2012年09月

2012年09月29日

どうしても気になるブラッドショット・アイオライト

ブラッドショットアイオライト
先日出会って衝動買いしたブラッドショット・アイオライト。
ショップページで2ピースご紹介していて、まだ手元にあるにもかかわらず、またもや手に入れてしまいました。

どうしても気になってしまうようです。

何にそんなに惹かれているのか、自分でもうまく説明できないのですが、多分、濃いすみれ色というかグレーがかった青が夜空のようで、煌めくヘマタイトのインクルージョンが星のようで、それが気になってしょうがないのでしょうね。

クラフト学院の今度の課題が、カボションの石をつかってペンダントトップを作るという課題ですが、それに使うカボションの石もブラッドショット・アイオライトですし。

今回のこのルースも販売用というよりも、いつかやることになるであろう課題用と思って手に入れました。
学校の課題って、とりあえず基礎の部分は作る手順と技術を学ぶ為に、シンプルなものになるから、個性的な石を使いたいと思っているようです。

そうはいっても、こんなに大きな(しかも薄い)石を使う課題があるのかどうかわかりませんが。。。
かなり大きいのでやはりペンダントトップになるのでしょうね。
それともいっそブレスレットを作って見るとか、石が薄いのでリングを作っても邪魔にならなくていいかもしれません。

作りの勉強を始めたら、いつか自分でつくるかもしれないと思って、前よりも一層大振りのちょっと変わったルースを購入することが増えてしまいました。
やはり石は出会った時に手に入れて置かないと、後で後悔しますからね。

それにしても問題は、一応それなりの物が作れる様になる前に、素材がどんどん増えて行くということです。

がんばって教室通って、練習を重ねなくては。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2012年09月28日

ルビーの原石

ルビー原石
原石には手を出さないようにしているのですが、時々どうしても手元に置いておきたいと思う原石に出会うことがあります。

このルビーの原石もそういう原石でした。
今からだいたい35年くらい前の原石で非加熱だそうです。
ミャンマーのモーゴック産ルビーです。

ルビーらしく蛍光もものすごくします。
ルビー原石蛍光

原石買っちゃってどうしようかなと思っていましたが、知人に、「それは究極のパワーストーンだから、きっとものすごくパワーが必要だったのでしょう」と言われました。

確かに、このルビーの赤のパワーが必要だったのかもしれません。
手の上に乗せてくるくる回して見ていると、楽しくなってくるし、何かホッとする感じがします。

研磨加工したら綺麗なルビーになるのでしょうけど、自然が磨いたこの形がとても愛らしいので、表面に傷があっても、しばらくはこのまま持っていようと思います。

いつか、原石のままの形を活かしてリングを作ったら楽しいかもしれません。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 14:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ラフ・原石

2012年09月26日

いよいよ石座作り

石座1
シルバーリングの課題が終わって、次の課題はカボションのペンダントトップ。

ちゃんとした順番では、もう一つシルバーリングを作る課題があるのですが、やはり石を使った課題がやりたいので、こっちを先にしちゃいました。

最終的にはペンダントトップになるのですが、まずは石座作りから。
石の大きさに合わせてシルバーを形作ります。

一言で言うと簡単ですよねぇ。

シルバーの塊を延ばして切って、石の形に合わせて曲げていって、大きさを合わせて切って、蝋付けして、最終的に石の形に合うようにして・・・

ここまで作るのに2時間45分かかっています。
しかも最終的に石の形に合うようにするのは、大分先生に助けてもらっています。

この次の工程は、ヤスリで磨いて、爪を作って蝋付けして・・・
石を留めるところに行くまでには、まだまだ長い工程があります。

初めての挑戦って、知らない事だらけだから、なんと時間のかかることか。

当たり前ですが、プロの方はこの工程はあっという間にできるのですよね。
私もそれくらい出来るようになりたいなぁと思いつつ、まずは,初めての石座作り、きちんと出来上がるようにがんばらなくては。

使う予定の宝石は、ブラッドショットアイオライトのカボションです。

青いボディカラーに、キラキラと銀粉が散ったように見える、とても素敵な石です。
早く石を留めて、自分が着けられるようにしたいなぁ。

いくらなんでも、11月に予定している展示会までには出来上がると思うので、展示会の時に着けてみようかなと思っています。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 作りの勉強 

2012年09月24日

菫青石に輝く銀河

ブラッドショットアイオライト
ショップページではもうご紹介していますが、ブログではまだ語っていなかったので、今日はブラッドショット・アイオライトのご紹介です。

ショップページのこのルースは、私のモニターで確認したら実物より少し色が濃い目になっていました。
ブログの写真も少し濃い色になっています。

撮影すると濃いめになるのかもしれません。
実物を見ると、地色は薄いように思うのですが、インクルージョンがきらきらと輝いて、地色は何色かと考えるよりも、メタリックな輝きに目を奪われてしまう感じです。

なんとも不思議な感じがして、とても惹かれるルースです。
手元でちらちらと銀河のように輝く様を眺めていると、気がつくと時間が経ってしまいます。

何故こんなに不思議な感じの石が出来上がるのでしょうね。

大きさがそこそこあるので、ペンダントトップをお作りになって、胸元でその輝きを楽しむのも良いですし、大振りのリングにして、手元でちらちらと宇宙のような輝きを眺めるのも楽しいと思います。

最近、前にも増して個性的なルースに惹かれてしまいます。

多分、作りの勉強をしにいって、シルバーリングくらいなら自分で作れるようになるのではと、思うからでしょうね。
シルバーはプラチナやゴールドに比べて、地金がとてもお安いので、価格を抑えることはできるのですが、職人さんの加工工賃は、プラチナでのお作りだろうと、シルバーでのお作りだろうと、お値段はそうそう変わりません。

ゴールドとプラチナをメインに作る職人さんの中には、シルバーはぜんぜん扱わない職人さんも多いのです。

そんなわけで、今までシルバーで作ることは無かったのですが、もしかしたら自分で作ることができるようになるかもしれないと思ったら、今まで手を出すのがためらわれていたタイプのルースも、どんどん仕入れてしまっています。

このアイオライトは、シルバーよりもプラチナで作った方が、気品のある逸品になりそうです。
私の個人的な感じ方ですがプラチナで作った方が、よりシャープになるように感じられるのです。

ルースを見ながらいろいろ考え始めると、止まらなくなってしまいます。
デザインをなんとなく考えている時間も楽しいひと時です。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2012年09月22日

曇りの土曜日

やまと
昨日、今日と曇りがちな天気が続いています。
昔の人が言った「寒さ、暑さも彼岸まで」という言葉どおり、酷暑が嘘のように涼しくなりました。

猫たちも今日は曇りのせいか、一日家の中にいます。

黒猫ちゃんは2階で外を眺めていました。
もう少し近寄りたかったんだけど、ここが限界です。
この数日、餌をねだりに来る時だけは、鳴きながらこすりついて来るようになりました。
あんまりくっついてくるので、抱き上げようとしたらブラシ尻尾になって逃げられました。
前だったら、ヘタに触るとしばらく見える所にはいなくなっていましたが、今日は見える所にいるので、随分慣れたなと思います。

他の子は何処にいるんだろうと思って、探したら女の子はリビングのソファの上で寝ていました。
ほたる
先週避妊手術をしたので、お腹の毛が刈られていてちょっと気の毒な感じですが、本猫は暑かったからちょうど良かったのかも。
ぜんぜん気にしている風ではありませんでした。

男の子はダンボールハウスの中。
てんがダンボールハウス

ダンボールハウスは、隠れているのにちょうど良いらしく、どれかの猫が寝ています。
気がつくと子供達3匹全員が入っていることもあります。
もっと子猫の時はよかったんですけど、最近の大きさだととっても窮屈そうです。

そして母猫は何処?と思ったら、違う部屋のソファの下にこっそりと隠れるようにして寝ていました。

今日は曇りの天気だからか、私も眠くて昼寝をしてしまいました。
残念ながらどの子も一緒には寝てくれませんでしたが、もっと涼しくなったら添い寝してくれるはずと思って期待しています。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。





verdelite at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

2012年09月21日

オリジン・起源

ヘソナイトバフトップ
石留めのパターンサンプルを作って自分のピアスに使おうと思って購入したヘソナイトです。
写真を撮ってブログにアップする準備をして、ファイルに名前を付けていたのですが、「シトリン」って付けていました。
何を寝ぼけているんでしょうねぇ。
実物を見ると、明らかにシトリンではないのですが、画面で見ていてシトリンと思ってしまったようです。

見た目に騙されてしまいました。
先日も、新入荷ルースの解説で、頭ではちゃんとサファイアって思っているのに、入力するときにルビーって入力していたり。。。
ちょっとした勘違いが多くて困ってしまいます。

さて、先日のブログで、デザインの盗用について経緯をご説明させていただきました。
先方からいただいたご説明で、確かに法的には私は何も言えないという結論に達しました。
そして、ご親切に意匠登録についてアドバイスをいただいたので、登録申請してみようと思って、業界の先輩にちょっと聞いてみました。

その方がおっしゃるには、デザインはオリジナルを証明するのがすごく大変で、時間もかかるし、お金をかけて申請しても結局は登録できないことが多いということで、大手のジュエリーメーカーでも登録しているのはわずかだろうとのことでした。

確かに、自分でデザインを描いていても、これはどこかで見たことがあるのではないだろうか、無意識のうちに真似ているのではないだろうかと、自問自答していることもありますから、完全なオリジナルを証明するのは難しいですよね。

そうなると盗用云々の前に、自分のデザインにも自信が持てないような気分になります。
でも、大勢のお客様から暖かいコメントやメールをいただき、私の気持ちが皆様に伝わっているのだなとわかり、とても嬉しいです。
本当にありがとうございます。

これは私の個人的な考えですが、著作権があったり他人のオリジナルのものを、自分が自分で楽しむために作るのは、まったくOKだと思っています。
誰でも、そういうことってありますよね。
私もいいなと思う服を見かけたときに、自分で作れるかなと思って作ることもあります。
というか作って見たことがあります。クォリティはお店で売っているものに届きませんし、もともとのショップの方が断然カッコよいですし、自分が作ったものは労力の割には・・・という感じでした。
当たり前のことですけど(笑)

では、自分で作れない場合、家族や知人に材料費となにがしかのお礼をして作ってもらう、それもOKだと思います。

さて、ここからがグレーゾーン。
多少のお金を払って、もともとのオリジナルを作っている所でないお店に頼む。
この場合、お店は本来は作ってはいけないはずです。
それでもお客様に頼まれると、断れなくて作ったりしていると思います。
私も、このあたりには目くじらを立てる気持ちはありません。
私の叔母が洋裁をやっていて、ご近所さんから仕立てのオーダーをいただいてお作りをしているのですが、その時にこんな感じといってファッション誌を持ってくることがあるそうですから。

だけど、そのことを全面に出して、お作りできますよと言って、商売してしまうのは、いかがなものかと思ってしまうのです。
確かに法的には何にも問題ないかもしれません。
そのことを悪びれもなく、自分は悪くないと言い切ってしまう所に、モラルの無さを感じます。

まぁ、これはあくまで自分の好き嫌いなので、そういうところは嫌いだというだけの話です。

建て前と本音が違う世の中ですが、できるだけ本音で生きて行きたいと思っている私は、よく友人・知人に生きにくくない?と言われますが、自分のやりたいようにやって、それで失敗するのなら、それは自分のせいだし、自分を曲げて生きても楽しくないと思っています。

綺麗事かもしれませんが、なるべくそうして生きて行きたいなぁと思うのでした。

こんな私であり、ベルデライトですが、今後もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 14:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ルース | 四方山話

2012年09月19日

デザインの盗用ということについて

先日のブログで、私のデザインが盗用されたように思いますと、書きました。
その件に関して、私が盗用されたと思ったブログをリンクして、その件について、ブログを書いていらした会社さんにお問い合わせをいたしました。

その結果、盗用ではないという、お返事をいただきました。
確かに、私にはそのような証明ができませんし、お客様からのご注文ということで、お作りになったとのことで、その会社さんには問題はありませんでした。

私がブログにそのことを書いた事によって、大変ご迷惑をおかけしましたので、今日のブログでその謝罪をさせていただくことにいたしました。

ただ、私が経緯などを書くと、間違ったことを書いてしまう可能性があるので、いただいたお返事の全文を掲載させていただくことになりました。

今日は大変長いブログになりますので、お時間のある方、じっくりとお読みいただければと思います。
間に私のコメントを入れると、わかりにくなると思いますので、番号を振っておきます。



1 私が問い合わせたメール文


初めまして。

東京でジュエリーサロンとウェブサイトでデザインをしている棚橋綾と申します 。
今日、弊店にいらしたお客様にどいういうことなんですかと、御社のページを教えていただきました。
5月のブログでご紹介しているリングが、弊店のオリジナルデザインとまったく同じ形をしているとのことです。
拝見させていただきましたところ、確かに同じデザインに見えます。

こちらのデザインは、弊店でオリジナルセミオーダーとして永く販売させて頂い ているデザインです。 特にサンプル2と形状がまったく同じに見えます。

きっと、お作りになった時に、弊店のデザインの事はご存じなく、お客様からの ご依頼だと思います。
今回のことに関して賠償金云々という気持ちはございません。

ただ、ブログの一番最後の部分にでも、「このデザインの依頼を受けて作ったものだが、他店のデザインの盗用になって しまった。大変申し訳なく思う。もともとのデザインはベルデライトです。」という主旨の一文を入れていただけたらと思います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

なお、今回のことに関しましては、大変申し訳ないと思いましたが、弊店のブロ グなどで、お客様に教えていただいたことということで、明記させていただいて おります。
内容的に、名誉毀損にならないようにと思って書きましたが、御社のページをリンクさせていただいております。ご了承お願い申し上げます。



2 先方からの最初のお返事


棚橋 さま

はじめまして。
タイに住んでる日本人の宝石屋の石本 喜久雄 と申します。

ジュエリーを検討しているお客さまのご相談を担当しております。
よろしくお願い致します。

早速ですが、ご連絡頂いたリングデザインに関しましてこちらで状況等、確認しご連絡差し上げたい所ではございますが本日は週末のお休みに入っており、また来週も香港フェアがあり出張が続きます為、少々お時間頂くかと思いますがこちらで確認出来次第改めてご連絡差し上げますので恐れ入りますが、少々お待ち頂きますようよろしくお願い致します。

ひとまず、確認のご連絡とさせて頂きます。

タイに住んでる日本人の宝石屋 石本



3 2にたいする私の返事


石本様

さっそくのお返事ありがとうございます。

お時間がかかりますこと、了解いたしました。

今回のことで、ブログに書きましたところ、お作りになった甲府の業者さんの方に、私の他のデザインも盗用されていたというご連絡を他のお客様からいただきました。

私はぜんぜん気がついていなかったのですが、このようなことが起きてしまうのは非常に残念なことです。

お忙しい時に、お手を煩わせて大変申し訳ございませんが、ご連絡お待ちしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。



4 先方社長さんからのお返事


ベルデライト 棚橋 さま

初めまして。こんにちは。
タイに住んでる日本人の宝石屋の 井上 と申します。

棚橋さんのご活躍のお噂は、以前よりお聞きしておりました。

早速ですが、今回ご連絡いただきました件についてなのですが、こちらは確かに私らが販売差し上げましたルースを使用されお客様が甲府のFestudioさんに制作をお願いされたリングとなります。

ただ、私どもではこのお客様が直接Festudioさんにご相談され制作されたリングでしたので、リングにされたというのを私が知ったのは今年の4月末に大阪のフェアに参加した際に、このお客様がわざわざそれを見せに来ていただいて制作されたことを知りました。
お客様はとても満足された様子で、ルースをリングにする喜びを楽しんでられた様子でした。

私どもでは、もっと気軽にお客様がルースを選んでそれを身につける楽しさをまず知ってもらい、もっと身近にルースやジュエリーを楽しんでいただければもっともっとマーケットは広がるだろうという考えからジュエラーさんを直接ご紹介差し上げておりましたので、紹介手数料というようなものを一銭もいただいておりませんし、どんどん直接ジュエラーさんにご相談して下さいと促しており、このように制作されたことを後から知るということは多々ございます。

その為、このリングの制作にあたってのデザインの経緯などは私の方ではまったく関知しておりませんでしたので判り兼ねてしまいますし、デザインについて盗用か否かなどの非常に難しい判断はジュエリーに関しては殆ど熟知できてない私では判断ができませんので、このリングを制作されたFestudioさんの方へ直接棚橋さんがこのリングのデザインが盗用であると判断されたいきさつを立証されて下さい。

ちなみに以前Festudioさんとこのようなお話したことがあるのですが、その際に

『まったくコピーというのは問題があるからそこら辺はちゃんと少しデザインを起こして
変更して制作してる』

とおっしゃっておられましたので、今回もし棚橋さんのデザインをお客様が持って来られてたとしても少しデザインを変えるなど何らかの対応はされておられるかと思いますので、おそらく盗用であるという立証が必要となるかと思います。

ご連絡は下記へされたら宜しいかと思います。

株式会社 AMC  amc-cad@mbr.nifty.com 担当権責任者 吉田さん

また私どものブログの方へ希望されております

『このデザインの依頼を受けて作ったものだが、他店のデザインの盗用になってしまった。』

等のコメントの記載は、棚橋さんとFestudioさんとの間で盗用であるということが立証されてから私と棚橋さんの方で記載文面などお話させて下さい。

また只今棚橋さんのブログでリンクされておりますことに関しても盗用であるとの立証が済むまでは、もうこれ以上他のお客様に誤解を招かない為にもリンクを外していただきウチは今回の制作に関してはまったく関与してなかった旨の説明の記載をお願い致します。

最後に山口透さんという宝飾史研究家の方が、あるジュエリー雑誌でジュエリーデザインに
ついておっしゃっておられたという記事が丁度ございましたので、参考までに抜粋引用させていただきます。

■ジュエリー・デザインは繰り返しが98%

いつも思うことですが、ジュエリー・デザインには決定的な宿命があるような気がします。それは新しいものがほとんど無いということです。つまりですね、古い国では数千年も、新しい国でも数百年も、ジュエリーを使ったという歴史があります。・・・・中略・・・

しかも、ジュエリーは小さい、せいぜい十センチ角の大きさでしょ。そこでできるデザインには限界がありますよ。建築のように、数百メートルにデザインが出来る訳じゃないです。

そ うでなければ出来るデザインには限度があるわけで、デザイナー本人は素晴らしいアイデアだと思って「私のデザイン」といいますが、ほとんどの場合、過去の 歴史を子細に見ればどこかに存在していたもの、というのが普通です。中には、「誰も知らんだろう」とパクって知らん顔という方もいますが。

ですからジュエリー・デザインのほとんどは、多かれ少なかれ繰り返しでして、それをどう換骨奪胎するか組み合わせるかで、今のデザインが出来ているとも言えます。
(後略)

双葉社 Brand JEWELRY 2008 AUTUMN 
山口遼氏「ジュエリー・デザインの常識」より
-------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからは同じ宝石業を生業としてる私の個人的な意見としてお読み下さい。

今回の件につきまして。

デザインという非常にビジネス的に評価が難しくコピーもすぐされてしまうなどガードが難しいお仕事に日々真摯に立ち向かわれてる棚橋さんとしては、自分の力作がまた盗用されてしまったと思い非常に悔しい想いをされておられることかと思っております。

私も棚橋さんが記載されたブログ拝見致しました。

ただ、盗用かもしれないという段階で先にあのように不特定多数の方がご覧になられてるブログに書き込まれる前に先に同じ業界の者でもあるわけですし、当事者への確認が先ではなかったのかな??という思いは正直ございます。

あの文面を読む限り、ウチがデザインを盗用したというイメージを多くの方が受けておられると思いますし、実際私どもの方ではあのジュエリーを制作されたことすら知らなかったわけでしてお客様がウチへ抱くイメージの低下は私どもにとって大きな痛手になってしまったと感じております。

また何より私が危惧しておりますのは、あのリングを制作され大変喜んで大阪までわざわざそのリングを見せに来られたお客様があの記事をご覧になられたらということを考えると胸が痛みます。

折角の自分なりの想いがいっぱい詰まったリングだったのに、あんな記事を読んでしまったらきっともう身につけられなくなることでしょう。。。。

例えるならば、泥棒は悪いことですよね。でも家の主がドアの鍵もかけず窓も全開で開けっ放しで今から夕方まで買い物に行って来ると隣の家の人としゃべって出て行った。

それを偶々聞いた人がその家に泥棒してしまった。

それを帰って来た家の主が見たら『泥棒に入られた!!』と騒ぎ立てるでしょう。

泥棒は確かに悪いことです。

ただ、果してそれだけでしょうか??

家の主には犯罪を抑制することも必要ではないでしょうか??と私は考えます。

つまり今回の件につきましても、私個人の意見となりますが

□ リングなどのデザインも真似されにくい様にHPなど不特定多数が見るHPなどに掲載する写真は手前だけにピントを合わすなどして奥をぼかす。

□ 全面ショットなどはコピーされる可能性が大きくなるため、イメージ写真として一部のみHPには掲載する

□ すべてのデザインに意匠権を取得する

□ 転用 転載を禁ずる旨をHPの全ページに記載する

デザインを生業をするプロとしては、デザインの盗用を防止するという観点でこれくらいはされた方が宜しいのではないでしょうか??

例えばもし今回の問題となってるデザインが盗用だったとしましても転用 転載を禁ずる記載があればおそらく一般のお客様はこのデザインでともおっしゃらないのではないでしょうか??

何も記載がなかったから、一般の方ですしまさか盗用と言われるとも思ってなく、『あっかわいい、こんな感じで作ってもらいたいからこれを参考にしていただこう』程度に思って作られたのではないでしょうか?

またその写真に意匠権を取得済みのナンバーも一緒に入れておけば、もしお客様が棚橋さんのデザインを気に入りプリントアウトして他のジュエラーさんへ制作を依頼しに行ったとしても、そのジュエラーさんはその意匠権のナンバーを見たら理解できるでしょうし制作できない旨をお客様にご説明されるでしょうから盗用も大幅に防がれることでしょう。

今回の件につきまして、狭い世界ですし私どもの方にもこの件につきまして他のお客様からご連絡いただいております。

そのお客様達には私なりにちゃんとご説明差し上げようと思っております。

もめ事は事情がどうであれ、お客様は敬遠されるかと思います。

一部のお客さんは親身になって事の経緯を聞いていただけるかと思いますが、多くの方はどっちが正しいとか正しくないとかの理由がどうであれ喧嘩両成敗的に揉めるようなややこしいとことは距離をおかれるかと思います。

そのようなことは私どもも含めた棚橋さんを初めとしたベルデライト様にもFestudio様にも決して良い事ではないのはご理解いただけるかと思いますので、私は今回の件につきまして、早期穏便に簡潔されることを切に願います。

以上長くなりましたが、ご検討の程宜しくお願い申し上げます。
              タイに住んでる日本人の宝石屋 代表 井上 新一郎


P.S 私事で大変申し訳ございませんが、明日から香港への出張、その後日本への出張と来月の中旬まで出張が続くため、それまでご対応差し上げる事ができないかと思われます。何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。

****************************************************************************

       タイに住んでる日本人の宝石屋
     GEMclubThailand ジェムクラブタイランド
   
      SHINICHIRO INOUE  井上 新一郎
                 CEO / 代表



5 社長の井上様に対しての私の返事


タイに住んでいる日本人の宝石屋 井上様

初めまして。
ベルデライトの棚橋です。

この度は、大変ご丁寧なお返事ありがとうございました。

いただいたメールで、御社が製作に関して、まったく知らなかったとのこと、了解致しました。
もともと、そうではないかとは思っていたのですが、私のブログの書き方で、御社に大変ご迷惑をおかけしてしまったようですね。

大変申し訳なく思います。

今回、訂正とお詫びを書かせていただこうと思いますが、私どもではうまく説明できないと思います。
一番良い方法として、こちらにいただきましたメールの全文を掲載させていただき、お客様にもご説明させていただこうと思います。

もちろん、御社のお名前と、お作りになった会社様のお名前は記載いたしません。

善は急げだと思いますので、19日水曜日のブログで、メールの全文掲載と、私どものお詫びの一文を入れさせていただこうと思います。
リンクは水曜日のブログ更新時に、外させていただきます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。



6 井上様のお返事


棚橋 さま

こんばんは。
タイに住んでる日本人の宝石屋の 井上 でございます。

まず今回の件についてデザインの盗用があった、というのが誤りだったということ了解致しました。

その上で棚橋さんの方でうまく説明ができないから今回私からのメールを全文掲載されるという件などについて下記の条件で訂正の掲載お願い致します。

□ 私からのメールだけではそれだけを読んだ方が理解できない可能性や誤解される可能性がありますので棚橋さんから9月15日に私どもに最初に連絡された内容も一緒に全文掲載お願いします。
(もし内容が残ってなければこちらからお送り差し上げますので、掲載前にご連絡ください)

□ 私どもは今回の件について一方的に誤った内容を棚橋さんのブログに掲載されただけで、何一つ誤ったこともしてございませんし、何よりすでにブログでリンクされあの記事を読まれた方は私どもの名前もFestudioさんの名前もお知りになられてる状況かと思いますので、今更私どもやFestudio さんの名前を伏せ字等にしていただかなくて結構です。逆に伏せ字にするとやましい事があると思われてしまうかもしれませんので、そのまま変に隠さずに掲載して下さい。


□ その上で今回の棚橋さんの方から下記の三点をハッキリと記載し掲載して下さい。

 1、 デザインが盗用されたというのは事実無根であり棚橋さんの一方的な誤解だったという事。

 2、 また先に私どもに事実を確認せずに不特定多数の方がご覧になられるブログに掲載したことで結果として私どもが大変な迷惑を被った事。

 3、 それに対して、私どもも含めFestudioさんや何よりFestudioさんであのリングを製作されたお客様に向けてのお詫びの一文。

また最後に、もしあのリンクされたブログ記事とは別に今回の訂正の記事を新たに掲載されるとの事でしたら、あの最初に掲載したブログ記事(当方のサイトにリンクが張られていた記事)の方にもデザインの盗用については棚橋さんの一方的な誤解だったと、今後あの記事だけを読まれた方にも誤解を生まないように明確に追記しておいて下さい。

もしあのリンクされたブログの記事を削除される場合は、今回の新たな記事に、先のブログについて事実無根の誤った内容だった為、その記事は削除しましたという旨を併記くださいますようお願い致します。

本日私の方からもFestudioさんの方にあのデザインについて直接問い合わせ致しましたが、盗用といわれるような事は一切ないという答えでした。

もし盗用とおっしゃるなら裁判で訴えてもらってもいいと憤慨されておられましたが、今回の件につきましては
上記に提示した条件で棚橋さんの方でちゃんと忠実に記載していただく事ができ、
他のお客様があの記事を読んでも誤解されないような内容、私どもに抱くことになってしまったマイナスイメージが払拭されると思われる内容でしたら、今回の件はこれ以上何も問わず不問と致しましょうという事で話がついております。

狭い業界でございますし、私も今後棚橋さんにもお世話になる事もきっとあるかとおもいますので、これ以上事を荒げず何より今回製作されたお客さまのお気持ちを大事に考え、事を終わらせれたらと思っております。

今回の件につきましては、先にブログで公開されず、事前に私どもの方にご連絡いただけておりましたらこのようなことまではしていただくことはなかったのですが、私どもの生業に対して他のお客様にこれ以上誤解を招くことを避けないといけません為、棚橋さまには多少きつい条件にもなってしまいましたが、ご了承ください。

        タイに住んでる日本人の宝石屋 代表 井上 新一郎



以上のようなやりとりがありました。
要約をすると、私が間違った解釈を入れてしまう可能性がありましたので、こちらから出したメール、先方からいただいたメール、全てを掲載させていただきました。

今回、このやり取りにおいて、私が不特定多数のお客様が読まれるブログに、私が法律的に証明できない盗用について、書きこんだことによって、「タイに住んでいる日本人の宝石屋」様と「Festudio」様に、ご迷惑をおかけしたことにつきまして、お詫び申し上げます。
そして、2社のお客様で、ジュエリーをお作りになったお客様に不快な気持ちにさせてしまったことに、お詫び申し上げます。

私は今後、今までと同じように、いえ、より一層オリジナルのデザインを製作、販売していくように心がけようと思います。
皆様、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 15:08|PermalinkComments(22)TrackBack(0) デザイン | 四方山話

2012年09月17日

ご褒美♪

ヴァイタミックス
先月、ジュエリーコーディネーター2級を受験いたしました。
今更な感じもしないでもないですが、ジュエリーコーディネーターとは、一体何を勉強してその資格を手に入れるのだろうと思っていました。
実は3級は、10年近く前に取得していたのですが、2級を取る気はあまりなかったのです。
しかし、GGを取得してかなりの年月が経ち、このあたりでもう一度勉強してみようかな、そうなると資格試験を受けるぐらいじゃないと勉強なんてしないだろうと思って、疑問に思っていた2級にトライすることにしたのです。

実は、2級の試験は一度、一昨年受けています。
素材と製造、販売と3科目ある試験で、素材と製造はその年に合格したのですが、販売が不合格になってしまったのです。

どうも数学的な部分が苦手なようで。。。
一度で合格しなかったので、もう受けなくてもいいかな、とりあえず勉強はしたし、と思いましたが、せっかく2科目合格しているなら、あと1科目がんばってみようと思って、今年、再チャレンジしました(去年は申し込みはしたのですが、諸事情により受験できませんでした)。

その受験勉強ですが、何度教科書を読んでも理解出来ず、頭に入ってこない文章に四苦八苦しながら、この試験に合格したら、ずっと欲しいと思っていたミキサーを買うんだと思っていました。

そのミキサーが写真のヴァイタミックスです。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ものすごいパワーでアボカドの種さえも粉砕してしまうというブレンダーです。
夜中のショッピングチャンネルで、携帯電話を粉砕しているのをたまたま見て、何だろうこれは?おかしいだろうと思って覚えていたのですが、たまたまこれを購入した方のレポートをウェブサイトで見かけて、欲しくなってしまっていたのです。

これがどうしても欲しくて、いつか買おうと思っていましたが、テスト勉強があまりにつらくて、「そうだこの試験に合格したら、自分へのご褒美とか言って、買ってしまおう」と思ったのです。

そして、購入したのが写真のものです。
グリーンスムージーを作る材料を投入して、スイッチを入れる直前です。

思っていたとおり、いえ、それ以上に素晴らしいパワーで、最近では毎日欠かさず野菜ジュースや果物のジュースを作っています。
パワーがすごくあるので、繊維質な野菜もすごくなめらかになります。

購入して良かった(^^)

テストを受けたのは先月で、合格発表があったのは昨日。
なのに、なぜ「毎日欠かさず」なのか。

実は、テスト勉強があまりにつらくて、途中から合格してもしてなくても、受験が終わったら絶対買うという気持ちになっていて、試験が終わった後で買ってしまったのです。
無事に合格していてよかった(笑)

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。









verdelite at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日々の風景 

2012年09月15日

金曜日のお茶会

お茶会金曜日
昨日のお茶会は、少人数で美味しいお菓子を頂きながら、宝石を愛でつつ、石にまつわる話、デザインの話などで大変盛り上がりました。

初対面のお客様でしたが、それぞれ弊店でお作り頂いたジュエリーをお着けになってのご出席でしたので、「あ、そのリングがブログで拝見したあのリングですね」などと、すぐに打ち解けて会話も弾みます。

私も皆様と大変楽しい一時を過ごさせていただき、さすがにこれだけじっくり話すと話したぞ!と満足ですが、でも実はもうちょっと話したいという感じです(笑)

宝石やジュエリー、デザインについての話、それ以外の話も、楽しくて楽しくて、話題が尽きないという感じでした。
特別に石屋さんに貸していただいたルースも、しっかりご覧頂けました。
普段、あまり店頭に現れてきませんが、あまり見つからないものも、まったく無いわけではないのです。

ただ不思議な事に、探し始めると見つからないという事が結構あるんですよね。
あるとき突然、ひょこっと目の前に現れる、ぜんぜん思ってもみなかったタイミングで出会ってしまう物なんですよね。

それは、誰かが隠し持っていた在庫だったり、持っていることを忘れてしまっているロットだったり。
実は、今回石屋さんに貸して頂いたルースの中に、そういうロットからお借りしたルースがあるのです。
はっ、今書いていて思い出しましたが、その点に関しては今日お話しし損ねました。
沢山お話ししたつもりでも、まだまだ語り足りない物があります。

そういえば、今日いらしていたお客様にこんなページがあるんですけど、どういうことですか?と聞かれました。

私はこのページに関しては全く知らなかったので、かなりびっくりしました。

こういうことをされるくらい、私のデザインが素晴らしいと思ってもらえているということなんでしょうね。
その点については、デザイナーとしては嬉しいですが、かなり淋しいですね。

写真で一瞬観ると同じものに思えますが、きっと実際に手にすると、手に取った感じや、着用した感じは、弊店のリングとは随分ちがうのではと思います。
お安い工賃でお作りできるのは良いことだと思いますが、作りの部分を考えると、非常に悔しい思いもいたします。

このリングを着けていらっしゃるのを弊店をご存じのお客様がご覧になって、「ああ、ベルデライトのリングは言っている程の出来じゃないな」と思われるのは、かなり悔しいなぁと思います。

うまく言葉になりませんが、これを作られた方は、ご満足されているのだとは思いますし、依頼された業者さんにはデザインの盗用という意識はないのかもしれません。
私もお客様に、こういうデザインで作ってくださいと参考デザインを提示されて、お作りしたことはあります。
その時は、職人さんと相談して、これは誰かのデザインという程のデザインではなく、いわゆる平打ちリングに石を覆輪で留めているものなので、問題ないだろうということで、お作りさせていただきました。
ブログでもご紹介させていただきました。

どこまでが問題ないデザインで、どこからが問題になるか非常に難しい部分もあります。

こういうことが起きてしまうのは、モラルの問題というか、デザインに対してあまり重きを置いていないからなんですよね。
デザインをする人に重きを置かないという意識は、ジュエリー業界だけでなく、日本全体の問題でもありますので、そういう部分に対する意識がもう少し高まるといいなと思います。

「貴社のデザインがすばらしいから、私達は貴社の商品を真似て作ったんだ。それぐらい貴社のものは素晴らしいんだ。それは名誉なことなんだ。」と中国のメーカーが日本のメーカーに言ったという話を聞いたことがありますが、そういう話じゃないですよね(笑)

2012年9月19日 追記

上記の内容におけるデザインの盗用に関しましては、デザインの盗用ではないとのお返事をいただきました。
その部分に関しましてはお詫び申し上げます。
この件に関しましては、2012年9月19日付けのブログに詳細を掲載しております。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 00:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 展示会 

2012年09月14日

今日はお茶会

パライバとアクアマリン
今日の2時からお茶会です。
今回は私が美味しいお菓子をいただきながら、心ゆくまでお話しをしたいということでのお茶会です。
美味しいお菓子というと展示会ではご用意できないケーキ。
そしたら人数分ご用意できるように、完全予約制にしなくては、ということで完全予約制です。

金曜日と土曜日では、土曜日の方がいらっしゃる方多いかなと思っていたら、なんと金曜日の今日の方が人数が多い状態です。
今日はお客様は3名様のご予定。

展示会というよりも、お話し会の気分なので、昨日、ギャラリーをお茶できるようにレイアウトして、これで準備万端と思っていました。
ところが、ジュエリーのディスプレイ準備が終わってませんでした(笑)
いくらお話し会でも、ジュエリーとルースはお披露目しなくてはいけないですよね。

今日はこれからその準備です。

そしてルース。
今回HPでご紹介できませんが、写真のルースなど数点を、いつもお世話になっている石屋さんにお借りしました。

暑い日が続いているせいで、パライバとアクアマリンの青・緑系のルースが多くなっています。
一番奥の水色のルースは、ベルデライトではめったに扱わない、2ctUPのサンタマリアです。
今回、少人数のお客様なので、いつもよりも高額の商品を借りちゃいました。
とはいっても、「ベルデライトとしては」というカッコがつくので、いわゆる高級宝石店さんのような高額品ではありませんが。
それでも、なかなかご覧いただけないルースです。

今回、ご都合がつかなったお客様、いつかまたこのような会をまた開催しようと思いますので、その時はぜひご参加くださいね。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 10:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会