2012年02月

2012年02月29日

4年に一度のお祭り気分

グリーンファントムとアメジスト
ツーソンフェアで、通りかかりのお客様がお買い上げして下さった、アメジストとグリーンファントム。

ちょうど前の日にフェアの準備で、ギャラリーの掃除をしていたら、ここは何のショップなんですか?と声をかけられたので、フェアのご案内をしたら、見に来て下さったのですが、かなり興味を持って下さったようです。

アクセサリーにして下さいとのことで、お買い上げいただいたルースを預かっていたのですが、先ほどやっと出来上がりました。
グリーンファントムとアメジスト出来上がり

アメシストの風景を大きく見せたかったので、どうしたものかと試行錯誤の末、太めのワイヤーで土台を作って、細めのワイヤーで巻いて留めました。

久しぶりにワイヤー巻きをするとやっぱり楽しいです。
自分で作れるのは楽しいですよね。

ところで、今日は4年に一度の閏日。
ちょっとお祭り気分になって、何かやるかという一言で、突然フェアをやっている私たち。

突然思いついてやることですから、できることと言ったら割引セールなんですけど・・・
でも、ちょっと面白いからやってしまえと、1点だけセールしています。

本日2月29日24時まで。
去年発表したオンリーワンのホワイト・オパールのトップを29%オフでご提供です。

突然のことですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ルース | アクセサリー

2012年02月27日

方法はいろいろ

ワックスジュエリー制作方法には、幾つかの手法があります。

ジュエリーを作るというと、「彫金」という言葉が一番多く知られていると思います。
私が理解しているわかりやすい言葉で言うと、彫金は金属そのものを、ヤスリやたがねを使って、彫りをいれたり、切ったりして形を整えて、ジュエリーを作ること。

その他の方法では鋳造(鋳金とも言うようです)があります。
キャストとも呼ばれています。
これは鋳型を作り、そこに溶かした金属を流し入れて、ジュエリーを作ります。
もちろん鋳造で出来た形だけでは、綺麗なジュエリーにならないので、彫金の技術を使って、仕上げます。
その鋳型を作るための原型を作るのに、写真のワックスを使います。
(原型をワックスではなく、金属で作ることもありますし、他の物で作ることもできます)

緑の棒がワックスです。
ワックスはいろいろな形がありますが、リングを作る場合は最初から指穴があるワックスを削って、リングの形を作っています。
使う道具は、ヤスリや糸鋸や、スパチュラ、その他いろいろです。

そして、あまり馴染みの無い言葉ですが、鍛金という方法があります。
これは金属を叩いて形作る方法です。
主に刀剣や甲冑を作るのに使われた技術です。
ジュエリーを作るときに使うこともあります。

どの方法が一番良いとか、どの方法だとダメとかそういうことはないのですが、鋳造だと溶かした金属を流し込むときに、空気が含まれて、微細な穴ができることがあります。
強度を考えると、彫金や鍛金の方が優れていると考える場合もあります。

まだ鋳造という技術がなかった時代には、現代の人が見ると信じられない繊細な作りのジュエリーがあります。
そういうジュエリーを見ると、技術の素晴らしさに驚くとともに、その優美な作りにため息がでます。

しかし、ワックスを利用する鋳造では、彫金では表現しきれない表情を出すことができます。
それはボリュームであったり、柔らかさであったりします。
どうしても金属から削り出すとなると、時間や労力がかかってしまい、ラインを美しく出すのが大変なことがあります。
ワックスは加工しやすいので、短時間で金属では表現できないフォルムを表現できます。

彫金、鋳造、鍛金、それぞれの表現の得意な部分を、組み合わせてより良いジュエリーが出来上がるように、工夫していけたら、いいなと思っています。

私がお願いしている職人さんは、どの技術も持っていて、素晴らしいジュエリーを何時も作ってくれています。
私がデザインした形に合わせて、これはワックスを使った方が、綺麗に仕上がるのでワックスを使いますとか、これは地金から直接作っちゃうねとか、その時々に作り方を変えてくれているのです。

特にどのジュエリーがどの方法かとは、お知らせしておりませんが、オンリーワンでお作りしているもの、あるいはフルオーダーでお作りしているものは、ほとんどが手作り一個もので、ワックスは使っていません。
最近オーダーいただいたリングは、ラインとボリューム感でワックスを使った方が、綺麗だからということで、ワックスを使って鋳造しましたけど。

もっとも、私としては出来上がりが美しければ、工程は問題ないと思っているので、あまり深く追求はしていません。

そうは言っても、もう少し彫金的な知識が増えるといいなと思って、金属を直接加工する方法を勉強したいと思っている今日この頃です。
4月になったら、習いに行きたいような気がしているのですが、果たしてその時間が取れるのでしょうか。。。

今年の目標の一つです。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。






verdelite at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | 四方山話

2012年02月26日

形が変わってもテイストは変わらない

パパイア&ジンジャーメトロエム後楽園の2Fにサンクゼール・ワイナリーというショップが入っています。
いつも前を通る度に、気になる品揃えの店だなぁと思っていました。
とくにジャムの品揃えがとっても気になっていて、でも事務所でジャムは使わないし、買って帰るのも面倒などと思って、いつも通り過ぎていました。

それでもある日、友達の家を訪ねるのに、ここのジャムをお土産にしようと思って、ショップに入っていったら、見つけたコーナーにあったジャム。
タンザニア・チャリティージャムというのですが、サンクゼール・ワイナリーに勤めるタンザニア出身の女性が、タンザニアのエイズ孤児らを支援する団体を作り、会社の支援のもと販売しているジャムだそうです。
サンクゼールタンザニアというと、いろいろな宝石が産出されていて、ベルデライトでも沢山扱っています。
そういう意味で、とても馴染みというか関わりのある国です。

このチャリティージャムは、売り上げの16%がタンザニアに送られているそうです。

さっそく買いました。
ヨーグルトに入れて食べるととても美味しくて、見た目や雰囲気だけでなく、味もいいなあと思いながら、サンクゼール・ワイナリーについてPCで調べて見ました。

サンクゼールは昔「斑尾高原農場」という名前でジャムを販売していたそうです。

斑尾高原農場・・・

昔、スキーによく行っていたころに、お土産によく買っていたジャムです。
スキー場近辺だけでなく、ちょっと贅沢品を扱っているショップにも置いてあって、好きでよく買っていました。

会社の名前が変わっても、パッケージが変わっても、雰囲気は変わらず、それどころか前よりもより一層パワーアップして、良い雰囲気です。
きっと他の商品も良い物になっているでしょう。

このジャムを食べきってしまったので、次のジャムを買いに行きたいと思っています。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 21:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日々の風景 

2012年02月24日

落ち着いた気持ちのブルー・オパール

ブルーオパールスクエアツーソンフェアが終わって、ルースをお届けした方から、感想をいただいて、ほっと一息です。
気がゆるんだのか、体調は絶不調。

昨日は一日、何も食べられず一日寝ていました。
幸い、一日で動けるようになって、今日は出かけたりしましたが、ちょっとメールのお返事やブログなどが遅れ気味です。
申し訳ありません。

さて、ちょっとグッタリしているときは、元気の出る色合いのルースを見るといいなと思ったのですが、このブルー・オパールのような、落ち着いた色合いもいいものです。
ほっと一息という感じで、やんわりふんわりした気持ちになります。

このブルー・オパールも、ツーソンで出会ったものですが、ウェブ上でのご紹介に間に合わなくて、展示会にいらした方にちらっとご紹介しただけになってしまいました。

とりあえず写真だけブログでご紹介です。
遠方の方や、タイミングが合わなくて、サロンにいらっしゃれない方には、申し訳ないなぁと思うのですが、ブログでなるべくご紹介していきますので、これはと思われましたら、お問い合わせ下さい。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2012年02月22日

アメトリンって面白い

アメトリン2
ツーソンフェアが終わって、フェアでご紹介していたルースは、通常ルースとしてアップ予定ですが、ショップページで紹介できなかったルースというのが結構あります。

このアメトリンもその一つ。

ブラジル産のアメトリンとのことです。

紫とイエローの部分がはっきりわかりますよね。
写真でみると、かなりはっきり色が分かれているのですが、実物をフェイスアップでみると、紫と黄色が入り混ざって、とらえどころのない感じになります。

そしてもう一つ同じ産地のアメトリンがあります。
ブラジルアメトリン1
一つ目のアメトリンほどはきりと色が違う部分が映っていませんが、写真だとちゃんとアメトリンとわかります。
ところが、このアメトリン、実物をフェイスアップで見ると、シトリンにしか見えないのです。

よくよく見ると、確かに紫が入っているのですが、一瞬わかりません。
セッティングしたらどうなるんでしょうね。

ほんと天然石って面白いですよね。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2012年02月20日

ツーソンフェア終了しました

ツーソンフェア風景2月17日から19日まで、小石川のシードタイムギャラリーにて、開催しましたツーソンフェアは無事終了いたしました。

ギャラリーにお越し下さったお客様、そしてウェブ上でお買い上げ下さったお客様、ありがとうございました。
おかげ様で、大変盛況でした。

ツーソンのルースの話、業者さんの話、同行してくれた友人との旅行の話、いろいろ楽しくお話させていただきました。
ウェブ上からのお買い上げの方からも、暖かいお言葉をいただき、本当に嬉しかったです。

皆様、いつもありがとうございます。

今回のフェアも、壁にツーソンで撮った写真をプリントして飾ってみました。
ツーソンのルースコーナーには、水晶の写真を飾っています。
この写真、今回撮った中で、一番のお気に入りです。
高さが50センチくらいある水晶の裏からライトを当ててあるのですが、とってもロマンティックな雰囲気で、こんなのを部屋に置いてあったら素敵だろうなと思いました。

しかし、日本の住宅事情を考えると、こんなのそうそう置いておけないですよね。
憧れるんですけどね〜。

その前に、日本に持って帰ってくるのが大変そうです。
こんなに大きな水晶、どうやってもスーツケースに入らないですしね。
重量オーバーなんてもんじゃないし(笑)

そういえば、今年は私はチョコレートを買う量を控えたので、重量オーバーしませんでしたよ。
お土産のチョコレートの分量は少なくて、ちょっとつまらないですけど(笑)

今回のお茶うけクッキーは、シナモンのクッキーとチョコチップとクランベリーのクッキーにしました。
去年のクッキーは、これでもかというほどのチョコクッキーだったんですけど、去年のチョコレートで重量オーバーはかなり響いて、今年はセーブしましたので、クッキーの材料は買ってこなかったのです。

しかし、今年あと2,3袋買っても大丈夫そうだったから、来年はもうちょっと買ってこようかな。
なんて思っていると油断して、オーバーしたりするんですよね。
気をつけなくちゃ(笑)

今回のツーソンフェアでご紹介していたルースは、通常のルースとしてショップページでご紹介いたします。
このフェア期間、お時間が取れなかった方は、そちらでじっくりご検討下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 13:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2012年02月19日

ツーソンフェア最終日です

マラヤガーネット
今日はツーソンフェア最終日。
昨日と一昨日の二日間、たくさんのお客様にいらしていただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

今日はどんな方がいらして下さるのか、とても楽しみです。

ウェブショップで開催しているツーソンフェアのルースは、フェアが終了しましたら、通常ページでご紹介させていただきます。
どうしようかなと思っているルースがありましたら、フェア終了後でも間に合いますので、どうぞじっくりお考え下さい。

そのフェアでご紹介しているルースで、熱く語ってないものはたくさんあるのですが、今日熱く語らせていただくのは、マラヤガーネット。

マダガスカル産なのですが、これが写真だともやっとした感じですが、インクルージョンが入っています。
この針状のインクルージョンが、ガーネットのインクルージョンとしてはよくある形の120度の交差状態で入っているのが確認できるのです。
鑑別の勉強をしていた時に、80倍の顕微鏡で良く見かけていたのですが、このガーネットは10倍のルーペでそれが確認できるのです。

普通、インクルージョンが見えてしまうと、宝石としての魅力を損ねてしまうのですが、このガーネットは一瞬みると、バラ色の美しいガーネットにしか見えません。
よくよく見ると、何か入っている? という感じです。
そしてルーペで見ると、針状インクルージョンが交差している。
マニアックな楽しみ方ですが、私はこのガーネットを見た時、にやにやしてしまいました。
サロンにいらして実物をご覧になれる方は、ぜひとも、ルーペで確認してください。

今日は12時から18時までです。
皆様のお越しをギャラリーでお待ちしております。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ルース | 展示会

2012年02月17日

今日はツーソンフェア初日

R0016341今日はツーソンフェア初日でした。
ギャラリーでの展示会にも大勢の方がいらして下さって、とても楽しい一日でした。
ありがとうござます。

しかし、何か語り足りない(笑)

もちろんいつものように石について、語りまくったのですが、何か物足りないように感じてしまいました。
きっとツーソンから連れ帰ってきた石が多すぎて、一つ一つについて語りたいのに、全部を語っていると時間が足りないと思って、セーブしているからでしょうね。
それでもいらして下さったお客様が、楽しんで下さっているご様子でしたので、大変嬉しいです。

サイトの方でも、沢山のお客様がお買い求め下さいました。
本当にありがとうございます。
昨日、ものすごく気合いをいれてブログでご紹介したサンストーンが、早々にお嫁入りが決まって、すっごく嬉しいです。
(淋しい気持ちもありますが)

ツーソンフェアはあと2日。
明日、明後日は、どんな方にお会いできるのでしょう。
とても楽しみです。

ウェブ上でお買い上げいただいた場合、ちょっとお返事が遅くなる可能性がございます。
それでも1両日中にはお返事を差し上げるようにしたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。




verdelite at 23:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 展示会 

2012年02月16日

太陽と星

オレゴンサンストーングリーン
今日はサンストーンのご紹介です。
そういえば、この石もアメリカ産でしたね。

オレゴン産のサンストーンは、ラブラドライトに銅のインクルージョンを含んでいます。
色合いは、赤から緑、その他の色もあり、ファセットカットされてとても美しいものがあります。
今年ツーソンで出会った、とても美しいルースは、ライムグリーンでコンケイブカットが施され、とても芸術的で見ていてため息が出ました。
お値段はとても手が出せないお値段で、欲しいけど無理と思って諦めました。
売主のおじさんたちも、ため息をついている私を見て、「そうだろう?これはすごく良いものだからな。値段も高いんだよ」と、ニコニコしながら自慢げに見せてくれました。

それでも、ツーソンジェムフェアの会場は広いです。
きっと私のもとに来るサンストーンがあるはずと思っていたら、別の会場で出会いました。

グリーンに赤が見える五角形のサンストーンです。
あまりに好きすぎて、今日のブログの写真は大きめでご紹介です(笑)

すごくカッコ良いでしょう?
ほんと一目ぼれで、ショーケースの中にあるのを見て、値段を聞いて、即決に近かったです。
即決でなかったのは、実はもう一個同じカットのサンストーンがあったから。

オレゴンサンストーン赤
これなんですけど、この赤がまた良い感じで、どっちも欲しくなってしまったのです。
サイズはグリーンのが3.09ctで10.0mm×10.0mm。
赤が2.35ctで8.5mm×8.3mm。
どちらも素敵で、選べません。
しばらく無言で悩んで、これ二つ買ったらいくらになりますか?と聞いてしまいました。
通常、業者さんに値引きをしてもらうことはしないのですが、ツーソンでは持っているお金に限りがあるし、欲しいルースはたくさんあるしで、普段はやらない値引き交渉をしてしまいます。

そんなこんなで、あまりに真剣に悩んでいる様子を見て、よしそれなら売ってやると思ったのかどうかわかりませんが、快くディスカウントしてくれました。

ということで、二つのオレゴン産サンストーンが手元にあるのですが、今まで知っているサンストーンの値段ではなく、けっこう良いお値段です。
カットも五角形で星が見えるし、色合いも素晴らしいし、このサンストーンはそれだけの価値がある!そう思っています。
トリリアントのベニトアイトに次いで2番目に高いんですから、どれだけこのグリーンのサンストーンにほれ込んだんだという話ですよね。

このサンストーンとの出会いで、最初に出会ったライムグリーンのサンストーンを手に入れられなかった寂しさは、どこかに飛んで行きました。

明日からのツーソンフェアで、売れてくれないと困るのですが、売れなくてもいいやと思ってしまうあたり、マニアというか、ショップとしての姿勢は何か違いますよね(笑)
そんなこんなですが、今回も仕入れてきて売りたくない〜と思うルースがたくさんあります。

明日からのフェア、どうぞお楽しみに!

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2012年02月15日

ピンク・キャッツアイ

ペゾッタイトキャッツアイ今年はツーソンでキャッツアイにはあまり出会わなかったのですが、それでもいくつかは出会いました。

このピンクのキャッツアイはペッツォタイト。
マダガスカルから産出されて、一時期は結構見かけたのに、ここ数年見かけることがほとんどなかった石です。
去年あたりから、また見かけるようになってきていて、美しいファセットカットの石に出会っていましたが、お値段が結構するので、仕入れるのは躊躇していました。

しかし、今回ツーソンで出会ったこのキャッツアイは、色は可愛いし、形も可愛い、写真だと目がはっきりでていませんが、目もちゃんとでています。
値段とか関係なく手に入れたくなってしまいました。

0.72ctで5.3mm×5.2mmというジュエリーにセッティングするのには、ちょうど可愛らしいサイズも心をくすぐられます。

セミオーダーのリングにセッティングしても良いのですが、何かオリジナルで作りたい衝動に駆られます。
ツーソンフェアで嫁入りしなかったら、何か作っちゃおうかな。。。
でも、私の手にはちょっと小さめだから、きっと自分には似合わないんだろうな。
自分用にしたい思いもあるけれど、この石に似合うリングのデザインをするのがいいんだろうな。
デザインを始めたら楽しいだろうなと思うルースです。

そして、こうやって語り始めると、売りたくなくなってくるという(笑)

いえいえ、17日からのツーソンフェアには、ちゃんとUpします。

フェアでもちゃんと展示販売しますので、ご興味のある方はぜひご覧になりにいらしてくださいませ。
お待ちしております。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 10:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース