NECのオールインワンタイプデスクトップパソコンの2015年夏モデルです。
2番組同時録画などテレビ機能を搭載し、ソフト面が強化されています。

23.8インチ、1920×1080、タッチパネルなし
Intel Core i7 5500U、外部GPUなし
RAM:8GB、HDD:3TB、光学ドライブあり
OS:Windows 8.1 Update 64bit、Officeあり
重量:10.8kg、カラーバリエーションあり、テレビ機能あり



目次

特徴 より詳しい特徴を確認する。


価格などの情報 価格などの情報を確認する。

 
スペック より詳しいスペックを確認する。  


検索 競合するモデルなど検索する時の説明です。

ページ上部に簡易な特徴とスペックを書いてありますが当ブログの各モデルの記事には上の4つの項目があるのでより詳しい情報を確認する場合はそれぞれクリックやタッチしてご覧ください。
(普通にスクロールしても見れますがページが長いため)
戻る場合はバックスペースや戻るキーを利用してください。



NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAW PC-DA770BAW
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAW PC-DA770BAW
ファインホワイト
発売元:NEC
発売日:2015-05-14












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はNECのデスクトップパソコンです。(オールインワンタイプ)
(NEC LAVIE DAシリーズ)
2015年5月発売モデル:2015年夏モデルです。
店頭販売:カタログモデル

  • 2015年夏モデルでPC関連の話題は?
当モデルには搭載されませんが、OSにWindows 10がラインアップされます。
(7月29日に提供開始の予定なので、それ以降に搭載モデルがラインアップされるのでしょうか:Windows 7とWindows 8とWindows 8.1が搭載されているPCに関しては期間限定でWindows 10への無償アップグレードが可能です)

また当モデルには搭載されていませんが、CPUでは超低電圧版でないノートパソコン向け第5世代Core i系やデスクトップパソコン向け第5世代Core i系のラインアップもあるのでしょうか。

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
従 来はNECのデスクトップパソコンは2014年秋冬モデルまでVALUESTARブランドでしたが、2015年春モデルのラインアップ再編によりノートパ ソコン向けのブランドのNEC LAVIEシリーズに統合され、各シリーズ名でLAVIEの後に頭文字が使われるようになりました。(一部例外あり?、なおLaVieだったブランド表記 は2015年夏モデルでLAVIEに変更されました)

デスクトップパソコンにはタワー型とオールインワンの2タイプが用意されています。
(ニューブランドのハイブリットタイプのPCはオールインワンに含めます)

NEC LAVIE DAシリーズはオールインワンタイプのデスクトップパソコンになりDesk All-in-oneの頭文字から来ていて、従来のVALUESTAR SシリーズとVALUESTAR Nシリーズの後継モデルとなります。
(店頭販売:カタログモデルとして、直販サイトのカスタマイズモデルは異なります)

NEC LaVie DAシリーズはVALUESTAR SシリーズとVALUESTAR Nシリーズの後継となりますが、Sシリーズ後継モデルはDA350、DA370、DA570です。

VALUESTAR Nシリーズ後継モデル:DA770、DA970では2015年春モデルの時点で従来モデルからボディの変更に加えCPUが通常電圧版から超低電圧版への変更など含めた規模の大きなモデルチェンジをしていて、今回は小規模なマイナーチェンジでしょうか。
(ただ上位モデルのDA970はCPUの変更あり)

NEC LAVIE Desk All-in-one DA770は23.0インチ2モデル中の下位モデルです。

  • NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAW PC-DA770BAW(当モデル)のスペックの特徴は?
23.8インチとディスプレイサイズは大きく、タッチパネルは搭載されず解像度は1920×1080です。

CPUはノートパソコン向けの第5世代超低電圧版のCore i7になります。

RAM容量は8GB、HDD容量は3TBと大容量です。

インターフェースなどこのクラスで標準的なんでしょうか。

テレビ機能は3波対応のWチューナーになりW録画や長時間録画に対応しています。

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3色です。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)23.8インチの大画面で広視野角のIPS液晶、フルHD対応で斜めの角度から見ても美しく高精細な映像を楽しめます。
(わずか8mmの額縁により画面は一回り大きくスタイリッシュになりました、スイベル:左右各20度、チルト:0度~15度に対応)

2)ウーファーを搭載しYAMAHAアクティブサーボテクノロジーにより、迫力の低音を再現します。

3)従来のバスレフ構造で発生していた空気流ノイズを独自のFR-Port(YAMAHAの特許技術)で低減し、豊かで引き締まった低音を再現可能です。

4)YAMAHAが持つ音響ノウハウを活かしパソコンの筐体に合わせた音質調整と音響効果が得られるAudioEnjine(総合サウンド処理技術)を搭載し、音響効果としてプリセットされた5つの中から選択することも可能です。
(従来は内蔵スピーカーのみでしたが、新たにヘッドフォン利用時にも楽しめるようになりました)

5)地上・BS・110度CSデジタル放送対応のテレビチューナーを2つ搭載し、視聴の他にフルHD解像度で約16倍(BS・110度CS)、約11倍(地上デジタル)の長時間録画に対応しています。

6)付属するマウスのスクロールホイールを傾ける操作で、Windows 8.1特有の”チャーム”、”アプリ一覧表示”などを素早く使うことが可能です。

7)付属するテレビ用の無線リモコンの裏にマルチタッチ対応のスライドパッドを搭載し、Windows 8.1のタッチ操作を離れた場所から行えます。
(カーソルの移動、タップの操作、スワイプ、ピンチ、ページダウンなど)

8)PCを起動せずにゲーム機やAV機器のディスプレイとして利用できるHDMI入力端子が搭載される他に、より大画面のテレビと接続し録画した番組などを観られるHDMI出力端子も新たに搭載されています。

9)パソコンを使用していない時間でも、待ち受け画面に天気やニュース、カレンダーや写真を表示することで、パソコンをリビングルームなどのインフォメーションボードやフォトフレームとして活用できるインフォボードなどのアプリケーションを搭載しています。

  • 従来モデルとのスペックの違いは?
2015年春モデルNEC LaVie Desk All-in-one DA770/AAW PC-DA770AAW(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

スペック表上のハード面の違いはないのでしょうか。
(内部的な部品レベルでの差はありえますが)

またプレスリリースではソフトウェア面も強化とあり、AudioEngineが新たに内蔵スピーカーのみでなくヘッドフォンにも対応するなど強化されています。

  • 同時発表の下位モデルとの違いは?
2015年夏モデルNEC LAVIE Desk All-in-one DA570/BAB PC-DA570BAB(当ブログ内のリンクです)との主なスペックの違いを簡単に書き出してみます。

1)ディスプレイが異なります。
タッチパネル:あり⇒なし
ディスプレイサイズ:21.5インチ⇒23.8インチ

2)CPUが異なります。
Core i5 5200U⇒Core i7 5500U

3)RAM容量が異なります。
4GB⇒8GB

4)HDD容量が異なります。
1TB⇒3TB

5)USBポート数が異なります。
2.0規格×4、3.0規格×2⇒2.0規格×2、3.0規格×3

6)テレビ機能が異なります。
チューナー数:3波対応×1⇒3波対応×2
長時間録画対応:ロング⇒スーパーロング

7)スピーカーが異なりサブウーファーなどの出力が異なります。

8)本体寸法が異なります。
幅52.7奥行き19.0高さ43.2(cm)⇒幅54.4奥行き25.0高さ43.5~44.7(cm)

9)本体重量が異なります。
9.4kg⇒10.8kg

ディスプレイサイズ以外にタッチパネルの有無などディスプレイ関連の違いがあります。

さらにCPUやRAM・HDD容量やテレビ機能などスペックの差が大きいですが、場合によっては大きな価格差でないこともあるのでしょうか。

  • まとめ
2015年春モデルで大掛かりななモデルチェンジをしていて、今回は小規模のマイナーチェンジでしょうか。
(上位モデルはCPUが変更されています)

タッチパネルが搭載されていませんが、それ以外のスペックは高めでしょうか。

従来モデルとはソフト面の違いなど、下位モデルとは大きなスペック差と価格差を見ながらの選択でしょうか。

またNECの直販サイトではカスタマイズモデルも扱っていて、この記事を書いている時点でCPUのダウングレード(Core i5 5200U)の選択肢やOS(Windows 8.1 Pro)やRAM・HDD容量のアップなどスペックの変更が可能なので参考にしてください。

次回はテレビ機能などスペックが向上する上位モデルについて書きます。



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAW PC-DA770BAW

ライブプレビューも載せておきます。


カラーバリエーションのリンクと写真も載せておきます。
  • ファインブラック
(Amazonへのリンクです)
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAB PC-DA770BAB
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAB PC-DA770BAB












  • クランベリーレッド
(Amazonへのリンクです)
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAR PC-DA770BAR
NEC LAVIE Desk All-in-one DA770/BAR PC-DA770BAR














  • メーカーの直販サイトで確認する。
NECの直販サイトのNECダイレクトでは店頭販売:カタログモデルの他にカスタマイズモデルなどもラインアップされています。
(型番が店頭販売:カタログモデルと異なり2014年秋冬モデルまではノートパソコンがLavie Gタイプ~でデスクトップパソコンがVALUESTAR G タイプ~でしたが、2015年春モデルからどちらもLavie Direct ~となりノートパソコンでは~の部分に”NS、HZ、HA、HF”など、デスクトップパソコンでは”DA、DH”などが入ります)
NECダイレクトの最新モデルはこちらを参考にしてください。
NEC Direct
(NECダイレクトのトップページへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック
  • ディスプレイサイズ
23.8インチ
  • ディスプレイ解像度
1920×1080(フルHD アスペクト比16:9)
  • パネル種類
IPS液晶
  • タッチパネル
搭載していません。

ディスプレイサイズは従来より若干大きな23.8インチになります。
タッチパネルは搭載しませんが、このクラスで標準的な1920×1080の解像度で視野角の広いIPS液晶です。


性能に関するスペック
  • CPU
第5世代Core i7のIntel Core i7 5500U (2.40GHz)です。
2コア4スレッドでクロック数2.40GHzで、ターボブーストにより最大3.00GHzまでクロック数がアップします。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics 5500です。
  • チップセット
CPUと一体

第5世代のCore i7ですが超低電圧版です。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
8GB
(8GB×1、PC3L-12800 DDR3LSDRAM
デュアルチャネル対応可能 最大16GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMM 空き1スロット)
  • HDD容量
3TB
(SATA  5400rpm)

RAM容量は8GB、HDD容量は3TBと大容量です。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
ブルーレイディスクドライブを搭載します。
(DVD スーパーマルチドライブ機能付き、BDXL対応)
  • LAN規格
Gigabit Ethernet
  • 無線LAN規格
802.11a/b/g/n/ac
Wi-Fi Direct準拠
  • Bluetooth規格
Bluetooth4.0
  • Webカメラ解像度
92万画素
  • オーディオ関連
YAMAHAステレオスピーカー搭載
(スピーカー:3W+3W、ウーファー:6W、FR-Port方式搭載)
ステレオマイク搭載
ステレオミニジャック×1
(マイク入力・ヘッドフォン出力/ライン出力共用)
  • USBポート数
2.0規格が2ポート
(背面2)
3.0規格が3ポート
(背面1、左側面2うち1ポートがパワーオフUSB充電機能対応)
  • メモリーカードスロット
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード
対応1スロット
  • ディスプレイ入出力端子
入力:HDMI入力端子を搭載しています。
出力:HDMI出力端子を搭載しています。
  • テレビチューナー
地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送対応ダブルチューナー搭載
W録画・長時間録画対応:内蔵HDDに最大5314時間録画可能
  • キーボード
ワイヤレスキーボード
109キーレイアウト準拠、テンキーあり
  • マウス
横チルト機能付きワイヤレスレーザーマウス

HDMI入力の他にHDMI出力を搭載するほかに長時間録画可能なテレビチューナーを搭載し、光学ドライブはBDXL対応のブルーレイディスクドライブです。


外観に関するスペック
  • カラー
ホワイト(ファインホワイト)
  • 本体寸法
本体最小傾斜(直立)時
幅     54.4cm
奥行き 25.0cm
高さ    43.5cm(カメラ収納時)/44.7cm(カメラ利用時)

本体可動範囲寸法
幅     54.7cm
奥行き 30.1cm
高さ    44.6cm
  • 本体重量
10.8kg


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Windows 8.1 Update 64bit
  • Office
Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365


消費電力などその他に関するスペック
  • 消費電力
標準:約37W
最大:約90W
スリープ時:約2.3W
  • 付属品
ワイヤレスキーボード
ワイヤレスレーザーマウス
無線リモコン
単3形電池6個
B-CASカード
マニュアル
ACアダプター

スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”デスクトップパソコン”などカテゴリ名(左側)と”オールインワンの2015年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。