2008年09月28日

9/28全日本プロレス横浜文化体育館大会携帯速報まとめ

今日、携帯から速報した試合結果などを一つにまとめました。試合時間や技の間違いなどは、速報したときのままになっております。とにかく長いので宜しかったら最後まで見てもらえたら嬉しく思います。

 

 



今日は全日本横浜文化体育館大会

d1c190a4.jpgに来てみました。

急遽、来たので対戦カードが良くわかりませんが
近藤修司vs大和ヒロシに注目してみたいと思います。
 

渕、征矢vs 荒谷、平井

31071c8c.jpg試合開始
先発は渕と荒谷。タックル合戦。渕から代わった征矢も荒谷にタックルを打ち込むが倒れず。征矢のアトミックドロップで荒谷は泣き顔。しかし荒谷も浣腸でお返し。これは村山レフリーに見られて頭を叩かれる。怒った荒谷は村山レフリーに浣腸。怒った村山レフリーは渕と征矢のダブルブレーンバスターに加わると高速カウントで場内を沸かせる。平井が荒谷に頭を出せと命令し征矢の頭をぶつけるが荒谷は場外に吹っ飛ぶ。

5分経過
捕まりぱなしの征矢だがタックルからブレーンバスターで平井を投げようやく反撃。代わった渕が平井をボディスラムで投げると「もう一回」コール。平井が投げると「もういいよ」と野次が。最後は渕が首固めで荒谷から勝利。

○渕正信[0920首固め]荒谷望誉●

近藤修司vs 大和ヒロシ

8dc00587.jpg試合開始
まずは腕の取り合いから。近藤がヘッドロックをかけると、大和はロープに振りタックル合戦に。打ち勝った大和はドロップキックで近藤を場外に出すが、鉄柵に振られて形勢逆転。リングに戻った近藤はエルボーで大和を倒すと足蹴にする。起き上がった大和はチョップ合戦に挑むも近藤が打ち勝ち逆片エビ固めに持ち込む。完全に決まる前に大和はロープに逃げる。近藤は対角線攻撃を狙うが大和も足で阻止。しかし近藤もフェイントでラリアット。大和はブレーンバスターで近藤を場外に出すとトペ。リング内に戻りミサイルキック→ラリアット→ダブルリストアームソルトに持ち込むが近藤はカウント2でクリア。大和はジャーマンを狙うが近藤はクビナゲ。そしてランサルセ→ザ☆オリジナルと繋ぐ。キングコングラリアットをすかした大和はジャーマン。カウント2。大和はクロスアームスープレックスを狙うが近藤はサムソンクラッチ。大和がこれを押し潰しカウント2.9。最後はキングコングラリアット連発で近藤の勝利。

○近藤修司[0903キングコングラリアット]大和ヒロシ●

西村、カズvs 論外、TAKEMURA

111c700c.jpg試合開始
西村とTAKEMURAが先発。しかし論外とカズに代わるとカズを分断で追い込むGURENTAI。

5分経過
カズが捕まる場面が続くもハンドスプリングレッグラリアットでようやく切り抜け西村に交代。西村の逆さ押さえ込みはカウント2.9で切り抜けた論外だがカズのWA4から二発目の逆さ押さえ込みで西村の勝利。

○西村修[0903逆さ押さえ込み]NOSAWA論外●

ドーリング、アトラス、真田vsTAR U、ゾディアック、ブラザー

a333745a.jpg試合開始
場外戦からリングに戻るとドーリングとゾディアックがタックル合戦。そして真田が捕まる展開が続く。長時間捕まるもドロップキックでTARUを飛ばしようやくドーリングに交代。ドーリングはVM三人を蹴散らしアトラスに交代。アトラスのどどんがブラザーに決まるがカウント2。

10分経過
ブラザーの急所攻撃からアトラスが捕まる展開に。しかし切り抜け分断すると今度はブラザーが捕まる。真田のジャーマンがブラザーに決まるがドーリングがカット。ドーリングは真田をレボリューションボムで叩きつけ仲間割れ。ブラザーが真田をカバーして勝利。

○brotherYASSHI[1326ドーリングのレボリューションボム]真田聖也●

ドーリングはアトラスや真田を椅子で殴打。そしてTARUと握手。ゾディアックとは抱擁してVM入り。

世界ジュニアヘビー級選手権試合

9c517083.jpg土方隆司vs丸藤

試合開始
まずはタックルから土方がいきなり投げっぱなしジャーマン。会場悪い意味で静まりかえる。丸藤は首4の字。土方はスリーパーで絞める。丸藤はヘッドロックできつく絞る。土方はこれをバックドロップで投げる。

5分経過
土方もヘッドロックで絞り込む。丸藤の対角線エルボーはカウント2。そして場外戦。丸藤はエプロンに土方の頭を垂直落下式ブレーンバスターのように叩きつける。丸藤のドロップキックをすかすと土方はPK。場外に出た丸藤をエプロンから蹴る。リングに戻った丸藤を土方は対角線に蹴る。腕ひしぎ十字固めは丸藤がロープに逃げる。土方は丸藤の左腕を足蹴にする。また土方は腕ひしぎ十字固めを狙うが丸藤はロープにエスケープ。土方の後ろ→前PKはカウント2。丸藤もラリアットで反撃。ドロップキックで土方は場外に落ちる。

15分経過
丸藤はトペで土方を追撃。リングに戻った丸藤は不知火かと思いきやオースイスープレックス。カウント2。しかし土方もハイキック→ジャンピングハイキック。カウント2。土方のフィッシャーマンバスターを丸藤が先に出す。土方も垂直落下式ブレーンバスターから顔面にパンチ。土方はフィッシャーマンバスターからカバーに行かずリストクラッチ式垂直落下式ブレーンバスター。カウント2.9。

20分経過
土方は腕ひしぎ十字固めを決めるが丸藤はロープに。丸藤はドラゴンスクリューからジャンピングハイキック。スワンダイブ式ドロップキック→不知火。カウント2.9。トップロープに土方を乗せるが土方が雪崩式フィッシャーマンバスターで切り返す。そしてバズソーキック。カウント2。土方はまたフィッシャーマンバスター。これもカウント2.9。土方はトップロープに丸藤を乗せるが丸藤が雪崩式不知火。カウント2.9。丸藤はトラースキックからリストクラッチ式不知火。カウント2.9。

25分経過
丸藤はトラースキックからSSDで勝利。

○丸藤[2530SSD]土方隆司●



土方vs丸藤


小島、天山、KAIvs みのる、ケア、MAZADA

2fe62b10.jpg試合開始
先発はKAIとMAZADA。KAIが鮮やかなドロップキックで沸かせる。天山が出てくると「シューシュー」ケアにモンゴリアンチョップを叩きこみ、みのるを呼び込むも天山は小島に交代。

5分経過
みのるが小島に腕を決めるとKAIが出てきてみのるにビンタ。怒ったみのるが場外にKAIを出しボコボコにする。小島からKAIに交代しKAIはドロップキックでみのるを飛ばすと足蹴にし起き上がるとビンタ。しかしみのるにお返しされボコボコに。みのるからMAZADAに代わるもみのるはエプロンからKAIの顔面にパンチ。KAIが捕まる時間が長くなる。再びみのるが出てくるとKAIが奮起しみのるにエルボー連発。しかしKAIは足から崩れてしまう。

10分経過
KAIがボコボコにされる展開が続く。ようやくみのるに延髄斬りを叩き込み大歓声。やられてやられてやり返すこれがプロレス。ようやく小島に交代。

15分経過
小島の行っちゃうぞエルボーはカウント2でみのるがクリア。影が薄かった天山がようやく登場。天山がカーフブランディングを決めるとケアもサンケアキックでお返し。天山はマウンテンボムを決めるとKAIに交代。

20分経過
天山よりKAIのほうが光りまくる。天コジの合体攻撃からKAIはMAZADAにスプラッシュブランチャ。しかしみのるが出てきてKAIにスリーパーを決めるとKAIは落ちてしまう。この間にみのるとケアは連携で天山を分断。残る小島を狙ったケアとみのるだが天山が小島の代わりに連携を食らう。友情。蘇生したKAIがミサイルキックでみのるを分断。最後は天コジカッターからラリアットで小島がMAZADAから勝利。

天コジよりKAIが一人光りまくりでした。

○小島聡[2520ラリアット]MAZADA●

試合後、天コジがみのるケア組の持つ世界タッグに挑戦表明。

三冠ヘビー級選手権試合

52496788.jpg諏訪魔vsグレート・ムタ
諏訪魔のセコンドには雷陣がつく。

試合開始
まずは指の探り合いから諏訪魔がバックに回りグラウンドを狙うがムタは場外にエスケープ。リングに戻ると毒霧。しかし諏訪魔は再びグラウンドに持ち込むが、ムタはまたしてもスルリと場外にエスケープ。リングに戻ったムタはグラウンドに持ち込み諏訪魔の腕を狙う。一度エスケープ。

5分経過
場外に出たムタはなぜか雷陣に遅いかかり鉄柵に振るとシャイニングウィザードで雷陣は悶絶。諏訪魔は雷陣を助けに入る。雷陣は担がれて控え室に引き下がる。リングに戻った諏訪魔はフライングショルダーでムタを倒すと上からギロチンチョークのように首を絞める。ムタを起きあがらせた諏訪魔はアバラッシュホールドから逆片エビ固め。

10分経過
場外に出たムタを追いかけた諏訪魔だが逆に鉄柵に振られて形勢逆転。鉄柱に叩きつけられた諏訪魔は流血。もう一度諏訪魔を鉄柱に叩きつけたムタは先にリングイン。ようやくエプロンに戻ってきた諏訪魔の額にチョップを振り下ろしまくるムタ。諏訪魔の金髪は真っ赤に。ムタはスリーパーからヘッドロックで諏訪魔を捕らえるも諏訪魔はバックドロップでムタを投げようやく反撃。諏訪魔はもう一発バックドロップを狙うがムタは上からパンチを入れ決めさせない。ムタは再びスリーパー。

15分経過
諏訪魔はブレーンバスターを決めるも対角線攻撃はかわされ、ムタが対角線シャイニングウィザードからSTFを決める。ここでセコンドに頭から包帯をグルグル巻きにした雷陣が復帰。諏訪魔に檄を飛ばす。ムタはスペースローリングエルボーを狙うが諏訪魔が受け止め投げっぱなしジャーマン。そして対角線ラリアットからフロントスープレックスはカウント2。ムタは諏訪魔の額にチョップを狙うが諏訪魔はこれを受け止めかんぬきスープレックス。ムタは場外にエスケープ。

20分経過
ムタはイスを手にリングイン。諏訪魔がイスを取り返すとムタは毒霧。しかし諏訪魔はイスで毒霧をカバー。そしてムタにイスを手渡すとローリングラリアット。ムタのシャイニングウィザード狙いも諏訪魔が先にラリアット。諏訪魔は必殺ラストライドを決めたがカウント2.9でムタが下から毒霧。目が見えなくなった諏訪魔に雷陣が激を飛ばす。ムタの突進をドロップキックで跳ね返した諏訪魔はフロッグスプラッシュからラストライドを狙うがムタが上から毒霧。ムタがここからシャイニング・ウィザード地獄からムーンサルト・プレスで勝利!

○グレート・ムタ[ムーンサルト・プレス]諏訪魔●

メイン終了後

新王者ムタの背後からみのるがスリーパー・ホールド。ムタは毒霧を吐きながら失神。

みのるはムタの上にベルトを置き退場。起き上がったムタは見栄を切り退場。

まさかのベルト移動に観客は唖然。予想していたより良かったメインでした。



全日本横浜文化体育館


横浜文体(2)



トラックバックURL

連絡先
何かありましたらこちらへ

verdigris28@livedoor.com
Powered by SEO Stats
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ