Panasonicのモバイルノートの2015年夏モデルです。
タッチパネルを搭載し2軸ヒンジの採用で、マルチスタイルに対応しつつ頑丈なモデルです。
従来モデルよりセキュリティ性能が向上し、無線WAN(Xi:LTE)も内蔵しています。

12.5インチ、1920×1080、タッチパネルあり
CPU:Intel Core i7 5600U vPro 、外部GPUなし
RAM:8GB、SSD:256GB、光学ドライブあり
OS:Windows 8.1 Update 64bit、Officeあり
重量:1.255kg、11.0時間、カラーバリエーションなし



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



Panasonic Let's note MX4 CF-MX4KFYBR
Panasonic Let's note MX4 CF-MX4KFYBR
シルバー
発売元:Panasonic
発売日:2015-06-12












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はPanasonicのビジネスモバイルです。
(Panasonic Let's note MXシリーズ)
2015年6月発売モデル:2015年夏モデルです。
店頭販売:カタログモデル(個人向けモデル)

  • 2015年夏モデルでPC関連の話題は?
当モデルには搭載されませんが、OSにWindows 10がラインアップされます。
(7月29日に提供開始の予定なので、それ以降に搭載モデルがラインアップされるのでしょうか:Windows 7とWindows 8とWindows 8.1が搭載されているPCに関しては期間限定でWindows 10への無償アップグレードが可能です)

CPUでは超低電圧版でないノートパソコン向け第5世代Core i系やデスクトップパソコン向け第5世代Core i系のラインアップもあるのでしょうか。

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
Panasonic Let's note MXシリーズはタッチパネルを搭載する他に2軸ヒンジの採用で360度までディスプレイが開きますが、その途中のスタイルを含め複数のスタイルで利用できるのが特徴です。

通常のノートパソコンスタイルのラインアップに以前は15.6インチモデルのラインアップもありましたが、現状は14.0インチのLXシリーズが最大で、その下に12.1インチのSXシリーズがあります。

マルチスタイルに対応するモデルは12.5インチのMXシリーズに加えて、10.1インチのRZシリーズがラインアップされています。

Panasonic のモデルには店頭販売:カタログモデルの個人向けのラインアップの他に法人向けや直販サイトでのカスタマイズモデルも用意され、その時々で違いはあるので すが個人向けの各シリーズでラインアップされるモデルのCPUは共通のものになる場合も多いのでしょうか。
(法人向けやカスタマイズモデルにはvPro対応のCPUやTPMが搭載される事例も多いのでしょうか)

ただ今回は個人向けでもvPro搭載モデルが用意され、シリーズで対応が異なりSXシリーズの下位モデルは従来のvProでないCore i5が継続されましたが、上位モデルにはvProのCore i7が搭載されTPMも搭載されています。

MXシリーズも同様なのかなと思ったら、下位モデルのCore i5でもvProでTPMが搭載されるなどセキュリティ性能が強化されています。

またワイヤレスLANモジュールが内蔵されるモデルが用意されるのも特徴でしょうか。
(内蔵されるのはCore i7搭載モデルのみです)

2015年夏モデルの店頭販売:カタログモデルの個人向けモデルはCPUの違いや、Core i5搭載モデルではOfficeの有無や光学ドライブの有無で3モデル用意され合計4モデルのラインアップです。
(Core i5:3モデル、Core i7:1モデル)

  • Panasonic Let's note MX4 CF-MX4KFYBR(当モデル)のスペックの特徴は?
CPUに超低電圧版のCore i7を搭載し、従来よりクロック数がアップしさらにvProにも対応しています。

RAM容量は8GBと大容量で、SSD容量は多めの256GBです。

インターフェースはUSBが2ポートで少なめですが、新たに無線WANの搭載やTPMの搭載などスペックが向上しています。

光学ドライブにブルーレイディスクドライブを搭載しつつ、本体重量は1.1255kgと軽量で11.0時間とバッテリーの駆動時間も長いです。

カラーバリエーションはなく、シルバーの1色のみです。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)屋外での使用でも安心の頑丈設計で、セキュリティが強化されたIntel vProテクノロジーに対応したCPUを搭載しています。

2)頑丈設計を裏付ける各種耐久試験を実施しています。
(76cm落下試験、100kgf加圧振動試験、ヒンジ耐久試験など)

3)発泡剤を含んだカーボン構造による3層サンドイッチ構造により頑丈さを維持しつつ軽量化と薄さを実現しています。

4)状況に応じてディスプレイを回転させスタイルチェンジでき、独自設計の2軸ヒンジにより使用したい角度で固定も可能です。

5)HOLDボタンによりタブレットスタイルなどキーボードやタッチパネルの誤操作を防ぐことができ、オプションのキーボードカバーによりキーボード面を意識せずに利用することも可能です。
(キーボードカバー型番:CF-VKPMX01U)

6)タッチペン対応のタッチパネルにより指先で難しかった細かい作業もしやすく、ペン先2mmのスタイラスペンも付属しています。
(手書き支援ソフトもインストールされています)

7)解像度はHDに比べ約2倍の情報量を表示できるフルHDで、一度に多くの情報量を表示できスムーズに作業できます。

8)視野角の広いIPS液晶により、複数のメンバーでテーブルの上に置いてみる場合など斜めになる状況でも見やすいです。

9)アイソレーションキーボードは、打ちやすいキーストローク2mmでキー感覚の広いキーピッチ19mm(横)かつ指が引っかかりにくいリーフ型キーの採用により誤入力を防ぎ長文の入力時も快適です。

10)タッチパッドはマルチタッチ対応でWindows 8.1のジェスチャー操作や縦・横スクロールなどの操作ができるほかに、新たにタッチパッド誤操作ユーティリティーを搭載し領域を選んでのタッチパッド無効が可能で利便性が高まりました。

11)NTTドコモのXi(LTE)に対応した無線WANを内蔵し、外付けの通信機器を接続する手間がなく外観がスッキリとし、出張先などでも快適なインターネット接続が可能です。
※別途契約が必要で、エリア内での通信が可能です。

  • 従来モデルとのスペックの違いは?
2015年春モデルPanasonic Let's note MX4 CF-MX4JDYBR(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)CPUが異なります。
Core i7 5500U⇒Core i7 5600U vPro

2)無線WANモジュールの搭載・非搭載の違いがあります。
非搭載⇒搭載

3)TPMの搭載・非搭載の違いがあります。
非搭載⇒搭載

4)本体重量が17g重くなります。

CPUはクロック数がアップしたものになる他に、vProに対応しセキュリティ性能が向上しています。

またTPMも搭載されストレージの暗号化などによりセキュリティ性能が向上しています。

無線WANモジュールの搭載により、別途契約が必要になりそのキャリアのエリア内となりますが別途通信モジュールを用意しなくてもSIMカードを装着すればインターネットを利用できるので屋外で使う人にはうれしいポイントです。
(ただvPro対応やTPM搭載を含め価格はアップするのでしょうか)

  • 同時発表の下位モデルとの違いは?
2015年夏モデルPanasonic Let's note MX4 CF-MX4DDFJR(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)CPUが異なります。
Core i5 5300U vPro⇒Core i7 5600U vPro

2)SSD容量が異なります。
128GB⇒256GB

3)光学ドライブの種類が異なります。
DVDスーパーマルチドライブ⇒ブルーレイディスクドライブ

4)無線WAN搭載・非搭載に違いがあります。
非搭載⇒搭載

5)本体重量が異なります。
1.198kg⇒1.255kg

従来モデル同士より無線WAN搭載・非搭載の違いが増えています。

CPUはどちらも超低電圧版でvProに対応し、通常電圧版同士の違いほどの性能差はありませんがクロック数の違いなどでCore i7の方が性能が高いです。

SSD容量の差や光学ドライブの違いに無線WANの搭載・非搭載の違いもあり価格差も従来モデル同士より大きくなるのでしょうか。

  • まとめ
モデルライフのサイクルの途中でマイナーチェンジでストレージ容量やCPUを変更しスペックを上げるパターンは多いですが、今回はセキュリティの強化などの他に一部のモデルに無線WANを新たに搭載するなど大掛かりなマイナーチェンジと思います。

スペックなど向上し商品力がアップしますが、価格帯もアップしているのでしょうか。

それぞれスペック差や価格差など含めつつ検討してください。

またPanasonicの直販サイトではこの記事を書いている時点で、512GBのSSDや複数の天板カラーやボディカラーの組み合わせなどのカスタマイズも可能で、スペックを高めたい場合の選択肢として参考にしてください。



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
Panasonic Let's note MX4 CF-MX4KFYBR

ライブプレビューも載せておきます。



  • メーカーの直販サイトで確認する。
Panasonicの直販サイトではLet's noteのカスタマイズモデルなども扱っています。
Panasonicの最新モデルはこちらも参考にしてください。
Let's note
(Panasonicの直販サイトへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック
  • ディスプレイサイズ
12.5インチ
  • ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)
  • パネル種類
IPS液晶
  • タッチパネル
搭載しています。
(静電容量式)

タッチパネルをし、解像度はフルHDで視野角の広いIPS液晶です。


性能に関するスペック
  • CPU
第5世代Core i7のIntel Core i7 5600U vPro(2.60GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数2.60GHzで、ターボブーストにより最大3.20GHzまでクロック数がアップします。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 5500です。
  • チップセット
CPUと一体

第5世代のCore i7の超低電圧版で、vProに対応しています。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
8GB
(DDR3L SDRAM、最大8GBまで)
RAMスロット:空きスロットなし
  • SSD容量
256GB
(SATA)

RAM容量は8GBで、ストレージとして容量が多めのSSDが搭載されています。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載します。
  • ディスプレイ出力
ミニD-sub 15ピン(VGA)とHDMI出力端子を装備します。
  • LAN規格
Gigabit Ethernet
  • 無線LAN規格
802.11a/b/g/n/ac
  • 無線WAN
Xi(LTE)に対応しています。
(ドコモUIMカードの標準サイズに対応したカードスロットが搭載されています)
※利用するには別途契約が必要です。
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0
  • Webカメラ解像度
207万画素
  • USBポート数
3.0規格が2ポート
(左側面2ポート、うち1ポートはUSB充電ポートも兼ねます)
  • オーディオ関連
モノラルスピーカー搭載
アレイマイク搭載
マイク入力端子:ステレオミニジャックM3(プラグインパワー対応)
オーディオ出力端子(ステレオミニジャックM3)
  • カードスロット
SDメモリーカード
(SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード、UHS-I、UHS-II高速転送対応)
対応1スロットです。
  • キーボード
86キー(OADG準拠、10キーなし)
キーピッチ:横19mm×縦15.2mm
キーストローク:2mm
  • タッチパッド 
搭載しています。
  • TPMセキュリティチップ
搭載しています。
(TCG V1.2準拠)
  • センサー類
照度センサー
地磁気センサー
ジャイロセンサー
加速度センサー

12インチクラスとしては標準的でしょうか、ただ光学ドライブとしてブルーレイディスクドライブを搭載していたりタブレットスタイル時などに便利な各種センサーも搭載しています。
新たにTPMや無線WANを搭載しています。


外観に関するスペック

  • カラー
シルバー
  • 本体寸法
幅     30.14cm
奥行き 21.0cm
高さ    2.1cm
  • 重量
1.255kg


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Windows 8.1 Pro Update 64bit
  • Office
Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365

OSはビジネス向けのProになり、Officeは最新のものになります。


駆動時間などに関するスペック
  • バッテリーの駆動時間
11.0時間(JEITA測定法 Ver.2.0)
(メーカー公表値のため実際の使用条件などで異なります)
  • 付属品
Microsoft Office Home & Business Premiumプロダクトキーパック
ウォールマウントプラグ付きACアダプター
バッテリーパック
専用布
スタイラスペン
取扱説明書
  • 特記事項
2軸ヒンジの採用でタブレットスタイルなど、複数のスタイルで利用することが可能です。


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”ノートパソコン”などカテゴリ名(左側)と”モバイルノートの2015年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。