October 01, 2012

仕入れて売る

商売の基本は「仕入れて売る」なので、
この基本原則を守り続けている企業は強いと思う。

特に「良いものを、安く仕入れて高く売る」ができているところは。

で、メーカーはメーカーで、上記の原則にある程度則っていたりするのだが、
最近えがちゃんのブログで話題になった「イマドキの起業」っていうのが完全にプロダクトやファイナンス寄りのやり方だから、
そもそも商売とは違う。
いい悪いは別として、そもそもやり方が違うし、違うやり方が求められる。

やろうとしていることややっていることが、
「商売」なのか「それ以外」なのかは、
改めて見つめ直して考える必要がある。

「それ以外」に「商売」のやり方を当てはめてやろうとしてもうまくいかないし、
「商売」に「それ以外」のやり方を当てはめてやろうとしてもうまくいかない。

特に最近はプロダクト寄りのことをやろうとしている人が周囲に多いので、
それって商売とは違うから、勘違いしないでやっていく必要がある。

自分も、プロダクト寄りのことをやろうとする場合には、
この事項について重々気をつけないといけない。
(というかやっているので、気をつけないといけないw)

そもそも「商売」と「モノ作り」という全然別の内容が、
「ベンチャー」という一つの括りで同じ文脈で語られたりするから、分かり辛い。

大きなファイナンスをしてモノ作りをしていこうとしている企業が、
「商売」の観点が抜けているから、大々的にコケることもよくあるし(今年は色んな会社がコケましたね、、、)、
両方の観点をそれぞれ分けて両方持つこと、も大事だったりする。

経営者なのに商売としての視点が抜けてれば、そりゃ潰れるよな、、、
商売としての視点が抜けているのに経営やってるのは、ダメなんだと思います。
多くの「イマドキ起業のベンチャー」に言えることなんだと思うが。

------------------------------
「商売」という観点では、どんなビジネスも実はすげーシンプルに見ることができるので、
改めて自社も他社のビジネスも、この観点で見つめてみると参考になる。

やはり基本は「良いものを仕入れて売る」なんだと思う。

venture_all_the_time at 09:07│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔