぜひぜひご参加をm(_ _)m

●題
「インターンやろうぜ!」特別企画
学生起業家×技術ベンチャー×弁護士起業家
パネルディスカッションセミナー

●概要
4名の熱い起業家たちが、学生時代からこれまでに至る経緯を熱く語るとともに、「インターン希望学生」との密なコミュニケーションの場を提供します。
セミナー後は有志を募って、近くの居酒屋などに。

●参加資格
インターンに興味がある学生
技術者、大歓迎
ヤル気ある方、大歓迎

●パネラー紹介(順不同)

・株式会社手嶋屋 手嶋守
300万人に利用されているオープンソースのSNSエンジン「OpenPNE(オープンピーネ)」を開発するITベンチャー社長
東京理科大学理工学部卒業 30歳
http://www.tejimaya.com/

・オーセンスグループ株式会社/法律事務所オーセンス 元榮 太一郎
自ら法律事務所の代表をしながら、日本最大の弁護士相談サイト「弁護士ドットコム」を運営するITベンチャー「オーセンスグループ」も経営
慶應義塾大学法学部法律学科卒業 34歳
http://www.authense.co.jp/
http://www.bengo4.com/

・ホットティー株式会社 保手濱 彰人
東京大学在学時に、起業サークルTNK創立
「世界で一番多くの人を幸せにできる会社を作る」を目標に、学習塾の運営とインターネットビジネスを展開
最近はiPhoneアプリやmixiアプリなど
天才
東京大学工学部中退 26歳
http://hottea.jp/

・株式会社携帯スタディ王国 山本 圭太
IPA未踏ユース採択、キャンパスベンチャーグランプリ東京大賞受賞
難関大学受験生向けサイト 「携帯スタディ王国」を運営
早稲田大学教育学部在学中 25歳
http://kstu.jp/pr/


●モデレータ
須田仁之
http://japan.cnet.com/panel/members/u/536414/
早稲田大学商学部卒業 36歳


●申し込み方法
以下URLよりお申し込み下さい。

http://atnd.org/events/3675

venture_all_the_time at 13:58|この記事のURLComments(0)

March 24, 2010

『習慣が変われば頭が良くなる』by清水章弘さん

いや〜ホントにmixi見る時間が減りましたね、、、
Twitterすごい。

特にグリーやモバゲに比べてmixiってユーザー層のリテラシーが高いから、
結構Twitterに持ってかれてるんじゃないでしょうか。
逆にグリーやモバゲにハマる人たちはあんまりTwitterに流れる印象が無いw

ソーシャルアプリでPVを稼いでいるとはいえ、
Facebookばりのインフラとしての展開を今後mixiが出来ないとなかなか厳しいところがあるんじゃないでしょうか。

ちなみに最近は朝起きたら布団の中でTwiterをチェックするのが新聞を読む代わりになっております。
ソーシャルフィルターを通してニュースを見るのはホントに効率が良いですね。
余計な情報入って来ないし、RTされるごとに情報が洗練されてることが多い。

そう考えると新聞ってホント余計な情報多いなw全国画一だもんな〜そりゃ。Twitterだったら興味範囲の近しい人をフォローしてれば勝手に情報がフィルタリングされるから良い仕組み。

つらつら書きましたが、
後輩の学生起業家の清水章弘さんが書籍を出版しました!!
なんとamazonランキング、学習指導のジャンルで1位を獲得したそうです!!!(3月15日現在)

今後要注目のデキメンです。
以下、お目通りいただければ幸いでございます〜

-----------------------------------------------------------------------------


おかげ様でamazonランキング、学習指導のジャンルで1位です。(3月15日現在)
ありがとうございます。

めっちゃ一生懸命書きました!お読み頂けたら幸いです。
「あぁ、いわゆる東大生の本ね。流行ってるよね。」とだけは、お願いですから言わないでください。


教育に対する問題意識と、曲がりなりにも信念を持って書き上げました。
よろしくお願い申し上げます!


<自己紹介>


東京大学教育学部4年、清水章弘と申します。「教育」という言葉に過敏に反応します。中2の頃から教育問題に取り組んでいます。中高時代に書き上げた論文は10万字以上、取材した人は100人以上です。



大学に通いながら、20歳で株式会社プラスティーという教育ベンチャーを起業しました。週5日練習の体育会ホッケー部と両立しながら、必死に仕事と勉強をしてきました。



色んな方々にサポートして頂きながら、日本の教育をより良くするために、日々、邁進しております。皆様、本当にありがとうございます。


このたび、高陵社書店という教育系の出版社様から出版のお話を頂き、12月16日に『習慣が変われば頭が良くなる』という本を出版致しました。


この本を出版するにあたって、背景となっている自分の考えを、少し述べさせてもらえたらと思います。




自分は、「自ら学び、自らを育てる」ような教育を理想としています。もちろん、自分だけの話ではなく、友達と共同体の中で成長してほしいと考えています。ただ、「与えられなくては学ぶことができない」のは理想ではなく、自ら切り開いていく力が大切だと思っています。そういう意味での、「自学・自育」です。



この本は、主に中高生向けに書いたものなので、がっつりとメッセージを入れにくかったのですが、所々に自分の考えを入れたつもりです。


なるべく体系的に書こうとしました。まず、プロローグで、中高時代につけて欲しいチカラを3つ提示しました。それは、


1.「自分」をコントロールするチカラ
→セルフマネジメント能力

2.「時間」をコントロールするチカラ
→タイムマネジメント能力

3.「記憶」をコントロールするチカラ
→メモリーマネジメント能力(清水の造語です)

の3つです。


会社の代表挨拶にも書いていますが、僕は学力を「学ぶ力×学んだ力」と定義しています。前者が学習サイクルを回す力で、後者がそれによって得た知識・技能・経験。前者には学習意欲も含まれます。



僕はその中でも「学ぶ力」に注目していて、それをこの3つのチカラで習得してほしいと書いています。そして、この3つのチカラをつけるために必要な習慣を7つ挙げたのです。ちょっぴりロジック(論理)を大事にしました。



そして、最後はこのような要旨でまとめました。
3つのチカラは「自分を育てる」というコンセプトで書いたので、あまり他人が出てきません。他人に左右されないでもできるということで、悪くはないのですが、人とのつながりを大事にしてほしい。

例えて言うならば、一人だけでの経験は、積み重ねの「足し算」。
それをみんなで協力して行えば、「かけ算」になる。
「協力の輪」を広げてほしいと結び、エピローグには「足し算力からかけ算力へ」というタイトルをつけました。
プロローグとエピローグの整合性も意識して書きました。


もちろん、この本はMECE(モレなくダブリなく)ではありません。もっと良い分け方も書き方もあるとは思います。ただ、小手先の受験テクニック本や、小手先の勉強法の本が流行ってる中で、アンチテーゼを提示したかった気持ちが、僕にはありました。



また、著者の「言いっぱなし」の本が多い中で、自分はワークシートなどを書かせたり、簡単な実験をさせたり、読者に各章のまとめをさせたりなど、「読者参加型」の本にしようと心がけました。



30年後に読み直してみたら、「ここに関する見解は甘いな」とか振り返ることもあるのかもしれません。世間に評価を下されることを不安に思う自分もいます。しかし、出版のお話を頂き、せっかくのお話だし、いい経験になるし、22歳の時点の自分の考えを真っ向勝負でまとめてみたい思いが次第に強くなり、勇気を出して書きました。



僕なりに、色んな思いを胸に、色んなチャレンジをした本です。


もしよろしければ、お読み頂けたら幸いです。


「清水、おそらくこんなことが言いたいんだろうな〜」とか考えながら、読んでもらえたら面白いと思います。


そして、どなたかに勧めて頂けたら、それ以上の喜びはございません。
このプロフィールをコピー&ペーストして頂いても構いません。


起業して1年半。ここまでやってこれたのは皆さんのおかげです。


本当に、本当にありがとうございます。


こんな奴ですが、これからも清水章弘をどうぞよろしくお願い致します。

venture_all_the_time at 22:02|この記事のURLComments(1)