2008年04月26日

【今日は何の日】天龍源一郎全日本プロレス退団

今から18年前(もうそんなに経つのか…)の1990年4月26日は全日本プロレスに大激震が。

1984年の天龍源一郎そもそも全日本プロレスは1972年の旗揚げ以来、新日本プロレスとの外人の引き抜き合戦や、ジャパンプロレス勢の参加、長州の離脱などはあったものの、団体そのものが揺らぐような事件はなくマイペースな活動を続けてきていた。

しかし90年4月19日横浜文化体育館で行われたジャンボ鶴田vs天龍源一郎の三冠ヘビー級戦前に、天龍は「ジャンボに負けたら(全日本を)辞めるよ」とゴングの小佐野記者に漏らしており、結果は12分32秒バックドロップホールドで鶴田が勝利し2度目の防衛に成功。負けた天龍の動向に注目が浴びることになった。

天龍は4月23日に辞表を持ってジャイアント馬場と会談。その席で天龍は新興団体メガネスーパーから誘われていることを打ち明けたが、その場では結論は出ずとりあえず馬場が辞表を保留した。しかし26日に東京のキャピタル東急ホテルで再び会談が行われ、馬場は押し切られるような形で結局は天龍からの辞表を受け取ることとなった。

「馬場さんとの話し合いで円満に退社を認めてもらいました。これからはメガネスーパーの資金援助を受けて新しく天龍部屋のような物を作り。メガネスーパーさんが用意してくれるリングに上がります」

天龍は爽やかな顔でそう語ったが、一方の馬場は仕方ないといった表情でこう語った。

「天龍がメガネスーパーに行く事になりました。天龍とは今日を含め、何回か和やかに話し合ったけど… すべて綺麗な話が出来たと思う。将来は天龍部屋みたいな物と全日本との間で対抗戦が行われることもあり得る」

この時までは、まだ天龍だけの退団で済むと思われていたが、馬場も天龍も知らないところでメガネスーパーは着々とプロレス界全体を侵食し始めていた。新日本プロレスではジョージ高野と佐野直喜が離脱に向けて動きだしており、渡米中の武藤敬司にも好条件による移籍を打診しており、この後プロレス界全体に及ぶ大量離脱の雪崩現象の布石は、この天龍の退団から始まったのでした。この後のメガネスーパーの動きは今度また書けたらその時にでも。

のちにメガネスーパーの田中八郎社長はSWS崩壊後に「最初の予定は、武藤敬司選手を誘って、3年から5年かけていい選手を育てていくつもりだった。そうしたら来ると思っていなかった天龍選手が取れてしまった。天龍選手が来たことにより5年も遊ばせることは出来ないので、試合をしなくてはいけなくなった。そうしたら天龍選手が来たことでいろんな選手がついてきた。連れてきた以上はダメとは言えないし。当初、考えていた構想とは違う方向に行ってしまった」と語っていましたが、実際に予定通りに進んでいれば歴史は変わっていたのでしょうか?気になる気になる。

面白かったら押してね
人気ブログランキングへ


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 週刊 プロレス  [ 格闘技通信 ]   2008年04月26日 19:36
→格闘技Rankingへ 白樺湖いよいよ白樺湖にて信州プロレス一周年記念大会です。自分は、4日と5日に登場予定です。いつもならゴールデンウィーク...

コメント一覧

1. Posted by ニシ   2008年04月27日 23:04
もうそんなに経つんですね…。全日は引き抜きに対する免疫、対応策が無かった所を突かれた感じでしたね(長州達の場合は元々ヨソから来た選手達だったし所属でもなかったし)。
でもSWSで思い出す事と言ったら週プロ(と言うかターザン山本)の強烈なバッシングだったり旗揚げ戦のTV中継の実況が木村匡也だったなとか北尾の「八百長野郎」発言だったりとかで試合の事が中々出てこないです…
2. Posted by verdigris28   2008年04月28日 00:24
>ニシさん
まだ10年くらいな感じですよね(笑)
自分はSWSと言えば元AWA王者リックマーテルがジュニアにさせられて佐野に負けてたり
元NWA王者のケリーフォンエリックが冬木に負けていたことが思い出されます…
試合結果だけ見て悔しくて悲しかったなぁ…

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
連絡先
何かありましたらこちらへ

verdigris28@livedoor.com
Powered by SEO Stats
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ