ACERのWindowsタブレットの2014年秋冬モデルです。
Windowsタブレットですが500GBのHDDを内蔵したキーボードドックが付属し、2in1ノートとして4つのスタイルでの利用も可能です。

10.1インチ、1280×800、タッチパネルあり
Intel Atom Z3735F、外部GPUなし
RAM:2GB、ストレージ容量:64GB、光学ドライブなし
OS:Windows 8.1 with Bing 32bit、Officeあり
重量:0.585kg、8.0時間、カラーバリエーションなし



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



ACER Aspire Switch 10 SW5-012-F12D/SF
ACER Aspire Switch 10 SW5-012-F12D/SF
シルバー
発売元:ACER
発売日:2014-10-10








特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?

今回はACERのタブレットPC(Windows)です。
(ACER Aspire Switch 10シリーズ)
2014年10月発売モデル:2014年秋冬モデルです。

  • 2014年秋冬モデルでPC関連の話題は?
当モデルには搭載されていませんがMicrosoft Officeに最新のバージョンが加わりCPUの新たなブランドCore Mシリーズ搭載モデルが初めてラインアップされます。
(Microsoft Officeは2014年10月17日に発売されます)

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
ACER Aspire Switch 10シリーズはACERに新たに加わったシリーズでOSにWindowsを採用しています。

ACER Aspire Switch 10 SW5-012-F12D/SF(当モデル)は2014年秋冬モデルでラインアップされる2モデル中の上位モデルです。

下位モデル同様にキーボードドックが付属することでACERでも過去にACER W510などで付属モデルをラインアップしW510ではヒンジ部分に特徴があり180度以上開くことでフォトスタンド的に利用できました。
参考に⇒ACER ICONIA W510D-2
(旧ブログへのリンクです)

当 モデルのキーボードドックはヒンジ部分ではなく接続部にに特徴があり通常のキーボードドック付属モデルだと接続できる方向が1方向のみですが当モデルでは キーボード側と反対にして接続することで4つのスタイル(YOGAスタイルにコンセプトは若干近いのでしょうか)で利用できるところです。

  • (当モデル)のスペックの特徴は?

同時発表の下位モデルACER Aspire Switch 10 SW5-012-F12P/Sとはタブレット本体のハード面の差は無くソフトウェア面でOfficeが付属している点と付属するキーボードドックに500GBのHDDが搭載されその分30g重量が重くなる点に違いがあります。

タブレット側のストレージ容量は64GBと他メーカーの廉価モデルで用意される32GBより多いですが画像など容量の大きなデータを保存するには少ないでしょうか。

当モデルにはキーボードドックにHDDが内蔵され容量に余裕ができ接続時の重量アップは30gと最小限に抑えられているのはうれしいポイントです。

ただOfficeが付属することとキーボードドック側にHDDが内蔵されることで下位モデルより価格帯が上がります。
(Microsoft Office Home and Business 2013が付属しライセンスの違いなどありますがOfficeのパッケージ版の価格を考えると必要な方にはお得な点もあるのでしょうか。
参考に⇒Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] (PC2台/1ライセンス) :Amazonへのリンクです)

性能面では8~10インチクラスのタブレットPCに搭載される事例が多いAtomのZ3000系を搭載し通常のCeleronに比べて性能は下がりますがZ2000系以前のAtomに比べ性能が上がっているのでネットブックの頃のAtomとイメージが異なるのでしょうか。

ディスプレイの解像度は1280×800(16:10)と1366×768(16:9)の製品もある中で若干下がりアスペクト比も異なります。

  • メーカーのアピールポイントは?
1、ノート、タッチパネル(パッド)、ディスプレイ、テントそれぞれのスタイルで利用できます。
・キーボードやタッチパッドにより通常のノートパソコン同様のスタイルで利用する。
・タブレットPC(本体のみ)として利用する。
・フォトスタンド的に利用する。
・動画の視聴に利用する。
など目的に合わせたスタイルで利用可能です。

2)タブレットとキーボードの接続はマグネット式ですがある程度の荷重に耐えられる強力なタイプかつ取り外しも容易なタイプです。

3)ディスプレイ部はゴリラガラス3の採用で強度が高いのでタブレット単体の利用でも安心できます。

4)ストレージ容量が64GBとキーボードドック側に500GBのHDDのダブルストレージを搭載し写真や動画なども余裕でストックできます。

5)Zero Air Gapテクノロジーを搭載しタッチパネル搭載モデルで発生しやすい反射を抑えています。

  • まとめ
同時発表の下位モデルと競合もありえますが外付けのストレージをすでに持っていたりOfficeが必要な場合でもOfficeのパッケージ版(1ラインセンス2台まで)を所有しもう1台使用する空きがある場合を除いて必要か必要でないかの違いが価格差に大きく響きます。

スペックや必要な装備などに価格差など含めて検討してください。
(海外で出ている解像度アップバージョンや11.6インチでCore i系のCPUを搭載するACER Aspire Switch 11が日本でもラインアップされるのか今後の動向に注目です)

カラーバリエーションはなくシルバーの1色のみです。



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
ACER Aspire Switch 10 SW5-012-F12D/SF

ライブプレビューも載せておきます。




スペック

ディスプレイに関するスペック

  • ディスプレイサイズ
10.1インチ
  • ディスプレイ解像度
1280×800(WXGA アスペクト比16:10)
  • ディスプレイパネル
IPS液晶
  • タッチパネル
搭載しています。
5点マルチタッチ対応
静電容量式

特別高い解像度ではないですがIPS液晶により視野角が広いです。
タッチパネル搭載でタッチによる操作や入力が可能です。


性能に関するスペック

  • CPU
Intel Atom Z3735F(1.33GHz)です。
4コア4スレッド、クロック数は1.33GHzでバーストテクノロジーにより最大1.83GHzまでクロック数が上がります。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphicsです。
  • チップセット
CPUと一体

CPUはZ3000系のAtomで上位のCeleronに比べると性能は下がりますがネットブック全盛の頃のAtomに比べ内蔵されるGPUも含めて性能が大幅に向上しています。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
2GB
DDR3L(増設、変更できません)
  • ストレージ容量
フラッシュメモリ:64GB
(増設、変更できません)

  • HDD:500GB
(モバイルキーボードドックに内蔵されています)

2GBは少なめの印象ですがOSに32bit版を採用するため上限でしょうか。
タブレット本体に64GBのフラッシュメモリ、キーボードドック側に500GBのHDDを搭載しこのクラスとしては余裕のストレージ容量です。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
光学ドライブを搭載していません。
  • ディスプレイ出力
Micro HDMI出力端子を装備します。
  • LAN規格
搭載していません。
  • 無線LAN規格
802.11b/g/n
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0
  • Webカメラ解像度
フロント:200万画素
  • オーディオ関連
ステレオスピーカー搭載
内蔵マイクロフォン×1
ヘッドフォン/スピーカージャック×1
  • USBポート数
タブレットのみMicro USB2.0規格が1ポートで
キーボードドックにUSB2.0ポートが1ポート搭載されています。
  • カードリーダー
MicroSDメモリーカード対応です。
  • キーボード
Acer FineTip キーボード (87 キー / 日本語、10キーなし)
  • タッチパッド
マルチジェスチャー対応
  • センサー類
加速度センサー
照度センサー

Webカメラがフロントのみでセンサー類が少なめですが、それ以外はこのクラスの標準的なスペックでしょうか。


外観に関するスペック

  • カラー
シルバー
  • 本体寸法
タブレットのみ
幅     26.11cm
奥行き 17.71cm
高さ    0.89cm
タブレット+キーボードドック
幅     26.16cm
奥行き 17.71cm
高さ    2.02cm
  • 重量
タブレットのみ:0.585kg
タブレット+キーボードドック:1.2kg


ソフトウェアに関するスペック

  • OS
Windows 8.1 with Bing 32bit
  • Office
Microsoft Office Home and Business 2013

with Bingを採用しています。
2014年10月17日に登場する最新のOfficeではありませんが互換OfficeでなくMicrosoft Officeになるのはうれしいポイントです。
最新のOfficeに関してjはこちらを参考に⇒Microsoft Officeについて


駆動時間や付属品などに関するスペック
  • バッテリーの駆動時間
約8.0時間
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)
  • 付属品
キーボードドック
ACアダプター
ACプラグ
Micro USB-USB変換アダプター
保証書など


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”タブレットPC”などカテゴリ名(左側)と”Windowsタブレットの2014年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。