2014年08月

2014年08月30日

夏は過ぎてゆく

2014-08-30ガブちゃん
突然涼しくなったと思ったら、今日はまだ8月だというのに、10月の気温だそうです。

去年の今頃はまだまだ暑くて、まだまだ夏ですね、と言っていたような気がします。
涼しくなったらとたんに、猫が一緒に寝ようとうるさく鳴いています。
これで来週になったら、また暑い日があるというのですから、たまりません。

でもこの涼しさは、猫たちには良いのでしょうね。

外猫のガブちゃんが、良い具合にお昼寝していました。
ここ1,2年ですっかり大きくなったガブちゃんは、測ったことないけど、ぜったい10キロ超えていると思うのです。

気持ちよさそうに寝ていたので撫でてみたら、もっと撫でろと要求してきました。
人間としても、このくらいの涼しさだと猫を触っていても、暑くなくて気持ち良いので、ついついなでまわしてしまいました。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 | 

2014年08月29日

星とダイアのリング

ptスターダイアリング02006
去年廃盤になったスターリングです。
こちらのリングをお作りさせていただいたのは数年前ですが、お客様は大変気に入って下さって、同じデザインの色違いも作ろうかなとおっしゃっていました。

スターシリーズが廃盤になると決まった時に、そのお客様がシューティングスターにダイアをセッティングしたものをオーダー下さいました。
それと普通のスターリング。

スターがとても素敵なので、地金違いで作りたかったのだけど、ダイアをセッティングするか何もなしにするかいろいろ悩んでいるうちに、時間が経ってしまいました〜と仰って、今回のオーダーでもいろいろお悩みになっていました。

最終的にシューティングスターにダイアをセッティングしたものと、プラチナのスターリングをオーダーして下さいました。
シューティングスターダイア02002


納品をさせていただいた後に、ジュエリーを着用して展示会に遊びに来て下さいました。

こんな言い方で良いのかわかりませんが、小学生のお子様がいらっしゃるのにとても可愛らしいお客様で、スターのリングとシューティングスターのリングを重ねづけして、他にも小さいダイアのピアスとネックレス(こちらはリフォームをさせていただきました)を着けて、普通だったら着けすぎになってしまうところが、非常にお洒落に着けこなしているので、お見事という感じでした。

素敵なお客様に素敵に着けこなしていただけて、大変嬉しいかったです。
残念ながらスターシリーズは廃盤ですが、小さな石を可愛らしくセッティングできる小さなリングを作ってみたいなと思っています。

来年あたりに新シリーズとして作ってみたいものが、いくつかあります。
実現できると良いのですが。。。

最後になりましたが、I様

この度はオーダーありがとうございました。
弊店のジュエリーを素敵に着けこなしてのご来店もありがとうございました。
私にはできないコーディネートなので素晴らしいと思いました。
ぜひまた遊びにいらして下さい。
お待ちしております。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジュエリー | リング

2014年08月27日

宝飾展示会

2014-08-27
今日は業界の展示会で、東京ビッグサイトに行ってきました。

会場でのイベントの一つに、ジュエリーコーディネーターのコンテストがありました。
最終選考の公開審査と言うことで、審査員だけでなく観客からの投票で、優勝者が決定するというものでした。

最終選考に残った5名が、接客のロールプレイングするのですが、見ていて自分がドキドキしました。
審査されるだけでも緊張してあがっしまいそうなのに、大勢の観客の前で接客のロールプレイングなんて、考えただけで嫌な汗が出てきます。

コンテストに挑んだ方々は、素晴らしいなと思いました。
そして5名の方の接客を見ていて、思う事もいろいろあり、大変勉強になりました。

自分でコンテストに挑もうと思う事はないですが、自分だったらどういう接客をするか、自分がお客様だったらどう思うか、どういう接客をして欲しいか、どういう接客だったら楽しい気持ちになれるかと考えました。

お買い物をするときは、買ったものにも満足が必要ですが、お買い物をしている瞬間も満足が必要ですよね。
楽しくお買い物できる環境を作って行くのも、接客する側がしなくてはならない事の一つだなと、改めて考えさせられました。

そういう意味で、今回のコンテストを見る事は非常に勉強になったので、こういう機会があることに感謝をしつつ、今日は業界の友人知人にあって情報交換して、楽しく勉強した一日でした。
たまにはこういう日も必要だなと、しみじみ思いました。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。





verdelite at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2014年08月25日

ナチュラルなエメラルド

20148ノンオイルエメラルド001
久しぶりにエメラルドに一目惚れ。
なんだか分からないのですが、気になってしまったエメラルド。
クリアな感じで、とてもすっきりした美しさがあります。
エメラルドはインクルージョンが多いのですが、このルースはかなり少なめで美しい色合いでした。

サイズは0.37ctで4.0ミリ×5.8ミリ。
リングにセッティングするのにはちょうど良いサイズです。

色合いというか風合いというか、その輝きに一目惚れしたエメラルド。
インクルージョンが少ないのがとても良い感じでした。

石屋さんに聞いたら、ノンオイルとのこと。
ノンオイルって高いですよねと聞いたら、サイズが小さいのでお手頃価格になるとのこと。

確かに前に1ctのノンオイルのエメラルドを探した時に50万円台だったのですが、0.3ct台のこちらはその3分の1くらいです。
サイズといいお値段といい、なんてお手頃なんでしょうと思って、ついつい買い付けてしまいました。
中央宝石研究所の鑑別所付きだそうです。

先日、新入荷のルースをアップしたばかりで、ウェブ担当小僧はちょっと別の仕事に精力的に取りかかっているところなので、すぐにはショップページにアップできませんが、近日中にご紹介できたらいいなぁと思っています。

先に詳細を知りたいと思われましたら、メールにてお問い合わせ下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ルース | ベリル

2014年08月23日

秋の気配

2014-08-23林檎と蝶
8月も下旬になり、大分秋の気配がしてきました。
日中は暑いのですが、夜は涼しくなって過ごしやすくなったように思います。

母の家の林檎が実っているのですが、残念ながら熟す前に腐ってきてしまうのです。
それでも蝶にはご馳走だったのでしょうか?
花に蝶がとまっているのは当たり前ですが、実にとまっているのは初めて見たような気がします。

下の方から見ただけなので、実際には蝶が何をしているのかわかりませんし、写真も携帯電話で撮ったものを蝶の部分を引き延ばしているので、画像が粗くて良くわかりません。

でもなんとなく、蝶の羽根の形が美しくて、こんなジュエリーを作ってみたいなぁと思いました。
今年2月にツーソンで買い付けて来た蝶の羽根のトルマリンを、何かジュエリーにしたいと思っているので、蝶が目に留まるのかもしれません。

蝶の羽根のモチーフのジュエリー・・・
何か作って見たいですねぇ。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2014年08月22日

新入荷アップしました

600記念フェア用2a002
新入荷ルースアップしました。

そしてついに番号が600番台になりました。
これを記念して、というかお祭りがしたくて、無理矢理セールをしています。

例によって例のごとく、ただの10%オフ、20%オフではつまらない、これは60%オフにしなくては!と思い切ったセールをしてしまいました。

しかし、全品をセールするのは、はっきり言って赤字になってしまうので、限定セールという形になっています。
しかも現金、あるいは銀行振り込みのみです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ホームページのNOTICEページをご覧になって、楽しくお買い物して下さい。

はっきりいって、こんなセールはもうしないと思います(と言いながら、何か破格セールがしたくなる私ですが)どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 宝石とジュエリー | ルース

2014年08月20日

葬儀の時のドレスコード

パールリング1001
先日、お通夜・告別式と葬儀に出席して思ったこと。

葬儀の時のマナーというのは、その地方によって異なっているし、いろいろあるので必ずしも正しいとは言えない部分もありますが、おばあちゃん子だった私は、母方の祖母にお通夜や告別式の時の服装を教えてもらって、それが常識というか、私の中の基準になっていました。

当時祖母から言われた事を彼女が言った通りではないのですが、高校を卒業したばかりの頃に言われたことを思い出して書いてみます。

「お通夜は大人しい色合いの服装でOK。正式な喪服は告別式の時。和服は黒の紋付き。あやちゃんは(祖母にそう呼ばれていました)でっかいから、和服は絶対はいらないと思うから、用はないと思うけど。洋装の場合は膝丈下のワンピースかスーツ。まだ若いからワンピースで十分。でっかいから、既製服入らないだろうね。ワンピースを仕立てて置かなくちゃね。装飾品は結婚するかどうかしらないけど、結婚指輪以外は着けちゃいけないよ。真珠のネックレスは涙を表すから着けて良いなんて、どっかの宗教家が金儲け主義で言い出したことだから関係ない。着けるならジェットという素材の黒いネックレス。」

当時、ジェットなんてあまりメジャーじゃなかったので、よく判らないでいましたが、その後アンティークの本を読んでいたら出てきて、さすがお祖母ちゃんモガだっていうだけあって、西洋のことも詳しいなと思っていました。

その後、何年か経って祖母が町会のお通夜に出席する時に、貝パールのネックレスをしていたので、ネックレスしてもいいの?と聞いたら、「年とって貧相になってきたから、ちょっとくらい華やかにしてやろうと思って。通夜に出るだけだし、死んだ方も年寄りだから、集まってくるのは年寄りばかりで、辛気くさいから」と言っていました。

さて、最近のお葬式のマナーは大分変わって来たのか、葬儀に真珠のネックレスどころか、イヤリング・ピアス、リングをしてくるのが一般的になっています。
おばあちゃん子の私は頑なに、祖母の言葉を守って(というより、すり込まれたものを変更できないでいます)葬儀には一般参列であっても、アクセサリーは結婚指輪以外は着けていきません。

ですが、先日の夫の祖母の葬儀で、突然の事だったので喪服をどうしようかと思っていたら、義母が一式かしてくれました。
麻の3ピースでギリギリ膝丈。
まぁ、しょうがないですよね。突然のことだから。
それはそれでと思っていたら、当然のように、黒真珠のネックレスとイヤリングが出てきました。
指輪はサイズ合わないでしょうからと言って、出てきませんでしたが・・・

これってOKなの?
え?
かなり戸惑いましたが、夫の「お祖母ちゃんはお洒落だったから、お葬式にそれぐらい着けて着飾って送ってあげた方がいいんじゃないの?」と言われ、納得して黒真珠のネックレスとイヤリング着けて、葬儀に参加しました。

参列してみると、祖母の弟妹達の親戚も皆同じように、いろいろ着けていました。
そうか、そういう物かと思いながら、参列してきました。

そして思ったのは、この先いつか、私が死んだときは、一般的な葬儀じゃなくて、お別れの会にして、服装も黒じゃなくて華やかで綺麗な服で、私がデザインしたジュエリーをこれでもかと着けて来て欲しいなと。

個人を偲ぶ、残された遺族を思って派手な事を慎む、そんな事考えないでいいですから、逆に私を偲ぶのでしたら、これでもかってほど着飾ってジュエリー着けて(特にパライバね)、遊びに行く感覚で参列して欲しいな。

そんな事を思ってしまいました。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 | 四方山話

2014年08月18日

自宅にて

2014-08-18猫
夫の実家から戻ってきました。
先日のブログで書きましたが、夫の祖母が亡くなり、お通夜と告別式に参列してきました。

参列して思った事がイロイロあったので、ちょっと落ち着いたらその事を書いてみたいと思います。

とりあえずは今日は、まずは猫達とまったり。
と、思っていたのですが、我が家の飼い猫は3匹ともお出掛け中。

家に着いたら、なでくりまわそうと思ってたのに。

やっと一匹帰ってきたと思ったら、まずはゴハン。
ゴハン食べたら、すぐに出掛けてしまいました。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2014年08月16日

祖母の思い出

2014花1
昨日のブログでどうしても書かずにいられなかった祖母の事。
私はいわゆるおばあちゃんっ子で、特に母方の祖母に戦争についてだけでなく人生観など、かなり影響を受けています。
それらの事は、若い頃はあまり深く考えてなかったのですが、大人になって色々な場面で、祖母の考えで行動すると、非常識な行動をとっていることに気付く事があります。

非常識というか、自分を曲げないというか。。。

その奥底には祖母の考えがかなり刷り込まれていて、頭ではもう少し柔軟に対応しようよ、もうイイ歳なんだから、と思うのですが、常識のある大人としての対応と祖母の考えとが相反している時に、大人らしい対応が出来なくなってしまうことが往往にしてあります。
何となく、祖母を裏切るような気がしてしまうのでしょう。

さて、その祖母とは別の話ですが、夫の祖母はいわゆる戦争寡婦で、小学生だった義父を連れて大連から引き上げてきて、その後苦労したそうです。
大連に住んでいた事と、引き上げてきた事は聞いたことがありましたが、戦争についてはあまり話を聞けませんでした。

ただ一度だけ、夫と結婚したばかりの頃、上京してきて靖国神社に参拝したときに、「うちの旦那さんはここに居るんやろか、いないような気がする。」と言っていました。
そしてポツリと「戦争はアカン」と呟いてました。
夫に詳しく聞こうと思いましたが、夫もあまり知らないようでした。
夫の祖母も多くを語らなかったようです。

そんな事を思い出しながら、昨日のブログを書いていたのですが、昨日、夫の実家に帰省して1時間後に、その祖母が息を引き取りました。
今年100歳のお祝いをした祖母は、夏の暑さを乗り切る事が出来なかったようです。
先月半ば頃から入院していたのですが、ここのところ眠っている時間が長くなっていたそうです。

明日はお見舞いに行こうと話していた矢先に、入院先から連絡があって大変驚きました。
とても残念でしたが、100歳という年齢と、眠るようにどこも苦しまずに亡くなったので大往生です。
何よりも良かった事は、私たちだけでなく祖母の兄妹の親族もお盆休みで、皆が帰省していたこの時期だったので、大勢で見送る事ができました。

戦争は辛い事もあったと思いますが、最期は幸せだったのかなと思ってます。

夫の祖母の冥福を祈りつつ、明日の平和を祈る終戦の日でした。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景 

2014年08月15日

終戦記念日に

サルスベリ
今日は終戦記念日です。

最近の日本は、戦前の物が言えな雰囲気に似ていると、お年寄りが言っている記事を見かけます。
当たり前の事ですが、当時生まれてもいなかった私には、実際のところどうなのかわかりません。

ただ最近感じるのは、日本も加わった第二次世界大戦は、日本は決して被害者なだけではなかったでしょう?と言うと、自虐的だとか、そうやって自国を貶めているとか、そう言う風に言われる事があることの違和感というか、気持ち悪さです。

子供の頃は、今日は敗戦記念日と言っていたと思うのだけど、今は終戦記念日です。
確かに戦争が終わった日ではありますが、終戦記念日という言い方は、私の祖母にとっては誤魔化しでしかなかったようで、終戦記念日と言われ出してから、毎年本当は敗戦記念日だと、憎々しげに言っていました。

母方の祖母には歳の近い妹と、年少の弟しかいなかったし祖母の子供もまだ小さかったので、戦争に行った人はいませんでした。
だけど祖父の兄弟には学徒動員で亡くなった人がいます。
祖父は長男だったので、歳の離れた弟を実の弟のように可愛がって育てていたのではと思います。
そのような体験をした人から見れば、言葉を変えて美化しているように思えたのでしょうね。

そして父方の祖母の兄弟。
戦時中、特高警察に捕まって、拷問を受けた人がいます。
その人は獄中で、自分の妻子が空襲で亡くなったことも知らされず、戦争が終わって釈放されて初めて知ったそうです。

この話は去年初めて聞いたのですが、私の祖母達は、辛い戦争体験を話したくなかったのでしょうね。
きっと私の祖父母だけでなく、そういう人は多いのでしょう。
そうして育った私達は、何か勘違いをしているのではないかと思いたくなる事が多いです。

自衛隊は軍隊なのですよ。

「自衛」という言葉のまやかしです。
それでも憲法解釈で戦わなかったのですが、これからは有事には戦いに行くことになる可能性が高くなるのです。

自衛隊をレスキュー隊に変えて、世界規模での災害時の救援活動をするということになったらいいのになぁと思っています。
いろんな意味で、そんな簡単な話ではないと理解はしていますが、戦争を容認するような諸々の事が起きている最近、そんな事を考えてしまいます。

世界から戦争がなくなればいいのに。
子供の頃のような単純な願い事では叶わないのはわかっていますが、そう願いつつ。。。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々の風景