NECのオールインワンタイプで2015年春モデルです。
新たにラインアップされたシリーズで、大画面タブレットやフォトスタンド的に利用できるマルチスタイルに対応するフリースタイルPCで、同時発表の3モデル中の上位モデルです。

15.6インチ、1920×1080、タッチパネルあり
Intel Core i7 5500U、外部GPUなし
RAM:8GB、HDD:1TB、光学ドライブあり
OS:Windows 8.1 Update 64bit、Officeあり
重量:2.8kg、1.5時間、カラーバリエーションなし



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



NEC LaVie Hybrid Frista HF750/AAB PC-HF750AAB
NEC LaVie Hybrid Frista HF750/AAB PC-HF750AAB
ピュアブラック
発売元:NEC
発売日:2015-01-22












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はNECのデスクトップパソコンです。(オールインワンタイプ)
(NEC LaVie HFシリーズ)
2015年1月発売モデル:2015年春モデルです。
店頭販売:カタログモデル

  • 2015年春モデルでPC関連の話題は?
第5世代Core i系の搭載モデルがラインアップされます。

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
従来はNECのデスクトップパソコンはVALUESTARブランドでしたが、再編によりノートパソコン向けのブランドのNEC LaVieシリーズに統合され、各シリーズ名でLaVieの後に頭文字が使われるようになりました。(一部例外あり?)

NEC LaVie HFシリーズは当ブログではオールインワンタイプのデスクトップパソコンにしますが、Hybrid Fristaの頭文字から来ている新しいコンセプトのニューモデルです。

デスクトップパソコンにはタワー型とオールインワンの2タイプが用意されています。
(ニューブランドのハイブリットタイプのPCはオールインワンに含めますが、メーカーサイトではフリースタイルPCのコンセプトで、ハイブリットPCのカテゴリに属します)

15.6 インチサイズでタッチパネルを搭載しスタンド部に特徴があり水平状態まで寝かせることでタブレット的に利用したり(バッテリーを内蔵しています)、動画な どの視聴時にフォトスタンド的に利用したり、付属のキーボードやマウスを利用してPC的に利用するなど様々な場所で様々なスタイルで利用できるのが特徴で す。

2015年春モデルの店頭販売:カタログモデルではCPUやRAM容量や光学ドライブの違いなどで3モデル用意されています。

  • NEC LaVie Hybrid Frista HF750/AAB PC-HF750AAB(当モデル)のスペックの特徴は?
NEC LaVie HFシリーズの2015年春モデルの店頭販売:カタログモデルの3モデル中の上位モデルとなり、ディスプレイも解像度は下位モデルと同じですが上位のパネルが採用されています。

CPUは第5世代Core i7ですが超低電圧版です。

RAM容量は8GB、HDD容量は1TBと大容量で、光学ドライブはブルーレイディスクドライブです。

インターフェースではノートパソコン寄りのスペックでしょうか、USBポートは2ポートと少なめですが、より大画面のテレビやディスプレイに接続できるHDMI出力が搭載されています。

バッテリーが内蔵されタブレットモード時などに電源の接続なしで利用できますが、駆動時間は1.5時間と短いのでACアダプタは意識する必要はあるのでしょうか。

Bluetooth接続によるキーボードやマウスが付属しています。

カラーバリエーションはブラックの1色のみです。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)スタンド部分に特徴があり水平まで倒すことが可能で、様々な場所で自由なスタイルで楽しめます。

2)PC利用時など奥行き16.0cmのコンパクトなデザインで、コネクタ類のないシンプルなフロントデザインや背面なども余計な装飾を排除したデザインを採用しています。

3)部屋の雰囲気に合わせやすいホワイトとブラックの2色のカラーが用意されています。

4)広視野角のIPS液晶、フルHD対応で斜めの角度から見ても美しく高精細な映像を楽しめます。

5)YAMAHAが持つ音響ノウハウを活かしパソコンの筐体に合わせた音質調整と音響効果が得られるAudioEnjine(総合サウンド処理技術)を搭載し、音響効果としてプリセットされた5つの中から選択することも可能です。

6)高速なワイヤレスLANを搭載し、電子レンジなどの電波干渉にも強い5GHz帯に対応しています。

7)対応する周辺機器とワイヤレス接続できるBluetoothテクノロジーを搭載し、ワイヤレスヘッドフォンやマウスなど利用可能です。

8)キーボードはスタンド部分に収納可能で、スタンド背面の取り出しボタンでワンタッチで取り出すことが可能です。

  • 同時発表の下位モデルとの違いは?
2015年春モデルNEC LaVie Hybrid Frista HF350/AAW PC-HF350AAW(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)ディスプレイのパネルが異なります。
スーパーシャインビューLEDパネル⇒スーパーシャインビューLED-EX2パネル

2)CPUが異なります。
Core i3 5005U⇒Core i7 5500U

3)RAM容量が異なります。
4GB⇒8GB

4)バッテリーの駆動時間が異なります。
1.7時間⇒1.5時間

5)カラーバリエーションが異なります。
ホワイト、ブラック⇒ブラックのみ

ディスプレイはどちらもIPS液晶ですが、スーパーシャインビューLEDパネルより高純度・広視野・広色度域でより明るくきれいな映像を表現できるスーパーシャインビューLED-EX2パネルになります。

CPUはより性能が高いCore i7になり、RAM容量の差もあり性能差は大きいです。

  • まとめ
解像度などは変わらずですが、より明るくきれいな表現のできるパネルを搭載する他にCPUやRAM容量のスペックも上位になります。

その分価格帯も上がるので、それぞれのスペック差や価格差を含めて検討して下さい。

またマルチスタイル対応としての付加価値がありますが、ディスプレイサイズなどノートパソコン寄りなスペックもあると思われ、同じCPUを搭載するモデルなども競合するのでしょうか。

更にNECの直販サイトではカスタマイズモデル:LAVIE Direct HFも扱っていて、この記事を書いている時点でOS(Windows 8.1 Pro)やRAM・HDD容量のタイプ(SSHD)などの選択肢があったのでスペックをアップしたい場合の選択肢の参考にしてください。
(夏モデル準拠と思われ、LaVieからLAVIEに表記が変更されています)



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
NEC LaVie Hybrid Frista HF750/AAB PC-HF750AAB

ライブプレビューも載せておきます。




  • メーカーの直販サイトで確認する。
NECの直販サイトのNECダイレクトでは店頭販売:カタログモデルの他にカスタマイズモデルなどもラインアップされています。
(型番が店頭販売:カタログモデルと異なり2014年秋冬モデルまではノートパソコンがLavie Gタイプ~でデスクトップパソコンがVALUESTAR G タイプ~でしたが、2015年春モデルからどちらもLavie Direct ~となりノートパソコンでは~の部分に”NS、HZ、HA、HF”など、デスクトップパソコンでは”DA、DH”などが入ります)
NECダイレクトの最新モデルはこちらを参考にしてください。
NEC Direct
(NECダイレクトのトップページへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック
  • ディスプレイサイズ
15.6インチ
  • ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)
  • タッチパネル
搭載しています。
静電容量式(マルチタッチ対応)

タッチパネルを搭載し、1920×1080の解像度です。
広視野角・高色純度のLED-EX2パネルになります。


性能に関するスペック

  • CPU
第5世代Core i7のIntel Core i7 5500U (2.40GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数2.40GHzで、ターボブーストにより最大3.00GHzまでクロック数がアップします。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 5500です。
  • チップセット
CPUと一体

超低電圧版ですが、第5世代のCore i7を搭載しています。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
8GB
(8GB×1、PC3L-12800 DDR3LSDRAM
デュアルチャネル対応可能 最大16GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMMスロット、空きスロット1)
  • HDD容量
1TB
(SATA5400rpm)

RAM容量は8G、HDD容量は1TBと大容量です。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載しています。
(DVD スーパーマルチドライブ機能、BDXL対応)
  • ディスプレイ出力
HDMI出力端子を搭載しています。
  • LAN規格
Gigabit Ethernet
  • 無線LAN規格
802.11a/b/g/n/ac
Wi-Fi Direct準拠
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0
  • Webカメラ解像度
92万画素
  • オーディオ関連
ステレオスピーカー搭載(1.5W+1.5W)
ステレオマイク搭載
ヘッドフォンマイクジャック×1
(スマートフォン用ヘッドフォンマイク:4極ミニプラグ、ライン出力共用)
  • USBポート数
3.0規格が2ポート
(右側面2うち1ポートがパワーオフUSB充電機能付きです)
  • カードリーダー
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード
対応1スロット
  • キーボード
Blutooth接続のワイヤレスキーボード付属
キーピッチ17.8mm、キーストローク1.7mm
JIS標準配列(103キー、10キー付き)
  • マウス
Bluetooth接続の横チルト機能付きワイヤレスレーザーマウス

無線LAN規格が高速な802.11acに対応しています。
USBポートは2ポートは少なめですが、Bluetooth接続のキーボードやマウスが付属しています。
キーボードは台座部分に収納でき、背面に取り出しスイッチがあります。


外観に関するスペック
  • カラー
ブラック(ピュアブラック)
  • 本体寸法
最少傾斜時
幅     38.0cm
奥行き 16.0cm
高さ   28.6cm

最大傾斜時:水平時
幅     38.0cm
奥行き 16.0cm
高さ   28.6cm
  • 重量
2.8kg(キーボード含む)


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Windows 8.1 Update 64bit
  • Office
Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365

OSやOfficeは現状最新のものが搭載されています。


駆動時間などに関するスペック
  • バッテリーの駆動時間
1.5時間(JEITA測定法 Ver.2.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)
  • 付属品
Bluetoothキーボード
Bluetoothレーザーマウス
単三形乾電池2本(マウス用)
マニュアル
ACアダプタ


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”デスクトップパソコン”などカテゴリ名(左側)と”オールインワンの2015年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。