開成番長の学習塾『TESTEA』

December 18, 2008

番長ヘッダー

番長ヘッダー


最近明らかにブログのヘッダー画像を作るのが社内で流行っていますw

本人も多分まだ見てませんが、副社長ブログヘッダー候補を勝手に公開します。笑

ノートをイメージして作ったそうです!!

番長ブログはコチラ




venture_all_the_time at 00:10|この記事のURLComments(0)

December 03, 2008

TESTEAさん

TESTEAチラシ1


TESTEA2



最近TESTEAの調子がひじょ〜にイイ!みたい。笑


なお、TESTEAとは弊社が一番初めに始めた事業である学習塾です。


副社長の繁田が塾長を務めており、この繁田という男は私の大学のテニサーの先輩(笑)であると同時に、大学時代、独自の解析メソッドによりパチスロだけで年収1000万円を稼ぎ出していたような男です。笑
(なおそれらの全てはお酒に消えてしまっていたようです笑)

こんなんじゃあかん!と一念発起して僕と会社創業を共にしてくれた素敵な御方です☆
⇒ブログはコチラ

そんな繁田は最近、「開成番長の勉強術」なる書籍を出版して大ヒットを飛ばしていたり、アマゾンでずーっとランキング上位に入っていたり増刷が決まったりとイケイケです。若干わたくし押され気味です。笑



この大ヒットのおかげもあり、最近はTESTEAの生徒数が急増(o^-')b
僕も知らなかったのですが、うちの塾は入塾すると80%以上の確率で3ヶ月以内に偏差値が5〜10上がるらしいです。
結構凄くないですか!?笑
開成番長の独自の教育メソッドが効いているみたいです!!!

というわけでご興味おありの方は入塾相談メールをポチっと〜
社会人の方も大歓迎ですwww

⇒TESTEAホムペー



そんなTESTEAの現況ですが、
立ち上げ当初を支えてくれた学生二人を紹介したい気分だったのでします。笑

一人は千葉大から史上初めて某高級化粧品メーカーに内定した天才デザイナー池端慶ちゃん。
そしてもう一人は、言わずと知れたリアル天才高橋健太さんです。

前者はデザイン・ブランディング面で、
後者は最高品質の授業提供という面で、
ガッツリTESTEAの発展に貢献してくれました☆



池端慶くんは今までにも何度も僕の日記で登場していますが、
リアル天才デザイナーです。
おそらく本当に歴史に名を残すデザイナーになります。
僕の予定では、某化粧品メーカーで3年ほど修行を積んでいただいた後、コーポレートアイデンティティ担当役員という肩書で弊社にヘッドハントしますwww

あとこの人は僕の超抽象的&観念的&革新的な話題に対等に付き合ってくれるので、かなり話していると楽しいです。うわーん考えてみると周りにあんまり話が合う人いないよーwww




そして早稲田アカデミー新人賞やらEXILEのバックダンサーやら慶應大学全塾ゼミナール委員長やら数々の華々しい実績を誇るリアル天才高橋健太さんは、

この前、某トップ外資コンサル○○○○ゼ○に内定してました。笑

これはマジでやべーと思った(^_^;)
金融危機の影響で今年の外資は就職が超狭き門であること、
そして外コンは基本的に採用枠の大部分を東大院生から採ること、などなど、
諸々の難しい条件をクリアし見事内定をゲットしました。


といっても彼より出来るな〜と思う学生は未だ見たことがないので、
彼が内定取れなかったら一体誰が取るんだって話ですが、、、笑




あなたたちのおかげで、TESTEAは好調です!!
初期の拙い頃にあんなに時間を割いてくれて本当にありがとうでした!!!

今ではTESTEAはガチでいい学習塾になりました(o^-')b
皆さま今後もTESTEAの発展に応援をよろしくお願いいたしますm(_ _)m
少しずつ教育改革を実践するのだ〜!!!
脈絡ないですが、以上終わり!!!


venture_all_the_time at 23:54|この記事のURLComments(0)

May 29, 2007

勉強カフェTESTEA。

ちょくちょく書いていますが、
7月1日を目安に、「個別指導塾TESTEA」の新規店舗である、
「勉強カフェTESTEA」をオープンいたします!!!

(TESTEA HP: http://www.testea.net/)

ずっとやりたかった全力の事業ですo(*^▽^*)o
勉強×カフェの融合を目指します。
「社会教育」という新ジャンルを確立します。
勉強のイメージを、格好いいものに変えます。

というわけでガシガシ進めていますが、
企画書が年配の方にも受けが良いので最近自信が付きました♪♪
このコンセプト間違いなし!!!
とゆーわけでブログにも載せちゃいます☆

TESTEAスライド1




TESTEAスライド2




TESTEAスライド3




TESTEAスライド4




TESTEAスライド5




TESTEAスライド6






すっげーオシャレにするので楽しみにしていて下さい(o'-^)b
けいちゃん頼んだっ!!!笑

そして、この教育理念・コンセプトに賛同して下さった、
「現代文」や「論理エンジン」でその名を予備校業界に轟かせる、
あの<出口汪>先生が、
勉強カフェTESTEAに監修に入って下さることになりそうです!!!

出口先生の学習塾HP ⇒http://www.sps.ne.jp/

いぇーいめっちゃ心強いぜo(*^▽^*)o
こんな風に、活動に賛同して下さる先輩にもガシガシご協力をいただきます(^-^;)笑



さて!この「勉強カフェTESTEA」ですが、
必要なのは優秀〜な講師さん達です。
指導への情熱、問題意識の高さ、そしていい意味でのオタクっぽさ(笑)を兼ね備えたカリスマ講師を
私たちは必要としています!!

というわけで、勉強カフェTESTEAの講師をやってみたい!という方は
ぜひぜひ testea@hottea.jp までご一報ください(o'-^)b
面接させていただきます。

うっしゃー引き続きガシガシ行きます!!!
がんばります☆

venture_all_the_time at 12:52|この記事のURLComments(5)

February 26, 2007

「勉強カフェTESTEA」講師募集。

弊社の運営する「個別指導塾TESTEA」の生徒が、

【25人】

を超えました。

(TESTEA HP:http://www.testea.net/)


知名度なし、実績なし、ノウハウなしの状態からの
たった半年でのこの結果は、
相当のハイペースだと自負しております。


これもひとえに、「ただ目の前のいい授業をする」ことに
集中し続けてきた結果だといえるでしょう。



進学塾としての実績も出ました。

中学:慶応義塾中等部、学習院
高校:明大中野、明治学院
大学:慶應義塾法学部、慶應義塾経済学部

「初年度からこの実績」といったキャッチコピーで売り出せば
なかなか面白そうだなー、なんて思っております。笑



TESTEAの強みは、主に二つです。

・熱い&若い
・スタイリッシュ


「熱い&若い」というのは、講師のことです。
私を含めて、主に20代前半の人間でTESTEAの講師陣は固められています。

正直、これを差別化ポイントに打ち出すのは悩みました。
「現役東大生」というのは例えば一つのキャッチコピーにはなるのですが、
実際、それを打ち出している教育サービス提供業者は山のようにいる。
個別指導、家庭教師、どんな業態でも同じです。

逆に、「学生」や「若い」ということをウリにしてしまうと
保護者からの信頼をなくします。
やっぱり学生にいい授業が出来るとは思えないし、
社会性が身に付いていない可能性も高い。
それは実際に自分で塾を経営し、多くの学生講師を見てきた中で痛感したことでもあります。

だから例えば、進学塾によっては、学生講師を大量に雇っているにも関わらず
「講師は全員社会人で占められています」などと銘打つところもあるわけです。

しかし、踏み切りました。
「若い」というのは良し悪しです。

その向上心、エネルギー、生徒に近い感覚、コミュニケーション力をフルに活かし、
且つ素養として優秀なものを持っている人間を雇用すれば
それは爆発的なパワーを発揮します。

結果、どんな大手進学塾にも負けない素晴らしい授業&教材が出来上がるのです。


具体的に個人名を挙げさせていただくと、
弊社には「高橋健太」という、理解不能なぐらい優秀な学生講師がいます。

昨年は某大手進学塾で新人賞を獲得、そして抱えていた生徒のうち80%以上を早慶合格に導くなど
結構、既に伝説的です(笑)

彼が一度授業をすると、他の塾に通いながらTESTEAに様子を見に来た生徒が
次の週に「辞めてきました」と言ってくれ、そのまま入塾してくれるぐらいです。(←さすがにちょっと笑えました。笑)


そういった天才講師を筆頭に、TESTEAはカリスマ性&人間性を持ち合わせた若い講師を獲得しています。
塾のリソースは主に 々峪奸´環境 6戯燹,裡海弔剖菠されますので、
そのうちの一つを占める「講師」において絶対的な強みを獲得できているというのは
大きな競争優位性に繋がっているといえます。

これからも「熱い&若い」ということを活かして
他では絶対に出来ないような優位性を持った授業&教材作成を
行っていきたいと思います。
「栄光会」など、そうしたやり方で成功しているところもあるわけですしね。


「スタイリッシュ」というのは、内装&外装です。
ちょっとしたアクセントのつもりでしたが、意外に大きな強みになっています(笑)
長くなってしまうので、今回は省略させていただきます。




さて。

こういった強みを更に加速させ、
そして絶対的な力を持つであろう大きな差別化ポイントを構築し、

二校舎目。

「勉強カフェTESTEA」を

今年の初夏に立ち上げます。


勉強カフェTESTEAの特徴は、主に3つです。

(拔カフェ

■稗圓箸陵珊

Gい&若い


,亡悗靴討蓮▲轡好謄猝漫環境面の差別化であり、
もう少ししたら具体的にお話させていただきます。

△亡悗靴討蓮△海譴泙晋醜圓任牢覿犯詭です(笑)
一つだけ、弊社が提携させていただいている「株式会社Action」との共同事業である
大学生ネットワーク「Lipple」(HP:http://lipple.net/)が
大きく関わっている、ということだけ述べさせていただきます。
ああ、ひどく思わせぶりだ、、、苦笑

に関しては、上述した強みを更に加速させます。
詳しくはコチラ(⇒http://blog.livedoor.jp/venture_all_the_time/archives/51446935.html)に書きました。



上記特徴の他に、教育コンテンツとして
「社会教育」
を重視していきます。


だって、僕が本当にやりたいのは進学指導じゃない。
以前の日記(⇒http://blog.livedoor.jp/venture_all_the_time/archives/51395103.html)にも書きましたが、
「社会教育」なんです。

自分が中高生だったころ、あったら良かったなと思うものを提供する。
ただ、それだけです。
そして中高生の意識が高まり、
TESTEAで学んだ内容が大学〜社会にも直結する。
縦の繋がりが構築され、
「熱い大学生ならTESTEAへ」といったところまでブランディングが進むとすれば
それはとても喜ばしいことだと思っています。



前置きがとても長くなりました。本題です。

TESTEAの二校舎目である、「勉強カフェTESTEA」を立ち上げます。

講師を、募集します。

応募条件は、上述したような志に
同意してくれる人、です。

興味を持たれた方は testea@hottea.jp まで、
件名を「TESTEA講師応募」としてメールを下さい。詳しいお話をさせていただきます。

尚、厳正な審査のもとに選考させていただきますので、
必ずしも希望通りの結果にはならないことは事前にご了承下さい。

ちなみに時給はどこよりもいいです(笑)
場所は久我山付近!!!


以下にまだ色々続く予定でしたが、また次回、、、


venture_all_the_time at 17:14|この記事のURLComments(1)

January 28, 2007

うおっしゃー

昨日は今年ベスト3に入る大失態をしてしまったぜ〜
あー喉痛い。


さてさて。

個別指導塾TESTEA(http://www.testea.net/)の生徒数が
20人を超えました!!!

昨年8/1を立ち上げ日とすると、
一ヶ月に4人ほど新しい生徒さんが入って下さっている計算になりますので
学習塾という業態・そしてノーブランドからの新規展開であることを考えると
なかなかのハイペースだと思っています。

いやぁ、紆余曲折ありましたが
安定してきて良かった良かった(T-T)


来ていただいている生徒さんには大変好評をいただいております。
マジで。

どのような方針で学習塾を作っていくか。
特に準備期間はひじょ〜に悩みました。

勉強の硬いイメージを変え、スタイリッシュさ・格好良さを前面に押し出す。
起業の要素を盛り込む。
現役東大生が経営しているという点を打ち出す。
プレゼン力・表現力などを中心に「生きる力」を鍛えることを重点的に行う。

そういった諸々の差別化要素も、
「塾は信用が大事だ」
「結局保護者が見るのは合格実績でしかない」
「学生がやっていると信頼がない」
「生きる力なんて求めていない、受験で成功できればなんでもいいんだよ」
「カフェっぽい塾なんて誰も入らないよ」
このような周囲からの雑音に負けて、やや萎縮させた状態からスタートさせてしまいました。


が、我々が持っているこのようなアピールポイントは
特に最近着実にお客様(保護者・生徒)に受け入れられてきたと感じています。


認められてきたのです。


だって、
勉強なんて元々つまらないものでしょう?だったら少しでも面白くやれたほうがいいじゃない。
ガリ勉って格好悪いイメージがありますよね。だったらスタイリッシュに、格好良く勉強を進めてやろう。
フツーの進学塾ならどこにでもある。ならば少しでも、プレゼン力・思考力などが身に付く塾のほうがいいじゃないか。
勉強だけじゃなく遊びもできなきゃ一人前とはいえないよね。


遊びも出来るスタイリッシュな現役東大生が勉強を教えます。
そんな打ち出し方もありじゃないか。
そして、うちの生徒たちもそんな風に育っていきます(多分w)


更に、これがいまマーケットから実際に求められているというのは、
やっている中で痛感しました。

だって、ある程度の年配の方々がやっている学習塾じゃ、
こういうやり方は出来ませんからね!
何より、受験に合格するための勉強に終始して中高時代を過ごしてきた場合
大学に入った後に他に何も出来なくなっちゃうということに
マーケットも薄々気が付いてきているといえます。


需要と供給のバランスが、参入するのに最適なポイントに来ているのです。


まぁ摩擦は色々とあると思いますが、
せっかく若い人たちで塾を作っていくのであれば
その強みを最大限活かしていかないとね(^-^;)



はぁ〜すげぇ色々叩かれそうな内容を書いてしまったwww



まぁ。

勉強とは格好いいものだ。
まさに自己研鑽の最たるものだ。

そんな風にイメージを変えていけたらいいなと思います。

by大学に入って4年が過ぎてから今までに無いぐらい勉強し始めた人



ちなみに自負しているのですが、
うちは普通の個別指導塾としても授業の質はどこにも負けていない自信があります。
うちの先生、みんなすげーですから。

特にこの僕に直接指導を受けている貴方は幸せですよ!そこの貴方!笑




とゆーわけで、こんなコンセプトで拡大していきたいと考えています。




基盤は整った☆
そして他社がやろうとしても絶対できません☆
唄って踊れる大学生(?)の横の繋がりをダイレクトに持っているうちだからこそ出来る学習塾です。

そして、うちには受験生も何人か来ているので
今年の春には合格実績が出ます。

Lippleとモバ高の事業開発で忙しいので
時期的には遅くなるかもしれませんが、
遅くとも今年の初夏頃には、「勉強カフェTESTEA」の二校舎目・三校舎目の展開を図っていきたいと考えています。


燃えていこうじゃないか!!!!!




はい、思い付いたので書いてしまいましたw


仕事おいてけぼりです。
パートナーの皆さま、メール返せてない人、ごめんなさいごめんなさい(T-T)

感情が昂ぶったときに書かないと、いい文章書けないのですよ〜苦笑
アドレナリン放出量を自在にコントロールできるようになりたいものだのぅ。

そして推敲する時間が無かったので文章表現ひどいかも。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい




これからTNKの第一回OB会!
うおー楽しみ
行ってきます!!!!

夜はまた徹夜作業〜
Iくんよろしくお願いします☆

venture_all_the_time at 22:10|この記事のURLComments(0)

September 19, 2006

メルヘンな時代。

最近ブロベーション(ブログを書くモチベーション)がメキメキと上がってきました。

というわけで保手濱彰人、ミクシィでパワーアップして帰ってきました☆

要は自己満足でツラツラと書くようになった、と。


というわけで当塾の秋ポスターのイラスト!

えいっ↓

TESTEA秋ポスターイラスト





そう、時代はメルヘンなのです。

ブログランキングにご協力お願いします♪

ご意見ご感想お待ちしております(^-^;)


venture_all_the_time at 20:11|この記事のURLComments(6)

August 13, 2006

昨日は結構記念すべき日だったのよ。

夏の間は無料体験という形で進めていた当学習塾ですが、
昨日、正式に秋からの講座に生徒さんが一人入会して下さいました。

本事業における初契約です。
感無量でした。


その際に副社長繁田より流れた速報↓

「各位
こんにちは。繁田です。
この時を待ちわびていた皆さん、お待たせいたしました!
ついに、ついに、一人目の正式な生徒さんをゲットしました!!!!!
9−12日と体験授業を行いまして、伝えることが出来ました(TーT)
頑張れば、大手の名前なんかには負けず、こちらの情熱を伝えることが出来るんだとわかり、今回の入塾は私にとっても大きな自信となりました。
契約まで持っていく上でのアドバイスをいただいたSさんをはじめとしていろいろとご助言いただいた皆さん、ありがとうございます!

そして社長、やりましたね!
7月の終わりから8月にかけて私がぶっ倒れ続けている中、ひたすら私の分まで仕事に勤しんでくださってありがとうございます。
その分社長としては喜びもひとしおでしょうし、私もせめてもの罪ほろぼしが出来たかなとホッと胸を撫で下ろしています。
これは我々にとっての本当に大きな第一歩です!
これからも頑張っていきましょう!」


…泣。


苦労して立ち上げた事業において、一人目のお客様を獲得できた瞬間というのは
本当に感慨深い。

感極まって思わず涙がこぼれてしまいそうになりました(T-T)
嬉しかった。


そして同時に、この仕事の難しさも知りました。
一年スパンで見れば顧客単価が20〜40万円に相当する学習塾というビジネスは、
不動産仲介やWeb製作といっとビジネスと同じく
初期の新規顧客開拓が最も難しい。
特に学習塾は極端な信用商売であるため、「ブランド力」「実績」で顧客の業者選定がほぼ決まってしまうところがある。

そうした中、この段階でこの成果を出せたはなかなかだと思う。
正直ホッとしました。



と、同時に自社の提供するサービスにも自信を持つことが出来た。

学習塾における授業の質というのは、特に個別指導という形態では「講師の質」でほぼ決まってしまうところがある。
つまり学習塾における講師というのはまさに商品そのものであり、いい講師を集められるかどうかが、いい商品を仕入れられるかどうかとほぼ同じ意味を持つのである。

ならばうちはどこの大手にも負けていない。
取り揃えている商品には絶大な自信がある。

そのことが、昨日の出来事で改めて実感できた。
今なら自信を持っていえる。「うちは素晴らしい学習塾だ」、と。



数々の批判もあった。
「東大生だからといって学習塾をやるのは短絡的でないのか。」
「来てくれた生徒に対して本当に責任を持てるのか。」

だが、尊敬するグッドウィルグループ会長が言っていることに以下のようなものがある。
「正しいことをやっていれば、何を言われてもいい。」

これがまさに本質だと思う。
外部から何を言われようが関係ない。
本当に大事なのは、実際にやっていることが正しいのかどうかだ。

そしてそれが正しいのであれば、あとはひたすら突き進めば良い。

折れそうになることが多々あったとしても
自分が自分の正当性を最後まで信じられるのであれば
外部の雑音などに負けてはいけない。

今後も自分が正しいと思う道を
ただひたすらに突き進んでいきます。




同時に、この仕事はとても良い仕事であるということも悟った。
顧客からの感謝の気持ちがダイレクトに感じられるのだ。

サービス業で、特に顧客と直接対面する職種についている人は誰でも経験があるはずだが
顧客が喜んでくれた時、感謝の言葉を伝えてくれた時は何より嬉しい。

良質なサービスを提供すれば、顧客の満足を肌で感じられる。
学習塾は「生徒」と「保護者」という顧客から心底感謝してもらえる可能性を秘めた、素晴らしい事業である。




繰り返しになるが、「TESTEAはいい学習塾だ」と今なら胸を張って言える。
だからこその拡大志向。
まずは打ち立てた目標を年末までに達成し、
その後更なる拡大を狙います。

拡大に伴う質の低下と戦い、いい講師と生徒をマッチングさせる仕組みをどんどん整えていく。
同時に講師への教育システムも整え、
質が高い講師と相性の合う生徒を最大限マッチングさせるシステムを作る。
それが完成した時こそが、本事業の使命の一つが完了した時だと思います。

事業も会社もまだまだ始まったばかりですが、
どうぞ今後とも応援よろしくお願いいたします!!!

ブログランキングにクリックをお願いします☆





…そして昨日の夜はなにやら学生経営者たちが集まる会ではしゃいだ(^_^;)
みんな若いなー。
22歳って本当にもう若くないですねwww



venture_all_the_time at 14:58|この記事のURLComments(5)

July 10, 2006

とある学習塾の校長さんとお会いしてきました☆


本日は久我山にてとある学習塾の校長さんとお会いしてきました☆

なんとこの方、わざわざ山梨県からいらして下さったのです。
こういうのってマジで嬉しい(>_<;)こんな未熟な若輩者に時間を割いて下さってありがとうございます☆


やはり教育者・塾経営者として経験が格段に長いだけあって
大変ためになるお話を沢山頂くことが出来ました。

その中でも特に心に響いたものがいくつかあったので、一つ、、、



--------------------------------------------
現在の子供達は「考える力」が格段に落ち続けています。
原因はまぎれもなく、2002年から導入された新指導要領によるもの。

(新指導要領=週休二日制、「総合的な学習」の導入、等)


例えば、小学校の国語の授業に於いて
「この場面におけるお爺さんの気持ちはなんでしょう?」という問いがあったとします。

昔であれば、生徒一人一人が「こうだと思う」「私はこうだと思う」と意見を述べた後
別の一人が各々の意見のまとめを述べて、
最後に先生が答えを与える。

こうした形を取っていました。


ですが、今は違います。
授業時間が少ないために、生徒一人一人に考えさせる時間が無くなってしまっているのです。

結果、上記のような問いに対しては
先生が一方的に「こういう気持ちだよ」と
回答を与えるだけの形になってしまっています。


これでは生徒に、自ら考える力を育てさせることは出来ません。結果、学ぶ意欲も落ちてしまいます。
「こんな教育がしたかったんじゃない」と、教職を辞めてしまうような若い先生も出てきてしまっているようです。
--------------------------------------------



ううむ(>д<:)憂慮せねばなりませんね。

これからの時代、教育サービスを提供する者は
いかに生徒に「考える力」を付けさせるか、
これを常に意識していかなければならないのではないでしょうか。



お時間を割いて下さったMさん、どうもありがとうございました!





…ちなみに、僕が基本的に今の日本の学校教育で足りていないと思うのは
思考力・コミュニケーション力・プレゼン力・人間力、
こういったものが鍛えられる場面が無いということです。

上記内容に於いては、このうちの「思考力」を鍛えられる場面が
特に減っているということを表しているでしょう。

逆にそういった思考力というものを身に付けさせる授業を
どんどん提供してければ学習塾経営者として本望ですね(>_<;)





ミクシィの日記にあまりにも好き勝手書きすぎているので
こっちはマジメなことを書いていきたいと思いますw

応援よろしくお願いします☆


venture_all_the_time at 01:51|この記事のURLComments(5)

July 01, 2006

そう、このブログは

視聴者参加型のブログにすることにした。笑


前回の記事に対するコメント、どうもありがとうございました!
大変参考になると同時に、ホットティー専属デザイナーの池端にとっても
大きな刺激になったようです。

というわけで、池端くんの真の実力を発揮できるように
特にシンプルさにはこだわらず自由に作って頂きました♪


テスティー名刺3





テスティー名刺4





テスティー名刺5





テスティー名刺6





…ヤバい。どれも素晴らし過ぎる(笑)

「TESTEAのシンボルというか挿絵について、
ありがちですが花言葉からいくつか拾ってみました。
・レモン:熱意、心からの思慕
・グロリオーサ:栄光
・紫花菜:知恵の泉
・ローダンセ:光輝」

とのことです。
うーん、いいイメージだ(>_<;)



というわけで例によって投票して頂ければ幸いです(^-^;)
何卒よろしくお願いいたします☆



さてさて。
本日はお世話になっている偉大な社会人の方と4時間半に渡るミーティングを決行し
契約書の締結を行いました☆

ひじょ〜に濃かった。
双方納得の行く形で契約を締結できてひじょーに良かったです。


そしてそして本日感じた一番の大きなことは、

やはり「情熱が一番大事」ということ!!!

変にロジックだけ並べたって何も伝わりません。
結局は感情だもん。

自身の情熱、夢にかける想いをストレートに伝えることが一番の説得材料。
どんな理屈より価値がある。

というわけで今日は再び大きなことを学ばせて頂きました(>∀<;)☆
Sさん、今日はありがとうございました!
一生のお付き合いになれば幸いと思っています☆
今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^-^;)


venture_all_the_time at 05:13|この記事のURLComments(13)

June 22, 2006

こ、このテンションの高さは、、、ロゴ。

ミクシィの日記にハマって50分も時間を費やしてしまったwやや問題ですね。

そしてその余韻でテンションの高さが残る今日この頃です(ノ∀`*)


ブログランキングにクリックをお願いします☆

テスティーロゴ最終デザイン!
いよいよ新しいスタイルの学習塾「TESTEA」の
ロゴが完成しました〜!


ほとんど完成していたのですが、
デザイナーさんによると細部の微調整が大変だったみたいです。

以下、もはやホットティー専属のデザイナーさんのようになっている(笑)池端くんのコメントです♪

「ロゴは完璧に仕上げました。時間がかかってしまいすみません。
細部にわたって調整してあるので、看板のように拡大した時にも十分に納得していただけると思います。」

なるほど(ノ∀`*)心強い!
ロゴというのは簡単そうに見えて、看板、パンフ、名刺など
様々な媒体に使えるだけの汎用性を持たせなければいけないために
最後の微調整が本当に大変みたいです。

池端くん、本当にありがとう!!!


そしてこれを踏まえて、
窓に貼るカッティングシート(貼り看板)を本日業者さんに発注しま〜す♪

以下再び池端くんのコメント。

「問題はカッティングシートです。
業者の印刷で、色がどのようになるかわかりません。
地色の緑が心配です。
またデータサイズなどについても少し疑問があるので
もし依頼業者がお決まりでしたら、僕がそこらへんのことを直接業者に聞いてみてもよろしいでしょうか?」

うむむむ(>_<;)
カッティングシートはカッティングシートで、クリアしなければならない問題があるみたいです。
完璧に仕上げるということは本当に大変ですね。



ああ、しかしこのロゴが完成するまでには
長い長い紆余曲折がありました、、、

「場所は変えられる。教材も新しく作ればいい。
だが、ロゴと名前はずっと残るものだから
熟考に熟考を重ねて完璧なものを作り上げるべきだ」と
尊敬するメンターに諭されて始まったこのこだわり。

コレとか
コレとか
コレとか、
ブログにもたくさんの記事を投稿したり意見を求めたりしました。


その中でやはり皆さんから頂いた意見が非常に貴重で(特にコレ
ロゴを完成させるために間違いなく大きな力となりました。

いつも見て下さっている皆さん、貴重な意見を下さる皆さん、
本当にありがとうございます!!!
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします(^-^;)


venture_all_the_time at 09:14|この記事のURLComments(4)

June 08, 2006

わーい(>∀<)

照明が付いた!!!


テスティーの照明
←オシャレです☆
完全に山田の手柄です。やまだ、ありがとう。


まぁこの写真だとあんまり良さが伝わりませんが、、、笑
でも周りが暗くなるとすげーいい感じです♪たぶん。


【新しいスタイルの学習塾 TESTEA】では
生徒が伸び伸びとリラックスしながら学べるように
オープンな「カフェスタイルの教室」を提案します。

放課後に気軽にフラっと立ち寄れて、でも先生はみんな熱心。
そんな雰囲気を考えています(^-^;)


うお〜楽しみだ!!!
最近仕事が楽しい♪


ブログランキングにクリックをお願いします☆

venture_all_the_time at 00:46|この記事のURLComments(14)

June 07, 2006

考えること。


学習塾開校を間近にして
こんなことこんなことをよく考えます。
頂いたたくさんのコメントを見返すだけでも大変勉強になります。

〆の日本の教育に欠けていて、⊃諭垢ら必要とされていて、うちの学習塾だからこそ提供できるものを
じっくり練って作り上げていきます☆


応援よろしくお願いします。

ブログランキング!


venture_all_the_time at 14:08|この記事のURLComments(3)

June 06, 2006

TESTEAのロゴダービー☆

ブログランキングにクリックをお願いします☆

ぐ、、、大分眠い。
昨日からミーティング続きで、たくさんの人と深〜い話をしました☆


池端さん!


←コチラはテスティーのデザイン関係をお願いしている池端さん♪

まるでセンスの塊のような人です(^-^;)





テスティーのロゴ候補!


たくさん候補を挙げて下さいました☆
投票して下さると嬉しいですw上から ↓◆◆◆↓ト屬箸靴泙(笑)



テスティーのロゴ一案
←θ屐笑


venture_all_the_time at 15:17|この記事のURLComments(23)

こういう教育が!!!

とあるメールが来ました。


--------------------------------------------
始めまして。
私は以前まで事業を営んでいた26歳の元経営者、現在浪人中の者です。

実は今、真の教育者の心を持った教師を探しています。
そんな時、ふっと頭に以前ブログを覗いた事のある保手濱さんの事が浮かび
「世界一,人を幸せにする事を掲げる彼なら、私の思いを理解した上で私の悩みを解決可能かもしれぬ」
「やろうとする若く力強い心意気にかけてみたい」
という思いで書き込んでいる次第です。

まず私の紹介をさせて頂きます。

・勉強をするために必要な資本をためるため、20歳から商売を始めた。
・20歳までの間、学業には一切興味をもたず、学力は中学程度。
・今年の3月から学の世界へ飛び込んだ。
・30校以上もの門を叩き責任者クラスの人間と話をしたが、どこも胡散臭く人を育てる事よりも金儲けしか目に入っていないようだった。
人を育て、成長を助け、成長を喜びと感じその後でお金がついてくるという事など到底頭になく、熱意を持った人間は皆無に等しかった。
・現在は家庭教師3名をコーチとして雇い、チームを組んで頂いた上で、学習は開始している。
(いずれも東大大学院生だが、熱意が感じられない。あるコーチは私の熱意や頑張り方に耐えられず退陣してしまった。)
・大学入学は海外MBAのためである。又、MBA終了までの監督役として、ある学院の副学院長にその役を引き受けて頂いている。
・来年の2月までの8ヶ月の期間で早慶合格必達!を掲げている。
・既出の通り学習を本格的に開始し、1月の間で中学3年分の英語の学習を終えた。
・学習開始時に私の学力を測定しそこからの学習プランを家庭教師の協力のもと練り、現在アウトプラン(学習計画、教材に関して約40ページからなる)はできている状況である。
しかし、気持ちのこもった指導とは程遠くやはり「人ごと」の枠の中での指導と感じ日々悩んでいる。「本当に、このプランとこの指導(熱意の感じられぬ)で来年早慶行けるのか?」と。
・現在の日々の学習時間は12時間以上。
 
以上が私の自己紹介となります。
次に質問事項ですが

・現在の私の状況は、そちらの提供しようとしているサービスの枠外であると思われるが対応して頂けるか?
・対応していただけるとすればどのような形か?
(合格に全力で取り組んでいただけるのであれば私はみえもへったくれもないのでどんな形式でも構わない。そちらへの泊まり込みでも可能。)
・幾らなら可能か?(込み込み月10万なら可能)
 
以上が私の質問ですが、要は「合格必達!」を本気で全力でサポート、応援、指導して頂き、がっちりスクラムを組んで一緒に戦って頂けるか?という事です。
私には時間が無い。可能な限り迅速なお返事を頂きたい。

「社会に価値を提供できないビジネスはやる意味がない。本当に実力があるのであれば
価値提供と金儲けを両立してみろ!」

この思いが本物である事を祈りつつ
良き、お返事お待ちしております。
--------------------------------------------


…読み終わった後、気持ちが燃え上がる自分がいました。



やりたい。



起業家としても教育者としても、
自分の器・質が試されている瞬間のような気がして。


来てくれた生徒さんに100%の熱意を以って応え、そのニーズを必ずや満たす。
「自分はこういった教育がやりたいんだなぁ」と、改めて感じた次第でありました。
(あ、受験指導がやりたいというわけではないですよ)

自分、そしてテスティーの教育理念の一つにまさにマッチするこの生徒さん。
詳細を聞いていないため、この後どういった話に繋がるかは分からないですが
やるとなった暁には
全力投球させて頂きます!!!


venture_all_the_time at 02:49|この記事のURLComments(7)

May 25, 2006

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

机と椅子

机とイスが入りました!

いい感じ!(>∀<;)!!!


特に机は教室作り担当のがやまでぃーが全身全霊をかけて
塾のコンセプトに最もマッチするものを入念に選んだ会心の一作です。

どうぞ見てやって下さい(>∀<;)☆



今日も応援ありがとうございます(^-^;)ブログランキング(小、緑)


venture_all_the_time at 13:43|この記事のURLComments(19)

May 10, 2006

教え方:イントロ三原則

ブログランキングにクリックをお願いします☆

SGさんから「イントロ3原則」なるものを教えられましたよ。

自分は人にものを教えることに関してはめちゃくちゃ自信を持っていたのですが、
まだまだ欠けている部分があったようです。

ちょー参考になる(>Д<;)
以下、転載いたします。


<以下転載文>


「新単元を教えるときの原則は、【イントロ3原則】をしっかり意識することです。
イントロ3原則とは、

1 具体→抽象(一般化)
2 既知→未知
3 優しく見せる

先日の関数の問題は、イントロ3原則を利用した方法なのですが、「具体的なものから・既に知っていることから・生徒が拒否反応を起こさないように優しく見せる」
というやり方です。
これを常に意識しながら生徒と向き合うだけでも、十分違ってきます。「この先生、分かりやすい!」ってなります。

例を出して解説してみましょう。
【公立小学6年・私立受験組5年(割合)】の新単元導入の場合で。

<問>200円は600円の何倍ですか?(答えは、200÷600=3分の1倍)

ここで、小学生は600÷200=3(倍)とする子が大半です。
どうしてか。小学生は(大きい数)÷(小さい数)しかやってないからです。

【教え方(悪い例)】
割合=くらべる量÷もとにする量
だから、この公式を覚えなさい!!
そして、くれべる量は、日本語で「〜は」の前にある数字。もとにする量は日本語で「〜の」の前にある数字。
だから、公式に当てはめて200(くらべる量)÷600(もとにする量)=3分の1

【教え方(いい例)】
まず、1800円は600円の何倍かを考えてみて!(これは100パーセントの子供が出来る。1800÷600=3倍)
じゃあ、1200円は600円の何倍かを考えてみて!(これも100パーセントの子供が出来る。1200÷600=2倍)
では、900円は600円の何倍かを考えてみて!(これは上の2つをやった子供なら100パーセントの子供が出来る。900÷600=1・5倍)
それじゃあ、200円は600円の何倍だろうか?上の式を同じように式を立ててごらん!

これはイントロ3原則の
2<既知→未知>と
3<優しく見せる>
を使った方法です。
この流れで教えると、大部分の生徒が200÷600=3分の1という答えを出せるようになります。
で、類題を10問くらいこの流れで解かせれば、ほぼ全員の生徒が(小さい数)÷(大きい数)に抵抗がなくなり、
割合の導入をマスターすることが出来るようになります。


以上、参考になるか分かりませんが・・・・
保手濱先生が超人気講師になることを影ながら応援しています!!頑張ってください!!」


ううむ、素晴らしい(-_-;)SGさん最高。
うちの学習塾に於いての講師の必須マニュアルと致します☆

上記のように分かりやすく教えられる先生が、
塾だけでなく小・中・高校などにもどんどん増えていけばいいのにね〜☆


venture_all_the_time at 16:08|この記事のURLComments(23)

May 04, 2006

自己表現の機会☆


最近ひっじょ〜に参考になるコメントを貰えることが多くなったので
「コメント紹介」カテゴリを作ったみた。

ちょくちょくコチラでご紹介させて頂こうと思います(^-^;)


その前にブログランキングにクリックをお願いします☆


以前ペーターさんのコメントを紹介したら
暖かいメールを下さると共にご自身のブログでの紹介もして下さいました〜(>∀<;)☆

いやぁ嬉しいですね(*^-^*)
ネット万歳!


それでですね、
暫くは「教育オタク」になることを決意した保手濱なわけですが、
当然海外の教育にも目を向けて研究しようと思っているわけです。
比較研究によって、日本の教育をより良くするための一つの道標となるのではないかと思い。

ぐぅ〜留学経験などが無いのが悔やまれる(>_<;)
その分、いま現在持っている帰国子女ネットワークが非常に貴重です(^_^;)笑



というわけで、なんと海外に住んでいる学生の方からコメントを頂くことが出来ました!
大きな海を隔ててこのブログを見て下さっているなんて、感激過ぎです(>∀<;)☆
以下にその一部を転載いたします。



「2. Posted by 兼子 智 April 28, 2006 12:11
いつも熱く、楽しいブログをありがとうございます。
私はカナダの大学生の兼子 智(カネコ サトシ)と申します。なぜ、今日コメントしたかと言うと、この部分にとても共感したからです。
”日本の教育の問題点の一つって、まさにペーターさんのおっしゃる通り「自分の思いを他人に伝える」ことを練習する機会が少ないことだと思うんです。”
私もその通りだと思います。
今私はカナダで「トーストマスターズ」(Toastmasters)と言うスピーチのクラブに入っているのですが、アメリカ人やカナダ人がなぜ原稿なしでスピーチをしている理由が分かりました。
理由は、そういう所で訓練することが日常的なのです。
だから「I Have a Dream」「Stay Hungry, Stay Foolsh」などの歴史に残るスピーチが生まれるのです。
これからもブログを楽しみにしています!」

「7. Posted by さとる April 29, 2006 00:48
保手濱さんはじめまして。
現在カナダの大学に通っています。
こちらでは「リサーチペーパー」と呼ばれる短い論文のような宿題が毎日山ほど出されます。
別名「エッセイ」とも言います。
日本で「エッセイ」というと、なんだか散文のようなイメージですが、こちらでは、書き手の考えや主張を論理的に組み立て、読み手を説得しなければならないのです。
そう、序論で述べた主題を本論でサポートし結論でダメ押しする立派な論文なのです。リサーチで集めた情報は書き手の主張をサポートするもの。この構成は基本的にプレゼンでも一緒です。
そしてエッセイ(リサーチペーパー)を書く能力は大学で一番重要な技術と位置づけられているので、
僕達留学生は、付属語学学校でこれでもかというくらいエッセイとプレゼンがありました。
こういった訓練を日々繰り返しているから彼らは自分の考えを論理的に組立て、発信する能力があるのでしょう。」



↑ううむ、めちゃくちゃ参考になります〜(>_<;)
スピーチにせよ文章にせよ、他人に自分の考えを表現する機会が海外では格段に多いのですね。
中学・高校の時に自分の学校ではそのような機会がほとんど無かったことを考えると、
やはり圧倒的な教育課程の質の差を感じてしまう…うーむ(-_-;)

実際、ミュージシャンや政治家の方々がインタビューされる場面を見ていても
欧米人と日本人では圧倒的な表現力の差があるもんなぁ〜。


義務教育の範疇では直近で改善することが難しいとしても、
せめてそういった「表現力を鍛える」プログラムが組まれる塾が
増えていったらいいですね☆

但しその場合、≪保護者さんの望む教育≫と≪塾で提供する教育≫の乖離が問題になってきそうですね…
うーん、自分的には「自己表現の機会」は本当に何より大事だと思うので
そういったものを数多く提供する学習塾を作っていきたいなぁ(^-^;)



venture_all_the_time at 14:54|この記事のURLComments(13)

April 28, 2006

はうあ!

昨日の記事に対してたくさんのコメントを頂きました(T-T)
うう〜どれも貴重な意見すぎる…ありがとうございます!(>_<;)!!!


その中でも特に一つご紹介させて頂きます☆
非常に共感させられるものだったので。

あ、その前にブログランキングにクリックお願いできれば幸いです(^-^;)



「8. Posted by ペーター April 28, 2006 00:49

初めてコメントさせて頂きます。私はいつも保手濱社長のブログおもしろいと思いますよ。
このブログの影響で、たらこキューピーをゲーセンに探しに行ったりと何かと影響受けていたりします(笑)。

教育理念について、
「受身ではなく、主体的・積極的姿勢の醸成」
「自己表現力・発揮力を育てる」
「寺子屋型の打破」←これが受身の根源だと思う。
以上の視点も検討頂けたら・・・と思いました。
私には6ヵ月の息子がいますが、どんな塾だったら魅力で行かせたいかと考えた時に思ったものです。

自分の思っていることを他人に伝える・・・この基本的なことが今の教育体系には足りてなくて、その結果受身な人があまりに多いと思うんです。
何でも他責で、評論家っぽく、自分の意見を出さずに(出せずに)批判ばかりしている人、本当に多いですよ・・・。
政治でも、会社でも、何か納得いかないこと、おかしいと思うことがあれば、自分の手で改善していく・・・そんな姿勢を持つ人が増えることが、今の世の中重要じゃないのかなと思ったりします。

そのためには自分の思いを他人に伝えるコミュニケーション力が一番重要。
受験勉強とか教えながらも、表現力も鍛える塾があればいいなと思っています。そこを出た生徒は人前でしゃべるのが大得意。作文も得意。人に自分の思いを伝えるのが大得意。難しいことを噛み砕いて単純化して人に伝えることができる。
だから将来営業もできるし、立候補すれば当選するし、起業する時に同志がすぐ集まるし・・・。ちょっと希望ふくらましすぎですか。長くなってすみません。」


うおー(>_<;)僕も本当にそう思います!

日本の教育の問題点の一つって、まさにペーターさんのおっしゃる通り
「自分の思いを他人に伝える」ことを練習する機会が少ないことだと思うんです。

小、中、高校と、
生徒が前に出てプレゼンする機会なんてほとんどありませんよね。
これでは自ら主体的に考え人に思いを伝える力が付こうはずもありません(-_-;)

逆に欧米の学校では、もう小学校の頃からバリバリレポートの宿題が出て
ガンガン授業中にプレゼンさせられるそうです。
(↑これは帰国子女の友達の受け売りですが)

欧米礼賛になってしまうのは好きではないですが、
こと教育に関しては完全に遅れを取っていると思います〜(^_^;)焦


特に自分の場合は、去年に入るまでプレゼンやトーク等で自分の気持ちを人に伝えることが全然上手くなかったのに
起業サークルTNKの活動などを通してそういったものがグーンと成長したことを考えると
日本の学校でも同様に、「自分の思いを他人に伝える」機会をもっと作るべきだと思いました!

それによってみんなが主体的に考えるようになり、想いを人に伝える力もアップしていけば
普段のコミュニケーションももっと円滑にいくし、明るくて生き生きとした社会が作られていくのではないかなぁ〜。(大袈裟ですかね 笑)


また、

>政治でも、会社でも、何か納得いかないこと、おかしいと思うことがあれば、自分の手で改善していく・・・そんな姿勢を持つ人が増えることが、今の世の中重要じゃないのかなと思ったりします。

いや〜まさにその通りで、自分からガンガン動いてものを作る&動かしていく面白さを
もっと色んな人に知って欲しい!(>_<;)!



…ふぅ。なんか色々吐き出してしまったw

ピーターさん、貴重なご意見をありがとうございました☆
あ、僕の30秒プレゼンはそこそこ上手いので今度見てやって下さい〜(^-^;)(←自分で言うな 笑)




さて〜今日は色々書類を揃えなければいけません(>_<;)
こういうの本当に苦手です…どこかに事務作業を完全に請け負ってくれる秘書さんがいないかなぁ笑


venture_all_the_time at 11:04|この記事のURLComments(8)

April 27, 2006

教育理念

社員から「ブログがつまんない」と言われて凹み気味の保手濱ですよ。
だってちゃんと書く時間ないんだもん、、、


SG

気を取り直しまして、

先ほどまで深夜24:30から28:30までに渡る
教育会議を行っていました!

うお〜久しぶりにこんな時間に起きてる(T-T)


←写真は顔出しOKなのかNGなのか分からないSG社員。


無料コンサル開始前の最終段階の詰めを行うと同時に
色々と各々が持つ教育理念について語ってもらいましたよ〜☆


天才少年繁田
勉強することが苦痛であってはならない。
サービス・講師の魅力等により、生徒が行きたいと思える塾であるべき。「塾が楽しくてしょうがない!」が理想。

塾は生徒に「学ぶ楽しさ」を教えるべきである。
学び、分かった時の達成感。これを増幅してあげる。

学び、達成し、成長する。これが最も楽しい。
この良いサイクルを作ってあげるのが塾の役割。

人は考え、学び、行動する生き物だから。


【SG】
塾は生徒に「成功体験」を積まてあげるべき。
成功体験を積んだ経験があれば、自分の中に自信が生まれ、
大人になった時もまた新たに成功することが出来る。
これがある人はいつも自信に満ち溢れハキハキしているが、無い人はマイナス思考になりがちである。

小〜高校の中でのイベントといえば、部活や体育祭・恋愛など様々なものがあるが、
その中でも特に大きなウェートを占めるのが「受験」。
塾はこの一大イベントに於いて大きな成功体験を積ませられる可能性を持っている。

Q.現在の日本の教育に欠けているものは?
A.ひとつにはエンタメ性。生徒を楽しませ、勉強に集中させ、成績の向上に繋げられるスキルと魅力を持った教員は
学校・塾の両方に於いて非常に数が限られている。



うむむ、一家言持っている人の話を聞くのは楽しいですね(*^-^*)
さて、、、今日は体力が無さそうだ〜(-_-;)

venture_all_the_time at 05:56|この記事のURLComments(18)

April 10, 2006

感動


うおー!20個もレスが付いてる(>_<;)
しかもめちゃくちゃ参考になる☆

コメントを下さった皆さん、どうもありがとうございました!!!!
こんなに中高生の方がブログを見てくれているなんて知りませんでした☆感激です(^-^;)
引き続きご意見お待ちしています(笑)




「やる気にさせる」
これは一つのキーワードでしょうね。
特にこれからの時代の教育に於いてますます重要になっていく気がします。

以前から学んでいるコーチングがいよいよ役に立つ時かも!
そして「学ぶ意味」や「学問が社会とどのように関わっているのか」を出来る限り教えてあげたい。
辛口な意見になってしまうかもですがw

そうそう、こんなに高校生の子が見てくれているんだったら
僕の持っているなけなしの受験ノウハウも公開してしまおうかな笑
ドラゴン桜ばりに。(←無謀)


以下、衛藤さんが下さったコメントです。

「燃えてますね!!!
最高の塾を作ってください!!
日本の塾の既成概念をぶっこわせ!!
考える生徒を作れ!!
大学受験なんか余裕で、その先の人生まで見据えて突っ走る、熱いやつらの集まる塾を作るんだ!!!!
日本を若者を通して変えるんだ!!!

って私までちょっと白熱してコメントしてしまいました。。
すんまそん。
応援してます!」


うおー!!!
燃えっぱなしです!!!!!


venture_all_the_time at 10:42|この記事のURLComments(12)

March 15, 2006

自分の子供を通わせたくなるような学習塾を…

「最近ブログのランキング下がってますね」とか言われた。
ガーン!くそー悔しきかな(>_<;)
というわけで、皆さんご協力お願いしますwブログランキング(小、緑)



さてさて。


3.13塾ミーティング!

←一昨日の塾経営ミーティングの様子。いい部屋でしょ(^-^;)笑




最近日誌を書く暇がありませんでしたが、
やまでぃーが書いてくれていたので無断転載。

学習塾経営のプロフェッショナルな方とお話してきた日の日誌です。
うーん、これぞコンテンツのマルチユースw

「今日は濃い1日でありました!!

1時に新宿ヒルトンへ♪
塾プロジェクトに際して、○○〇塾の元経営陣の方にお話を聞けるとゆーことで、同席させていただいたのです☆

いやー。
いやー!!

素晴らしい方でした!!(>д<)
ホント、目の覚める想いでしたよ、うん。

ちっちゃいころから受験勉強を意識せざるおえない環境にいて、自分は自分なりに、教育に関して考えを持ってたつもりだったけど、それはあくまでただいち子供の『意見』であって、情報であるとか知識であるとか、そういった実態のあるものが伴っていなかったなって思った。 」

そうなんです。僕もありえないくらい感銘を受けました(>_<;)

目の醒めるようなような思いを何度もさせられ、同席した一同本当に感激しておりました。
終わった後も余韻がおさまらず、みんなで「凄い、凄過ぎる」と長い間騒いでいました(笑)


正直今までの自分達の甘さに気付かされましたし、
だからこそ本当にいいものを作るために死ぬ気でがんばろうと思うのでした。

このプロフェッショナルな御方はKさんという方なのですが(一応仮名)、
何が凄いって教育に対する熱意が凄い!

「本当に良い教育を提供すると、子供やお母さんに心の底から感謝される。
こんなに楽しいことはないよ」
Kさんの印象に残った言葉です。


「やるのであれば、本当にいいものを作る。」
「自分の子供を通わせたくなるような塾を作る。」
そんな思いにさせられたミーティングでした。


このKさんですが、正式にホットティー塾部門のコンサルタントとして迎え入れることになるかもしれません。
紹介して下さった永井さんも、
「塾業界広しといえどもK先生以上に的確な意見を言える人材もそうはいないのではないかと思っている」
とまでおっしゃって下さいました。


こうやって熱意のある方と協力していきながら、
自分の子供を通わせたくなるような
本当にいい塾を作って行きたいです!


金曜は不動産回りをしてきます☆
物件の目処はある程度立っているので、教材・講師・タイムスケジュールを煮詰めないと(>_<;)


7月開校に向けてスパートだ!!!


venture_all_the_time at 14:48|この記事のURLComments(7)

January 24, 2006

ありがとうございました!!!!!

今日も応援ありがとうございます☆ブログランキング(小、緑)



昨日投稿した記事に対して、50件を超える熱いメッセージを頂きました。
貴重な意見ばかりで大変参考になりました(>_<)どうもありがとうございます!!!

暖かい応援のメッセージにも本当に励まされています。
まだまだ未熟でダメダメなこんな自分にたくさん応援の声をかけて下さって、言葉では表しきれないくらい嬉しかったです。
本当にありがとうございました!!!


正直、昨日投稿した記事の内容だけでは大分偏った見方になっているかもしれません。
一口に教育といっても、様々な要素が絡むものであるし、
昨日の記事の内容だけでは不満に思ったり不快に感じられたりする方もたくさんいらっしゃることでしょう。
また、文章だけ取ってみても語弊や舌足らずな部分が多くあったかと思います。
申し訳ありません(T-T)

それなのに、真摯に受け止めて真っ直ぐ意見を返して下さる方がたくさんいらっしゃって(友人含め)、
大変感激しました!


以下、頂いた意見の中から一部抜粋いたします。

「教わったことがそのまま役に立たなかったとしても、原因→結果・結果→原因を考えるプロセスの重要性を知ること、つまり、思考力を培うことはできるのではないでしょうか?」
「中学〜高校の間の教育改革が一番必要だと思っています。」
「なんで勉強しなきゃいけないのか、その理由を知るために、今勉強している。」
「教育がいくら改善されても、他人に何を言われて影響されても、自己責任のもと行動する人とはするし、しない人はしないと思います」
「こどもの「学習」意欲をかき立てることが大事では?」
「学校教育の中に夢に近づける科目があればかなり有効」
「時間はあります。ただ浪費しているだけです。」
「夢を追う力こそ小・中で教えるもの。」
「親の教育も必要」


めちゃくちゃ参考になります(>_<)
どうもありがとうございました!

うーん、「実用的な教育」の例で「資産運用」とだけ書いたのは失敗でした…拝金主義的に見えてしまいますね(^_^;)

言い訳になってしまうかもしれませんが、昨日投稿した記事というのはもちろん現在の日本の教育全てを否定するものではありません。
日本の教育には良い部分もたくさんあると思っています。

また、何よりこの記事を見ると一生懸命中学や高校で授業を教えている熱意のある先生方は不快に思われますよね…
重ね重ね申し訳ありませんでした。

僕が通っていた中学・高校には、素晴らしい先生方もたくさんいました。
ダメ生徒である自分をよく理解してくれて、またとても分かりやすく数学や国語などを教えてくれる先生方もいらっしゃいました。
今更ながら、本当に感謝しております。


そして、昨日のように偉そうに教育について書きながらも、
僕もまだまだ未熟で知識薄弱であることも自覚しております。

ただ、教育について高く意識を持っていることだけはお分かり頂ければ幸いです。
現段階で僕の認識や理解がずれているとしても、皆さんのアドバイスによく耳を傾けながら
ますます精進していきたいと思います!!!

自分の考えを提言して意見を頂いてディスカッションしながら、更に自分の考えも深めていき、
どんどん良い方向に社会を変えていけたらと思いますので…

というわけでまだまだ未熟な自分ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(>_<)



ああ、教育について語りながら一晩飲み明かしたい(笑)
皆さん今度オフ会しましょう(^-^;)笑





あと、全ての質問に対してちゃんと答える時間が無くてすみません(>_<;)
時間が無限にあればよいのですが…
でも頂いた質問はこれからのブログの内容にフィードバックして
答えになるようにちょっとずつ書いて行きますので!


あ、教育関連意外でお寄せいただいている質問の中には
今までの記事で答えになっているものも結構ありますので、お暇がありましたらぜひご覧下さい(^-^;)笑

「なんで大学辞めないの」については→ コチラ
「世界一ってなんですか」については→ コチラ



堀江さんの逮捕の件についてはまた思うところを書きますね。
とりあえず複雑な心境です…


ブログランキング(小、緑)
続きを読む

venture_all_the_time at 16:18|この記事のURLComments(21)TrackBack(0)

January 23, 2006

教育について熱く語る  斂瓦鯆匹┐覆じ従】

教育について熱く語る約束をしていたので(笑)、
本日書かせて頂こうと思います。

といってもあまりに思うところが多過ぎるので、何回かに分かれてしまうと思いますが、、、


今の日本の教育システムですが、自由度が少ないために
あまりに夢を追えない形になっていると思います。



教育課程が画一化され過ぎて自由度が少ないために
個々がそれぞれの目標・夢を追いにくいということです。

具体的にいえば、中学高校の授業。
平日の毎日8:30〜15:00と長い時間をつまらない授業に拘束され、
個々が本当にやりたいことをやれる時間がごくごく少なくなってしまっています。



資本主義の元では経済発展を第一義に捉える必要があり(便宜上)、
その観点からのみ考えると以前まではこの形で良かったのかもしれません。

経済成長が右肩上がりの時代では、先駆者の真似をするのが何より良かったから。

でも今は違うんです。

・ITを主要因として変化の激しい時代が訪れたことにより、
先駆者の真似をするとむしろ古い手法を用いることになってしまう。
・経済成長がほぼストップしたため、成長中のものに乗るということが出来ない。

以上二点より、その場その場で自ら主体的に考え新しいものを作り出せる人間が勝てる時代になってきています。(経済的な点のみでは)

「コーチング」が流行っている背景にはこういった理由もありますね。


話が逸れましたが、本当に今の教育システムは自由度が少ないと思います。
個々が自分の夢を追うことが出来ません。

分かりやすく例を挙げます。「プロのミュージシャンになりたい」という少年がいるとします。
大抵の家庭や学校では「そんなの無理に決まっている。無駄な夢を追うより勉強しろ。」
といった主旨の内容で諌められてしまうでしょう。
結果的に、夢を追うためには中学にせよ高校にせよ平日8:30〜15:00ぐらいの長い授業の合間を縫って部活や自主練に精を出さねばなりません。
夢を追うには明らかに時間量が足りないですよね。


そもそも勉強する意味とはなんでしょうか。
「なんで勉強しなきゃいけないの?」と子供に問われた時、まともに答えられる大人を見たことがありません。

「勉強をしなければいい大学に行けない。いい大学に行けなければいい会社に行けない。いい会社に行けなければいい生活が出来ない。
いい大学に行っていい会社に入っていい生活をするために勉強をするのだ。」

理屈は通っています。でも、これを聞いた時に子供は納得するでしょうか?
いい会社に入っていい生活をする。これが本当にやりたいことでしょうか。
違うでしょう。子供にとって本当にやりたいことや夢はそれぞれ違っているはず。


もちろん、完全に今の義務教育を撤廃しろという話ではありません
教育課程において、教養として必要な部分は確実に多く存在しています。
ですが、今現在の日本の中学高校で習う学習内容は
あまりに実用性がなさ過ぎる。教養の範囲を確実に超えています。
だからその量を少しでも減らして、個々が夢を追うために充てられる時間を増やすとか、
資産運用の授業のように実用性のある学習内容をもうちょっとでも増やしたほうがいいと思うわけです。
(「ゆとり教育」は結果的にうまく行かなかったわけで、難しい課題であることは間違いありませんが。)

しかしあまりにも学校での学習内容が社会に出てから使えません(笑)
微分方程式などはごくごく一部の研究者や経済学者にとってしか役に立たないでしょう。
歴史で習う細かい単語や年代なども同様です。

「無駄なものを学ぶことによって忍耐力を付けるのだ」なんて意見もありますが、
それにしても教育課程において改善できる部分はたくさんあると思います。

個々の興味の対象というのも違っているわけですから、選択できる範囲をもうちょっとでも増やしてくれればいいんですが…
手間や人件費の問題も絡んできてしまいますが。
でも、中学や高校でも志の高い素晴らしい先生方は確実に存在していたし、
その人とたちにとっても生徒の夢をサポートするというのは本意なのではないでしょうか。



そして、特に主張したいことがあります。
凝り固まった教育システムにより、夢を追うことが叶わず妥協させられてしまうがため、無気力な若者が増えているという現状があるということです。

夢を追って失敗するばかりか夢を追うこと自体が出来ない。
これでやる気が起きるはずが無いでしょう。

ニートやフリーターの増加というものも、これが原因になっている部分が大きいと思います。



先日発売された「ビックコミックビジネス」で非常に興味深い記事が載っていました。
(ちなみにこの漫画雑誌、参考になる漫画がいくつか載っていて「モーニング」と共にオススメです。)

続きます。
雑ですみません…推敲する時間が…(-_-;)

読んで頂きありがとうございました☆ブログランキング(小、緑)




venture_all_the_time at 17:01|この記事のURLComments(56)TrackBack(1)