2008年03月26日

【今日は何の日】海賊男乱入に大阪城暴動

猪木の卍固め海賊男乱入(1)海賊男乱入(2)
今から、21年前の1987年3月26日は大阪城ホールで
「〜アントニオ猪木レスラー生活25年〜INOKI闘魂LIVE PART2」が行われました。

メインはアントニオ猪木vsマサ斎藤。前日の前夜祭でジャパンプロレスを追放となり、参戦していた全日本プロレスからも去っていった「時の人」長州力がマサ斎藤の代理人として登場。この試合が実質の長州の新日本復帰に向けて第一弾として一気に注目を浴びることに。しかしこの年に既に3度に渡り、無差別の新日本襲撃を続けていた海賊男が、この日の試合をぶち壊しに現れたのであった。とりあえずこの日の試合結果はこのような感じでした。

「INOKI闘魂LIVE PART2」大阪城ホール 観衆13850人(超満員札止め)

○アントニオ猪木[25分34秒海賊男乱入→反則勝ち]マサ斎藤●
異種格闘技戦 3分7ラウンド
○木村健吾[2R1分17秒KO勝ち]ケリー・J・ウイルソン●
IWGPタッグ選手権試合
前田日明、○高田延彦[15分29秒ヒザ十字固め]武藤敬司、越中詩郎●
※前田、高田組が第5代王者に就く。
マーシャルアーツIWA認定クルーザー級USアメリカン選手権試合 3分7ラウンド
○ドン・ナカヤ・ニールセン[3R50秒KO勝ち]チャーリー・アーチ●
プロボクシング IBF認定日本ライト級選手権試合 3分10回戦
○南浩文[3R2分40秒KO勝ち]塚田敬●
ジャパン女子プロレス
○ミスA[11分17秒逆片エビ固め]ハレー斎藤●
○後藤達俊[9分24秒片エビ固め]橋本真也●
○船木優治、野上彰[13分34秒らくだ固め]中野龍雄、安生洋二●


メインの試合の途中に姿を見せた海賊男は斎藤にいきなり手錠をかけると、そのまま一緒に控室に。数分後に手錠の鎖の部分を引きちぎり戻ってきた斎藤が、その手錠を凶器に猪木を殴打しまくる。結局、レフリーのミスター高橋も殴打してしまい反則負け。この不可解な結果に激怒したファンは怒鳴り散らし、イスが乱れ飛ぶ。こうした観客の声を聞いた猪木が「叫んでるやつ、ぶち殺してやる!」と控室から飛び出しかけるが、必至に阻止。会場に残った3000人の観客が大阪府機動隊、警察の出動によりようやく会場の外に誘導されたのは午後11時のことであった。
木村健吾、初めての異種格闘技戦武藤のムーンサルトプレス第5代王者前田、高田組
セミファイナルではマーシャルアーツ特訓から帰還した木村健吾が初の異種格闘技戦に挑戦。追い込まれる場面が目立つも最後はバックドロップから右ストレートでKO勝ち。健吾の試合中に見せていたパンチはこのマーシャルアーツ特訓から来ていました。そしてセミ前では王座を奪取したばかりの武藤、越中組が初防衛に失敗。わずか6日天下で終わっており、またこの日の中継を最後に古館伊知郎アナウンサーがワールドプロレスリングの実況から引退しております。

面白かったら押してね
人気ブログランキングへ


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
連絡先
何かありましたらこちらへ

verdigris28@livedoor.com
Powered by SEO Stats
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ