2013年02月

2013年02月27日

ツーソンのジェムショーの風景

テント
ツーソンのジェムショーの風景というか、私が毎年行っている会場の写真です。

知らなかったら、何があるのかわかりませんよね?
一体なんでしょうって感じの、巨大テントです。

そう、巨大なテントなんですよ。これ。

左の方にあるのが、入口です。

ツーソンのジェムショーは、こういった巨大なテントを駐車場や空き地に設営して、それぞれのイベントを開催しているのです。
もちろんコンベンションセンターもありますし、ホテルのホールを会場にしているイベントもあります。

私が気に入っている会場の一つなのですが、初めて行ったときは、テントという事が理解できませんでした。
だって、私が知っているというか、理解できるテントって言うと、サーカスのテントなんですもの。
サーカスのテントっていったら、円形で真ん中がとんがっていて。。。テントとはそういうものという印象が強くて(笑)

それはさておき、このテントすごくしっかりした作りで、ドアはちゃんとしたドアなんです。
そして、ドアをくぐって中に入ると、受付があってそこで受付を済ますと、会場に入れます。
会場に入る前の受付は広場になっていて、食事や軽食のコーナーがあります。

そこは写真撮ってこなかったので、お見せできませんが、何度も言いますが、初めて行ったときはテントということが理解できませんでした。
(初めて行ったときは、会場がどうだとかに意識が向かないで、文字通りの宝石の山に興奮していたからという事もありますが)

そしてこの会場がやたらと広いんですよ。
見るブースがいっぱいあるので、余計にそう思うんでしょうけど、じっくり見ていたら2,3日必要なのではないかと思います。

こんな会場がツーソンジェムショーではあちこちにあります。
その巨大さは行く前にいろいろな人に聞いていましたが、実際に行かないと実感できないものです。
そして、私は今年4回目にして、やっと、今まで行ったことのない会場に行く余裕ができたのでした。
今までも滞在している間に、8つくらいは会場回っていたんですけどね。

今年ようやくコツをつかんだような気もしています。

来年はもっと精力的に見て回りたいなぁと思っています。
今から来年の話をするのもなんですけどね(笑)

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2013年02月25日

ツーソンフェアご来場ありがとうございました

ピンクの花
ギャラリー・シードタイムでの2013年ツーソンフェアは無事終了いたしました。
ご来場下さいましたお客様ありがとうございました。

ウェブ上でも皆様にお買い上げいただきました。
ありがとうございました。

今日は、フェア期間中にお時間が取れなかったお客様がご来店下さって、やっぱりブログやネットで見ているのとは違うわね〜とおっしゃりながら、いろいろご覧くださいました。

写真の花は、昨日いらして下さったお客様がくださったお花です。
ピンク色で春らしい雰囲気です。
とても良い香りもして、ギャラリーの中に春が来たような感じです。
N様、F様。
いつもありがとうございます。

他にもいらして下さったお客様から、美味しいお菓子をいただきました。
本当にありがたいことです。

フェア期間中は、ツーソンの事、ルースの事、それ以外の事、たくさん熱く語らせていただきました。
そして、毎回思うのですが、もっと語りたかったです(笑)

ツーソンフェアは終了いたしましたが、ルースは引き続きショップページでご紹介していますし、実は今回アップしきれなかった細かいルースがもう少しあります。
こちらは少しずつショップページやブログでご紹介していこうと思っています。

ツーソンフェアが終わったら、次はGWの周年フェア。
イベント好きな私たちは、今年もいろいろ企画中です。

HPやブログでご報告していきますので、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2013年02月23日

2日目の展示会

フェア2日目
今日はツーソンフェア2日目。
ツーソンで買い付けたルースだけでなく、前からあるルースもご覧頂いて、楽しく熱く語らせていただきました。

いろいろな方がいらして下さって、私が熱く語るだけでなく、面白いお話を聞かせていただいたりしました。
お話を聞かせていただいて、新たに知ること、そこから改めて思い至ること、たくさんありました。
自分でも話していて、気がつくことや、わかっていてもお話をしていると、こんな気持ちは忘れてしまっていたなと思い出すことなどがありました。

そしてお客様は、やっぱりウェブ上で見ているのと、実際を見るのとではぜんぜん違うし、実際に見た方が宝石の美しさや大きさの感覚がわかっていいですね〜と仰っていました。

宝石に関する話だけでなく、違う話でも盛り上がったりして、今日も楽しい一日でした。
ご来場下さったお客様ありがとうございました。

展示会は、明日が最終日です。

明日も楽しく石の話、ツーソンの旅の話などさせて頂きたいと思います。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2013年02月22日

2013年ツーソンフェア初日でした

フェア初日
今日は2013年のツーソンフェアの初日でした。
ウェブ上では昨夜からフェアを開催中。
さっそく皆様にお買い上げいただきました。
ありがとうございます。

今回も星形のサンストーンは大人気で、お申し込み殺到という感じでした。
ご来場下さったお客様にも、なんでもっと買ってこなかったの?とお言葉をいただきました。
大変申し訳ございませんでした。

来年はもっとたくさん買い付けてきます。

と、いいつつ・・・去年は星形のカットは2つしかなくて、その2つを買い付けてきました。
今年は他にも幾つかあったのですが、見た時にこれが欲しいと思う物は、2つだったのです。
その2つ以外は、色合いと、シーンの感じ、そういう何かが訴えかけて来なかったのです。
買い付けた2つは我ながら満足のいく2つでした。

このカットは今年も人気になるだろうな、もっと買った方が良いかなとも思ったのですが、だからといって自分がそんなに欲しくないものを持って来るのは、何か違うと思ってしまったのです。

そういう事を会場にいらした方にお話ししましたら、それは正解だと思うと仰って下さいました。

売るためだけの何かになってしまうのは、自分としては許せないので、そうならないように、自分が美しい、綺麗、面白いと思ったものをご紹介し続けていきたいと思います。

今回のツーソンフェアは、ギャラリー入って正面というか、一番奥にツーソンコーナーを作りました。
今年撮った写真をプリントアウトして飾ってあります。
その前には、自分へのお土産というか、ギャラリーのディスプレイ用に購入した、カルサイトの結晶や、水晶の結晶が並んでいます。

今年のディスプレイ用に購入したのは、天然ブルートパーズの結晶です。
一部分がうっすら水色になっている、とても美しい結晶です。

明日以降ご来場予定の方は、ツーソンフェアのルースももちろんですが、ディスプレイもじっくりご覧下さいませ。

さて、明日は2日目、去年もいらして下さったお客様が、今年もいらして下さるようです。
一年ぶりにお会いすることになるので、とても楽しみです。

明日は12時〜19時までで、明後日は12時から17時までです。

ぜひ、お友達とお誘いあわせの上、遊びにいらして下さい。
皆様にお会いできる事を楽しみにしています。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 展示会 

2013年02月21日

色彩のマジック

マジカルラウンド
いよいよ明日からツーソンフェアです。
ネット上では今晩お披露目予定です。
現在、ウェブ担当小僧が必死にページを作っています。

さて、今日のご紹介は、マジカルトルマリンと呼ばれているとても不思議な色彩のトルマリンです。
水色とピンク色の2色が見えます。

淡い水色とピンク色の根源を突き止めたくて、石をくるくる回して魅入ってしまうと、色彩が踊っているような感じに思えてきます。

カットも細かくて、キラキラ煌めいて、眺めていると魔法にかかりそうなそんな気分になってきます。

とても不思議な雰囲気のトルマリンなので、見かけるとついつい買い付けてしまいます。
お陰さまで毎年お嫁入りしているのですが、まだジュエリーにお仕立てさせていただいたことがありません。

きっとこのトルマリンを手に入れた皆様は、ルースのままでこの不思議な雰囲気を楽しんでいるのでしょうね。
1.70ctで7.1ミリ×7.1ミリです。
デザインのあるリングも良いのですが、シンプルに細い腕でソリテールに仕立てたら、とても素敵になりそうです。

お仕立てして下さると嬉しいなぁと思うトルマリンです。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2013年02月20日

ピアスにいかがですか?

ピンクトルマリン
今日は久しぶりにクラフト学院に行って、その後お客様だったりして、ブログの更新がすっかり遅くなってしまいました。

今日のお客様はG.Gの友人で、これから事業を立ち上げようと、とてもパワフルに活動している女性です。
いつも元気で精力的に動いていて、とても素晴らしい女性で見習いたいなぁと思っています。

さて、今日のご紹介は、ピンクトルマリンのセットです。
扱っていた業者さんによると、ブラジル産のナチュラルピンクだということでした。
グリーンのロングペアシェイプは、比較的数を見るのですが、ピンク色の濃い色はセットで見る事はなかなかありません。

今回見つけたこのセットも、厳密には同じ大きさではありませんが、色合いとバランスが良かったので、買い付けてきました。
イヤリング、ピアスにぴったりです。

実は、お嫁入りが決まらなかったら自分用にしちゃおうかと、密かに考えています。
サイズはだいたい13ミリ×4ミリ。
2つで1.72ctです。

このトルマリンは濃いピンクですが、厳密には赤でないので、本当に真っ赤なルベライトとは違うとも思うのですが、ブラジルの業者さんはだいたいこれくらいの濃いピンクのトルマリンを、ルベライトと呼んでいます。
確かに他のピンクトルマリンよりは濃くて赤っぽいので、ルベライトと呼びたくなりますし、私が最初に勤めていた石屋でも、このくらいの色ならルベライトと分類されていました。
そのせいか、私はこれくらいの色でルベライトと表記されていると、そうだなと思う事が多いです。
たまに本当に赤いトルマリンを見ると、これこそがルベライトだよなぁと思うんですけどね。

先日の緑を青と表現する(あるいはそう見える?)事を考えると、人種あるいは文化の差なのかなぁとか思ったりします。
あちらの人には「薄いピンクトルマリンよりも濃いピンクだからルベライトでいいだろう? 何が問題だい?」と言われてしまいそうですけど(笑)

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。








verdelite at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2013年02月19日

ゾイサイトあるいはタンザナイト

ゾイサイトグリーン
ブルーグリーンがとても美しいゾイサイトです。
タンザニア・メレラニ産のナチュラルのゾイサイトなんですけど、タンザナイトという名称で販売されていました。

確かにブルー入っているし、ブルーグリーンという色分けになるかなと思いますが、ブルーとグリーンどっち?と言われたら、グリーンと言ってしまいます。

買い付けてきた石の整理は、インボイスを基にして整理していくので、買い付けてきた石の種類は、インボイスに書いてある通りにしています。
価格を決定して、展示用ルースケースの値札を作るときもそれを基に作るので、ルースを前にお客様とお話をしているときに、あれ?これは正確には違うんじゃないと思うことが結構あります。

このゾイサイトもそういうルースの一つです。
インボイスにはタンザナイトとあるから、保管用ケースにはタンザナイトと印字されているのです。
でも、グリーンゾイサイトですよね?
これも白人種にはブルーに感じるのか、あるいは、これくらいの色ならブルーの範疇なのでしょうかね?

まぁ、それはそれとして、このゾイサイト、一目見た瞬間に、ブルーグリーンの発色の良さに感動して買い付けてきたのですが、日本に帰ってきてよくよく見たら、けっこうインクルージョンがあります。
ツーソンではきっとインクルージョンは見えていたのだけれど、それよりも色合いに惚れこんで、私の中ではインクルージョンは問題じゃなかったのでしょうね。

冷静に石の整理を蛍光灯の下でしていると、ちょっと気になるかなという気もしました。

それでも、この色合いとカットのクールさは、たまらなく魅力的です。
そういえば、今回はいつにも増して、カットがかっこいいルースに惹かれているようです。
カイトカットとか、このひし形とか。

このゾイサイトは0.79ctで6.6ミリ×8.3ミリ。
お値段は・・・どうなんでしょう。
コレクタージェムとしては高額で、ジュエリーにセッティングするルースとして考えるとお値段はお手頃でも、品質が低いのかもしれません。
それでもこの色合いは手元に置いておきたいと、そう思ってしまったゾイサイトです。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2013年02月18日

アクアマリンとグリーンベリル

ベリル
今年4回目のツーソンですが、毎年立ち寄るというか、かならずチェックしてみる業者さんがいくつかあります。

このベリルを買い付けた業者さんも、毎回立ち寄る業者さんの一つです。
前に聞いた時には、ここで販売している女性自身がカットをしていると言っていました。
今回もそこからいくつか買い付けました。

その中で特にキラキラ輝いて見えたのがこのベリル。

実はこのベリルはアクアマリンとして販売されていました。
私にはイエローが入っているように見えたので、そのように伝えたら
「この石を加熱すると青になるのよ。これは加熱する前のナチュラルなアクアマリンなのよ」と言われました。

青味が入っているグリーンのベリルをアクアマリンと言うのは、現地の業者さんに多いのですが、これはイエロー入っているよなぁと思いながらも写真に撮ったら、青味ががかった淡いグリーンに見えるので、アクアマリンとも言えなくはないけれど、白人の人にはこういう色に見えるのかしら?などと思ったりしました。

そうはいっても、蛍光灯の下では、淡いグリーンに黄色みがかったグリーンが混ざっているように見えます。
アクアマリンと言われると疑問な色合いですが、これはこれでとても綺麗な色です。

カットもとても綺麗だし、お値段もお手頃価格です。
実はこの石は2個セットです。
サイズは7.0ミリ×7.0ミリ。2つで3.14ctです。
セットにしてしまうと、お手頃価格とは言い難くなってしまいますが、ぜひともピアスやイアリング、あるいはリングとトップのセットジュエリーをお作り頂きたいなぁと思います。

春色のとても気持ちが華やぐベリルです。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2013年02月17日

カラーチェンジするレアストーン

アキシナイトひし形
今日ご紹介するのは、アキシナイトです。

アキシナイトというと、茶色の石なのですが、このアキシナイトはラベンダーカラーです。
インクルージョンがあって、そこに光があたるとキラキラと虹のように見えます。
そこが何とも魅力的で、気に入ったルースですが、実は気に入った理由はもう一つあります。

アキシナイトひし形cc
白熱灯でピンキッシュにカラーチェンジするのです。

タンザニアのメレラニ鉱山から産出されたマンガンを含むアキシナイトだそうです。
インクルージョンのないクリアな物は、かなりいいお値段がしていました。

先日のブログでちらっと書きましたが、1つに絞りきれなくて、その場にあった同じ雰囲気のルースを買い占めてきたのは、この石です。
インクルージョンによるイリデッセンス(虹)が見えるタイプがどうしても欲しくて、でも一つに絞りきれなくて、結局綺麗に見えるルースを3つ仕入れてしまいました。

さて、このアキシナイト、最近産出された石らしいのですが、実は今から数年前に一個だけ販売されているのを日本で見かけて、手に入れています。
その一個しかなくて、扱っていた業者さんに聞いても、
「産地はアフリカの何処かで、アキシナイトには間違いないようなんだけど、こんなの見たことないからよくわからない。」
というなんとも適当なお返事しか頂けませんでした。

アフリカは、いろいろな地方でいろいろな石が産出されるし、採掘している人達は、産地については重要視していないし、ヘタをすると国境もどうでも良い感じらしいので、そういう部分かなりアバウトらしいです。

そんなアバウトな情報だけで、あまりのレア度にコレクション入りしたアキシナイト。
あまりにレアすぎて、お客様にお見せしたことはありませんが、今回、ツーソンで見かけたこれらの石の仲間だったのだなと思いました。

コレクション入りしたアキシナイトは、アキシナイトと考えるとかなり高額で、販売するのにはびっくりな価格になってしまうのですが、今回手に入れた3つは、インクルージョンがあるため、レアな割にはお手頃価格です。
もちろん、これを見つけた業者さんの所には、インクルージョンがなくクリアなルースもあったのですがやはりかなり高額でした。

虹の輝きも楽しめるレアなアキシナイト。
私に取っては「ど真ん中直球ストレート」という感じでした。

実は今回の売りたくないコレクション候補No.1です。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。






verdelite at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2013年02月16日

つるんとしたサンストーン

サンストーンカボション
カボションのサンストーンです。
こちらもオレゴンサンストーンで、赤味のところにグリーンが僅かに入っているのが魅力的です。
この写真だとちょっとわかりにくいですね。
ショップページで21日からスタートするツーソンフェアでは、いろいろな角度から撮った写真をご用意しますので、そちらでご確認いただけると嬉しいです。

アメリカ・ツーソンに行くと、さすが本場アメリカと言いたくなるくらい、オレゴンサンストーンのみを扱っている業者さんに出会えます。
このサンストーンを買い付けた業者さんには確認しなかったのですが、鉱山主の人もいるようでした。

このサンストーンはいつも行っている宝石がメインの会場ではなく、恐竜の骨などの化石を売っている会場で出会いました。
その会場は、すごく雑多な感じで、アクセサリーや服なども置いてありました。

その中で、このサンストーンを置いてあるブースは、アクセサリーとして組んであるものと、ルースのままで置いてあるものと、原石そのままも置いてありました。
時間があまりなかったので、今回はカボションを選ぶだけでしたが、ビースにカットして繋げてあるネックレス等、ものすごく美しいのがあったので、そっちもチェックしたかったです。

さて、このサンストーン。
つるんとした感じがとても魅力的だったのですが、そこに入るインクルージョンのほんのりキラキラ感と、僅かに混ざるグリーンがとても不思議な雰囲気でとても気になる石です。

3.03ctで16.2ミリ×8.2ミリ。
ちょっと大きめサイズなので、ボリュームリングやペンダントトップをお作りになると良いでしょう。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 14:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース