宝石

2018年10月10日

名称のこだわり・その2

IMG_1803
今年の初めに、この仕事をしてきて、名称についてごだわりがありますと書きました。
だいぶ経ってしまいましたが、その続きです。

私がこだわって使い分けているのは、「宝石、ジュエリー、宝飾品、アクセサリー」の4つです。

宝石という名称については前回書きましたが、接客中の言葉としてより、書き言葉の時にこだわっている感じです。
詳しくはこちら名称のこだわり・その1

話し言葉でこだわっているのは、ジュエリーとアクセサリーの違いです。
こちらは、私の中の感覚なので、これまた業界で決まっている話ではありません。

私は、K18、Ptで作られたものをジュエリー、それ以外の素材のものはアクセサリーと呼んでいます。

ただシルバージュエリーという言葉もあったりしますので、シルバー素材でもジュエリーとカテゴライズするものと、アクセサリーとカテゴライズするものがあります。
これも私の中での感覚なので、明確に基準があるわけではないのです。

なんとなく普段の自分の言動を思い返すと、シルバージュエリーに関しての自分の基準は、原石ではなく研磨や彫刻など、何かしらの手を加えられている宝石をセッティングしている装身具をジュエリーと呼びたくなっているようです。

そしてジュエリーと呼ぶ中にも、ファッション・ジュエリーという言葉もあります。
これも一体どういうカテゴリなんだろうと思いますが、いわゆる宝飾業界のお歴々がデパートの一階などで販売されていたお手頃価格のジュエリーをさして、高額ジュエリーと区別したくて言っているような印象があります。

私がG.G.を取得した頃に、勤めたダイアモンドの輸入卸の会社の社長とか、その関係の人がそう呼んでいたので、私もそういう考えになってしまっているのだと思います。

このあたりは、本当に感覚だったり、業界の慣習だったり、適当なことが多いので、どれが正解というのはないのではと思っています。

日本ではゴールドはK18が好まれますが、アメリカはK14ですし、最近では金の品位はもっと低くなっていますし、イギリスのアンティークはK10やK9などが多いですし。

アクセサリーだろうとジュエリーだろうと、好きなものを好きなように身につけられるのが一番ですよね。


ベルデライト・ホームページ


応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。

verdelite at 16:46|PermalinkComments(0)

2018年01月08日

名称のこだわり・その1

空
宝石が好きで、気が付いたらジュエリーデザイナーという肩書きでお仕事をさせていただいておりますが、自分の中で名称にこだわっているものがあるので、いくつかご紹介させていただこうと思います。

この名称のこだわりは、業界で決まっているというよりも、私が個人的に分類したくて、こだわって使い分けているものです。
だから他の同業者のデザイナーの方、宝飾を扱っている方、卸売の方、小売の方、それぞれのいる立ち位置によって、分類や名称、考え方の違いはあると思います。
あくまで「ベルデライトの棚橋」がこだわっている部分です。
こだわっていても、石の名称など、流通名に釣られて表記が変わったりしていますので、そこのところ厳格にこだわっていない部分もあります。

宝石、ジュエリー、宝飾品、アクセサリー。

私がこだわって使い分けているのは、この4つでしょうか。

そんな中で、ブログなどを書くときに一番こだわっているのは「宝石」という言葉。
ジュエリーと宝石という言葉を並べて書いているときは、ジュエリーは「装身具」をさしていて、身につけるもののことです。
そして宝石は「石」です。
ルースは裸石として、まだセッティングされていない状態。
宝石はセッティングされた石を説明するときに使っています。
ジェムストーンという言い方をすることもあるかもしれません。

一般に「宝石」と書かれていると、「ジュエリー」と解釈されますし、お話していても<宝石=ジュエリー>というニュアンスになります。
実際に私も話し言葉としては、「宝石を扱っています」といっているときは、「ジュエリーを扱っています」と同じと思っているし、相手がそう受け取っているだろうなと考えています。
「宝石屋さん」は「身につけるジュエリーを売っているお店」と思われますしね。

こうやって書いてきて思ったんですけど、そんなにこだわる内容ではないですね。
なんとなく、自分の中で「宝石」と書くときは「石」のつもりで書いているので、そう思ってくださいね、という程度の話なんですけど(笑)

全部をいっぺんに説明すると長くなるので、とりあえず今日は「宝石」のこだわりについてでした。


ベルデライト・ホームページ


応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。

verdelite at 22:21|PermalinkComments(0)

2017年05月10日

天然石は楽しい

ベリルシングルピアスb002
ここ数年原石に惹かれて、いろいろ買い付けています。
最近はワックスを作って原石そのまま使ったリング作りに挑戦していますが、一番好きなのは写真のような原石そのままを身につけることです。

柔らかい石なら自分でも開けてみるのですが、硬度が高くなってくると、穴開けに掛かる時間や苦労を考えると、業者さんに開けてもらうのが一番です。
以前は原石に穴開けしてくれる業者さんもあまり居なかったのですが、この数年で石屋さんにも穴開けをしてくる人が増えました。

天然石の楽しみ方が増えて来ているということなのでしょうね。
いつも思うのですが、宝石の楽しみ方はそれぞれあっていいと思うのです。

ジュエリー、アクセサリーとして純粋に身につけて楽しむ。
お守りとして持っていたい。
収集して楽しみたい。

それぞれの楽しみ方がありますよね。

綺麗だから
欲しいと思ったから
自分の持っている服に合わせると素敵だと思ったから

そんな気持ちで手に入れるのは楽しい一時ですよね。

先日、整体を受けている時に、先生から
パワーストーンってパワーが無くなって役目を終えたらどうするのですか?
と聞かれました。

天然石の楽しみ方の一つとして、パワーストーンを否定はしませんし、そういう目的で購入される方もいらっしゃると思います。
でも、私はそういう部分よりも、美しさを一番に買い付けているので、パワーストーンとしてのパワーに関しては、勉強不足でなんとも言えません。

石にはそれぞれパワーがあるとは思いますが、それが実際にどう働きかけてくるかとか、役目を終えるとか、そういうのは感じられないので、「欲しいと思った石が貴方にとって必要な石」というスタンスでお伝えしています。

整体の先生にはそのような事をお話ししたところ、知り合いのパワーストーンに詳しい人が、役目を終えたら川に流しに行くと言っていたので、実際の所どうなのかなと思って、聞いて見たと言われました。

パワーストーンをそのように川に流しに行くという話は聞いたことあるけど、実際にする人いるんですね〜。
それ、ダイアモンドとかもそういうことやっていたら、拾いに行きます。
ジュエリーではそういう話は聞かないですよね〜。
飽きたジュエリーを中古買い取りに持って行く話とかは聞いたことありますけど。

なんてお話ししながら施術を受けていたのですが、そういえば、割れてしまった石をサロンの前のわずかな土の部分にまいていたことあるなぁと思い出しました。
水晶のタンブルとか、ワイヤーラッピングしている時にわれちゃった原石とか、そういうものなんですけど。

どういうつもりかと言われると言葉で説明するのは難しいのですが、玉砂利に混ざって宝石があるのって、なんとなく楽しいかなぁって思ったのですよね。

それらの水晶は今見つからないので、前を通りかかる小学生とか子供が拾っていったのかなぁと思っています。
子供の頃ってそういう拾ったものを宝物としてずっと持っていたりしましたよね?

河川敷に流れ着いた石英の綺麗な結晶を探してみたり、海でキラキラするガラスを集めたり、そういう体験が今に繋がっているので、サロンの近所の子供達にもそういう体験してくれるといいかなぁと思っているのかもしれません。

ベルデライト・ホームページ


応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。



verdelite at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月06日

爽やかなアクアマリンの切子

アクア切子潮d002
2015年にツーソンで買い付けてきたアクアマリンの原石を、やっとカッティングしてもらいました。

買い付けた当初は、普通にカッティングしてもらおうかなぁと思っていたのですが、せっかく原石を買い付けたのですから、普通のカットではつまらないなと考えて、一年以上寝かせていました。

寝かせている間に甲州貴石切子が発表されて、とても素敵だったのでこれにしようと思いながら、なかなか実現しないでいましたが、今年買い付けてきた原石と一緒に、カッティングしてもらいました。

完全にクリアな原石ではなくて、ちょっと靄のように煙った部分があって、それがなんとも良いニュアンスを醸し出しています。

このアクアマリンのカットは、表側が五角形、切子が潮という細工です。

サイズは直径が約13ミリ、8.38ctです。
直径13ミリとなるとリングにしたら、かなり大ぶりのリングになってしまいます。
お勧めはペンダントトップなのですが、この細工はリングにしていつも眺めていたいと思います。

なんとかリングにできないかと、デザインを思案中です。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 16:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年02月19日

今日からベルデライトのツーソンフェアです

シトリンカービング04
今日2月19日より、ベルデライトのツーソンフェアが始まりました。
ギャラリーでの展示はこれからですが、ウェブ上ではさっそくお買い上げいただいたり、商談中になっているものがあります。

皆様が楽しみに待っていてくださるのだなぁと実感できて、とても嬉しいです。

あと数分でギャラリーでの展示会もスタートします。
今日は12時から19時までです。
お時間がありましたら、東京文京区小石川のシードタイムギャラリーにぜひ足をお運び下さい。

今日の写真のように、ショップページでご紹介しきれていないルースなどもございます。

ちなみに今日のルースはシトリンのカービングです。
めったにカービングには心惹かれないのですが、このレモンシトリンのカービングは職人さんが一つ一つ彫っているそうで、なんとも美しい文様に惹かれました。

透明度が高いので、どちらの面も使えるというのもとても魅力的です。

フェアが終わって一息ついたら、ご紹介しきれないルースも少しずつショップページでご紹介していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月01日

2016年元旦

バイカラートルマリン1a03
明けましておめでとうございます。

2016年元旦を迎えました。
現在の時刻は、深夜零時40分。
まだ日の出までは数時間あります。

新年最初のブログは決意表明です。

今年も大勢の方に天然石、宝石の魅力を知ってもらい、楽しんでもらうように頑張っていくつもりです。

小さな宝石を楽しんでもらうシリーズや、原石を楽しんでもらうシリーズ。
そして大きな天然石を楽しんでもらうシリーズ。

幾つか作ってきました。

今年はシルバーのアンティーク風のデザインのアクセサリーを作ってみたいと思っています。
シルバーのアクセサリーは、ネックレスとピアスが多かったのですが、リングを増やしていきたいです。

ゴールドやプラチナを使ったジュエリーは、スペシャルジェムのセミオーダー。
去年の14周年にデザインして、かなり気に入ったので、今年は個性的なカットの石を使ったデザインをもう少し増やしていきたいと思っています。

そして、突然思いついた、宝石なしのデザインリング。
ベルデライトのジュエリーは石を楽しむためのデザインが多いので、宝石なしのデザインリングって? と思いますよね。
私も、思いついた瞬間に、石なし?と自分でツッコミを入れましたが、この石なしデザインのリングが使い勝手の良いものになるのではと考えています。

まだデザイン画を描いてみないとなんとも言えないのですが、頭の中で考えているだけの今現在はとても楽しくなっています。
早く形にしてみたいです。

そして今日の写真は初心に帰って、ベルデライトの名前の由来にもなっているグリーントルマリン。

今年も美しい宝石、ジュエリーをご紹介していきます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。


verdelite at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月07日

流れ星のリング

パライバとデザイン画1a001
ホームページでも少し触れていますが、夏休み中に突然、フェア(?)をすることになりました。
相変わらず突然何かをやるベルデライトでございます。

もともと、夏から秋にかけて、デザイン画を発表して、ルースの販売とオーダー受注のフェアをしようかと考えてはいたのです。

年に二回発表する、どんなルースでも対応できますというデザインではなく、ある程度、大きさとシェイプが決まったルースを使って、お手頃価格になるようなデザインをしたいと考えていました。
ただ、手元にあるほぼ同じ大きさ、シェイプの石がラウンドしかなくて、どうしようかなと手を着けずにいたのです。

そんな風に考えていたら、いつもお世話になっている石屋さんが、ブラジルから帰ってきましたと言って、いろいろ石を持ってきて見せてくれました。
その中に、ちょっといいなと思うルースが幾つかあって、それらをセッティングできるようなデザインが頭に浮かんできました。

デザインそのものではなく、こういう雰囲気のが欲しいなぁというくらいでしたが。。。

そのせいか、実際に描き始めたら、自分の意識とちょっと違ったラインのデザインになりました。
でも一番最初に思い浮かんだのは、流れ星のイメージなのです。

実は一番最初に浮かんだイメージで作ると、ものすごく大きくなってしまうので、サイズダウンして可愛らしいラインに修正しました。
このデザインもすごく綺麗で可愛くて、ちょっと自分用を作ろうかなと思ってしまいます。

まずはデザイン画だけで、受注もらえたら実際のお作りになるのですが、ご用意した宝石たちもとても美しくて、ぜひとも皆様から沢山のオーダーをいただきたいなぁと思っています。

来週には詳細をお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月24日

週末はハンドメイドインジャパンフェス

アクアNCY字a009
いよいよ明日、明後日は東京ビッグサイトで開催されるハンドメイドインジャパンフェスに出展です。

今回、いままでよりも、ディスプレイに力を入れてみています。
といっても、まだ全部出来上がっていないので、どうなるのか判らない部分もかなりありますが・・・

作品も今までの、アーティスティックワイヤーを使ったトップだけでなく、シルバーワイヤーとシルバーチェーンを組み合わせたネックレスをいくつか作っています。

秋にフランスでの合同展示会に参加させてもらうことになったのですが、それも視野に入れて石だけを主張するトップだけでなく、ネックレスとして雰囲気のある物を作ってみたくなったのです。

雰囲気のある物って、どんなもの?という感じもしますが、原石を使った上品なアクセサリーを作ってみました。

華奢で優雅な印象ですが、原石のもつ自然そのままの力強さも組み合わせた、身につける人にパワーを与えてくれるような、そんなアクセサリーを目指しました。

それにしても、前にも書いたかもしれませんが、G.G.を取ったばかりの頃は、原石には興味なかったのですけどねぇ。
最近、やたらと原石に惹かれています。

たぶん、より「自然そのもの」を感じられるからなのでしょう。

ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。



verdelite at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月09日

ムーンシュタイナーのカットするピンクトルマリン

ムーンシュタイナートルマリン3003
今年いくつか買い付けたムーンシュタイナーのルース。
やっとルースページでご紹介できました。

ルースページの写真を見ると、どれも格好良くて素晴らしいなぁと思いました。
ご来店下さったお客様にもお話ししましたし、ブログやHPなどでも書いていますが数年前まで

「ムーンシュタイナーのカットのルースは、デザインはシンプルなのが一番なので、デザインのしようがないように思うので、取り扱う気はありません」

などと言っていたのに、今はデザインするのが楽しみでしょうがないです。

去年デザインしてお作りさせていただいたリングが、自分が思い描いていた格好いいリングとして、本当に素晴らしい出来上がりだったから、そう思うようになったのですが、あのお作りがなかったらここまで作りたいという気持ちにはならなかったでしょうね。

オーダー下さったお客様と、製作してくれた職人さんには感謝してもしきれないです。
本当にありがとうございました。

さて今日ご紹介の、このトルマリンはちょっとグレーがかった雰囲気の部分と、淡いピンクの色が見えます。
なんとも言えないニュアンスカラーで、春っぽい印象もありますし、クールな感じもします。

このピンクトルマリン、角度によって本当に表情がちがっていて、ツーソンフェアに来てくれた同業者のデザイナーが、ものすごく気に入って買い付けていきそうな勢いでした。

今年のベルデライトの周年フェアの企画に使うつもりだったので、売ってあげませんでしたけど(笑)
でも、あまりに感動していたので、本当は分けてあげたかったです。

宝石業界にいても、色石にあまり興味が無かったり、最近勉強を始めた人の中には、ムーンシュタイナーを知らない人もいます。
本当に知る人ぞ知るという感じのカッターさんです。

日本人でもカッティングの素晴らしい人はいますが、まだまだカッティングのブランドとして販売している研磨士さんはまだまだ少ないので、いつか日本もこういうカッターさんが出てくるといいなぁと思っています。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月27日

ムーンシュタイナーのグリーントルマリン

ムーンシュタイナートルマリン1001
知る人ぞ知るムーンシュタイナー。
今年はツーソンでいくつか買い付けてきました。

ムーンシュタイナーはドイツの芸術的な宝石カッターのアトリエです。
ベルンドとトムの親子でカッティングをしています。
そのカッティングはとても芸術的です。
芸術的というよりも、芸術品と言っても過言ではないでしょう。

私が初めてムーンシュタイナーを見たのは、いまから20年以上前、宝石の業界誌につとめていた時に行った取材先の会社が扱っていました。
そのときは、大きなコーナーがあって、大きなアクアマリンのオブジェが置いてあり、それとジュエリーを見た時に、なんと格好いいジュエリーがあるのだろうと感動しました。

その後、ジュエリーのデザインを始めたときに、この石は石だけで完成されていて、何も付け加えるものがないように思って、苦手意識を持っていました。
デザインをしても、どこかしっくりこないという印象を持っていたのです。

ところが昨年、お客様からムーンシュタイナーを使ったリングのオーダーをいただきました。
この時にデザインさせていただいたのが、手前味噌ですが非常に良い出来で、自分の中にあった苦手意識がなくなりました。

そのリングがこちらです。

このリングが自分で言うのもなんですが、今まで見てきたムーンシュタイナーのどのリングとも違って、それでいてムーンシュタイナーの魅力を引き出したデザインにできて、我ながら素晴らしいと思ってしまったのです。
お客様も大変喜んで下さって、このタイプのリングをもっと作ったら面白いなぁと思い、今年いくつかデザインを発表させていただこうと思ったのです。

というわけで、今年ツーソンでムーンシュタイナーを買い付けてきました。
買い付けに行った時に、ムーンシュタイナー親子にもこの写真を見てもらいました。
お二人と奥様に「クールだ。素晴らしいジュエリーだ」とお褒めいただきました。
今年作ったら、来年も買い付けにいって、また作品の写真を見てもらうつもりです。

ショップページでの紹介が遅れていますが、近日中にアップ予定です。
現在、アクアマリンは商談中になっていますが、他の石はまだ手元にありますので、ご興味のある方はご連絡下さい。


ベルデライト・ホームページ

ranking応援ありがとうございます。ブログランキングに参加してます。

verdelite at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)