HPのタワー型デスクトップパソコンの2015年夏モデルです。
ミニタワーのスタンダードモデルで、ノートパソコン向けのCeleronを搭載しています。

ディスプレイなし
CPU:Intel Celeron N3050、外部GPUなし
RAM:4GB、HDD:500GB、光学ドライブあり
OS:Windows 8.1 Update 64bit、Officeなし
重量:4.5kg、カラーバリエーションなし



HP 251-a30jp M1Q30AA#ABJ
HP 251-a30jp M1Q30AA#ABJ
ブラック
発売元:HP
発売日:2015年7月












特徴

  • 発売はいつ?、メーカー、カテゴリ、シリーズ名などは?
今回はHPのデスクトップパソコン(タワー型:ミニタワー)です。
(HP 251シリーズ)
2015年7月発売モデル:2015年夏モデルです。

  • 2015年夏モデルでPC関連の話題は?
当モデルには搭載されませんが、OSにWindows 10がラインアップされます。
(7月29日に提供開始の予定なので、それ以降に搭載モデルがラインアップされるのでしょうか:Windows 7とWindows 8とWindows 8.1が搭載されているPCに関しては期間限定でWindows 10への無償アップグレードが可能です)

また当モデルには搭載されませんが、CPUでは超低電圧版でないノートパソコン向け第5世代Core i系やデスクトップパソコン向け第5世代Core i系のラインアップもあるのでしょうか。

  • シリーズの特徴や位置づけなどは?
最近は店頭販売:カタログモデルのラインアップが少なくなり、当ブログで扱うモデルが減っていました。
(私はHPのタワー型デスクトップパソコンのHP Pavilion Desktop PC p6-2310jp/CT(直販サイトのカスタマイズモデル)をメインPCとして使用しています:AMDのAPU:A10-5800Kですが最初はちょっと重く感じたのですが、その後RAM容量のアップやHDDからSSDへの交換により快適な環境になりました)

HPはスタンダートモデルにPavilionなど使用していましたが、その後Pavilionが付かず直接数字(ノートパソコンだとHP 15シリーズなど)が来る下位のシリーズが用意されているのでしょうか。

廉価モデルということになると思いますが、今回はモデルバリエーションなど無く1モデルのラインアップです。

  • HP 251-a30jp M1Q30AA#ABJ(当モデル)のスペックの特徴は?
ディスプレイは付属せず、HDMI出力があるのでHDMI入力のあるテレビに接続したり、HDMI入力やDVI入力のあるディスプレイなどに接続して楽しめます。

CPUはノートパソコン向けのCeleron(の中でも省電力に振った)で性能は高くないですが、Webの閲覧などでストレスは多くはないのでしょうか。

RAMは4GB、HDDは500GBでスタンダードモデルの標準でしょうか。

インターフェースは限られ、無線LANやBluetoothは非搭載で拡張スロットも非搭載ですが、3.5インチ/2.5インチ兼用ドライブ用の拡張ベイが1ベイあるので2.5インチのSSDや3.5インチのSSHDなどの拡張に利用できそうです。
(私はタワー型ですが2.5インチのベイがなく、HDDはそのままでSSDを空いたスペースに設置しています)

重量は4.5kgと軽めで、外付けのACアダプターになります。

付属するキーボードとマウスはUSB接続の有線タイプになります。

  • メーカーのアピールポイントは?
1)大胆に配置されたセンターラインなど新デザインを採用し、光沢のあるピアノブラックの上にドットパターンを重ねることで上品な印象のフロントパネルです。

2)TDPがわずかに6Wと超省電力のCeleron N3050を採用し省電力でありながら、バーストテクノロジーによりクロック数がアップしWebの閲覧などで快適な処理能力を備えます。

3)ケーブル1本で映像と音声を出力できるHDMI出力を搭載し、HDMI入力のあるリビングのテレビなどに接続可能です。

4)DVIも搭載し2画面モニター接続もサポートしています。

5)標準搭載される3.5インチの500GBのHDDに加え、拡張ベイとして3.5インチ/2.5インチ兼用ドライブ用が1ベイ空いているのでSSDやHDDの拡張が可能です。

6)外付けのACアダプターを採用する電源ユニットにより静音性が高められています。

  • まとめ
ちょっと前ならwith Bingの採用などありそうなスペックが抑えられたモデルで廉価モデル的な扱いと思われますが、円安などの影響もあるのか価格帯は思ったほど低くはないのでしょうか。

タワー型の初心者向けなどの導入やセカンドマシン的なスペックと思いますが、同一のCPUを搭載するノートパソコンなどインターフェースなど含めての競合もありえるのでしょうか。
こちらを参考に⇒N3050
(当ブログ内のリンクです)

デスクトップパソコンでもタワー型のラインアップは減少傾向ですが、HPでも直販サイトのカスタマイズモデルではまだ豊富なラインアップがあるので、そちらも参考にしてください。
(フロントパネルがホワイトやレッドになるモデル、CPUもデスクトップパソコン向けのCeleronからCore i7、更にゲーミングモデルなど多彩なラインアップです:この記事を書いている時点で)



価格などの情報

  • Amazonで価格などを確認する。
HP 251-a30jp M1Q30AA#ABJ

ライブプレビューも載せておきます。




  • メーカーの直販サイトで確認する。
HPの直販サイトのHP Directplusでは直販モデルやカスタマイズモデルもラインアップされています。
HP Directplusの最新モデルはこちらも参考にしてください。
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
(HP Directplusへのリンクです)



スペック


ディスプレイに関するスペック

ディスプレイは付属していません。


性能に関するスペック
  • CPU
Celeron系のIntel Celeron N3050(1.60GHz)です。
2コア2スレッドでクロック数は1.60GHzでバーストテクノロジーにより最大2.16GHzまでクロック数がアップします。
  • GPU
CPUに統合されるIntel HD Graphics です。
  • チップセット
CPUと一体

ノートパソコン向けのCeleronで性能は高くないですが、Webの閲覧やOfficeでストレスに感じる場面は多くないと思われます。


メモリに関するスペック
  • RAM容量
4GB
(4GB×1、DDR3L-1600、最大8GBまで)
RAMスロット2(SO-DIMMスロット 空き1スロット)
  • HDD容量
500GB
(SATA 7200rpm)

RAMは4GB、HDDは500GBでスタンダードモデルの標準でしょうか。


インターフェースなどに関するスペック
  • 光学ドライブ
DVD スーパーマルチドライブを搭載します。
(ウルトラスリムベイ)
  • ディスプレイ出力
DVI-I出力(シングルリンク) 1ポート
HDMI出力 1ポート
  • LAN規格
Gigabit Ethernet
  • 無線LAN規格
搭載していません。
  • Bluetooth
搭載していません。
  • USBポート数
2.0規格が2ポート
(前面2)
3.0規格が2ポート
(背面2)
  • オーディオ関連
ライン入力×1
ライン出力×1
マイク入力×1
  • カードリーダー
SD カード、 SDHC カード、 SDXC カード
メモリースティック、メモリースティックセレクト
メモリースティック Pro   、メモリースティックマジックゲート
対応1スロット
  • 拡張スロット
搭載していません。
  • 拡張ストレージベイ
3.5インチ×1(空きなし)
3.5/2.5インチ兼用×1(空1)
ウルトラスリムベイ×1(空きなし)
  • シリアルポート
搭載していません。
  • PS/2ポート
搭載していません。
  • キーボード
USB 日本語キーボード
(日本語109A)
  • マウス
USB 光学スクロールマウス

タワー型としては拡張性は低いです。


外観に関するスペック
  • カラー
ブラック
  • 本体寸法
幅    16.5cm
奥行き  37.8cm
高さ   36.4cm
  • 重量
4.5kg


ソフトウェアに関するスペック
  • OS
Windows 8.1 Update 64bit
  • Office
なし


消費電力や付属品に関するスペック

  • 消費電力
標準時:11W
最大時:65W
  • 付属物
USBキーボード
USBマウス
速効! HP パソコンナビ特別版
マニュアル一式
電源コード、
AC アダプター
保証書など


スペックなどに関する用語の説明はこちらにまとめました。
PC関連の用語のまとめ



検索

当ブログでは検索に関して、2つの方法を用意しています。

  • あらかじめ用意された用語から検索する場合
当ブログ内での検索にタグ機能とカテゴリ機能を利用していて、各モデルごとに特徴的なキーワードなど、あらかじめ設定しページ下部に載せてあります。

ページ下部の上段に”メーカー名:年度”、”CPU名”など固有のキーワードタグのリンクを載せてあり、クリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。
(CPU名や外部GPU、Officeなどで、搭載・付属している場合に”その用語”を直接または用語にプラスして”搭載”や”あり”として載せます)

更にページ下部の下段に”デスクトップパソコン”などカテゴリ名(左側)と”タワー型の2015年モデル”などサブカテゴリ名(右側)のリンクを載せていて、こちらもクリック(タッチ)することでそのキーワードの一覧のページにジャンプします。

なおPCでの閲覧時とスマートフォンでの閲覧時では上段と下段が逆になります。


  • 用語を入力して検索する場合
カスタム検索も設置します。
”CPU名”や”解像度”、そのモデルの”シリーズ名”など様々な用語をキーワードとして入力して、検索できるのがカスタム検索です。
記事内の特徴やスペック表の部分などから気になった用語があったら入力して検索してください。
あらかじめ用意された用語以外で検索できます。

当ブログ内用の検索になります。検索窓をクリック(タッチ)してから用語を入力して、横の検索ボタンをクリック(タッチ)してください。


競合するモデルを探す場合などに利用してください。



ご覧いただきありがとうございます。

PCやPC用周辺機器は各メーカーから多彩なモデルが発売されています。

スペックや特徴を確認しながら選択する際の参考にしてください。