NECのAndroidタブレットの2014年秋冬モデルです。
薄型・軽量・コンパクトで、初回セットアップ方法が書かれた簡単セットアップシートが付属したりするのも特徴です。

8.0インチ、1920×1200、タッチパネルあり
CPU:Intel Atom Z3745
RAM:2GB、フラッシュメモリ:16GB、光学ドライブなし
OS:Android4.4
重量:0.305kg、8.0時間、カラーバリエーションなし



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



NEC LaVie Tab S TS508/T1W PC-TS508T1W
NEC LaVie Tab S TS508/T1W PC-TS508T1W
パールホワイト
発売元:NEC
発売日:2014-11-20












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はNECのタブレットPCです。(Android)です。
(NEC LaVie Tab Sシリーズ)
2014年11月発売モデル:2014年秋冬モデルです。
店頭販売:カタログモデル

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
NEC LaVie Tab(エヌイーシー ラヴィー タブ)シリーズはOSにAndroidを採用するタブレットPCでシリーズ中にはスタンダードなEシリーズや、スリムコンパクトなSシリーズがラインアップされ、7.0インチ、8.0インチ、10.1インチなどディスプレイサイズも豊富です。
(10.1インチモデルはEシリーズにラインアップがあります)

また簡単・安心をコンセプトに初回セットアップ方法が書かれた簡単セットアップシートが付属したりするのも特徴です。

NEC LaVie Tab Sシリーズは従来モデルでは7.0インチモデルでしたが、今回は8.0インチモデルとなり解像度のアップの他にCPUの強化など基本性能の向上とLTE対応のSIMロックフリーモデルも追加されています。

  • NEC LaVie Tab S TS508/T1W PC-TS508T1W(当モデル)のスペックの特徴は?
当モデルはSIMロックフリーモデルではなくWi-Fiモデルになりますが、AtomのZ3000系を搭載しAndroidタブレットとして性能は高めで駆動時間などとのバランスも良いです。

解像度は1920×1200と高くRAMも2GBと標準的なモデルよりスペックは高いですが、ストレージ容量は16GBと多くはないです。

NECはLenovoと提携を経て合弁会社を設立して以降、いくつかのモデルでかなりスペックが近いモデルを見てきて、コスト削減のため部品などの共用化されている部分も多いと推測していますが、当モデルはLenovo YOGA TABLET 2-830F 59426326にかなり近い印象です。
(当モデルはデザインなど含めて従来のタブレットPC的なコンセプトで、YOGAタブレットは複数のスタイルで利用できるなどコンセプト(ボディ)に違いはあり、無線LAN規格やセンサー類にも違いはありますが)

カラーバリエーションは用意されずホワイトの1色のみです。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)0.79cmの薄型で重量は0.305kgと軽く、駆動時間は約8時間と薄型軽量のモデルとして長めです。

2)安心をコンセプトに簡単セットアップシートやかんたん! LaVie Tab for Android、動画なびポータル、使い方相談が提案されています。

3)4コアの高性能なCPUとデュアルチャネル対応の2GBのRAMを搭載し快適な動作を実現しています。

4)eBookJapanの電子ブッククーポン:eBook図書券2,160円分(540円分×4)が添付されています。
(eBook図書券には有効期限があります)

5)Microsoft Officeの互換アプリのWPS Office for AndroidがインストールされOfficeファイルを閲覧、編集できます。
(互換Officeのためすべての動作を保証するものではありません)

6)OneDriveに簡単に写真などアップロード可能なコンテンツナビモバイルがインストールされています。

  • 従来モデルとの違いは?
2013年秋冬モデルまでさかのぼりますが、2013年11月発売モデルNEC LaVie Tab S TS507/N1S PC-TS507N1Sとの主な違いを簡単に書きます。

ディスプレイサイズ、CPUが異なりRAM容量は倍になりましたが、逆にストレージ容量は半分でOSのバージョンも異なります。

簡単・安心・スリムモデルのコンセプトは同様ですが、CPUはIntel系に変更され性能がアップするなどディスプレイサイズも含めて違いは大きいです。

  • まとめ
コンセプト(デザインや使用方法など)含めて、Lenovoのモデルや従来モデルと価格差など含めて検討してください。

NEC(国内メーカー含む)ということでインストールされるアプリなど今回も多いのかなと思いましたが、ノートパソコンなどに比べてアッサリ気味(ストレージ容量のこともあるのかもしれないですが)で、Google Playから自分でアプリのインストールでしょうか。
(更に以前は同時に用意されたモデルバリエーションでも、インストールされるアプリに違いがある場合もありましたが、今回のSIMフリーモデルとは同一の内容です:気になる方はメーカーの製品ページのアプリの部分で確認してください)

付属するA3サイズの用紙にタブレットの起動から基本的な操作方法までわかりやすく載っていたり、設定後になりますが、Web上にかんたん! LaVie Tab for Androidがありインターネットやメールの始め方、電子書籍の購読方法などがわかりやすく載っているほか、ホーム画面に用意されたリンクからWeb上の動画なびポータルで基本操作など確認できるなど初心者の方にも安心なところが満載です。

事前に無料のお客様情報登録(ログインIDの取得)など必要ですが、使い方について無料で相談できるの特徴です。

他メーカーの製品のスペックが近くなってきている(最近のAndroidタブレットではIntel製のCPU搭載モデルが増えているでしょうか)なかで、各モデルのスペック表だけでは現れないコンセプトや特徴など把握しながら選択してください。

モデルバリエーションにLTE対応のSIMフリーモデルがラインアップされますが、後日書きます。



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
NEC LaVie Tab S TS508/T1W PC-TS508T1W

ライブプレビューも載せておきます。



  • メーカーの直販サイトで確認する。
NECの直販サイトのNECダイレクトでは店頭販売:カタログモデルの他にカスタマイズモデルなどもラインアップされています。
(型番が店頭販売:カタログモデルと異なり2014年秋冬モデルまではノートパソコンがLavie Gタイプ~でデスクトップパソコンがVALUESTAR G タイプ~でしたが、2015年春モデルからどちらもLavie Direct ~となりノートパソコンでは~の部分に”NS、HZ、HA、HF”など、デスクトップパソコンでは”DA、DH”などが入ります)
NECダイレクトの最新モデルはこちらを参考にしてください。
NEC Direct
(NECダイレクトのトップページへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック

  • ディスプレイサイズ
8.0インチ
  • ディスプレイ解像度
1920×1200(WUXGA アスペクト比16:10)
  • タッチパネル
搭載しています。
静電容量式、10点マルチタッチ対応
  • パネル種類
IPS液晶

8インチクラスとしては高解像度なディスプレイで、視野角の広いIPS液晶になります。


性能に関するスペック
  • CPU
Atom系のIntel Atom Z3745(1.33GHz)です。
4コア4スレッドでクロック数は1.33GHzでバーストテクノロジーにより最大1.86GHzまでクロック数が上がります。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics です。

駆動時間と性能のバランスが取れた構成で、Androidタブレットとして不足のない性能でしょうか。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
2GB
(LPDDR3 メモリの増設はできません)
  • ストレージ容量
フラッシュメモリ:16GB

ストレージ容量の16GBはAndroidタブレットとしても多くはないですが、RAMの2GBは標準より多いでしょうか。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
搭載していません。
  • ディスプレイ出力
搭載していません。
  • LAN規格
搭載していません。
  • 無線LAN規格
802.11b/g/n
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0
  • Webカメラ解像度
フロント:160万画素
バック:800万画素
  • オーディオ関連
ステレオスピーカー搭載
モノラルマイク搭載
ヘッドフォンステレオ出力・マイク入力共用ミニジャック
  • USBポート数
MicroUSBが1ポートです。
(クライアント機能対応、充電兼用)
  • カードリーダー
micro SDメモリーカード(micro SDHC、micro SDXC対応)
  • センサー類
GPS
加速度センサー


外観に関するスペック
  • カラー
ホワイト(パールホワイト)
  • 本体寸法
幅     12.38cm
奥行き 20.98cm
高さ    0.79cm
  • 本体重量
0.305kg


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Android 4.4
  • Google Play
対応しています。


駆動時間などに関するスペック
  • バッテリーの駆動時間
Webページ閲覧時     最長約8.0時間
動画再生時         最長約6.0時間
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)
  • 付属品
ACアダプタ
充電ケーブル(USB)
マニュアル


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”タブレットPC”などカテゴリ名(左側)と”Androidタブレットの2014年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。