FUJITSUのハイスペックノートの2015年夏モデルです。
タッチパネルや通常電圧版4コア8スレッドのCore i7を搭載するハイスペックモデルですが、今回モデルチェンジしました。

15.6インチ、1920×1080、タッチパネルあり
Intel Core i7 4722HQ、外部GPUなし
RAM:8GB、HDD:1TB、光学ドライブあり
OS:Windows 8.1 Update 64bit、Officeあり
重量:2.6kg、5.2時間、カラーバリエーションあり



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UW
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UW
アーバンホワイト
発売元:FUJITSU
発売日:2015-05-22












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はFUJITSUのスタンダードノートです。
(FUJITSU FMV LIFEBOOK AHシリーズ)
2015年5月発売モデル:2015年夏モデルです。
店頭販売:カタログモデル

  • 2015年夏モデルでPC関連の話題は?
当モデルには搭載されませんが、OSにWindows 10がラインアップされます。
(7月29日に提供開始の予定なので、それ以降に搭載モデルがラインアップされるのでしょうか:Windows 7とWindows 8とWindows 8.1が搭載されているPCに関しては期間限定でWindows 10への無償アップグレードが可能です)

また当モデルには搭載されていませんが、CPUでは超低電圧版でないノートパソコン向け第5世代Core i系やデスクトップパソコン向け第5世代Core i系のラインアップもあるのでしょうか。

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
FMV LIFEBOOK AHシリーズは売れ筋のスタンダードノートで、ベーシックモデルからハイスタンダードまで幅広いラインアップがあります。

FUJITSUは季節モデルごとのフルラインアップをやめていますが、売れ筋のスタンダードノートでもその傾向がみられ、店頭販売:カタログモデルのAHシリーズはその時々でラインアップ数が異なります。
(ただしFUJITSUの直販サイトでは店頭販売:カタログモデルに加えてカスタマイズ可能なカスタムメイドモデルやWeb限定モデルも用意され、CPUが上位のものが欲しい方はそちらも選択肢でしょうか)

AHシリーズでは従来AH3x、AH4x、AH5x、AH7xが主体で数字が上位になるほどハイスペックなモデルとなります。

AH4x、AH5xはベーシックモデルの位置づけで、AH7xはハイスペックモデルの位置づけでディスプレイやボディが異なります。

今回は久しぶりにラインアップ数が多くAH4x、AH5x、AH7xのラインアップがありAH4xが2モデルで合計4モデルのラインアップになり、ベーシックモデルとハイスペックモデルのどちらも本体が変更されるモデルチェンをしています。
(従来は完全に別のボディでしたが、今回のモデルチェンジで本体のデザインなど近づいたのでしょうか)

  • FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UW(当モデル)のスペックの特徴は?
ディスプレイサイズは15.6インチでタッチパネルを搭載し、解像度は1920×1080です。

CPUは通常電圧版の4コア8スレッドのCore i7で、性能が高いです。

RAM容量は8GBで、HDD容量は1TBと大容量です。

光学ドライブはブルーレイディスクドライブで、無線LANは高速な規格に対応し、NFC搭載などスペックが高いです。

重量は2.6kgと軽量ではありませんが、通常電圧版のCore i7搭載モデルとしては長めの5.2時間の駆動時間です。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)インテリアに調和する洗練されたフォルムで、手になじむ丸みを帯びた形状など工夫がされています。

2)タッチパネルには旭化成の強化ガラスが採用されキズが付きにくく指の動きが滑らかになるサラサラコートディスプレイ処理が施されています。

3)どの角度から見ても鮮やかな広視野角のフルHD液晶を搭載しています。

4)複数の作業も快適にこなせるクアッドコアのIntel Core i7を搭載し、重い作業も快適です。

5)無線LANの規格は次世代の高速無線LAN規格の802.11acに対応し、光学ドライブは大容量のBDXLに対応したブルーレイディスクドライブを搭載しています。

6)使いたい搭載ソフトを見つける際に便利な”Menu”ボタンやパソコンを使いこなすためのメニューを表示する”サポート”ボタンなど、やりたいことがすぐにできるワンタッチボタンを搭載しています。

7)付属するマウスのスクロールホイール部分を利用(左右に倒す)して、チャームの表示や起動中のアプリの切り替えができる多機能なマウスが付属しています。

8)最新のOfficeがインストールされています。

9)PCの電源がオフでもUSB充電に対応した機器などを充電可能な、電源オフUSB充電機能を搭載しています。

10)パソコンの映像をフルHDの4倍のサイズで対応するディスプレイに出力でき、高解像度の写真や動画などを、より鮮明な映像で楽しめます。

11)FeliCa対応のNFCを搭載しデジタルライフがより便利になります。

12)ブルーライトカットモードを搭載し長時間の使用でも目の負担が少ないです。

13)高画質なフルHDのWebカメラを搭載し、クリアで精細なテレビ電話を楽しめます。

  • 従来モデルとの違いは?
2014年秋冬モデルFUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/S FMVA77SW(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)CPUが異なります。
Core i7 4712HQ⇒Core i7 4722HQ

2)Webカメラの解像度が異なります。
92万画素⇒200万画素

3)オーディオ関連が異なります。
スピーカー:Pioneer製⇒不明
マイク:モノラル⇒ステレオ

4)マウスが異なります。
センサー方式:レーザー⇒BlueLED

5)本体寸法が異なります。
幅 37.72奥行き 25.65高さ 1.6~2.38(cm)⇒幅 37.8奥行き 25.59高さ 2.59~3.14(cm)

6)本体重量が異なります。
2.5kg⇒2.6kg

7)バッテリーの駆動時間が異なります。
5.6時間⇒5.2時間

筐体の変更を伴うモデルチェンジで、CPUの変更やWebカメラの解像度アップやBlueLEDマウスの付属などスペックが向上している部分もあれば、Pionner製スピーカーの表記が無くなるなどの部分もあります。

CPUはクロック数のアップしたものが搭載されていますが、体感できるような差ではないのでしょうか。

本体寸法は厚みが増すなどしていますが、下位のベーシックモデルとの従来の違いよりデザインなど含め寸法が近くなっているのでしょうか。

またアプリケーションの違いなどもあるかもしれませんが、膨大な量になるので当モデルでは確認していないため興味のある方はメーカーの製品ページで確認してください。

  • 同時発表の下位モデルとの違いは?
2015年夏モデルFUJITSU FMV LIFEBOOK AH53/U FMVA53UW(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)ディスプレイが異なります。
タッチパネル:なし⇒あり
解像度:1366×768⇒1920×1080

2)USBポートの割合など異なります。
USB2.0×1、USB3.0×3⇒USB3.0×4

3)Webカメラの解像度が異なります。
92万画素⇒200万画素

4)NFCの有無が異なります。
なし⇒あり

5)本体寸法が異なります。
幅 37.8奥行き 25.59高さ 2.54~3.0(cm)⇒幅 37.8奥行き 25.59高さ 2.59~3.14(cm)

6)本体重量が異なります。
2.4kg⇒2.6kg

7)ブルーライトカットモードの有無が異なります。
なし⇒あり

8)カラーバリエーションは同じですが、レッドのカラーネームが異なります。
ルビーレッド⇒ガーネットレッド

従来モデル同士では本体のデザインや寸法にCPUやスピーカーなどでも差がつけられていましたが、それぞれスペックアップやダウンした部分を含めスペックが近づいた部分も多いのでしょうか。

主にディスプレイ部分のタッチパネルの有無や解像度の違いにNFCの有無、価格差を含めての検討でしょうか。

  • まとめ
当ブログで扱うメーカーの通常電圧版のCore i7搭載モデルは減少傾向と思われますが、より性能が高いモデルを欲しい方の選択肢として残っているのはうれしいポイントです。

今回は筐体の変更があるモデルチェンジとなりましたが、一部スペックダウンしたと思われる部分もあり、旧モデルとはそれらの部分をチェックしながらの検討もありでしょうか。

下位のベーシックモデルもモデルチェンジによりスペックが向上して、従来モデル同士よりスペックが近づいた部分もあり、必要な装備かなど含めてスペック差や価格差を見ながら検討してください。

またFUJITSUでは直販サイトで店頭販売:カタログモデル以外でカスタマイズモデルも扱っていて、この記事を書いている時点では当モデルに近いモデル を確認できず2014年10月のカスタムメイドモデル:LIFEBOOK WA2/Sなどのラインアップやアウトレットモデルなどもあるのでスペックの変更をしたい場合などにチェックされてはいかがでしょう。



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UW

ライブプレビューもホワイトのみ載せておきます。



カラーバリエーションのリンクと写真も載せておきます。
  • シャイニーブラック
(Amazonへのリンクです)
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UB
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UB












  • ガーネットレッド
(Amazonへのリンクです)
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UR
FUJITSU FMV LIFEBOOK AH77/U FMVA77UR














  • メーカーの直販サイトで確認する。
FUJITSUの直販サイトのFUJITSU WEB MARTではカタログモデルやカスタマイズモデルもラインアップされています。
店頭販売:カタログモデルとカスタマイズモデルではモデルネームが異なります。
例、ノートパソコン:LIFEBOOKまでは同じですがその後の型番に違いがあります。
AH~シリーズ⇒WA~など。

例、デスクトップパソコン:ESPRIMOまでは同じですがその後の型番に違いがあります。
ESPRIMO DH~⇒ESPRIMO WD~など。

FJITSU WEB MARTの最新モデルはこちらを参考にしてください。
富士通公式直販サイトWEB MART
(FUJITSUの直販サイトへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック
  • ディスプレイサイズ
15.6インチ
  • ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)
  • タッチパネル
搭載しています。
(サラサラコートディスプレイ、強化ガラス採用)

タッチパネルを搭載し、解像度もフルHDになります。


性能に関するスペック
  • CPU
第4世代Core i7系の
Intel Core i7 4722HQ(2.40GHz)です。
4コア8スレッドでクロック数2.40GHz、ターボブーストで最大3.40GHzまでクロック数が上がります。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 4600です。
  • チップセット
Intel HM86 Express

第4世代ですが通常電圧版の4コア8スレッドのCore i7で、性能が高いです。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
8GB
(8GB×1、PC3L-12800 DDR3L-SDRAM
デュアルチャネル対応 最大16GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMM 空き1スロット)
  • HDD容量
1TB
(SATA5400rpm)

RAM容量は8GBで、HDD容量は1TBと大容量です。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載します。
(スーパーマルチドライブ機能対応、BDXL対応)
  • ディスプレイ出力
HDMI出力端子を装備します。
(最大4096×2160ドット:4K出力対応)
  • LAN規格
Gigabit Ethernet
  • 無線LAN規格
802.11a/b/g/n/ac
(Intel WiDi対応)
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0+HS
  • Webカメラ解像度
200万画素
  • オーディオ関連
ステレオスピーカー搭載
デジタル(ステレオ)マイク搭載
マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウ兼用端子(φ3.5mmステレオ・ミニジャック)
(購入時はヘッドフォン端子として認識し、それ以外はOS上の設定変更が必要です)
  • USBポート数
2.0規格が1ポートです。
(右側面1ポート)
3.0規格が3ポートです。
(右側面2ポート、左側面2ポート
左側面2ポート中の1ポートは電源OFFUSB充電機能付き)
  • カードリーダー
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード
対応1スロットです。
  • キーボード
キーピッチ18.4mm、キーストローク1.7mm
JIS標準配列(108キー、10キーあり)
  • タッチパッド
ジェスチャー機能付き
  • マウス
ワイヤレス接続の多機能BlueLEDマウスが付属します。
  • 指紋認証センサー
搭載していません。
  • NFC
搭載しています。

光学ドライブは大容量のBDXL規格に対応するブルーレイディスクドライブ(読み書き対応)が搭載されています。
キーボードには筐体の大きさを活かし10キーが搭載され数字の入力に便利です。
NFCが搭載されスマートフォンなど対応機器や電子マネー(楽天Edy、Suica)など利用している場合に便利です。


外観に関するスペック
  • カラー
ホワイト(アーバンホワイト)
  • 本体寸法
幅     37.8cm
奥行き 25.59cm
高さ    2.59~3.14cm
  • 重量
2.6kg


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Windows 8.1 Update 64bit
  • Office
Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365

OSやOfficeは現状最新のものが搭載されています。


駆動時間などに関するスペック
  • バッテリーの駆動時間
5.2時間(JEITA測定法 Ver.2.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)
  • 付属品
マニュアル類
ACアダプタ
BlueLEDワイヤレスマウス
単3形乾電池
保証書
  • 特記事項
ブルーライトカットモードを搭載しています。


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”ノートパソコン”などカテゴリ名(左側)と”A4ノートの2014年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。