2007年07月

2007年07月30日

7月の誕生石

スタールビーもう7月も終わりですが、7月の誕生石のご紹介です。
7月はルビーが誕生石。
メジャーな石なので特に説明することはないと思いますが、少しだけ説明を。。。

コランダムという鉱物の赤色のものがルビーです。
硬度が9で、主な産地はミャンマーやタイスリランカ、インドなど。
一般的にルビーは色の改善を目的とされた熱処理がされています。
最近は、処理を施していないルビーもかなり流通するようになってきているので、非加熱ルビーというものをご覧になったことのある方も多いことと思います。

写真のスタールビーは、多分熱処理はされていないと思いますが、はっきりと調べてはいません。
どちらかはっきりわからないけれど、このルビーは色といい、スターがくっきり出るところといい、ものすごく美しいです。
写真だとちょっとわかりにくいですけど、実物はものすごく綺麗なんですよ。
スタールビーというと、そのスターが出る要因のシルクインクルージョンによって、色が濁って見えるのですが、このルビーは透明度が高いです。

大きさは0.96ctと1ctに少し届かないのですが、リングに仕立てるのにはちょうど良い大きさです。
今のところ、何を作ろうとか予定はないのですが、眺めているだけで幸せな気分になれます。
ボリュームのあるリングにしたてても、かっこいいですし、華奢なデザインにして、まわりに露のようにダアを散らしても美しいですよね。

お値段などご興味のある方は、ご連絡くださいませ。


ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 12:18|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 宝石とジュエリー | ルース

2007年07月28日

原マスミという人

原マスミもうひと月以上前になりますが、目黒区の美術館で原マスミという人のイラスト展がありました。

原さんという人は、もともと音楽をやっている人で、美術の専門学校時代に心理学の講師だった人が教えてくれたアーティストさんです。
幅広く活動していて、音楽のほかにも声優をやっていたり、イラストを描いたりしています。
私は最初に出会ったのが音楽だったので、原さんは音楽家と思っていますが、ここ何年も新しいアルバムは出していないのです。
そのかわりというか、違うお仕事、特にイラストの仕事はたくさんされていて、美術館で個展を開くほどです。
友人にチケットをもらったので行ってきたのですが、ここ20年くらいの仕事の集大成という感じで、ものすごく見応えのあるイラスト展になっていました。
展示を見ていたら、自宅の本棚にある本があって、あれれ、気がつかなかったけど、これも原さんなんだなぁとびっくりしました。

なぜ突然原さんの話を書いているかというと、先日、京都で展示会をしたときに、ギャラリーのオーナーさんに、「作品を作るときはどういう音楽を聞いていますか?」と聞かれて、まず最初に思い出したのが原さんだからです。

普段は、仕事場でJ−WAVEをかけっぱなしなので、特定の曲やアーティストを聞いているわけじゃないんですけど、デザインの学校に通っていた当時、宿題のデザインを原さんのアルバムを聴きながら描いていました。
もっと言うと、ジュエリー業界に入る前に、趣味で抽象画を描いていたころ、友人と二人で喫茶店の壁を借りて、イラスト展をやったりしたのですが、そのときは原さんとクレヨン社というデュオのアルバムをよく聴いていました。

どちらもマイナーな人たちなので、知っている人はものすごく少ないと思います。
曲の感じは、何に分類されるんだろう?
無理矢理分類するとフォーク?
音楽はまったく詳しくないので、わかりません。

自分では、音楽を聴きながら何かをデザインしても、特別に影響はないと思っているのですが、どうでしょうね?
絵を描いていたときは、そのときに聴いていた音楽に影響されているような感じはありましたが。。。
ジュエリーのデザインを始めてからは、聴いている音楽よりも、デザインをするつもりの宝石に影響を受けることが多いような気がします。
じっと石を見ていると、デザインがひとりでに浮かんできたりします。
そういう時は、ものすごく短時間でデザインが出来上がります。不思議なものですよね。
へんな言い方ですが、石が語りかけてくるような感じです。

石の魅力と、その石をジュエリーとして使う人の魅力、両方をうまくジュエリーの形に作れたら素敵でしょうね。
そいういうジュエリーをデザインできるように、がんばらなくては。


ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 23:33|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 日々の風景 

2007年07月27日

猫目石

アレキキャッツアイ可愛いでしょう?
先日出会ってしまったアレキサンドライトキャッツアイです。
見た瞬間に、可愛い形だなぁと思ったのですが、目の出方といい、ボディカラーといい、カラーチェンジといい、値段からすると申し分ありませんでした。

大きさはだいたい3ミリくらいなのですが、ぷっくりした形も本当に猫の目みたいで可愛いです。
写真だとわかりにくいのですが、日光の下でみると青い色が見えてこれにもうっとり。
目のラインもまっすぐで綺麗だし、コレクションに入れようかと思ったのですが、あまりの綺麗さに先日いらしたお客様に自慢げにお見せしたところ、お嫁入りすることになりました。

綺麗なキャッツアイだから、自分の手元のコレクションに入れて、眺めていたいという気もしたのですが、お客様の手元に渡ってジュエリーに仕立ててもらって、大勢の人に見てもらった方がいいんだろうなぁと思ってお譲りしました。

最近コレクションにしようと思って購入しても、結局普通にジュエリーに仕立てちゃったり、販売したりすることが増えています。
コレクション熱が醒めた。。。というわけじゃなく、コレクションとして自分が握りしめているよりも、ジュエリーに仕立てて、多くの人に楽しんでもらいたいという気持ちが強くなってきたのです。

もっとも、ジュエリーに仕立てられない柔らかい石や、ものすごくレアな石は相変わらずコレクションにしてますけど(笑)
そういえば、コレクション用のルースケースがいっぱいになってしまったので、新しく買わなくちゃいけないのですが、今までのと形が変わってしまうので、ためらわれています。
その間にルースは増え続けていて、そろそろ収拾がつかない状態なんですけど。。。
困ったものです。


ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 07:50|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 宝石とジュエリー | ルース

2007年07月25日

迫力のツリークラウン

ツリークラウンプラチナツリークラウンのプラチナバージョンを作ってみました。
夏に涼しげなブルーのトルマリンを使ってます。
このトルマリンはカットも面白いし、色の感じもちょっと硬質な感じのブルーで、見た瞬間にこれはツリークラウンのLサイズを作るのにぴったりと思いました。

出来上がってみたら、あまりにかっこ良くて、売ってしまうのがもったいないくらいです。
もったいないと言っても、売り先が決まっているわけじゃないし、プラチナで作っているので、お値段もそこそこいい値段なので、すぐには売れないと思います。
なのでしばらくの間、手元に置いて眺めていられるでしょうね。

お客様にご注文いただいて、ルースを探してお作りするのも楽しいですけど、こうやってルースだけを見て、これは何を作ったら素敵なジュエリーができるだろうなと考えながら、ジュエリーを仕立てていくのも楽しいです。
次は何を作ろうかな。
しばらくは、石を眺めながら、いろいろ考えて楽しみたいと思っています。


ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 08:03|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 宝石とジュエリー | ジュエリー

2007年07月23日

ついに発売されました

宝石選びの基礎知識いつもお世話になっている101番目の小さな宝石店の店主 青木氏が監修した本が、ついに発売されました。最初に話があってから、実際に発行されるまで数年かかっていますが、無事に発行されました。

私もジュエリーのリフォームのページで、少しだけ載っています。
でも、私自身はどうでもよいのです。私がデザインさせていただいたジュエリーが、かなりの数掲載されています。
美しい宝石の写真と、美しいジュエリーの写真がたくさん載っている本に、自分のデザインが掲載されている、こんな嬉しいことはないです。

実は今までに数回、宝石関係の本に作品を掲載させていただいたことがあります。
ただ残念なことに、それらの本は一般の小さな書店には置いてないことが多く、一番最近の本に至っては、一般の書店で見かけることはありませんでした。

今回はさすがPHP出版さん、普通に小さな書店にも置いてありました。
写真は、昨日出かけた先の駅ビルに入っている書店で撮りました。
残念ながら大きな書店ほど冊数は置いてなく、平積みされていなかったので、じっくり探さないと見つかりません。
それでも、ちゃんとこんな小さな書店にもあるんだなぁと感動いたしました。
だいたい実用書のコーナーに置かれているようです。
八重洲のブックセンターに見に行ったときも、やはり地下の実用書のコーナーにありました。

この本が大勢の方の、宝石選びの一助になるといいなと思います。
まだご覧になっていない方は、ぜひ書店で探してみてください。
この本は実物をご覧になると、宝石が好きな方でしたら、絶対買わずにはいられない本だと思います。

そういいながら、実はまだ手元に本が届いていないので、内容はじっくり読んでいないのです。
今日には届くはずなので、あとでゆっくり読もうっと。
皆様も書店での立ち読みではなく、ご自宅でじっくりと読んでください。


ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 08:11|PermalinkComments(4)TrackBack(1) インフォメーション 

2007年07月20日

リニューアルしました

この数ヶ月毎日のようにHPのリニューアルに向けて、四苦八苦していた小僧ですが、なんとかリニューアルできて無事にアップできました。
ところが、リニューアルが終わってほっとしたのもつかの間、「ページが白いままです」「繋がりません」というメールやお電話が・・・

自宅のmacとサロンのmacでは見られるので、多分macの方は問題ないと思います(ソフトの関係で、文字と背景のズレがあったりしますが)
一体どうしてそうなるのかわからないのですが、ウィンドウズでインターネットエクスプローラーでご覧頂いている方がご覧になれないのだと思います。

サロンのウィンドウズでは、最初真っ白のままでしたが、ソフトを開いた時の上部のバーの「表示」のところから「エンコード」という部分を選んで、「自動選択」にして更新をしたら、見られるようになりました。

昨日、小僧が仕事でお邪魔した会社のウィンドウズでは、見られたそうです。
何がどうしてそうなのかわかりませんが、もしここをご覧になっている方でページが見えない方は、上記の操作をしてみて下さい。

それでも駄目だったら・・・
うーん。どうしましょう。
もう少し詳しい人に聞いてみることにします。

大変ご迷惑をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 08:01|PermalinkComments(2)TrackBack(1) インフォメーション 

2007年07月18日

メカニカル・ペンシル

メカニカルペンシルデザイン画を描くときに、一番最初に使う道具です。デザイン画を勉強した学校では、メカニカル・ペンシルと言ってました。正式名称はなんていうのかよくわかりません。
デザイン道具に詳しい小僧に聞いたら、「ホルダー」と「芯」と言われました。

確かにそうなんですけど・・・

まぁ、名称はなんとでも、このペンシルとシャープナーが、最初にラフスケッチをするときに、必要な道具です。
もっとイメージだけのスケッチをするときは、鉛筆でもボールペンでもそこらへんにあるペンで描いたりしますが、もうすこし精密にラフスケッチを描く時には、これが一番です。
使っている芯は、4Hです。かなり硬くて薄いのですが、細かいものを描くには、これくらいの硬さが良いです。

道具というほどのものじゃないのですが、一番最初にこれを使って描き始めたせいか、これ以外だとなんとなくしっくり来ません。
ラフを描くのは、何を使っても変わりないはずなんですけどね。
とにかくこのペンシルは、デザインをするときになくてはならない物になっています。



ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 13:41|PermalinkComments(6)TrackBack(1) ツール 

2007年07月16日

スリーストーンのペンダントトップ・ゴールドバージョン

K18スリーストーンネック京都でお披露目したスリーストーンのペンダントトップです。先週ホワイトメタルバージョンをご紹介しましたが、今回はイエローメタルバージョンです。

使っているのは、ペリドット、グリーントルマリン、グリーンガーネットです。
プラチナバージョンは、全部アクアマリンで大きさと色のグラデーションにしていますが、こちらは種類を変えてのグラデーションです。
同じ鉱物で、色の濃淡をつけるのも楽しいですけど、まったく違う鉱物で色をグラデーションにしたり、あるいはグラデーションにこだわらず、色を楽しむのも良いですよね。

ピンクサファイアとルビーとピンクトパーズで、赤ピンク系を楽しんだり、サファイア、ジルコン、タンザナイトの青系、グリーンガーネット、エメラルド、ペリドットのグリーン系、イエローサファイア、シトリン、イエローベリルの黄色系。
考えはじめるといろいろ出てきますね。

問題は、綺麗な色の組み合わせでちょうど良いサイズのルースが見つかるかということ。
今までは、あまりラウンドのルースをチェックしなかったけど、これからはちょうど良さそうなサイズを見つけたら、チェックしておかなくては。
スリーストーンにちょうど良さそうな、ラウンドのルースが増えちゃいそうです。



ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 宝石とジュエリー | ジュエリー

2007年07月13日

たくさん実りました

桃と桃
今年は庭の桃の木に、沢山の桃が実りました。
ちょっと前のブログでもご紹介しましたが、あちらは小さいのが鈴なりでした。
こちらは、かなり大きいものができました。
実はこの桃の木、2002年にお中元でいただいた桃を食べたあとの種から、芽が出たものです。

不思議なのは、同じ白桃の種なのに、咲く花の色や形が違って、実る桃も違うこと。
2本は、食べたのと同じ白桃。もう1本はネクタリンのような硬い黄桃です。

あと1本桃の木があるのですが、そちらは毎年アブラムシに取り付かれてしまって、花もあまり咲かないし、残念ながら実ところまで行きません。
来年こそは、どんな実ができるのか、確かめたいです。

桃は豊作だったのですが、熟してくると、虫がたくさんよってきて、人間が食べられる前に、虫食いがたくさんになってしまいました。
うちの母は、こんなに立派な桃になるなら、来年は実がついたら紙袋をかけようと、はりきっています。

それにしてもよく食べた果物の種から、木を育てるという話は聞くんですけど、本当にこんなに立派な果物が採れるようになるなんてびっくりです。
来年も豊作だと嬉しいな。

ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 11:37|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 日々の風景 

2007年07月11日

7月15日より値上げさせていただきます

フラワーピアス先日、お客様がフラワーのピアスをお買い求め下さいました。
着用されてお帰りになったのですが、とてもお似合いでした。
華奢なイメージのフラワーが実際に着用すると、なかなか存在感があって、素敵だなと思いました。

お客様がしてらっしゃるのを見て、ピアスを自分用にしてもいいかなと思ってしまいました。
いつもしているピアスは、Tシャツにジーンズでバーベキューしに行くときには、さすがにどうかと思っていたので、そういう時にちょっといいんじゃない? ということで、自分用におろしました。

実際に着用するとこんな感じです。
着用するときに、花びら部分を持つとちょっと指が痛いですけど、耳元に可憐な花が咲いた感じで、鏡に映った自分を見て満足です。

さて、このフラワーのピアスとペンダントトップ、そしてピンキーリングのシリーズですが、この度、地金の高騰により価格を見直さなくてはならなくなりました。
大変申し訳ありませんが、だいたい下記のように変更になります。

スター pt ¥95,000 K18 ¥40,000→pt ¥115,500 K18 ¥47,250
シューティングスター pt ¥70,000 K18 ¥30,000→pt ¥84,000 K18 ¥35,700
リーフ pt ¥138,000 K18 ¥63,000→pt ¥162,750 K18 ¥73,500
フラワー pt ¥115,000 K18 ¥55,000→pt ¥132,300 K18 ¥63,000
フラワーネックレス pt ¥105,000 K18 ¥84,000→pt ¥126,000 K18 ¥94,500
フラワーピアス pt ¥42,000 K18 ¥31,500→pt ¥52,000 K18 ¥35,700

新価格は7月15日からです。
それまでにご注文、お見積もりなどのご相談をいただいた場合、お届けが7月15日以降になりましても、旧価格にての販売になります。

詳しくは後日HPにて報告させていただきます。

価格変更になる前に、気になっている商品がございましたら、ぜひ、この機会にお買い求め下さい。

ベルデライト・ホームページ

rankingいつも読んでくれてありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(1) インフォメーション