キャンプ&BBQブログ ただ今タイトル募集中!

キャンプ・BBQの幹事さんの負担を少しでも減らすために 経験に基づく情報やアドバイスを発信して行きながらたまに自分の今までしてきたキャンプの回想録を綴って行きます。

キャンプ・BBQの幹事さんは何かと忙しくて大変です。 普通の飲み会とはワケが違います。 まして幹事さんの経験が浅い場合は尚更です。 このブログはそんな幹事さんに参考にして頂こうと思い開設してみました。 キャンプ・BBQの準備段階でのアドバイスや情報を中心に書いています。 幹事さんの負担を少しでも減らすことができれば幸いです。

IMG_3969




















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





昨日富士山に登ってきました
メンバーは男二人です(笑)


金曜の夜に登山口の駐車場で車中泊
翌日の朝から登山開始です

結局ツレの体調や時間的なことを考えて
8合目(3200メートル)まで行ったとこで下山することにしました
山頂まで行けなかったのは残念ですが、
登山を楽しむことはできましたしツレも満足してくれているみたいなので良かったです


さて話は変わって登山途中にも頻繁に見かけたのが

バックパックの調整をしていない人


できるだけ身体への負担を軽くして登りたいところですが
リュックを調整しないと同じ荷物の量でも感じ方が変わってきます



前回の記事で重は上、軽は下、そして重は背中側ということを書きました


しかしそれだけではまだ不十分です
リュックはできるだけ
薄く細くするイメージが必要です



しっかりリュックを圧縮して背中側に重さがかかってくるようにするということです
そのために大きいリュックには必ず側面にベルトがついています


このベルトがダルダルな人が意外と多いです
このベルトがダルダルだと荷物は前後方向へブレます
特に後方へブレていきます
すると結果的に重力で下方向へも力がかかり重たく感じてしまいます
ベルトをしっかり締めて背中側に荷物を押し付けて
リュック自体を薄くするようにするべきです


そしてリュックはできるだけ細くです
イメージは2リットルペットボトルを横ではなく縦に持つ感じです
先程の側面のベルトがここでも関係してきます
ベルトが緩いと前後方向だけでなく横にもブレてきます
リュックの横幅は最低でも自分の身体の横ライン以下におさめる必要があります
細ければ細いほどいいと思います


ここで疑問が生じる人もいるかもしれません
薄く、細くすると荷物が入らないのではないか・・・

薄く、細くする
そしてその変わり
高くして下さい

高い分には大丈夫です(頭の高さくらいまで)


薄く細く高く

今日はここまでです






IMG_1324




















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




久々の更新になってしまいました
アウトドアシーズンま只中です
みなさんBBQしてますか?
キャンプしてますか?

久々の今日は少しテーマを変えて記事を書いてみます



【バックパックの荷物の詰め方】


これは今の時期登山する人に当てはまるかもしれませんね
パッキングの基本は


重たい物は上に軽い物は下に


これが基本
でも直ぐに使う物は軽くても上に入れておかないと
取り出す時に苦労することになります
だから基本は重いものは上、軽い物は下ですが、
臨機応変にするしかありません


そしてそれに加えて、
重たい物は背中側に詰めるようにして下さい
これも重要です。


キレイに詰めても、適当に詰めても、合計の重さは変わりません
しかしそれを背負って長時間歩くとなると話は別です
パッキング一つで重たく感じたり、軽く感じたりします
だからかなり重要です


筆者は毎年夏にバックパックを背負って北海道によく行ってました
歩きと電車の旅です
キャンプ道具と自炊道具を一式を一つのリュックに入れるので、
パッキングはかなり丁寧にやってきました
時には重さ25キロにもなるものを背負って長時間歩くのですから、
パッキングには気を使いました


一度レジャーシートに荷物を全部広げます
丁度フリーマケットみたいな感じです(笑)
そして一つ一つリュックに詰めていきます


基本はもちろん
重は上かつ背中側、軽は下です


今日は以上ですが
パッキングについてはまだまだ触れておかないといけないことがありますので
次回もこのテーマでいきます



IMG_3505




















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







筆者はキャンプに行くと一緒に参加しているメンバーの誰よりも早く起きます
遅くまで寝ていたいという気持ちもありますが
早く起きて時間を大切にしようという思いの方が強くなります


そして起きて真っ先にすること


もちろん


ビールです

↑このページのトップヘ