2007年12月07日

無道スピリッツの裏に100万ドル紙幣

週刊新潮にこんな記事が。「怪しい100万ドル紙幣で金を無心『織田無道』」
内容は9月16日代々木第二で開催された「無道スピリッツ」の裏側。とりあえず簡単に抜粋してみる。
・「完全に騙されました」と憤慨する現役プロレスラー渡邊幸正氏

・その渡邊氏「プロレスの全試合を仕切って欲しいと依頼を受けたのが6月。その時点で既にスポンサーから2億円、チケットも4000席の大半が捌けて1億2000万円売り上げがあると説明されていました。」

・マスコミ向けにシルベスタ・スタローンやマイケル・ジャクソンなどをゲストに呼んだと吹いたが相手にされず、フタを開けたら集まった奇特な観客は500人にも満たない。

・渡邊氏「結局。出演料も報酬もないまま。全てが嘘で今では連絡すら取れない」

・イベント構成を依頼されたデザイン会社社長「5月ごろ、彼から100万ドル紙幣のカラーコピーを見せられた。天皇家の系図まで持ち出し東久邇宮が所有しているもので自分が換金を任されている。アメリカのFRBが発行したものだから間違いない。1束で100億円だと、その束を並べた写真を見せられた。この紙幣を1億か2億で売りたいから協力してくれと頼まれたが、詐欺話なのでその場で断った」

・実はこの紙幣、4年前に熊本県内である会社社長が持ち回り、数人から1億円以上を騙し取った事件にも使われたもの。

・当の本人は行方をくらましたまま。圓光寺も「取材一切お断り」と逃げの一手とのこと。

ちなみにコメントしている渡邊幸正氏とは、あの「セッド・ジニアス」氏。大体こんなお方にプロレスの企画を任せるほうが間違っているような気が… サムライのダイジェストで見る限り無道スピリッツはいろんな意味で抱腹絶倒の驚愕の興行だったので次回興行を期待していたのですが、これじゃあ次回開催も難しいかもですね… ちょっと残念。

面白かったら押してね。
人気ブログランキングへ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by YO   2007年12月07日 02:31
たしかカードの中に演舞が入っていてそこだけ見たいと思った記憶があります(笑
なぜそこに引かれたのかは自分でも不明・・・
2. Posted by ギアマン   2007年12月07日 13:07
ジニアスはこういうネタ多いな
3. Posted by verdigris28   2007年12月07日 22:30
>YOさん
入ってましたねぇ。自分はサムライで行われていたダイジェストをドロップキックで見ていましたが、店中大爆笑でした。

>ギアマンさん
それでこそジニアスなのです(笑)
4. Posted by SO   2007年12月09日 03:06
ジニアスの勘違いですね!はじめからプロレスの企画などないですよ。おもしろい方ですね!
5. Posted by verdigris28   2007年12月09日 09:27
>SOさん
ジニアスがジニアスなところです(笑)
勘違いこそがジニアスなのです。
6. Posted by メグミ   2007年12月11日 03:41
イベント構成を依頼された社長さんが、記者会見の見積もりを2000万円掛かると見積もり、現場から外されてしまい織田無道の事を悪く言っているらしいが、その前に役員から抜けてからコメントしなさいよ!
7. Posted by verdigris28   2007年12月11日 17:56
>メグミさん
そんなことがあったのですね…
そりゃぼったくりも良いところです。貴重な情報ありがとうございます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
連絡先
何かありましたらこちらへ

verdigris28@livedoor.com
Powered by SEO Stats
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ