当ページがデスクトップパソコンのトップページになります。

デスクトップパソコン関連のモデルの記事は当ページか、カテゴリアーカイブのデスクトップパソコンから確認できます。



デスクトップパソコンとは


パソコンには様々なカテゴリがありデスクトップパソコンもその中の一つのカテゴリです。

パソコンを構成するハードには大まかにディスプレイ、CPU、RAM、ストレージ、入力装置、ポインティングデバイスなど様々な物がありますがデスクトップパソコンはこれらのうちの一部が別体となるのが特徴です。

デスクトップパソコンの中には更に様々なカテゴリが存在し、ディスプレイや本体、キーボード、マウスが別体でコンパクトなサイズのミニデスクトップパソコン、 ディスプレイと本体は一体ですがキーボードやマウスが別になるオールインワンタイプのデスクトップパソコン、ディスプレイや本体、キーボード、マウスが別 体で各メーカーからスペックや特徴の異なるモデルが発売されています。

オールインワンタイプのデスクトップパソコンの一部には、OSがAndroidで巨大なタブレットPC的なモデルであったりバッテリーを内蔵するモデルもありますが、メーカー側でタブレットPCと明記されていない場合はオールインワンタイプとします。
デスクトップパソコン



以下にメーカー別、カテゴリ別の説明とリンクを載せます。

メーカー別


メーカーは順不同です。

なおメーカーのカテゴリに限りデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットPCなど複数のカテゴリのモデルがある場合は同じページ上に掲載されます。

ASUS
ASUS(エイスース)は海外のメーカーです。
ミニデスクトップパソコン、オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンとカテゴリも豊富です。
ASUS:2014年モデル

ASUS:2015年モデル


ACER
ACER(エイサー)は海外のメーカーです。
ミニデスクトップパソコン、オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンのラインアップが以前はありましたが最近はタワー型が中心です。
ACER:2014年モデル

ACER:2015年モデル


Lenovo
Lenovo(レノボ)は海外のメーカーです。
ミニデスクトップパソコン、オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンとカテゴリも豊富です。
家庭用向けのブランドやビジネス向けのThinkPadシリーズがラインアップされ1シリーズに多くのモデルバリエーションがあるのが特徴の一つでしょうか。
Lenovo:2014年モデル

Lenovo:2015年モデル


Apple
Apple(アップル)は海外のメーカーです。
ミニデスクトップパソコン、オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンとラインアップされていましたが最近はオールインワンタイプが中心です。
ディスプレイサイズの差やストレージ容量の差で複数のモデルバリエーションがありますが比較的シンプルな構成でしょうか。
Apple:2014年モデル

Apple:2015年モデル


HP
HP(ヒューレット・パッカード)は海外のメーカーです。
オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンがラインアップされています。
HP:2014年モデル

HP:2015年モデル


TOSHIBA
TOSHIBA(トウシバ)は国内のメーカーです。
オールインワンデスクトップパソコンをラインアップしています。
TOSHIBA:2014年モデル

TOSHIBA:2015年モデル


FUJITSU
FUJITSU(フジツウ)は国内のメーカーです。
オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンがラインアップされていましたが最近の店頭販売:カタログモデルではオールインワンタイプが中心です。
FUJITSU:2014年モデル

FUJITSU:2015年モデル


NEC
NEC(エヌイーシー)は国内のメーカーです。
オールインワンデスクトップパソコン、タワー型デスクトップパソコンがラインアップされています。
NEC:2014年モデル

NEC:2015年モデル



カテゴリ別


ミニ
デスクトップパソコン
ディスプレイ、本体、キーボードやマウスなどが別々で本体がコンパクトなモデルでノートパソコンのCPUが搭載されることも多いですがビジネス向けなどにはデスクトップパソコン向けの高性能なモデルもあります。
キーボードとマウスが付属する場合がほとんどですがディスプレイは付属せずテレビにHDMI接続してリビングPCとアピールされるモデルもあります。
ミニデスクトップパソコンの2014年モデル


オールインワンタイプのデスクトップパソコン(当ブログではリンクの際にオールインワンと略します)
ディスプレイと本体は一体でキーボードとマウスが別になります。ノートパソコンやタブレットPC同様にセッティング(機器同士の接続)など容易ですがサイズが大きくなる分持ち運びは屋内が中心となるでしょうか。
なおバッテリーを搭載しないモデルが多いですが一部にバッテリーが搭載されるモデルがあり更にタッチパネルが搭載されている場合大画面タブレットPCとの違いがあいまいです。
オールインワンの2014年モデル


タワー型
デスクトップパソコン(当ブログではリンクの際にタワー型と略します)
ディスプレイ、本体、キーボード、マウスなど別々ですが一部モデルにはディスプレイが付属するモデルもあります。接続など配線がわずらわしい面もありますが比較的移動が少ない場合には拡張性が高い面も考慮しての選択になるのでしょうか。
タワー型の2014年モデル



参考に


当ブログを始める前に各カテゴリでPC関連のスペックブログを書いていましたが、各スペックブログの管理などが大変になり、新規ブログを何度か検討し当ブログを発足しました。

構造から文章の構成などモデルチェンジしましたが、過去のブログも大事なデータベースとして残します。

当ブログの投稿数はまだ少ないですが、旧ブログには約3年分(投稿は不定期で約660モデル)のデータがあるので参考になるようリンクを載せます。

デスクトップパソコンのスペックと特徴